ニュース
» 2010年01月25日 10時20分 公開

「2010年、初“人柱”?」――存在感ありまくりの“異種GPU混在モデル”古田雄介のアキバPickUp!(2/4 ページ)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「なんだかんだで、USB 3.0関連は結構好調」――USB 3.0×3点セットがヒット

ASUSTeK「P6X58D Premium」

 尖ったアイテムが注目を集める一方で、好調な売れ行きを続けているパーツもある。USB 3.0関連もその1つだ。マザーボードでは、ASUSTeKのX58マザー「P6X58D Premium」が登場。USB 3.0とSATA 3.0に対応するATXマザーで、価格は4万円前後。アキバ全体での在庫は潤沢だ。

 フェイス秋葉原本店は「X58の新しいハイエンドマザーとして、そこそこ好調です。オーバークロッカーというより、安定して多機能なマザーがほしい人にオススメ」と語る。

 USB 3.0は「外付けグラフィックアダプタなど、個性的なアイテムが登場したら爆発的にヒットすると思います。でも、今はある程度落ち着いた感がありますね」(ソフマップ秋葉原本店)と語られることが増えているが、値ごろ感の高いモデルが登場するとヒットに結びつきやすい様子だ。

 ドスパラ秋葉原本店では、ELAN製のインタフェースカードとケーブル、外付けHDDケースの3点セットが5980円で売られており、ハイペースで売れているという。同店は「手持ちのマシンと余っているHDDを使って、高速な外付けストレージが構築できますからね。我々の予想を超えるペースで売れています。潜在的にUSB 3.0を使いたいという人は多いのかもしれませんね」と話していた。

 そのほか、エアリアからもPCI Express x1接続のインタフェースカード「OverFender SD-PEU3N-2EL」が登場するなど、コンスタントに新モデルが投入されている。OverFender SD-PEU3N-2ELの価格は4000円弱。ペリフェラル向けの4ピン補助電源を接続する仕様となっている。

ELAN「USB 3.0対応HDDケース&USB 3.0増設カードセット」(写真=左/中央)。エアリア「OverFender SD-PEU3N-2EL」(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.