iPhone、iPadとAndroid向けカード決済サービス「Square」がスタート

» 2010年05月12日 07時52分 公開
[ITmedia]
square iPadとAndroid端末にも対応した

 米Squareは5月11日(現地時間)、スマートフォンをクレジットカード決済端末にするサービス「Square」を開始した。米AppleのiPhone、iPad、iPod touch、米GoogleのAndroid搭載端末で利用できる。現在対応するのは米国内で発行されたVisa、MasterCard、American Express、Discoverのクレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、ギフトカード。

 同サービスを利用するには、アプリストアから無料アプリをダウンロードしてアカウントを作成し、送られてくる無料の小型カードリーダーを端末のイヤフォンジャックに差し込んでアクティベートする。支払いを受けるには、アプリを立ち上げて金額や追加情報(写真も入れられる)を入力し、カードをリーダーで読み取って、支払い者に指でサインを入力してもらう。支払い者はメールアドレスを入力することで、電子領収書をメールでもらうこともできる。カードをリーダーで読み取るほかに、カード番号を入力することでも決済が可能だ。また、チップを加算することもできる。決済履歴はCSVファイルに出力できる。

サインを入力した画面(左)と送られてくる電子領収書(右)

 同サービスの利用料金は、カードプロセッシング料のみだ。カードを読み込んでの決済では2.75%+15セント、カード番号入力での決済では3.5%+15セント掛かる。セキュリティ面では、クレジット業界のデータセキュリティ基準のPCI Level 1とPA-DSSに準拠している。

 Squareは米Twitter創設者の1人であるジャック・ドーシー氏が2009年2月に立ち上げたベンチャーで、12月からβサービスを行っていた。ドーシーCEOは「すべての人が簡単に支払いを受けられ、必要な情報を簡単に入手できるようにしたい。決済という行為が楽しいものになれば、誰かにお金を支払うこともコミュニケーションの1つになる」と語っている。

変更履歴:冒頭の説明文で、「Square」を「Sqaure」と表記していました。お詫びして訂正いたします。[2010/05/12 14:45]

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  4. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  5. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  6. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  7. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  8. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  9. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年