レビュー
» 2009年05月19日 16時45分 公開

クアッドコア、1TバイトHDD、BDドライブ搭載で10万円切りのスリムタワーPC――「HP Pavilion Desktop PC v7860jp/CT」を駆るPhenom II X4で突き抜けろ(3/3 ページ)

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

クアッドコア搭載デスクトップPCとしては、静粛性もまずまず

騒音テストの結果

 v7860jp/CTは、スリムボディにクアッドコアCPUやグラフィックスカードなど、パフォーマンスの高いパーツを詰め込んでいるだけに、動作音が気になるところだ。試しに、騒音計で動作時の騒音レベルを計測してみた。計測時は暗騒音33dBの環境で、ボディ正面から20センチと近い距離に騒音計を置いている。

 静粛性はまずまずだった。起動直後は44dB前後の大きな音がしたものの、アイドル時は40dB前後、負荷時もあまり変わらず42dB前後だった。動作音ははっきり分かるのだが、安定して抑えのきいた音であり、システムにかかっている負荷の状態によって敏感に音の高さや大きさが変わらないので、気になりにくい印象を受けた。

圧巻のコストパフォーマンス

 コストパフォーマンスも実に優秀だ。同社の直販サイト「HP Directplus」で購入できる「HDコンテンツサクサクモデル」は、Phenom II X4 810、Radeon HD 4350、メモリ4Gバイト、HDD 1Tバイト、DVDスーパーマルチドライブ、Windows Vista Home Premium(SP1)という構成で、なんと7万980円。コストパフォーマンスは抜群といえる。

 さらに、BTOメニューでCPUを評価機と同じPhenom II X4 925(2.8GHz/3次キャッシュ6Mバイト)に、光学ドライブをBD-REドライブに変更しても9万3030円と、10万円を下回る価格で購入できるのだから驚かされる。

 HDクオリティの写真や映像も軽々と扱えるクアッドコアCPUを搭載したPCがこれだけ安価に購入できるのだから、買い得というほかはない。この機会にデスクトップPCを購入しようとしている人にとっては、実に魅力的な選択肢の1つといえる。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう