世界を変える5G

安全なWi-Fiに自動接続して5Gのデータをオフロード IIJが技術支援

» 2022年02月14日 14時29分 公開

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は、2月14日に「次世代公衆無線LANローミングを用いたオープンかつセキュアなBeyond 5Gモバイルデータオフローディング」を課題とする国際共同研究への協力について発表した。IIJはフルMVNOとして、モバイルネットワークの提供および、SIM/eSIMの提供と技術支援を行う。

 本研究は情報通信研究機構(NICT)が行う「Beyond 5G研究開発促進事業」の「Beyond 5G国際共同研究型プログラム」に採択され、京都大学 学術情報メディアセンター、Local24、東北大学 サイバーサイエンスセンター、国立情報学研究所(NII)が参加する。

 本研究開発では、次世代公衆無線LANローミング「OpenRoaming」を、大学のキャンパス無線LANの相互利用を実現する「eduroam」や、無料の公衆Wi-Fiサービスにて幅広く利用できるようにするための技術を確立。

 例えば、IIJで契約したSIM/eSIMと大学生の身分を登録後、B大学を訪問すると、SIMにひも付いた学生の情報をもとに、B大学のネットワークに自動接続できるようになる――というイメージだ。

 eduroamで培われた認証連携技術を活用し、認証とモバイルキャリアのSIM認証を連携させることで、セキュアな環境で、5G通信の負荷を分散するデータオフローディングが可能になる。

IIJ 研究イメージ

 さらに岡山大学とも連携し、Wi-Fi通信とモバイル通信を特性に応じて使い分けできるようQUICのmultipath拡張を利用した動的な通信経路選択機構を研究開発する。

IIJ 研究イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年