連載
» 2016年11月29日 15時30分 公開

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:Windows 10の次期大型アップデート「Creators Update」が形になってきた (2/2)

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]
前のページへ 1|2       

「コマンドプロトンプト」から「PowerShell」へ、世代交代を実施

 Creators Updateでは3D関連の機能以外にも大きな変更が含まれる。まずは「コマンドプロンプト」だ。

 従来のWindowsにおけるCUI(Character User Interface)ツールと言えば、コマンドプロトンプトが定番だったが、Build 14971ではついに「PowerShell」に取って代わられることになった。

Creators Update Windows 10におけるデフォルトのCUIツールが「コマンドプロンプト」から「PowerShell」に変更された

 PowerShellはUNIX系のシェルスクリプトの機能を意識したツールとして開発され、パイプラインを含む高度な処理系が利用可能な管理者向けのシェルだ。オープンソースとしてのライセンスも行われており、Windows以外のOSでも利用できる。

 当初、MS-DOS上で起動する形のWindows 3.1以前のバージョンや、その機能の多くを引き継いだWindows 95では、別名「DOS窓」とも呼ばれる「DOSプロンプト(command.com)」が利用されていたが、後にWindows NTの系譜を受け継ぐOSで「コマンドプロンプト(cmd.exe)」の利用が始まり、そのままWindows 10へと至っている。

 PowerShellの最初のバージョンが登場したのは、Windows Vistaとほぼ同時期の2006年だ。実に登場から10年で、ようやく主力シェルの座に就いたことになる。

 具体的には、Windows 10のスタートボタンでマウスを右クリックまたは「Windows」+「X」キーで呼び出せるコンテクストメニューに表示されるシェルの呼び出し先が、コマンドプロンプトからPowerShellに変化した。

 このほか、ファイルエクスプローラなど既存機能の呼び先がPowerShellに変更されているなど、Microsoftとして世代交代を印象付ける狙いがあるとみられる。

Creators Update スタートボタンを右クリックまたは「Windows」+「X」キーで呼び出せるコンテクストメニューが。コマンドプロンプト(cmd.exe)に代わり、PowerShellとなった

 なお、コマンドプロンプトそのものはBuild 14971でも健在だ。「cmd.exe」を直接実行するか、ショートカットを作成すればいつでも呼び出せる。

EdgeブラウザがEPUBファイルに対応

 Edgeブラウザは毎回新しいビルドが配信される度に小規模な改良や機能の追加が続いており、今回は電子書籍に使われるEPUBファイルをサポートした。

 内容としてはシンプルで、EPUBファイルをEdgeで直接開けるようになっている。EPUB形式におけるデフォルトのファイル関連付け先がEdgeとなり、ファイルをダブルクリックするとEdge上でEPUBファイルを閲覧可能だ。

Creators Update EdgeブラウザはデフォルトでEPUBファイルの表示が可能になった。簡易ビュワーとしては役立つが、UIはまだまだといった印象だ

 DRMなどの著作権保護機能がかかったファイルの扱いは難しいものの、青空文庫やProject Gutenbergなど著作権フリーのEPUBファイルを配布しているサイトなどを活用すれば、さまざまな関連書籍をダウンロードしてそのままEdge上で閲覧できる。標準的なEPUBファイルであれば簡単に開けるので、簡易ビュワーとしても重宝しそうだ。

 ただし、操作性やレイアウトはやや微妙で、まだまだお試し機能に近い印象を受ける。Creators Updateの一般公開までにブラッシュアップを期待したいところだ。

進化した「Get Office(Beta)」

 あまり意味のない印象だった「Get Office(Beta)」アプリは、Build 14971ではバージョン2.0となった。関連ファイルの一覧や設定など、Officeをまたいだ作業用ワークスペースとして幾分か使えるものに進化している。

 ヘルプ機能が強化されて、以前より目的の情報が探しやすくなったとMicrosoftは説明している。ただ、Feedbackカテゴリーがあることからも分かるように、Fast Ringユーザーにいち早く機能を提供してフィードバックを求め、まだまだ機能改善中だ。

Creators Update Get Office(Beta)アプリはバージョンが2.0となり、Office製品をまたいで文書管理が行えるツールに進化した

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう