ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「牛丼」最新記事一覧

福田雄一監督による吉野家CMがシュール テイクアウトする菅田将暉さんを実況する佐藤二朗さんが独特の世界観
「勇者ヨシヒコ」を思い出す人も。(2017/4/29)

松屋が牛めしと同じ肉を使った「牛まん」を販売 中華の巨匠・金萬福氏監修
ミンチではなくスライス肉を使用。(2017/4/18)

パスタのようなラーメン:
松屋、トマトラーメンに進出 新業態「トマトの花」
松屋フーズは、新業態のラーメン店「トマトの花」を出店する。(2017/4/14)

ゼンショー、ファミレスに卓上ロボット 20年から接客へ実証実験
ゼンショーホールディングスは6日、傘下のファミリーレストラン「ココス」で対話が楽しめる卓上ロボットを、2020年に実用化すると発表した。(2017/4/7)

全日空は荷物の搬出入、吉野家は食器洗浄を時短 ロボットが労働環境改善に貢献
物流や外食業界を中心に人手不足が深刻さを増すなか、ロボットベンチャーが労働環境の改善に貢献している。(2017/4/3)

吉野家がアーム型ロボット導入 食器洗浄作業を短縮
従業員が割れた食器でけがしたり、水や油で汚れたりするのを軽減できるという。(2017/3/31)

「金銭問題で進学を断念するという状況をなんとかしたい」 吉野家が奨学金制度導入を検討
吉野家を取材しました。(2017/3/31)

ライフロボティクス CORO:
吉野家の食器洗浄を支援する協働ロボット、自動仕分けで78%の工数削減を目指す
ライフロボティクスは、同社の多関節型協働ロボット「CORO(コロ)」が吉野家の店舗における食器洗浄工程に導入されたことを発表。食器洗浄作業にかかる工数を約78%削減することを目指す。(2017/3/31)

協働ロボット:
「ちょっと洗い物手伝って」吉野家が協働ロボ導入で78%の工数削減に成功
ライフロボティクスは、牛丼を主力とする外食チェーンの吉野家に同社が展開する“肘”のない協働ロボット「CORO」を導入。店舗における食器洗浄工程で約78%の工数削減に成功したことを明らかにした。(2017/3/29)

外食チェーン初:
すき家、「牛&こんにゃく麺」の低糖質な新メニュー
「すき家」は4月5日から、低糖質をコンセプトにした新商品「ロカボ牛麺」と「ロカボ牛ビビン麺」を販売する。糖質を看板商品「牛丼 並盛」の約5分の1に抑えたという。(2017/3/28)

吉野家で4週連続のディスカウントセール開催 牛丼並盛や辛子明太子定食が300円に
第1弾は3月31日・4月1日。(2017/3/23)

「春の300円まつり!」:
吉野家、牛丼300円など4週連続セール
吉野家が4週連続で金・土曜日を対象にしたセール「春の300円まつり!」を実施する。(2017/3/23)

1食当たり347円:
“介護食”のヨシギュウを食べてみた!
牛丼チェーン「吉野家」は高齢者向け「吉野家のやさしいごはん」を開発した。東京ビッグサイトで開かれた介護用品などの展示会「CareTEX 2017」での試食会で、早速、記者も食べてみた。(2017/3/17)

吉野家の朝の新メニューは「辛子明太子定食」 ピリッとした明太子で朝からご飯がすすみそう
焼魚+明太子などの定食も登場します。(2017/3/13)

糖質制限中のあなたに 松屋でライスを「湯豆腐」に変更できるサービス開始
糖質は約94%オフ。(2017/3/9)

糖質・カロリー大幅オフ:
松屋「ライスを湯豆腐に変更」が再登場
「松屋」で定食のライスを湯豆腐に変更できるサービスが再登場。(2017/3/2)

吉野家をかたっていた“なりすまし”キャンペーンサイト、新規会員登録を停止
既存の会員へのログインページは残されています。(2017/2/10)

牛丼と豚丼が同時に味わえる! 吉野家が半分ずつ盛り付けた「牛豚 半丼(はんどん)」、2月24日限定で販売
「プレミアムフライデー限定」と、同日から始まる政策を意識した限定メニュー。(2017/2/9)

半ドンの日に半丼:
吉野家、プレミアムフライデー限定で「半丼」発売
吉野家が2月24日のプレミアムフライデー限定商品「牛豚 半丼」を販売。(2017/2/9)

吉野家をかたる“なりすまし”キャンペーンに注意 「牛丼15,000円分食べ放題」でポイントサイトへ誘導
牛角に続いて吉野家も。(2017/2/7)

「牛カルビ」の新メニュー:
吉野家、「牛カルビ生姜焼き」シリーズ発売
吉野家が、新メニュー「牛カルビ生姜焼き丼」「牛カルビ生姜焼き定食」を2月9日から販売する。(2017/2/6)

キリトやアスナが「なか卯」の店員姿に! 丼ぶりやうどんを食べると「劇場版ソードアート・オンライン」コラボグッズがプレゼント
アスナの店内放送聞いてみたい……!(2017/2/4)

松屋フーズ、オラクルの予算管理クラウドを導入
松屋フーズが、オラクルの予算管理クラウド「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用した。表計算ソフトと手作業での集計から、クラウドサービスを活用した予算管理に移行。高精度な経営判断と運用負荷の軽減につながった。(2017/1/26)

トングで“牛丼混ぜ男”に、「とくダネ!」が直撃「ネットが騒ぎ立ててる」と主張し迷惑行為を否定
「すき家」で、客の男性が紅しょうが用のトングを丼に入れたまま牛丼を食べる姿をネットで中継した問題で、「とくダネ!」が男性に直接取材した。(2016/12/20)

「すき家」で客が共有トングを丼に入れたまま食事 動画で中継も 「特定・警察に通報済み」
「すき家」店舗で、客が卓上のしょうが用トングを自分の丼に入れたまま食事をする「不適切行為」を行い、その様子を動画でネット公開していたとゼンショーが発表。撮影者は特定済みという。(2016/12/16)

今度は「しょうがトングで牛丼混ぜ男」がネットで炎上 すき家「撮影者を特定し、警察に通報・相談しています」
ネット上では「不衛生だ」など批判が殺到していました。(2016/12/16)

人手不足解消で業績絶好調!:
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
2014年に人手不足によって国内1985店のうち1250店で深夜営業を休止した「すき家」。あれから約2年半。休止していた店舗の約9割が深夜営業を再開した。同社はどのようにして、深刻だった人手不足問題を解決したのだろうか。(2016/12/6)

お値段は強気の1080円 すき家で厳選素材を使用した「黒毛和牛弁当」が限定発売
17日から。(2016/11/16)

サイドメニュー拡充の裏側:
牛丼も好調! くら寿司、“外食の何でも屋”を目指す
60〜70種類の本格的なサイドメニューを提供するくら寿司。「何屋さんか分からない」と言われることが多くなったが、実際同社は“外食の何でも屋”を目指しているという。(2016/11/14)

くら寿司、サイドメニューに「牛丼」 「専門店にも負けない」
くらコーポレーションはサイドメニューの新商品「牛丼を超えた『牛丼』」を4日から販売する。「牛丼専門店にも負けない牛丼」を目指したという。(2016/11/2)

一体どこまで行く気なんだ? くら寿司から「牛丼を超えた、『牛丼』」が登場!
「すしやの天丼」も復活します。(2016/11/2)

松屋フーズの16年4〜9月期、原価改善などで営業利益113%増 通期予想も上方修正
牛丼チェーン「松屋」などを運営する松屋フーズは16年4〜9月期の営業利益が113%増になった。それに伴い通期業績予想を上方修正した。(2016/10/31)

吉野家で地域限定「ご当地鍋」登場、「博多とんこつ鍋膳」「なごや鶏味噌鍋膳」など5種類 牛すき鍋膳も復活
11月1日10時から。(2016/10/26)

ゼンショー、群馬県のスーパー「フジマート」買収 小売り事業を拡大
ゼンショーホールディングスはフジタコーポレーションを11月21日に買収する。(2016/10/18)

毎週金曜日は牛丼、アイス、ドーナツがタダに ソフトバンクがスマホユーザー向けキャンペーン
ソフトバンクは、毎週金曜日に牛丼やアイスなどが“タダ”になるキャンペーン「SUPERFRIDAY」を実施する。(2016/10/7)

毎週金曜日は牛丼1杯無料! ソフトバンクユーザーがいろいろタダになるキャンペーンが10月7日からスタート
ソフトバンクユーザー大勝利。(2016/10/6)

「艦これ」×「なか卯」コラボキャンペーン、9月28日スタート!
なか卯鎮守府で補給!(2016/9/24)

50年ぶりの復活 吉野家から秋を感じる「松茸牛丼」が期間限定で発売
秋の香りがしそう。(2016/9/8)

この松屋の玉子が浮いているように見える人は疲れているので寝ましょう
筆者は寝ます。(2016/8/31)

吉野家が「デジタルボトルキープ」スタート スマホで仮想のマイボトルを購入
かるく一杯いきますか。(2016/7/21)

吉野家が“スマホでボトルキープ” 「吉呑み」リピーター増加狙う
吉野家が、“仮想マイボトル”をスマホでキープできる「デジタルボトルキープ」を始めた。同社が力を入れる「吉呑み」強化の一環だ。(2016/7/20)

吉野家、「デジタルボトルキープ」開始 スマホに仮想マイボトル、「ちょい飲み」お得に
吉野家がスマートフォンを活用した「デジタルボトルキープ」を全国540店で始めた。(2016/7/20)

吉野家HD、ラーメンに進出 「せたが屋」買収
吉野家がラーメン店を展開する「せたが屋」を買収。(2016/6/28)

外食で痩せる!:肉なしでも満足 吉野家の「ベジ丼」
(2016/6/6)

外食で痩せる!:すき家 豆腐の入った「牛丼ライト」
(2016/6/4)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜいま松屋フーズは“とんかつ”に力を入れるのか
松屋フーズの低価格とんかつ業態「松のや」の出店が加速している――。牛めし業態「松屋」に続く第2の柱として、同社はいま“とんかつ”に力をいれているようだ。その理由とは?(2016/6/2)

吉野家築地一号店の開店当時を描いたシリーズCM「吉野家 築地一号店物語 」 出演はピエール瀧さん、菅田将暉さん
昭和っぽい。(2016/5/27)

産業用ロボット:
吉野家やロイヤルなどが協調ロボットを導入
ライフロボティクスが協調ロボット「CORO」の導入先を公開した。導入先はトヨタ自動車、オムロン、吉野家、ロイヤルなどで、自動車から電子機器、外食・食品と多岐にわたっている。(2016/5/20)

吉野家「豚丼」、復活1カ月で700万食販売
全国の「吉野家」の店舗で復活販売した「豚丼」が、発売から1カ月で累計販売数700万食を突破した。(2016/5/6)

松屋がネット注文に対応! 最短45分後からお店で受け取り可能に
「つゆだく」や「つゆ抜き」にも対応。(2016/4/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。