ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

「3Dサウンド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「3Dサウンド」に関する情報が集まったページです。

暗闇にキラーン、「サムライエディション」で候 夜が似合う「黒属性」限定車4種、アウディが発売
A1、A4、Q5、Q7に「夜」テーマの限定モデル。かっこいい。【写真22枚】(2018/8/21)

スクエアな音楽ケータイ BenQ「Z2」(懐かしの海外ケータイ)
過去の懐かしい製品を振り返る「懐かしの海外ケータイ」。今回は台湾BenQのスクエアデザイン端末「Z2」をご紹介します。音楽プレーヤーとしての利用を第一に考えたケータイです。(2018/5/29)

お台場の海へスプラッシュ! 水陸両用バス「TOKYO NO KABA」11月27日運行開始
迫力ありそう。(2017/11/14)

「TOKYO NO KABA」:
水陸両用バス、お台場で運行スタート 富士急
富士急が水陸両用バス「TOKYO NO KABA」を11月27日から東京・お台場で運行する。(2017/11/13)

Mogura VR出張所:
8K画質・3D撮影可能な360度カメラ「Insta360 Pro」を開封してみた
中国のVRスタートアップ企業が作ったプロ向け360度カメラ「Insta360 Pro」を使ってみた。(2017/7/7)

花火と音楽の新感覚エンターテインメント「STAR ISLAND」がお台場で開催
きらびやかな水上ショーも楽しめます。(2017/5/17)

上海問屋、3Dサウンドを体感できるHDSS対応イヤフォン
ドスパラは、HDSS技術を採用した3Dサウンドを体験できるイヤフォン「DN-914800」の取り扱いを開始した。(2017/4/24)

壁から3.9ミリ! “壁紙”みたいな有機ELテレビが日本上陸
(2017/3/16)

上海問屋、6基のドライバでサラウンドを楽しめるカナル型イヤホン
ドスパラは、HDSS技術によりサラウンドサウンドを実現したカナル型イヤホン「DN-914559」の取り扱いを開始した。(2017/2/17)

ソフトバンク、片手で持てる8型タブレット「Lenovo TAB3」12月2日に発売
ソフトバンクは、片手で持てるサイズのレノボ製8インチタブレット「Lenovo TAB3」を12月2日に発売する。(2016/11/29)

SIM通:
SIMフリースマホの最上位「AXON 7」 究極の音楽性能に迫る
ZTEの技術の粋を集めたフラッグシップ端末「AXON 7」。スマホで初めて「Dolby Atmos」を搭載するなど、音楽ファンからも注目を集めている。今回は、そのサウンドシステムについて紹介します。(2016/11/22)

ソフトバンク、8型「Lenovo TAB3」と10型「MediaPad T2 Pro」を投入
ソフトバンクがタブレット2機種を発表。ラインアップは片手で持てるサイズを目指した8型「Lenovo TAB3」と、ステレオスピーカーを搭載した10型の「MediaPad T2 Pro」。(2016/10/12)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
2015年を総括! 恒例「麻倉怜士のデジタルトップ10」(中編)
年末恒例「デジタルトップ10」。今回は第4位から第6位までの中編をお届けしよう。惜しくもランキング選外となったが、麻倉氏の琴線に触れたドイツの技術も合わせて紹介する。(2015/12/28)

スマホがより便利に、楽しく――「Snapdragon 820」で追加された新機能
CPUやGPUの性能アップがクローズアップされている「Snapdragon 820」だが、新たに追加された機能も多い。北京でのイベントで見てきたデモの内容を中心に、“820でできること”を紹介しよう。(2015/12/25)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
2015年を総括! 恒例「麻倉怜士のデジタルトップ10」(前編)
年末恒例、AV評論家・麻倉怜士氏が注目したデジタル製品や映像/音楽タイトルを総ざらいする「麻倉怜士のデジタルトップ10」。今年は豪華拡大版として3回にわたって掲載します。(2015/12/25)

エイサー、SIMフリースマホ「Liquid Z530」で国内市場に参戦 ハイレゾ、セルフィーも対応
日本エイサーがSIMロックフリースマホ「Acer Liquid Z530」を発売。セルフィーやハイレゾ音源に対応し、高機能を追求したモデルで国内市場に本格参戦する。(2015/10/21)

Whiteは日本限定:
日本エイサー、スマホ市場に本格参入 Androidスマホ「Liquid Z530」を11月13日に発売
日本エイサーが、日本国内のスマホ市場に本格参入する。その第1弾となる「Liquid Z530」は、11月13日に発売する。(2015/10/21)

MSI、ゲーミングノート「GE62」最新シリーズにGTX 960M搭載モデルを追加
エムエスアイコンピュータージャパンは、同社製ゲーミングノートPC「GE62」シリーズのラインアップにGeForce GTX 960M搭載のバリエーションモデルを追加した。(2015/10/16)

MSI、サラウンド再生もサポートしたCore i7/GeForce搭載の高機能ノートPC「PE60」など4製品
エムエスアイコンピュータージャパンは、シルバーと壮挙謡を採用したハイスペックノートPC「P」シリーズ3モデルなど計4製品の発表を行った。(2015/9/14)

MSI、15.6型4K液晶搭載モデルなどCore i7搭載ゲーミングノート6機種を発売
エムエスアイコンピュータージャパンは、15.6型/17.3型液晶を内蔵したゲーミングノートPC計6機種を発表した。(2015/9/7)

Netflix対応:
パナソニック、高輝度IPSパネル搭載ビエラ「CS600」を5月22日に発売 19万円台から
パナソニックは、高輝度IPSパネルを搭載した液晶テレビVIERA(ビエラ)に「CS600シリーズ」を追加。価格はオープンで、実売想定価格は税別で19万円前後となっている。(2015/4/24)

Sクラス クーペを超える快適性:
復活「マイバッハ」は「究極のエクスクルーシブ」を求めるブランドに
メルセデス・ベンツ日本は「メルセデス・マイバッハ Sクラス」を発表。ダイムラーの最上級ブランドであるマイバッハの2年ぶりの復活となる。同社のもつさまざまな技術を搭載し、「Sクラス」の最上位グレードに位置する新たなフラッグシップモデルだ。(2015/2/26)

上陸間近の「Netflix」対応!:
パナソニック、高輝度IPSパネル搭載液晶テレビ、ビエラ「CS650」シリーズを発表――13万円台から
パナソニックは、高輝度IPSパネルを搭載した液晶テレビ、VIERA(ビエラ)CS650シリーズの2機種を発表した。価格はオープンで、予想実売価格は13万円前後(税別)から。3月上旬発売予定。(2015/2/17)

パナソニック、58V型まで載せられる“シアターボード”「SC-HTE180」
パナソニックは、テレビの下に設置するタイプのスピーカーシステム「SC-HTE180」を5月16日に発売する。耐荷重は約50キログラム。(2014/4/7)

3Dサラウンド+ノイズキャンセル:
いざ、ゲームの世界へのめり込み――「ゲーミングヘッドセット」
上海問屋が、3Dサラウンドとノイズキャンセリング機能搭載のゲーミングヘッドセットを発売した。価格は9999円。(2014/2/10)

A10-6800K Black Edtionの特価販売も:
「未来を変えられるのはAMDだけ」――アキバでRadeon Rシリーズ店頭イベント
AMDがアキバの「ドスパラ パーツ館」店頭で、最新GPU「AMD Radeon R」シリーズの特徴を解説する店頭イベントを実施。(2013/12/20)

上海問屋、“3Dサウンド機能”も備えたノイズキャンセリング対応ヘッドフォン
ドスパラは、ノイズキャンセリング機能を備えたヘッドフォン計2製品の取り扱いを発表。上位モデルは“3Dサウンドエフェクト機能”も備えている。(2013/10/3)

バッテリー内蔵:
スマホ/タブレットや携帯ゲーム機に――「3Dサウンドエフェクトアンプ」
上海問屋が、ステレオミニ入力だけの小型ヘッドフォンアンプを発売した。3Dエフェクトが効いた音を手軽に楽しめるという。価格は6499円。(2013/8/9)

ネットワーク機能も充実:
パイオニア、BDプレーヤー搭載の5.1chサラウンドシステム「MCS-434」
パイオニアは、Blu-ray Discプレーヤー搭載の5.1chサラウンドシステム「MCS-434」を6月下旬に発売する。4系統のHDMI端子、2系統のUSB端子、ネットワーク対応とさまざまなメディアを活用できる。(2013/5/27)

LGエレ、ワイヤレスウーファー採用のフロントサラウンド「NB4530A」
高さを抑えたサウンドバーとワイヤレスウーファーによるフロントサラウンドシステムが登場。(2013/4/3)

Bluetooth対応:
背が低いから画面をジャマしない、パナソニックのシアターバー「SC-HTB170/HTB65」
パナソニックがオールインワンタイプのシアターバー2機種を発表。Bluetoothにも対応し、リビングオーディオとしても利用できる。(2013/4/2)

スマホ対応も:
タテ・ヨコ設置自在、ワイヤレスサブウーファーを採用したシアターバー「SC-HTB570」
パナソニックは2つのフロントスピーカーを合体させ、サウンドバースタイルにすることもできる2.1chサウンドシステムを発表した。(2013/4/2)

Bluetooth対応:
サウンドバーにポールタイプ、スタイルで選べる4タイプのホームシアターセットをパイオニアが発表
パイオニアが4種類のホームシアター製品を10月上旬から順次発売する。いずれもサブウーファー内蔵のセンターユニットを核に、スタイリッシュなスピーカーシステムを組み合わせた。(2012/9/6)

大きくなりました:
トリニティ、JAWBONEのBletoothスピーカー「BIG JAMBOX」を発売
トリニティは、米JAWBONE(ジョウボーン)のBluetoothスピーカー「BIG JAMBOX」を国内で販売する。アーティスティックな外観とカスタマイズできる音声ガイドがユニーク。(2012/7/2)

LGエレ、サブウーファー内蔵のサウンドバー「NB2520A」
LGエレクトロニクス・ジャパンは、にサウンドバーの新製品「NB2520A」を6月初旬に発売する。(2012/5/9)

スマホも充電できる:
バッファロー、ウォークマン用FMトランスミッター2シリーズを発売
バッファローから、ソニーの公式ライセンス“Designed for Walkman”に準拠したウォークマン用FMトランスミッター「BSFM37シリーズ」および「BSFM35シリーズ」が登場。(2012/4/25)

新iPad動作確認済みのカラフルなFMトランスミッター、バッファローコクヨサプライから
バッファローコクヨサプライは、新iPadにも対応するFMトランスミッター「BSFM09シリーズ」を3月下旬に発売する。ピンク、ブラック、ホワイト、ブルー、シルバーの5色をラインアップ。(2012/3/12)

スマホ連携も:
もっとTVを楽しむ“スマートビエラ”、パナソニックが一挙5シリーズを発表
パナソニックは、薄型テレビ“VIERA”(ビエラ)の新製品として、「スマートビエラ」5シリーズを発表した。「ビエラ・コネクト」やスマートフォン連携などを実現した“スマート”なテレビだ。(2012/2/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
「直撃ですよ」――HDDショックでアキバ中が混乱
タイ洪水の影響からHDDの値上がりが続いているアキバ。在庫確保のためのショップ単位で値上げしているため、店舗によって価格差が広がっており、先行き不透明な情勢がさらに複雑になっている。(2011/10/24)

オーディオ処理技術 DSP:
ウォルフソンがオーディオDSP市場に参入、高音質と低消費電力の両立を訴求
ウォルフソン・マイクロエレクトロニクスは、同社として初となるオーディオ処理用DSP「WM0010」を発売し、オーディオDSPの市場に参入した。(2011/2/25)

オーディオ処理技術:
スマートフォンにも高音質を、SRS LabsのオーディオIPがOpenSL ES 1.1規格に対応
SRS Labsは、同社のモバイル機器向けオーディオ処理IP「SRS TruMedia」が、Khronos Groupの「OpenSL ES 1.1」規格に準拠したと発表した。(2011/2/22)

パナソニック、3Dサラウンド対応のシアターバー「SC-HTB520」
パナソニックは、薄型テレビの音声を手軽に向上させるシアターバー「SC-HTB520」を3月18日より発売する。(2011/2/15)

パナソニック、3Dサラウンド搭載のサウンドボード3機種
パナソニックは、家具調デザインを採用したサウンドボードに、3Dサラウンド再生を搭載した新製品を発表した。(2011/2/4)

パナソニック、3Dサラウンド搭載のラックシアター2機種
パナソニックは、3Dサラウンド再生や明瞭ボイスを搭載したラックシアターの新製品「SC-HTX720」「SC-HTX520」を3月18日より発売する。(2011/2/4)

ウォークマン専用のFMトランスミッター
バッファローコクヨサプライは、ウォークマン専用のFMトランスミッター「BSFM32シリーズ」を1月下旬より発売する。(2011/1/17)

プリンストン、フロントサラウンドを実現するPC向きスピーカー「PSP-3DBAR」
プリンストンテクノロジーは、単体での3Dサウンド実現可能としたスピーカー“デジ奏゛”こと「PSP-3DBAR」を発売する。(2011/1/14)

3Dサウンドを作り出す「ROCKUS」2.1chスピーカー
リンクスインターナショナルは、3Dsstテクノロジーを搭載した2.1チャンネルスピーカー「Antec soundscience ROCKUS」を12月28日より発売する。(2010/12/27)

新旧製品比較:
“見えないトコロ”が進化したラックシアター、ヤマハ「YRS-1100」
しゃれたルックスのシアターラック、ヤマハ「POLYPHONY」(ポリフォニー)シリーズに新ラインアップが登場した。デザインコンセプトを継承したため、一見して違いは分からない。しかし、実は見えにくい部分にさまざまな進歩があったようだ。(2010/10/29)

COMPUTEX TAIPEI 2010:
台北で“アキバの源流”を眺める――PCパーツブースひとまとめ
台北世界貿易センター南港展覧館1Fの「Componets&Parts」エリアは、パーツベンダーが数多く出展する、男の子なら大はしゃぎしてしまうエリアだ。冷たい! 光る! 強い!(2010/6/3)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
デジタル時代のAVアンプは「DSP」で決まる
音声や映像のデータは膨大で、リアルタイム処理には高い演算性能が要求される。それを解決する半導体チップ「DSP」は、いまやデジタルオーディオ機器に不可欠な存在だ。今回は、そのDSPの役割を解説してみよう。(2010/5/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。