ニュース
» 2011年04月11日 11時30分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:「小型で十分という人が増えたのは確実」――Mini-ITXの一般化がめざましい (4/4)

[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

ウェスタンデジタルのSATA 3.0対応3TバイトHDDやスマフォ用ゲームパッドなど

 ストレージ関連の注目株は、ウェスタンデジタルの3TバイトHDD「WD Cavier Green WD30EZRX」だ。SATA 3.0に対応し、Windows 7/Vista向けの仕様となっている。価格は1万5000円弱。ちなみに、同シリーズからは、昨年11月からSATA 2.0接続の3Tバイトモデル「WD30EZRS」が出回っている。登場時は2万5000円前後の価格が、現在は1万4000円弱まで下がってきている。

 クレバリー1号店は「3TバイトHDDは、Sandy Bridgeなどの最新環境でマシンを組む人には、ある程度人気が浸透しています。WD30EZRXも初回から割と安いですし、定番製品になっていくでしょう。ただ、2TバイトまでのHDDとは違い、3Tバイトモデルは論理フォーマットの違いがあるので、今後プライスダウンが続いたからといって、すんなり2Tバイトから主力の座を奪うことにはならないと思います。お客さんの環境が整う時間が必要になるので、1年くらいは見ておいたほうがいいでしょう」と話していた。

 なお、最近は2TバイトHDDが6000円台前半で売られることも珍しくなくなっている。同店は「なかには限定特価で6000円切りするショップもありますから。とりあえず2Tバイトあれば普通の用途なら十分過ぎるくらいなので、今後も人気は続くでしょう」と語った。

 そのほかのジャンルで話題を集めていたのは、スマートフォン用アクセサリー「iControlPad」だ。iPhoneやBlackberry TouchなどのスマートフォンとBluetoothで接続するゲームパッドで、価格は9000円弱。

 スマートフォン関連のアイテムがPCパーツショップに並ぶことは珍しくないが、予想以上の売れ行きに戸惑う店員さんもいる。「自作マシンと直接関係ないアイテムなので、なんでウチに入ってきたんだろうという思いはあります。まあ、Androidでも一部のアプリで使えるようですし、欲しい人は多いのかなと。PCパーツと一緒に買っていかれる方が多いので、いいんじゃないでしょうか……」と複雑な表情だった。

クレバリー1号店のHDD価格表。2TバイトHDDのPOPが「8千円で買える」から「“7”千円で買える」に修正されているのが象徴的だ(写真=左)。ウェスタンデジタル「WD Cavier Green WD30EZRX」(写真=中央)。スマートフォン用アクセサリー「iControlPad」(写真=右)

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう