連載
» 2016年04月13日 00時00分 公開

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:Windows 10、iOS、Androidの垣根を越える「Rome」プロジェクト発動 (3/3)

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

Project Romeでは何ができるのか

 いまひとつピンときていない方もいるかもしれないが、Project Romeは、AppleがiOSとOS X Yosemiteで提供した「Handoff」に近い仕組みのMicrosoft版と考えれば、より理解が進むかもしれない。

 例えばHandoffでは、iPhoneで受けた音声通話やSMSをMac側で処理したり、逆にMac側での作業内容をiCloudを介してiPadで引き継いだりと、デバイスをまたいでアプリやサービスの継続利用が可能だ。また、「iPhoneが近くにある限りは自動的にOS Xのスクリーンロックが解除される」「リモートでOS XからiPhoneのホットスポット機能を起動できる」といった仕組みも利用可能だったが、Project Romeも全てはアイデア次第だろう。

Handoff Appleが提供する「Handoff」機能。外出中にiPhoneで書き始めたメールを、自宅のMacに引き継いで作業を再開するといったことがシームレスに行える

 米InfoWorldによれば、Project RomeをサポートするWinRT API向けのSDKが近日中にもリリースされる見込みだという。その後、AndroidとiOS用のSDKも提供され、Project RomeはAndroid、iOS、Windows 10を横断してシームレスに利用可能になる予定だ。

 これにより、Windows 10搭載PCやWindows 10 Mobile搭載スマートフォン、Xbox OneといったWindows 10デバイスに限らず、iPhoneやiPad、Androidスマートフォン、Androidタブレットまで柔軟に組み合わせられるのは見逃せない。Project Romeの狙いについて1つ言えるのは、デバイスやプラットフォームは重要ではなく、その上でユーザーが何をしたいのかが重要ということだ。

 最後に、Project Romeという名前は、地中海とヨーロッパに広大なインフラ整備を行って、領土を抱えていたかつての「ローマ(Rome)帝国」から拝借するとともに、ユーザーが自由にデバイスを渡り歩ける「ローミング(Roaming)」の意味も持たせているのではないかと筆者は考える。「Rome」と「Roam」は同じ発音でもあるので、この辺りをもじって付けたプロジェクト名ではないだろうか。

Project Romeに込められた意味 Project Romeには、「Rome(ローマ)」と「Roam(ローム)」の2つの意味が込められているのかもしれない
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう