ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ビットコイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビットコイン」に関する情報が集まったページです。

視聴者がビットコインを支払って操作する「ポケモン」配信が登場 コマンド1回につき約0.66円必要
視聴者みんなで操作する「Twitch Play」にまた新たな遊び方が。(2018/6/22)

3つの理由:
韓国のBithumbハッキング後、なぜビットコインはすぐに反発したのか?
6月20日未明までに韓国の仮想通貨取引所Bithumbがハッキング被害に遭い、3000万ドル相当の仮想通貨が盗まれたことが発覚したことを受け、ビットコインの価格は一時2%ほど下落するも、同日の夕方には既に下落前の水準まで回復した。(2018/6/22)

ランサムウェア「WannaCry」が復活? 英で偽の脅迫メール出回る
WannaCryが世界中で猛威を振るってから1年あまり。専門家は、この機会にバックアップなどの対策を改めて徹底するよう呼び掛けた。(2018/6/22)

ホットウォレットが原因?:
被害額は34億円相当、韓国の仮想通貨取引所Bithumbがハッカーの被害に
韓国の仮想通貨取引所Bithumbは、6月19日夜〜20日早朝にかけて350億ウォン相当(約34億円)の仮想通貨がハッカーによって盗まれたと発表した。(2018/6/20)

12月には退任?:
「ビットコインは自分には合わない」 米GSのブランクファインCEOがまた批判
ビットコインに投資はしない、自分には合わない――6月19日に米ニューヨークで開催された経済イベント「Economic Club of New York」に参加した米Goldman Sachsのロイド・ブランクファインCEOが、再びビットコインに対する否定的な見方を示した。(2018/6/20)

協賛金はビットコインで GMOコイン、FC琉球のスポンサーに
GMOコインが、サッカーJ3のFC琉球と2018年シーズンのクラブパートナー契約を締結した。協賛金はビットコインで贈呈し、J2昇格を果たした際はボーナスも支払う。(2018/6/20)

仮想通貨トレーダーが指南:
ビットコインではなくイーサリアムに投資すべき? 3つの理由
米投資機関Brian Kelly Capitalのブライアン・ケリーCEO(最高経営責任者)は6月15日、現時点ではビットコインよりイーサリアムの方が幾分か優れているとの見方を示した。その3つの理由を米CNBCで明かした。(2018/6/19)

つながる地域ポイント管理システムを構築:
ふくおかFG、ブロックチェーンを活用した地域ポイントプラットフォーム提供へ
ふくおかフィナンシャルグループ傘下のiBankマーケティングは、ブロックチェーン関連技術を活用した地域ポイント管理システムを構築すると発表した。(2018/6/19)

関西の議論:
仮想通貨にハンモック……独自の「コンセプトカフェ」が増加、差別化図り生き残り狙う
アニメのキャラクターや動物など、さまざまなテーマを持った「コンセプトカフェ」が相次いでオープンしている。(2018/6/18)

Computer Weekly日本語版
最大の問題は犯人──勝手に仮想通貨を採掘するクリプトジャッキング
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/6/16)

非中央集権が鍵:
SECが発言、「ビットコイン、イーサリアムは有価証券として見なさない」 規制対象外になる可能性も 
ビットコインとイーサリアムは有価証券ではないが、多くのICO(Initial Coin Offering、仮想通貨の新規公開)は米証券取引委員会(SEC)の監視下に置かれ、有価証券関連法によって規制されるだろう――(2018/6/15)

仮想通貨にハンモック……「コンセプトカフェ」が増加、差別化で生き残り狙う
仮想通貨やハンモックなど、さまざまなテーマを持った「コンセプトカフェ」が相次いでオープンしている。「普通の店では埋もれてしまう」と危機感を抱き、来店客らがSNSで発信したくなるような話題作りにあれこれと知恵を絞っている。(2018/6/15)

テキサス大学が調査:
ビットコインの下落が止まらない 「昨年のビットコイン急騰は価格操作によるもの」
6月13日、ビットコインは一時6133.31ドルまで値を下げた。先週末から始まった急落の中、さらに5%も下落した形だ。同日に発表されたテキサス大学のビットコインに関する報告書が原因だとみられる。(2018/6/14)

演算リソースの不正利用をどう防ぐか
仮想通貨を勝手に採掘するクリプトジャッキングの最悪の犯人
無断でPCやサーバの演算リソースを使って仮想通貨を採掘(マイニング)する「クリプトジャッキング」が問題になっている。中でも「ある人物」による犯行は検知が難しい。(2018/6/14)

レジスタンスラインは6800ドル:
ビットコイン、急落してもビヨンセより人気? 米投資機関、「サポートラインは6500ドル」
今年に入り「ビットコイン」のGoogle検索数が75%減少し、投資家が仮想通貨への関心を失っているのではという懸念が浮上している。(2018/6/13)

ビットコインで「おくりびと」も出現:
仮想通貨が新たなシノギに 溝口敦が斬る「3つの山口組」
現在、山口組は「六代目山口組」、「神戸山口組」、「任侠山口組」の3派に分裂し、臨戦態勢にある。仮想通貨が新たなシノギになるなど、カネの稼ぎ方も変わった。暴力団取材の第一人者が、3つの山口組の実相を斬る――。(2018/6/13)

米調査会社が分析:
急落のビットコイン、2000ドルまで下がる可能性も 「すぐに回復基調に戻ると期待しないほうがいい」
ビットコインが7000ドルを下回ったことは仮想通貨が回復基調に戻るのに苦労していることを示唆している――米調査会社Fundstrat Global Advisorsでテクニカルストラテジー長を務めるロバート・スレイマー氏は米CNBCで足元の仮想通貨市況への見解を示した。(2018/6/12)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2018年5月版:
魔の手が伸びる「仮想通貨」、新手の攻撃
2018年5月のセキュリティクラスタは、引き続き「仮想通貨」関連の話題に注目が集まりました。ブロックチェーンの仕組み自体の弱点を突いた攻撃や、プラグインの改変などさまざまな手段を使って犯罪者がお金をかすめ取ろうとしています。加えて、仮想通貨を採掘させるスクリプトをサイトに設置すること自体が違法だという指摘がありました。仮想通貨以外では、情報漏えい事件の原因が「WAFの設定ミス」なのか「脆弱性」なのかという議論がありました。(2018/6/13)

0.000074%が仮想通貨全体の4割を保有:
ビットコインの28%を握るのは1600人の「クジラ」 上位3ウォレットだけで3400万ドル
投資が活発化したビットコインだが、1600人の投資家だけで全体の28%を握っている――とABCCryptoが報じた。(2018/6/11)

驚くほど簡単にできる……:
サイバー攻撃による仮想通貨の盗難、18年の被害額は既に11億ドル相当
2018年に入ってから既に11億ドル相当の仮想通貨がサイバー攻撃による盗難被害に合っている――米サイバーセキュリティ企業のCarbon Blackが米CNBCで仮想通貨の盗難に関する調査結果を報告した。(2018/6/8)

DDoS攻撃:
大手仮想通貨取引所Bitfinexにまたサイバー攻撃 ビットコインは下落
香港に拠点を置く世界最大級の仮想通貨取引所Bitfinexが6月5日、サイバー攻撃を受け取引を一時停止した。複数のサーバから大量の処理負荷を与えてサービスを停止させるDDoS(分散型サービス拒否)攻撃を受けたようだ。(2018/6/6)

投資額は「100億に近い数十億円」:
7nmで独自ASIC……GMOが半導体開発に乗り出す理由
GMOインターネットは2018年6月5日、東京都内で記者会見を開催し、7nmプロセスを用いて独自開発したマイニング専用ASICを搭載するマイニングマシン「GMO miner B2」を紹介した。(2018/6/6)

「世界トップ性能」GMOのマイニングマシン、約22万円で発売 7ナノメートルプロセス実現
GMOインターネットは、同社が開発したビットコイン向けマイニングコンピュータ「GMO miner B2」と専用電源ユニットのセットを1999ドル(税込約22万円、送料別)で発売すると発表した。初回出荷は10月末の見込み。電力性能・計算性能で「世界トップの性能を実現した」という。(2018/6/5)

モナコインへの攻撃、なぜ成功? 小さな「アルトコイン」襲う巨大なハッシュパワー
国産仮想通貨「モナコイン」が攻撃を受けた理由や、そのブロックチェーンの仕組みについて解説する。(2018/6/4)

深刻な問題ではない?:
「モナコイン」攻撃のインパクトは 「PoWだけでは限界があるかもしれない」
仮想通貨「モナコイン」が海外の仮想通貨交換取引所で攻撃を受けた事件について、ブロックチェーン推進協会(BCCC)がこのほど、報道関係者向けに説明会を開いた。(2018/6/4)

SBI、仮想通貨取引サービス開始 「万全の体制で」
SBIホールディングスの子会社SBIバーチャル・カレンシーズが、仮想通貨の取引サービス「VCTRADE」を始めた。(2018/6/4)

年間15億ユニットの出荷実績も:
MediaTekがASIC事業強化、7nmと豊富なIPで勝負
台湾MediaTekは、ASIC事業を強化する。システムの技術革新につながる最新IPコアの開発などにも取り組む。(2018/6/4)

ここから回復基調に:
ビットコインは底打ち? 「次のハードルは7800ドル」と米調査会社が分析
ビットコインは底を打ったようだ――米調査会社Fundstrat Global Advisorsでテクニカルストラテジー長を務めるロバート・スレイマー氏は5月31日に米CNBCで語った。(2018/6/1)

ゲームアプリの報酬としてビットコイン配布できる「CryptoChips byGMO」
ゲームの報酬としてビットコインを配布できるゲームアプリ向けサービス「CryptoChips」をGMOインターネットが開発。8月からグループ会社のゲームに実装する。(2018/6/1)

恐怖指数との相関関係もあり?:
ビットコインは新たな先行指標になるのか 米投資会社が分析
ビットコインは新たな恐怖指数(VIX)になり得る――米投資会社Equity Armor Investmentsで投資アドバイザーを務めるブライアン・スタットランド氏は米CNBCで語った。(2018/5/31)

GMOコイン、リップルやイーサリアムなどアルトコイン4種のレバレッジ取引を可能に
仮想通貨取引サービスを提供するGMOコインでリップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインのレバレッジ取引が可能になった。現行のビットコインを含め、同取引所が取り扱う全ての仮想通貨でレバレッジ取引が行えるようになる。(2018/5/30)

6月5日まで無料で格付けリスト提供:
米調査会社が仮想通貨格付けランキングを発表 ワースト4は……
米調査会社Weiss Ratingsは93種類の仮想通貨で構成する仮想通貨格付けランキングを発表した。(2018/5/30)

家、貯金、奨学金を失う者も……:
あなたも「仮想通貨取引依存症」? 海外の病院が治療プログラム開始
英スコットランドにあるCastle Craig Hospitalが仮想通貨取引依存症の治療プログラムを始めたと、CCNが報じた。(2018/5/30)

足元のビットコインは7100ドル台で横ばい推移::
「ビットコインは短期的に6000ドルを下回る」、仮想通貨アナリストが予想
仮想通貨市場で下げ局面が続いている。1週間前までは仮想通貨全体の時価総額は3810億ドルあったのに対し、5月29日には3080億ドルと約20%も減少した。(2018/5/29)

足元は下落相場だが:
ビットコインは保有し続けるべき ブロックチェーン投資家が指摘
ブロックチェーンの投資家スペンサー・ボガート氏は足元の下落相場に関わらず「ビットコインは保有し続けるべきだ」と、5月25日に米CNBCのインタビューで語った。(2018/5/28)

bitFlyer、競技プログラミングコンテスト開催 上位者には「内定確約パス」、年俸1200万円オファーも
bitFlyerが競技プログラミングコンテスト「codeFlyer」を開催すると発表した。本戦上位者には「内定確約パス」を贈り、最高年俸1200万円をオファー提示するという。(2018/5/25)

年末には2万5000ドルまで上昇?:
ビットコインは7500ドル台まで下落 米国とカナダでの規制強化発表が影響か
ビットコインは5月24日に入り7500ドル台まで下落した。その他の仮想通貨もおおよそ下落が続いている。(2018/5/24)

Selfish Minigによる攻撃:
「モナコイン」攻撃はブロックチェーンの安全神話を揺るがすか
仮想通貨「モナコイン」が最近、5月15日までにロシアの仮想通貨取引所Livecoinで攻撃を受け、1000万円ほどの損失が発生するという事件が起こった。(2018/5/24)

足元の仮想通貨市場:
ビットコインは8000ドルを下回る 主要仮想通貨が軒並み下落
ビットコインが5月23日の朝方に8000ドルを下回り、一時7800ドル台目前まで下落した。(2018/5/23)

貨幣革新は失敗続き:
ノーベル賞経済学者シラー氏「ビットコインや仮想通貨は失敗する」
ノーベル経済学賞受賞者である経済学者ロバート・シラー氏は米CNBCのインタビューで、ビットコインや仮想通貨は失敗するだろうと警鐘を鳴らした。(2018/5/22)

後任はソロモンCOO:
米GSのブランクファインCEO、12月に退任 ビットコインには否定的だった……?
米Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)のロイド・ブランクファインCEO(最高経営責任者)が12月に退任し、その後任はデービッド・M・ソロモン社長兼COO(最高執行責任者)が務めると、The New York Timesが5月18日に関係者による情報として報じた。(2018/5/21)

それでもConsensus 2018は大成功?:
昨年69%上昇 ビットコイン価格、今年は予想に反して高騰せず……
先週5月11〜17日は米仮想通貨メディアCoinDeskなどが共同企画する”Blockchain Week New York City”と称される期間で、米ニューヨークシティでは多くの仮想通貨関連イベントが開催された。(2018/5/21)

IBM、Oracle、Microsoft、SAPなども取り組む
企業向けブロックチェーンを推し進める「Hyperledger Fabric」とは
ブロックチェーンはビットコインから生まれた技術だ。この技術の企業への導入が検討されている。「Hyperledger Fabric」のようなフレームワークは、ブロックチェーンの企業導入を後押しする可能性がある。(2018/5/21)

仮想通貨の熱烈な支持者:
Appleの共同創業者ウォズニアック氏、「ブロックチェーンと仮想通貨が広く普及するまであと10年」
米Appleの共同創業者、スティーブ・ウォズニアック氏が、オーストリアで開かれたテクノロジー関連カンファレンスで、仮想通貨とブロックチェーンが築くであろう技術の未来について語った。(2018/5/18)

モナコインのブロックチェーン、攻撃受け「巻き戻し」 国内取引所も警戒
国産仮想通貨「モナコイン」のブロックチェーンがマイナーによる攻撃を受け、巻き戻しが起きた結果、海外の取引所で約1000万円の被害が出たようだ。モナコインを扱う国内取引所もモナコイン入金に必要な承認数を上げるなどの対策を行っている。(2018/5/18)

好き嫌い分かれるが……:
「プロがどう言おうと投資家はビットコイン投資をやめない」 英専門家が指摘
多くの金融の専門家はビットコインへの投資を推奨していないかもしれないが、投資家たちはビットコインへの投資をやめないだろう――英金融調査会社Autonomous Researchでフィンテック戦略グローバルディレクターを務めるレックス・ソコリン氏は米CNBCのインタビューの中でこう指摘した。(2018/5/17)

あのウィンクルボス兄弟:
NYDFSが認可、Geminiでジーキャッシュの取り扱いが始まる
仮想通貨長者として知られる双子、タイラー・ウィンクルボス氏とキャメロン・ウィンクルボス氏が創設した米仮想通貨取引所Geminiが5月14日、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)の認可の下、仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash、ZEC)の取り扱いを開始すると発表した。(2018/5/16)

HTC、ブロックチェーン採用Android端末「Exodus」を年内発売へ
HTCが、ブロックチェーン採用Android端末「Exodus」を発表した。年末までに出荷する計画。DAppをサポートし、Bitcoinなどの暗号通貨のノードとして使える。(2018/5/16)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(8):
ブロックチェーンを導入したら、文書改ざんも上司のキマグレも防止できますか?
情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第8列車のテーマは「ブロックチェーン」です。(2018/5/16)

最終的に敬遠される:
仮想通貨は「不均一」、選好されない恐れ=米セントルイス連銀総裁
米セントルイス地区連銀のブラード総裁は、ビットコインなどの仮想通貨の発展は「不均一」な通貨を生み出していると指摘した。(2018/5/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。