ニュース
» 2010年09月06日 11時45分 公開

「実用的なキワモノって感じで人気」――ASRock製マザーを扱うショップが増える古田雄介のアキバPickUp!(2/4 ページ)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「CPUがどんどん買いやすくなっていますね」――Core i7もPhenom II X6も値下がり

AMD「Phenom II X4 955」

 先週、AMDの4コアCPU「Phenom II X4 955」と、3コアCPU「Athlon II X3 445」が複数のショップに入荷した。価格は順に1万4000円弱と7500円弱だ。Phenom II X4 955は、昨年4月に登場した「Phenom II X4 955 Black Edition」と同じく3.2GHzで動作するが、倍率可変には非対応で、TDPは125ワットから95ワットに下げられている。Athlon II X3 445は3.1GHz動作で、同ブランドの旧最上位であるX3 440よりクロック数が100MHz向上している。

 パソコンハウス東映は「現行ラインアップの拡充といった位置付けですが、Phenom II X4 955あたりはTDPが100ワットを切っているので注目するユーザーは多いと思います。同Black Editionが初登場したときに比べて半額になっているのもポイントですね」と語る。

 さらに、6コアCPU最上位のPhenom II X6 1090T Black Editionが一部のショップで期間限定ながら2万5000円切りするなど、値下がり傾向にあることも追い風となり、AMD製品のヒットを期待する声も聞かれた。ソフマップ秋葉原本店は「約1カ月前に3万円切りで話題になりましたが、期間限定でもう一段安くしました。マザーボードとセットで購入するとさらに500円から2000円引き、加えてギガバイト製マザーならそこから2000円引きとなるので、かなりお得ですよ」とアピールする。

 ただし、CPU全体の売れ行きを聞いて回ったところ、「まだまだインテル製品が圧倒しています」(T-ZONE.PC DIY SHOP)といった声が多い。特に、先々週にインテルのLGA 1366対応4コアCPU「Core i7 950」が、5万5000円前後から3万円以下まで大幅に価格改定されており、複数のショップで一気に売れ筋上位に上がった様子。それでも、主力はLGA 1156対応モデルのようで、ツートップ秋葉原本店は「全体で12〜13万円構成なら2万8000円前後のCore i7 870が一番、10万円コースなら1万9000円弱のCore i5 760が売れています。LGA 1366モデルを買うのはハイエンド志向の人が多いので、どうしてもパイは限られますからね。ちなみに、昨今の円相場の関係もあって6コアのCore i7 980Xが9万5000円を切ったため、こちらも少し動きがありました」と話していた。

ソフマップ秋葉原本館のAMD製CPU価格表(写真=左)。Core i7 950の値下げを知らせる同店のポスター(写真=中央)。ツートップ秋葉原本店のインテル製CPU価格表。Core i7 980Xが9万5000円切りしているのが分かる(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.