ニュース
» 2011年06月01日 19時45分 公開

COMPUTEX TAIPEI 2011:私はAPUを愛しています!──拡大する“Fusion”と変わる“VISION” (2/2)

[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

組み込み向け市場を狙うGシリーズ

 組み込みシステム向けのGシリーズではファンレス設計を可能にするほか、企業向けシステムに相当する電力管理機能を実装する。パッケージサイズは2.75平方インチ(25.4平方ミリ)で4層基板を採用。生産コストと製品投入までの時間の抑制も重視する。利用するシステムには、シンクライアントシステムや、デジタルサイネージ、Single Board Computingシステムのほか、医療システムや軍用システムも想定している。

 タブレットデバイスでの採用を想定するZシリーズはDirectX 11のサポート、HTML5のハードウェアアクセラレーションとAdobe Flash 10.2アクセラレーションの対応などストリーミングコンテンツの利用に重点を置いた機能が訴求されている。

組み込むシステム向けのGシリーズはBobcatに相当するコアを採用する。パッケージサイズは25.4平方ミリ(写真=左)。タブレットデバイスでの採用を想定するZシリーズはDirectX 11の対応、HTML5、Adobe Flash 10.2ののハードウェアアクセラレーションをサポートする(写真=右)

Gシリーズ搭載のWindPadでパフォーマンスをチェック

 なお、Jetwayの展示ブースでは、Gシリーズを搭載するITXマザーボード「NF81-T56N-LF」と組み込み向けシステムボード「NF35-T56N/T35-T40E」が公開されていたほか、MSIの展示ブースではZシリーズを採用するタブレットデバイス「WindPad 110W」が操作できる状態で展示されている。

 N81-T56N-LFの説明資料によると、eOntario(Gシリーズ)はデュアルコアで動作クロックは1.6GHz。チップセットにはHudson E1を搭載する。5基のSerial ATA 6Gbpsを接続可能でRAID 0、1、5、10の構築が可能だ。システムメモリはDDR3 800〜1066対応のシングルチャネルで最大8Gバイト。グラフィックスコアはDirectX 11に対応する。

Gシリーズを搭載するITXマザーボードの「NF81-T56N-LF」(写真=左)には、映像出力インタフェースとしてDVI、HDMI、アナログRGBを備えていた。ギガビット対応有線LANも2系統備える(写真=右)

 MSIのWindPad 110Wは、本体サイズ、搭載する液晶ディスプレイ、本体搭載のインタフェースなどは、ほかのWindPadシリーズとほぼ同様。システムプロパティで確認したところ、AMD Z-01と記されたCPUの動作クロックは1GHzでシステムメモリは2Gバイト、OSは64ビット版のWindows 7 Professional Service Pack 1を導入する。

Gシリーズを搭載する「WindPad 110W」の本体デザインは、ほかのWindPadシリーズとほぼ同じだ(写真=左)。展示機材でシステムプロパティを確認する(写真=右)

同じく、展示機材でデバイスマネージャーと(写真=左)、Windowsエクスペリエンスインデックスもチェックした(写真=右)

Bluestacks CEOのローゼン・シャーマ氏は、独自に開発したOS切り替え機能によってFusion APUを搭載するタブレットデバイスでWindows 7とAndroidが再起動なしですぐ切り替わるデモを紹介している

大きく変わるVISIONブランド

 米AMD マーケティング担当上級副社長のナイジェル・ダッソー氏は、大きくリニューアルするVISIONブランドについて説明した。

 従来のVISIONプランドでは、“このPCできること”を訴求することで、ユーザーが使う目的にあったPCを選びやすくする4段階のVISIONブランドを展開していたが、2011年では、先頭に「A8」「A6」「A4」「E2」と掲げた4段階に名称を変更する。なお、各段階で訴求する利用場面については従来と同じとしている。(記事掲載時、ダッソー氏の表記に誤りがありました。お詫びして訂正いたします)

2010年に訴求したVISIONブランド(写真=左)と、2011年から訴求するVISIONブランド(写真=右)

さらに、システムに組み込まれたグラフィックス環境を示すロゴブランドも用意する

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう