調査リポート
» 2022年05月23日 17時06分 公開

YouTubeの認知率は10代〜70代で9割以上、利用率は?

NTTドコモのモバイル社会研究所が2022年1月の「動画サービス/YouTube利用動向」の調査結果を発表。YouTubeの認知率は96.2%、利用率は65.2%と高く、投稿率は男性の方が女性よりも高くなっている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモのモバイル社会研究所は、5月23日に「動画サービス/YouTube利用動向(2022年1月)」の調査結果を発表した。調査対象は全国15〜79歳男女で、有効回答数は7050。

 無料動画サービスの認知率はYouTubeが96.2%となり、ニコニコ動画は約8割、TVer/GYAO!/ABEMAは約7割に。利用率(月1回以上利用)もYouTubeが65.2%と高く、次いでTVerが16.4%、他の無料動画サービスは10%程度にとどまり、認知率に比べて利用率は低くなっている。

モバイル社会研究所 無料動画サービス認知率/利用率調査

 性年代別でYouTubeの認知率と利用率を見ると全世代で9割を記録し、若年層ほど認知が高い。利用率は10代から30代は男女ともに約7〜8割、シニアでも男性60〜70代で5割以上、女性60〜70代で約5割が視聴していることが分かった。

モバイル社会研究所 性年代別YouTube認知率/利用率

 自分自身で撮影した動画をYouTubeに投稿している比率を性年代別に見ると、全体では4.3%、男性は6.0%、女性は2.6%。最も高いのは男性10代の16.8%で、20代男性は8.8%、一方で女性はどの年代でも5%以下となった。

モバイル社会研究所 性年代別YouTube投稿率

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー