ニュース
» 2010年07月26日 11時23分 公開

安売りの向こう側へ――適正価格を望む「売る側」の戦い古田雄介のアキバPickUp!(3/4 ページ)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

VIA PV530搭載のASRockマザー「PV530」がデビュー!

ASRock「PV530」

 先週、マザーボードで一際異彩を放っていたのは、ASRockのmicro ATXマザー「PV530」だ。

 PV530は、VIAから登場した1.8GHz動作のシングルコアCPU「PV530」を搭載しており、グラフィックス内蔵チップセット「VX900」とのコンビで使える。そのほか、x8動作のPCI Express x16スロット1基とPCIスロット1基を搭載。メモリスロットはDDR2スロット2基とDDR3スロット1基を備え、どちらかを排他で使用する。どちらの構成でも容量は最大4Gバイトまで。映像出力はアナログRGBで、価格は7500円前後だ。

 DDR2メモリが使えるだけでなく、PS/2やシリアル/パラレルポートを備えるなど、レガシーインタフェースが充実しているのも特徴。入荷したTSUKUMO eX.は「古めのパーツや周辺機器を再利用できるのは魅力ですね。また、H.264/MPEG-4などのフルHD動画の再生支援機能も備えているので、再生中心のAVマシンを安く組むという使い方もできそうです」とアピールする。

 ただ、取材時にはまだ購入者が現れていないという。店員さんは「仕様のインパクトが大きいので、まずは勢いで購入して、それから使い道を考えるという人が出てきそうです。コストパフォーマンスは高いですし、長い目でみれば需要はあると思いますよ」と動じていなかった。

PV530の基板(写真=左)。背面インタフェース(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.