ニュース
» 2009年03月21日 18時30分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:「ぐ、偶然なんだからねっ」――“新生ツクモ”がグランドオープン、期間限定でじゃんじゃん亭も (4/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

約5000円のBD-ROMドライブが登場――そのほかの注目情報3連発

クレバリー1号店では、手前の「BC5500A」に加え、パナソニック製の薄型BD-ROMドライブ「UJ-120」も6489円と低価格で売られている

 クレバリー1号店で注目を集めていたのは、ソニーNECオプティアーク製の薄型BD-ROMドライブ「BC5500A」だ。BO-ROMの読み込みとDVDスーパーマルチ機能を備える光学ドライブで、5499円と非常に低価格なのが特徴だ。「ソフトウェアを付属していませんが、BD-ROM関連で最安のモデルといえるでしょう。ただ、薄型ドライブをマウントするアイテムは品数が少なく、導入しにくいデメリットもあります。それでもこの値段なら売れるでしょうね」と語っていた。

 なお、通常サイズのBD-ROMドライブでは、通常売価で1万円を割るモデルはまだ登場していない。これについて某ショップは「AV向けのノートPCを作るメーカーが増えているということでしょうね。その余りのパーツがアキバに流れている。ただ、それでも薄型ドライブのほうが製造コストが高いので、現在の価格バランスは異常です。それだけデスクトップ向けのPCが売れていないのでしょうか」と話していた。

 サイズからは、3.5インチベイに装着できるアクセスパネルが複数登場している。2チャンネルファンコントローラーとUSB 2.0×4、eSATA×1を備えた「KAZE STATION」が2500円前後、4チャンネルファンコントローラーを備える「KAZE Q」が1800円前後で出回っている。在庫は潤沢だ。ツートップ秋葉原本店は「3.5インチフロントベイを持て余している人は多いので、特にKAZE STATIONが売れそうです。eSATA接続の外付けHDDが売れていますからね」と語っていた。

 最後は先週お伝えした、クレバリー1号店の「定額給付金関連キャンペーン」の詳報をお伝えしたい。店内には「国が補填」「1万2000円」などの文字が躍るPOPがいくつも張られており、キャンペーン対象商品もずらりと並ぶ。ただし、1万2000円で売る製品ばかりではなく、「あくまで普通のキャンペーンの賑やかしっす。1万2000円以外の価格がついているパーツのほうが多いかもです」(同店)と話す。そのため、1万8980円で売る製品のPOPに「定額給付金を使えば、実質6980円!」などの苦しい文言が並んでいた。同店は「それもご愛敬ということで、是非ご来店ください。ちなみに“定額給付金を持ってきた”という方はまだお目にかかっておりません」と笑顔で語っていた。

サイズ「KAZE Q」と「KAZE STATION」(写真=左)。クレバリー1号店の定額給付金キャンペーン(写真=右)

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう