ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「定額給付金」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「定額給付金」に関する情報が集まったページです。

年度内に50以上のサービスをデジタル化へ:
マイナンバーカードをスマホで読み取り 加賀市が行政手続きのデジタル化に踏み切れた理由
石川県加賀市は、トラストバンクとxIDが手掛ける「LoGoフォーム電子申請」を導入。スマートフォンでマイナンバーカードを読み取ることで、登録情報を申請フォームに連携させる。新型コロナウイルス対策や自治体の業務効率化に向けたデジタル化のニーズが高まる中、同市はなぜいち早く実現に踏み切れたのか。(2020/8/13)

石川県加賀市が行政手続きをオンライン化 “脱・対面、書面、押印”へ
石川県加賀市が、スマートフォンアプリとマイナンバーカードを使った個人認証サービスを活用し、行政手続きをオンラインで完結させるツールを導入。人間ドックの助成金申請を皮切りに、受け付け範囲を拡大していく。(2020/8/12)

イベントやライブが中止でも、オタクは別のことにお金を使う→本当だった 「BL消費動向調査」でBLファンのお財布事情が明らかに
コロナ渦も、約3割の人が「気付いたら予算を使いすぎていた」。(2020/8/9)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「コロナで消費減税」は家計をラクにしない3つの根拠
日本では、日本維新の会が消費税を現在の10%から一律8%へ減税する法案を提出しており、これを支持する家計の声も小さくはない。しかし、消費税の減税措置は以下の3点で問題がある。勤労者世代にとっての第二の税金とも呼ぶべき「社会保険料」について引下げないしは増額幅の縮小余地がないだろうか。(2020/8/7)

一律10万円給付はなぜ遅れた?:
政府CIO補佐官に聞く、行政のデジタル化が進まない理由と脱却のシナリオ
(2020/8/6)

お手軽ゲーミングPCの道:
今ベストな「5万円台スト5PC」の形を再考する【追加ベンチマーク編】
2020年3月からスタートした本連載だが、この4カ月間で外部環境が大きく変化した。それらの最新動向をチェックしつつ、初号機のAMDモデルに加え、弐号機のIntelモデルを作り、格安ゲーミングPCの勘所を探った。(2020/7/31)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
単なる“ワーク”と化す? 「ワーケーション」普及が幻想でしかない理由
旅先で仕事をするワーケーションについて、政府が普及に取り組む考えを示した。しかし、休暇中でも休まらないという問題があるほか、対応できるのはごく一部の企業。テレワークさえできていない企業も多い。IT環境整備をするなら、日常の生活圏を優先させるべきだ。(2020/7/31)

新連載「3Dプリンタ買っちゃいました」:
3万円を切る光造形3Dプリンタでテレワークを乗り切る
2万7999円の3Dプリンタ。しかもかつては手が出なかった光造形方式。テレワークを機に立体造形生活を始めてみました。(2020/7/29)

遅れている:
「キャッシュレス・ポイント還元事業」が終了。 なぜか日本ではキャッシュレスが進まない
「キャッシュレス・ポイント還元事業」が6月30日に終わった。経産省は、事業開始前(2019年9月)と事業期間中(19年11月、20年5月)に実施した消費者及び店舗向けアンケートの調査結果を公表した。(2020/7/25)

家電業界で3兆円争奪戦始まる 10万円給付金が市場に
新型コロナの影響で落ち込んでいた国内消費が力強さを取り戻しつつある。10万円給付金や巣ごもり需要などの影響で家電製品は前年を上回る売れ行きをみせている。家電業界などでは給付金のうち消費に回ると見られる3兆円の争奪戦が始まった。(2020/7/22)

現金10万円給付 3兆円争奪戦始まる
 新型コロナウイルスの影響で落ち込んでいた国内消費が、少しずつ力強さを取り戻しつつある。1人10万円の特別定額給付金や、在宅勤務を含む「巣ごもり」需要が牽引し、家電製品などは前年を上回る売れ行きをみせている。総額12.8兆円規模の給付金のうち、実際に国内で消費に回るとみられるのは3兆円程度。全国の給付率はようやく9割に達し、争奪戦が本格的に始まった。(2020/7/20)

「581万世帯が未受給」10万円給付の申請期限迫る
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って導入された、国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金の申請期限が迫っている。期限は各市区町村ごとに異なるが、申請は受け付け開始から3カ月以内と定められているため、今月末から順次、受け付けを締め切る自治体が出てくる見通しだ。全世帯の約1割はまだ給付金を受け取っていないとみられ、総務省は早めの申請を呼び掛けている。(2020/7/20)

進まぬマイナンバーカードの普及 ポイント還元は起爆剤になるか
マイナンバーカードを使ったポイント還元策「マイナポイント事業」の申し込み受け付けが始まった。政府関係者はカード普及の“起爆剤”と期待するが、効果は限定的とみる向きもある。事業を進める中で、カードの意義も合わせて浸透させられるかがポイントになりそうだ。(2020/7/20)

買い物ついでにマイナンバーカード申請 商業施設に窓口
大阪府八尾市が市内の大型商業施設「アリオ八尾」にマイナンバーカードの申請手続きができる常設窓口を設置した。市は「市役所に何度も足を運ぶ手間を省き、買い物ついでに気軽に申請頂ければ」としている。(2020/7/17)

マネーフォワード ME、利用者が1050万人突破
マネーフォワードは個人向け家計簿サービス「マネーフォワード ME」の利用者が2020年7月に1050万人を突破したと発表した。サービスの開始は12年12月。約7年半で1000万人を突破した。(2020/7/15)

古田雄介の週末アキバ速報:
2.5インチ500GB HDDが税込み2190円の特価!
Seageteの2.5インチHDD「ST500VT001」がテクノハウス東映にスポット入荷。その他、1万円で6TB HDDが買えるなど、複数のショップで週末特価が盛り上がっている。(2020/7/11)

マイナンバーカード 6月の交付88万枚 10万円給付で大幅増
 マイナンバーカードの6月の交付枚数が88万9枚と、前年同月の3.8倍に急増したことが8日、分かった。カードは申請から交付まで1カ月以上かかるとされ、5月に始まった国民1人に10万円を配る特別定額給付金で、オンライン申請するためカードを作る人が増えたことが要因とみられる。カード申請は6月も増えており、7月にはマイナンバーカードを使ったポイント還元「マイナポイント事業」の申し込みも始まったことから、当面は高い増加ペースが続きそうだ。(2020/7/10)

マイナポイントの還元に必要な「マイナンバーカード」を取得するには?
マイナポイント事業は、マイナンバーカード所有者がキャッシュレス決済事業者を選択し、購入金額またはチャージ金額に対して25%の金額やポイントを還元するというもの。キャッシュレス決済事業者は1つしか選べず、選んだ後の変更もできないので、利用者にとっては最初の選択が重要となる。最大の特徴は、「マイナンバーカードが必須」という点だ。今回は、マイナンバーカードの取得方法を説明する。(2020/7/9)

マイナンバーカードのポイント還元、申込受付スタート 手順をチェック
総務省が、マイナンバーカードを活用したポイント還元制度の申し込み受け付けを始めた。9月以降、最大5000円相当の「マイナポイント」を還元する制度で、申し込みにはマイナンバーカードやNFC対応スマホなどが必要。(2020/7/1)

マイナポイントの申請受付7月1日から開始 決済事業者の争奪戦も
 マイナンバーカードを使った政府のポイント還元策「マイナポイント事業」の申し込み受け付けが7月1日から始まる。6月末までのキャッシュレス決済に伴うポイント還元に続く「第2弾」で、25%という高い還元率が特徴だ。事業開始は9月からだが、事前にマイナンバーカードの準備や申し込みが必要な点が第1弾と異なる。また、登録できる決済サービスは1人につき1つと決まっており、事業者による利用者の争奪戦も始まっている。(2020/7/1)

サポート届かぬ人々も:
商店街「コロナに負けた。今日で閉店です」
新型コロナ感染拡大を受けて、多くの企業が売上減で苦しんでいる。東京都台東区と荒川区にまたがる商店街「谷中銀座」で、洋服店を営む店主も……。(2020/6/30)

10万円給付金マネー流入か:
なぜ? コロナ禍で株価「V字回復」のミステリー
新型コロナウイルス禍で実体経済の回復には時間がかかると予想されるにもかかわらず、日米欧など世界の株価は「V字」回復を果たしつつある。(2020/6/27)

古田雄介の週末アキバ速報:
アキバで続く「10万円コース」特需
PCパーツショップでは、特別定額給付金の10万円でPC一式を買い求めるブームが続いている。10万円ゲームPCにちょうどいいパーツの人気が加速中だ。(2020/6/27)

古田雄介のアキバPick UP!:
「AMD7〜8割」からのB550搭載マザーが相次いで登場!
Socket AM4に対応するAMDの新チップセット「AMD B550」を搭載したマザーボードが、週末に一斉に売り出された。既に主流となっているAMDプラットフォームの人気を後押しすると期待されている。(2020/6/23)

PR:ボーナスも10万円も出た! テレワークもプライベートも快適に過ごせるワンランク上のPCを手に入れよう!
全国的な自粛期間を経て、改めて自宅で使っているPCが旧式でテレワークで四苦八苦し、ストリーミング配信の映像も満足に楽しめなかったという人が多いのではないだろうか。そこで、公私ともども快適なPC環境に生まれ変わるべく、お勧めモデルをピックアップした。ぜひ、ワンランク上のPC体験を獲得してほしい。(2020/6/19)

どんな支援が受けられる? 質問に答えるだけで診断する舞台芸術関係者向けサービス公開
コロナ禍で苦しんでいる舞台芸術関係者向けに、どんな支援が受けられる可能性があるかを、Q&A形式で確認できる自己診断チャートが公開。団体か個人か、公演主催者かどうかなどの質問に答えると、どんな支援が受けられる可能性があるかをガイドする。(2020/6/19)

今日のリサーチ:
主婦の約7割が「チラシ少ない」と感じる――ONE COMPATH調査
主婦の3人に2人が、チラシが少ないと感じているようです。(2020/6/17)

10万円支給なぜ遅い?大阪・四條畷市長がブログで回答
新型コロナウイルスの緊急経済対策として1人10万円を支給する特別定額給付金をめぐり、支給の遅さやオンライン申請での混乱に疑問が渦巻いている。(2020/6/10)

10万円支給なぜ遅い? 大阪・四條畷市長がnoteで解説
特別定額給付金の支給を巡り、支給の遅さやオンライン申請での混乱に疑問が渦巻いている。大阪府四條畷市の東修平市長はnoteで自治体の対応状況について説明し、理解を求めた。(2020/6/10)

Mobile Weekly Top10:
スマホ決済とポイントプログラム/iPhone SE(第2世代)の中身は?
スマホ決済のキャンペーンに関する記事やポイント還元に関する記事が相変わらず人気です。そこで気がかりなのが、間もなく「キャッシュレス・消費者還元事業」が終了することです。(2020/6/8)

神戸市と日本マイクロソフト、スマートシティー実現に向けたデータ連携基盤などで包括連携協定 行政のDXを推進
神戸市と日本マイクロソフトは、ITの活用による行政課題の解決とスマートシティーの実現に向けた包括連携協定を締結した。これまでに協働で取り組んできた新型コロナウイルス対策の取り組みを基に、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、業務効率化と市民サービスの高度化を目指す。(2020/6/8)

古田雄介の週末アキバ速報:
アキバの往来は準「日常」に戻った感じ
東京アラートが灯る6月初旬。街を訪れる人は多く、休業店舗の再開も進んでいるが、開放感に浮かれる雰囲気はない。そんなアキバ電気街の今を切り取った。(2020/6/6)

神戸市、日本MSと包括連携協定 スマートシティー実現目指す
兵庫県神戸市がスマートシティーの実現に向け日本マイクロソフトと包括連携協定を結んだ。新型コロナ対応をきっかけに市のデジタルトランスフォーメーション(DX)などを進める。(2020/6/4)

「手間がめちゃくちゃ減った」 郵送とオンラインのハイブリッド給付金申請、非エンジニアの市職員が開発 経緯を聞いた
政府が一律10万円を支給する「特別給付金」を巡り、オンライン方式よりシンプルで、郵送方式より素早く給付金を支給できるという兵庫県加古川市の申請方式「郵送ハイブリッド方式」が注目を集めている。(2020/6/1)

Mobile Weekly Top10:
「特別定額給付金」をスマホで申請する方法(中止した自治体もあり)/Googleアプリが使えるHuaweiスマホ登場
新型コロナウイルス対策の1つとして始まった「特別定額給付金」制度。マイナンバーカードがあれば、スマートフォンからも申請できるのですが、自治体側の負担は大きいようで、一部の自治体ではオンライン申請を中止してしまいました……。(2020/6/1)

成功したのに低い評価:
不思議の国ニッポン? コロナ第1波封じの「謎」追う海外メディア
緊急事態宣言の解除に伴い、新型コロナウイルスの感染拡大を外出の自粛や休業要請という“お願いベース”で封じた日本の対応を「ミステリー」とみなし、成功の秘訣(ひけつ)を解き明かそうとする海外メディアの報道が相次いだ。(2020/6/1)

マイナンバーカードで給付金10万円をスマホから申請、さらに5000円還元もゲットする方法
特別定額給付金の申請と受け取りが始まっています。マイナンバーカードがあれば、申請はスマホで済みます。オンラインでの申請方法について解説しましょう。(2020/5/31)

実機で比べないと分からない!:
iPad/iPad Air/iPad Proを10のポイントで比較した
Appleのタブレット「iPad Pro」「iPad」「iPad Air」シリーズだが、各モデルとも似ているようで全く違う部分もある。今回は10の視点でチェックした。(2020/5/28)

集中連載 新型コロナで経済死しないための方法 :
コロナ禍での支払いの優先順位
零細経営者が切羽詰まるのはどういうときか? それは入金のあてがないか、極めて限られており、一方で支払いが多くてどうにもならない場合だ。特に商いのメインだった仕事が急に止まると、にっちもさっちも行かなくなる。だから借り入れなどで、一時的に残高が増えたからといって、気が大きくなってどんどん払ってはいけない。払う順番をよく吟味しなくてはならない。(2020/5/28)

荒川区、特別定額給付金の管理システムをセールスフォースで構築、運用開始
東京都荒川区は「特別定額給付金管理システム」の運用を開始した。セールスフォース・ドットコムが同社パートナーの両備システムズと協力して構築した。特別定額給付金の、住民からの申請を管理したり、進捗を確認したりといった一連の業務を管理する。(2020/5/27)

Yahoo!検索で定額給付金のスケジュールが分かるように 「市区町村名+給付金」で検索
これは便利。(2020/5/27)

給付金10万円いつ届く? 支給手続きで混乱 最後は人海戦術
 新型コロナウイルス対策として、1人10万円の特別定額給付金の支給が、一部ではすでに始まった。オンライン申請をめぐる混乱や支給に時間がかかることなどを指摘する声もあるが、府内ではどの程度進展しているのか、順調に支給が行われているところや郵送による申請書の発送が始まったばかりのところなど、いくつかの自治体の状況をまとめた。(2020/5/27)

ヤフー、「10万円給付金」の給付開始日など検索結果に表示 自治体ごとの日程に対応
ヤフーが、検索サービス「Yahoo!検索」で特別定額給付金の配布スケジュールを掲出する取り組みを始めた。「市区町村名+給付金」で検索することで、地域ごとの発送日や給付開始日などを確認できる。(2020/5/26)

集中連載 新型コロナで経済死しないための方法 :
ひとりで悩んでは出口が見つからない
「もうダメだ。死んでしまおう」と思う零細経営者の気持ちは、身を持って分かるし、役に立ちたい。そう思うと、しがない物書きの筆者にできるのは、切羽詰まった人が、生きるために役立つ情報の提供しかない。(2020/5/27)

サイバーセキュリティマネジメント海外放浪記:
アフターコロナは、あなたが今どう過ごすかで変えられる
これまでの考え方や価値観でいたら思い付かないことができるし、社会がそれを許容するようになってきている。(2020/5/26)

10万円給付のオンライン申請、負担大で中止する団体も 総務省は申請確認ソフト提供
政府が国民に一律10万円を支給する特別定額給付金のオンライン申請は、5月22日の時点で97.5%の市区町村が始めている。一方、申請の確認作業の負担が大きいことからオンライン申請を中止する団体も現れた。総務省と内閣官房は負担軽減のため申請確認用ソフトの提供を始めた。(2020/5/25)

特別定額給付金の処理状況をWebで確認可能に、SAPジャパンが地方公共団体向けにWebサービスを無償提供
住民が郵送申請書の給付コードやオンライン申請の受付番号を入力すると、受付日や審査の処理状況、振り込み予定日が表示される。(2020/5/21)

香川県高松市、10万円給付金のオンライン申請を中止 手作業による確認に限界
香川県高松市が、特別定額給付金のオンライン申請の受付を中止すると発表した。手作業での審査や事務処理に時間がかかりすぎるためで、以降は郵送での申請のみを受け付ける。(2020/5/20)

新型コロナ給付金の申請業務をRPAで自動化、NTT-ATが自治体や事業者向けに無償提供
NTTアドバンステクノロジは特別定額給付金や持続化給付金などの受け付けと支給業務、電子申請の効率化に向け、官公庁や地方公共団体、事業者を対象にRPAツールのライセンスを無償提供する。(2020/5/20)

就活は、収入は…コロナ禍がもたらした変化とは アンケートで見える不安と覚悟
新型コロナウイルス感染拡大で世の中はすっかり変わるらしい。さまざまな企業が、さまざまな分野でインターネットアンケートを実施し、結果を公表している。拾い読みするだけでも、世間の気分が少し見えてくる。(2020/5/20)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。