ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

「b-mobileSIM」最新記事一覧

格安SIM定点観測:
「ポケモンGO」便乗ラッシュ? MVNO同士の協業も――2016年6月・7月データ通信編
2016年からはその淘汰(とうた)が始まると指摘されているMVNO。それを見越してか、MVNO同士が販売面で提携する動きが出てきた。また、日本でも配信が始まった「ポケモンGO」にあやかろうとするMVNOも見られた。(2016/8/12)

格安SIM定点観測:
自然災害時の対応もバロメーターになるか――2016年4月・5月データ通信編
サービス改善が大きな軸が移ったMVNOサービス(格安SIM)。単にサービスを拡充するだけではなく、従来にはないサービスのあり方の模索も始まっている。また、4月の「熊本地震」を通して格安SIMの選び方に新たな評価軸が出てきた。(2016/6/13)

半年間基本料金を割り引くキャンペーンも:
「DTI SIM」、5分以内の電話かけ放題+ネット使い放題プランを提供
DTIが、5分以内の通話し放題のサービスと、データ通信し放題のプランを提供する。前者は月額780円。後者は10GBプランの料金(2200円〜)据え置きで提供する。(2016/5/25)

Tech Basics/Catalog:
格安SIMカード
スマートフォンの通信料金の削減が可能な「格安SIMカード」。実にさまざまな格安SIMサービスのプランが提供されている。その中から用途に合わせて代表的なプランをまとめてみた。2016年7月上旬時点の価格に対応した。(2016/7/8)

スマホ代を節約したい! 格安SIM超入門ガイド5選
格安SIMってどれくらい安いの? 格安SIMが気になっている人に向けて、明日から機種変できるかもしれない超入門ガイドを紹介します。(2016/5/3)

通信量が多い人におすすめの格安SIMは? 特徴を比較・解説
(2016/4/14)

格安SIMの代表的なサービスとその特徴を解説します
(2016/4/13)

格安SIM定点観測:
余ったパケットを「マイル」に 大手キャリアのサービスを格安SIMで――2016年3月データ通信編
3月は多くの企業で新年度直前。格安SIMに大きな動きは少ない――と思いきや、興味深い動きがいくつかあった。さっそくチェックしよう。(2016/4/8)

格安SIM定点観測:
「通信料無料キャンペーン」や「販路別特典」が流行? スーパーがMVNOに参入――2016年2月データ通信編
格安SIMの競争軸がサービスになってきた昨今。2月も、料金ではなくサービス拡充を中心とした動きが多かった。その中でも特に注目したいのが「通信料無料」「販路別特典」「スーパーのMVNO」だ。(2016/3/8)

格安SIM定点観測:
PCに特化したデータSIM登場 余ったパケットを他人とシェアできるサービスも――2015年12月・2016年1月データ通信編
価格競争が一段落付いた感もある格安SIM。年をまたいだ2カ月間で見えてきたのは、サービスを軸とした競争への“変化”だ。(2016/2/8)

格安SIM定点観測:
アップロード無制限のMVNOサービスが登場 楽天モバイルが事業移管を決定――2015年11月データ通信編
11月は、アップロードの通信速度・通信量が無制限のMVNOサービスの登場や、楽天モバイルが事業移管を決定したことに注目だ。(2015/12/17)

格安SIM定点観測:
2つの「UQ」が合併 SIM即日再発行のMVNOが登場――2015年10月データ通信編
10月は、「UQ」ブランドで通信サービスを提供する2社が合併したことや、今までありそうでなかったSIMカードの店頭即日再発行を行うMVNOサービスが登場したことがトピックだ。(2015/11/10)

格安SIM定点観測:
価格一辺倒な競争から離れられるか――2015年8・9月データ通信編
8・9月のMVNOサービスでは、価格競争だけではなく、サービス改善の動きも活発だった。さっそく、その動きを見てみよう。(2015/10/19)

Tech TIPS:
格安SIMをスマートフォンで利用するためのAPNの設定法(Android編)
スマートフォンを安く利用するための「格安SIM」は、ショッピングモールでも販売されるようになるなど、市民権を得つつある。ただ設定となると少々ハードルが高いのも事実だ。そこで、今回はAndroid OSを採用するスマートフォンで格安SIMを利用するための設定の方法を紹介する。(2015/10/2)

中古スマホで使う格安SIM:
ドコモ「Xperia Z1 SO-01F」で「b-mobile」のSIMを使う方法
ドコモの「Xperia Z1 SO-01F」で「b-mobile」のSIMカードを使う方法をご紹介します。(2015/9/30)

中古スマホで使う格安SIM:
ドコモ版「iPhone 5s」で「b-mobile」のSIMを使う方法
ドコモ版「iPhone 5s」で「b-mobile」のSIMカードを使う方法をご紹介します。(2015/8/31)

PR:「タブレットにお金は出せない」企業に朗報? 低コスト&高品質な“CTEタブレット”とは
企業においても爆発的に普及が進むタブレット端末。しかし「営業スタッフ向けに導入したい」「店舗用端末として導入したい」と考えていても、コスト面などの理由からなかなか着手できていなかった企業も多いはずだ。本稿では、いま新たに注目されている安価&実用的な「CTEタブレット」という選択肢を紹介したい。(2015/8/24)

格安SIM Q&A:
「格安SIM」で国際ローミングはできますか?
普段の携帯電話機と携帯電話番号を、そのまま海外でも使える「国際ローミング」。いわゆる「格安SIM」でも国際ローミングできるのでしょうか……?(2015/8/12)

格安SIM定点観測:
au系MVNOの動きが活発に DMM mobileは“対抗”値下げとプラン新設――2015年7月データ通信編
iOS 8端末でデータ通信ができる“魔法”により、にわかに注目を集めるKDDI(au)系MVNO。その市場に、新しく2社が参入した。一方、ドコモ系MVNOでは、Wonderlinkのプランリニューアル、DMM mobileの“対抗値下げ”と新プランが話題となった。(2015/8/4)

SIM通:
DMM mobileがさらに値下げ! 格安SIMの価格競争は止まらない
DMM mobileが1GBプランの価格を改定し680円に値下げしました。他社と比べどのくらいの優位性があるのか、同価格帯のプランと比較してみました。(2015/7/24)

SIM通:
格安SIM契約の新機軸!「b-mobile おかわりSIM」って、どんな内容?
追加購入手続きをすることなく、まるでわんこそばのようにデータ通信容量が足されていく――そんな格安SIMプランが日本通信から登場しました。「おかわりSIM」と呼ばれるこのプランの詳しいサービス内容をご紹介します。(2015/7/7)

格安SIM定点観測:
NifMoの“プロモーションプラン”にも対抗するDMM mobile――2015年6月データ通信編
NifMoが1.1Gバイトで640円(税別)のプロモーションプランを開始した。レギュラープランになるかどうか未定のプランであっても、最安値を更新されたとなれば、DMM mobileが対抗しないわけがなく――。(2015/7/2)

上限は5Gバイト1500円:
日本通信、1Gバイト500円から利用できる5段階定額の「おかわりSIM」発売
日本通信は、月額500円で1GバイトまでのLTE通信が利用できる「おかわりSIM」を発売した。5段階定額の料金設定で、使い切ると月間5Gバイトまで自動でデータ容量を増量する。(2015/6/5)

格安SIM定点観測:
7Gバイトプランで最安値競争が勃発 DMM mobileが最安値“死守”――2015年5月データ通信編
ぷららモバイルLTEがプラン改定で、7Gプラン最安値を達成した。しかし、「業界最安値」をうたうDMM mobileが黙っているはずもなく――。(2015/6/1)

SIM通:
対応MVNO拡大中!増える格安SIMの即日開通カウンター
格安スマホサービスが浸透し、最近では家電量販店やスーパーなどにある専用カウンターでも手続きができるようになってきました。(2015/5/25)

格安SIM定点観測:
DMM mobileが最安を維持、hi-hoが2Gバイトプランで最安タイ――2015年4月データ通信編
春商戦に向けたプラン新設・料金改定がひと段落付いた4月の格安SIM戦線。しかし、au系格安SIMに5月・6月に向けた料金改定の動きが見られた。早速チェックしてみよう。(2015/5/8)

ゼロから分かる格安SIM:
第4回 格安SIMの料金プランは? 乗り換えるのにいいタイミングは?
MVNOはさまざまな料金プランを提供していますが、どんなプランがあって、毎月どれくらいの料金がかかるのでしょうか? また格安SIMに乗り換えるべきタイミングはあるのでしょうか。(2015/4/27)

悪天候を吹き飛ばすほど白熱!――17社のSIMを試せる「格安SIMタッチ&トライイベント」開催
ITmedia Mobile編集部が「格安SIMタッチ&トライイベント」を開催。当日はあいにくの天候だったが、熱心な方々が多く集まった。参加者の熱気が伝わるリポートをお届けしよう。(2015/4/22)

格安SIM定点観測:
“業界最安”はDMM mobile――春商戦に向け10社が料金プランを改定――2015年3月データ通信編
新生活需要を見込んで、IIJ、NTTコム、DMMなど、各社がこぞって4月からデータ通信容量の増加を発表。どこが一番お得なのか? さっそくチェックしていこう。(2015/3/31)

DMM mobileが“全14プランで業界最安”は本当?――全プランのトップ5を調べた
3月は、多くのMVNOが料金改定を発表しており、料金がめまぐるしく変わっている。中でも注目したいのが「DMM mobile」。2Gバイトプランを新設し、データと音声の全14プランで業界最安をうたっている。実際にどれだけ安いのかを調べてみた。(2015/3/27)

モバイルフォーラム2015:
メディア、研究員、中の人から見た“MVNOの向かう先”
総務省とテレコムサービス協会MVNO委員会が開催した「モバイルフォーラム2015」では、メディア、研究員、MVNOの中の人……といったさまざまな視点から、MVNOの現状とあるべき姿が語られた。(2015/3/18)

SIM通:
MVNOの速度無制限サービス、どうして実現できたのか?
近頃、どれだけたくさん通信しても速度が低下しない“速度無制限”をうたう格安SIMが登場しています。なぜMVNOは速度無制限を実現できたのでしょうか。(2015/3/16)

「VAIO Phone」は売れるのか?――4つのポイントから読み解く
ついに発表されたVAIOスマートフォンは、日本のSIMロックフリー市場でどこまで支持されるのだろうか? スペック、価格、デザイン、ソフトウェアから見ていきたい。(2015/3/12)

格安SIM定点観測:
2Gバイトで月700円の「Wonderlink」、「楽天モバイル」はデータSIM提供へ――2015年2月データ通信編
3月31日までの申し込みで業界最安となる月700円で2Gバイトのデータ通信を利用できるパナソニックの「Wonderlink」のほか、データ通信SIMの提供を開始する「楽天モバイル」に注目だ。(2015/2/25)

格安SIM定点観測:
ブックオフがMVNOに参入! エレコムも容量増加&価格改定――2015年1月データ通信編
ブックオフがMVNOサービス「スマOFF」を発表し、エレコムとニフティが容量増加&価格改定を発表した2015年1月の格安SIM情報をまとめてチェックしていこう。(2015/1/30)

直近3日間の速度制限、MVNOの場合は?――各社のルールを確認した
MVNOが提供している通信サービスは、1日か1カ月の通信容量がプランごとに定められているが、通信の公平性を担保するために“3日間の制限”も設けているところが多い。あらためて、各社のルールをまとめた。(2015/1/15)

SIM通:
どこにする?無制限プランの3社比較
ぷららモバイル、U-mobileに続き、日本通信からもドコモLTE網を使った使い放題プランが登場。3社の使い放題プランにはどのような違いがあるのか、比較してみました。(2015/1/6)

格安SIM定点観測:
「DMM mobile」が「freetel mobile」の最安記録を塗り替えるか?――2014年12月音声通話編
「DMM mobile」は低価格プランを提供する「freetel mobile」に価格面でどう対抗したのか? 日本通信の使い放題プランにも注目だ。(2014/12/26)

格安SIM定点観測:
「DMM mobile」が“業界最安”を奪取! au回線を使う「UQ Mobile」も登場――2014年12月データ通信編
月660円で1Gバイト使える“最安”プランをひっさげて「DMM mobile」が誕生した。日本通信が使い放題プランの提供を開始したことも注目だ。(2014/12/25)

実際どうなの?:
通信量上限なし――「使い放題」の格安SIM、現状の“使い勝手”をショートレビュー
外で動画を観たり、テザリングをたくさん使う人に魅力的な使い放題SIM。どんなプランがあるのか、実際の使い心地はどうなのかまとめてみた。(2014/12/22)

Mobile Weekly Top10:
「UQ Mobile」発表/冬モデル17機種のスペックまとめが人気
12月8日週のアクセスランキングは、「UQ Mobile」発表、冬モデル比較、モバイル通信とルーターの最新事情などが人気でした。(2014/12/16)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
MVNO各社が音声対応プランや容量無制限プランを開始、ワイモバイルは通信量「実質」無制限のキャンペーンも
「格安SIM」と呼ばれることも多いMVNOから、音声通話対応のプランや容量無制限のプランが新たに登場し競争が激化。一方、MNOではUQがNexus 9とのセット割引を提供するほか、ワイモバイルは通信量が「実質」無制限になるキャンペーンを開始した。(2014/12/9)

月々たったの1980円:
日本通信、高速通信“完全”使い放題プラン「b-mobile SIM 高速定額」
日本通信が、最大通信容量に制限がない使い放題プラン「b-mobile SIM 高速定額」を販売開始。月額料金は1980円。ライトプランや音声付きプランも用意している。(2014/12/8)

LTE使い放題で月額1980円 日本通信が「高速定額」SIM発売
ドコモLTE網が月間通信容量無制限で月額1980円(税別)の「b-mobile SIM 高速定額」を日本通信が発売する。(2014/12/8)

月2GバイトのLTE通信+端末代で月額2980円――「イオンスマホLTE」登場
「イオンスマホ」第3弾はLTEに対応――。イオンが、「BIGLOBE LTE・3G」ライトSプランの月額1650円にLTEスマホ「IDOL 2 S」をセットにした「イオンスマホLTE」を提供する。(2014/9/1)

主流はネット通販:
“格安SIM”はどこで買える? サービス別の販売場所まとめ
何かと話題の“格安SIM”だが、一体どこで購入できるのだろうか。サービス別に販売場所をまとめた。販売場所が特殊なプリペイドSIMは別途カテゴリを分けて紹介する。(2014/8/11)

運用:
通信費削減の切り札「格安SIMカード」はこう選べ(2015年12月改訂版)
スマホは便利だが月額利用料が高くて……。そんな人は格安SIMカードの利用を検討してほしい。月額480円で使い放題のプランや音声通話定額プランなども登場。格安SIMカードのメリットとデメリット、活用法を解説する。2015年12月時点での情報を追加し、大幅な改訂を行った。(2015/12/17)

そういえばNexus 7のSIMロックフリー版も登場しますね:
SIMロックフリーな合体“スーパーフォン”「PadFone 2」──はて、SIMカードはどうやって入手するんですか?
タブレットにもなる合体デバイス「PadFone 2」はSIMロックフリー端末である。はて、SIMロックフリーとはなんぞや。データ通信に必要なSIMカードはどうやって入手すればいいか、一例を説明する。(2013/2/19)

月額980円から:
日本通信、3つの料金から選ぶ定額使い放題のデータ専用SIMを発売
日本通信は、定額でドコモのLTE・3G通信が使い放題になるSIMシリーズを発表した。月額料金は980円/1980円/2980円の3種類。Turbo Chargeにも対応している。(2012/12/14)

日本通信、SIMロックフリー「iPhone 5」向けのnanoSIMを発売
日本通信はSIMロックを解除したiPhone 5向けのnanoSIMを発表した。(2012/11/19)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。