ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビズ・ストーン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビズ・ストーン」に関する情報が集まったページです。

ビズ・ストーン氏、Twitterに完全復帰「ジャックに頼まれて」
Twitterの共同創業者の1人で最近JellyをPinterestに売却したビズ・ストーン氏がTwitterに完全復帰する。肩書は不明だが、同氏は創業当時、Twitterの文化的側面を担っていた。(2017/5/17)

マストドンつまみ食い日記:
Mastodon開発者とpixivのPawoo、ロリ絵対策について議論する
Mastodonの情報をつまみ食いする連載の第2回。まだまだ話題豊富なので、後で追記するかもです。(2017/4/16)

エヴァン・ウィリアムズ氏、保有するTwitter株式の3割売却へ
Twitterの共同創業者で取締役、同社最大の個人株主でもあるエヴァン・ウィリアムズ氏が、保有株の一部を売却すると発表した。注力事業への投資やチャリティのためであり、Twitterの将来については楽観しているという。(2017/4/7)

Pinterestが買収したJelly、4月3日にシャットダウン
Pinterestが買収したソーシャルサービス「Jelly」が4月3日に閉鎖される。創業者のビズ・ストーン氏はユーザー宛のメールで「Jellyの精神はPinterestの中で生き続ける」と語った。(2017/3/21)

Pinterest、Twitter共同創業者ビズ・ストーン氏のJellyを買収
Twitterの共同創業者、ビズ・ストーン氏が立ち上げた人力検索サービスJellyをPinterestが買収した。ストーン氏はPinterestのアドバイザーになる。(2017/3/9)

「Polaroid Swing」はiPhoneの「Live Photos」のような動く写真共有アプリ
Twitterの共同創業者、ビズ・ストーン氏が会長を務める新興企業がポラロイドブランドの新画像共有アプリ「Polaroid Swing」を米国で公開した。1秒間の動画を動く写真として保存・共有できる。AppleのLive Photosと異なり、Android端末でも動かせる。日本でも今秋公開の予定だ。(2016/7/13)

オバマ大統領夫妻、SXSW 2016の基調講演に登壇へ
テキサス州オースティンで毎年3月に開催されるテクノロジーと文化の祭典「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」の基調講演に、現役大統領として初めてバラク・オバマ米大統領が登壇する。夫人のミシェル・オバマ氏も別の基調講演で女性の教育について語る。(2016/3/3)

Twitter共同創業者、ビズ・ストーン氏の人力Q&Aサービス「Jelly」が再出発
Twitter共同総合社のビズ・ストーン氏が、2014年にリリースした画像利用の人力検索サービス「Jelly」を刷新し、ログイン不要で専門家に質問できるQ&Aサービスとして再リリースする。Webアプリとしても提供する計画だ。(2016/1/8)

オバマ政権、Google幹部と元Twitter幹部を政府のCTOと副CTOに指名
米連邦政府はGoogle幹部のミーガン・スミス氏をCTO(最高技術責任者)に、元Twitterの法務顧問、アレクサンダー・マクギリブレイ氏を副CTOに指名した。(2014/9/5)

Quoraにオバマ大統領が降臨、認証アカウントもスタート
実名制Q&AコミュニティーのQuoraにバラク・オバマ大統領が参加し、オバマケアについて回答した。オバマ大統領の参加に合わせ、本人であることを証明する認証バッジ機能が追加された。(2014/3/25)

ジョシュ・エルマン氏が取締役に:
Twitter創業者ウィリアムズ氏のMediumにGreylockが出資
かつてBloggerを立ち上げ、Twitterの共同創業者でもあるエバン・ウィリアムズ氏が2012年に立ち上げたソーシャルサービスMediumが、Greylockのパートナーを取締役として迎えた。(2014/1/29)

“クジラ”作者による「Twitterマトリョーシカ」プロジェクトが始動
Twitterがダウンすると登場する「Fail Whale」のイラストを描いたイイン・リュー氏が手掛ける、Twitter幹部を模したマトリョーシカのプロジェクトがKickstarterでスタートした。(2014/1/23)

Facebook、“会話”活性化を目指し、ソーシャルサービスのBranchを買収
ニュースフィードでのハッシュタグ機能やコメントのついた投稿の表示優先など、“会話”の活性化に取り組むFacebookが、テーマ別ディスカッションサービスを提供するBranchを買収した。(2014/1/14)

ビズ・ストーン氏、画像利用のクラウドソーシング検索サービス「Jelly」を発表
iOSおよびAndroid向けアプリの「Jelly」は、例えば見慣れないものをスマートフォンで撮影して「これは何?」と投稿すると、ソーシャルグラフ上の誰かが答えてくれるサービスだ。(2014/1/8)

TwitterとSquareの創業者ジャック・ドーシー氏がディズニーの取締役に
Twitterの会長を務め、SquareのCEOでもあるジャック・ドーシー氏がWalt Disney Companyの取締役に就任した。(2013/12/24)

Twitterの内幕ものベストセラー、テレビドラマ化へ
創業者同士の確執や権力争いなど、ドラマチックな要素が満載のTwitter内幕本「Hatching Twitter」のドラマ化権をLionsgateが獲得した。(2013/12/19)

CEOを降ろされたドーシー氏はザッカーバーグ氏に電話を──Twitter歴史本、11月5日に出版
近く株式公開するTwitterの立ち上げから今日までを紹介する書籍「Hatching Twitter」が11月5日に発売される。2006年にさかのぼり、今日までの共同創業者同士の確執や社会に与えた影響などがつづられている。(2013/10/10)

Twitterのベテラン法務顧問マクギリブレイ氏が退社
2009年にTwitter入りし、アラブの春でのユーザーの表現の自由のために尽力し、透明性レポートの立ち上げにも従事した法律顧問のアレクサンダー・マクギリブレイ氏が退社する。(2013/9/2)

「Facebookは有料版も提供すべき」──Twitter創業者のビズ・ストーン氏
Twitterの共同創業者のビズ・ストーン氏が、Facebookが大好きな人のために月10ドルの広告非表示版を提供すれば、ユーザーの10%が使えば毎月10億ドルの売上高になる、とFacebookにアドバイス。(2013/7/22)

Twitter共同創業者のストーン氏、モバイル企業「Jelly」立ち上げ
ビズ・ストーン氏の新興企業Jellyが開発中の同名のサービスは、無料のモバイルツールで“人の善行を支援する”ものになるようだ。(2013/4/2)

TwitterがTwitterの特許を取得
Twitterが申請した「端末に依存しないメッセージ配布プラットフォーム」に関する特許を米当局が承認。(2013/3/21)

Adobe Digital Marketing Summit 2012:
フォロワー160万人の航空会社がTwitterユーザーにぶつけた“怒り”
Adobeが開催した年次カンファレンスのゼネラルセッションに、Twitter共同創業者のビズ・ストーン氏が登場。企業がソーシャルメディアを使いこなすコツや若い起業家へのメッセージ、自身が立ち上げた新興企業などについて語った。(2012/3/30)

Twitterが創業6周年 1日当たりのツイート数は3億4000万件に
Twitterが、2006年3月21日に最初のツイートが投稿されてから6周年を迎え、現在のアクティブユーザー数は1億4000万人、1日の平均ツイート数は3億4000万件と発表した。(2012/3/22)

Twitter創業者の新興企業Obvious、新サービス「Branch」を発表
「Branch」は、さまざまなテーマについて、テーマごとにキュレートされた専門家がディスカッションすることで“情報を知識に変換する”サービスだ。(2012/3/8)

Twitterの共同創業者のストーン氏、ウィリアムズ氏らと「Obvious」再建へ
Twitterの3人の共同創業者の2人、エバン・ウィリアムズ氏とビズ・ストーン氏が、Twitterの元副社長と3人で新規事業を立ち上げる。(2011/6/29)

IBMのWatson、Webby賞で“今年の人”に
“ネットのアカデミー賞”の「Person of the Year(今年の人)」に選ばれたWatsonは、授賞式のルール「5ワードスピーチ」も見事にこなした。(2011/6/15)

せかにゅ:
Twitterにも「ソーシャル・ネットワーク」のようなドラマがあった?
Twitterは3人の創業者が立ち上げたと言われているが、もう1人、Twitterの名付け親でありながら、Twitterの歴史に名が残されていない「忘れ去られた」創業者がいる。(2011/4/18)

Twitter共同創設者のウィリアムズ氏、新事業に向けて「Twitterでの役割縮小」
ジャック・ドーシー氏のTwitter復帰と入れ替わるように、共同創設者の1人であるエバン・ウィリアムズ氏が「Twitterでの役割を縮小する」と自身のブログで発表した。(2011/3/30)

Twitter、ユーザー保護の姿勢を強調――エジプト混迷を受け
エジプトで反政府デモの混乱が深まる中、Twitterが「The Tweets Must Flow(ツイートは流れ続けるべき)」と題したコメントを公式ブログに掲載した。(2011/1/31)

Twitter、年内に2億ユーザー到達の可能性
Twitterは急速に成長しており、1日に37万人のペースで新規ユーザーを獲得している。(2010/11/2)

GoogleはTwitterを買収するべきだ――しないだろうが
GoogleはFacebookに対抗するために、Twitterを買収する必要があると一部の専門家は主張している。しかし、GoogleはTwitterなしでも成功しており、買収は不要だとの見方も。(2010/10/6)

Twitter創業者、乙武洋匡さん、飯野賢治さんと“コミュニケーション”を語る
(2010/9/29)

ロシアのメドベージェフ大統領、公式Twitterをスタート
訪米中のメドベージェフ大統領がTwitterアカウントを取得し、TwitterやAppleのオフィス訪問の様子をTwitpicに掲載している。(2010/6/24)

伴大作の木漏れ日:
Twitterで覆るコミュニケーション手法とその先
Twitterは実に多くの人がつぶやいており、有名人もゴロゴロいる。実際に利用してみると、Twitterがこれまでの情報のやりとりの手法を覆し、企業のコミュニケーションも変える可能性が見えてきた。対応を誤った企業に未来はない。(2010/3/24)

オルタナブログ通信:
140を突破した、Twitterのアレ
約230人のブロガーがITにまつわる時事ネタなどを日々発信しているビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」。その中から今週は「PHS」「携帯電話」「Twitter」「電子書籍」をテーマに紹介しよう。(2010/3/5)

Twitter、検索提携で2500万ドルを確保――経営黒字化の見通し
MicrosoftおよびGoogleとの提携からの収入で、時価評価10億ドルのTwitterがようやく黒字化する見込みだ。(2009/12/22)

Twitter、「いまなにしてる?」から「いまどうしてる?」に変更
自分の状態をつぶやくより、事件やニュースを発信するユーザーが多い現状に合わせ、ホームページトップの表示を「What are you doing?」から「What's Happening?」に変更した。(2009/11/20)

TwitterとLinkedIn、ツイートとステータス更新の同期機能を追加
Facebook、MySpaceに続き、ビジネスSNSのLinkedInもTwitterとの同期機能を追加した。(2009/11/11)

Webサービス図鑑/Twitter関連:
Twib
Twibは、Twitterで話題になっているURLを集計し、ランキングを出してくれるサービス。どんなサイトが紹介されているかをリアルタイムで把握できます。そのURLが紹介されたつぶやきも一緒に見ることができるので、紹介された理由や評価も分かります。(2009/10/26)

Microsoft、BingにTwitterのリアルタイム検索機能を追加
MicrosoftがGoogleより一足先に、BingにTwitterのリアルタイム検索機能を追加した。(2009/10/22)

Webサービス図鑑/Twitter関連:
When Did You Join Twitter?
「When Did You Join Twitter?」はその名の通り、その人がいつTwitterを始めたかを教えてくれるだけのシンプルツールです。気になるあの人があなたより早く始めたか、遅く始めたかなどを知ることができます。(2009/10/21)

Webサービス図鑑/Twitter関連:
OneTopi
OneTopiは、ネット上の記事を話題のテーマごとに集約し、そのテーマに詳しい専任解説者(キュレーター)のコメント付きで紹介するサービスです。(2009/10/20)

Twitter創業者ムービー ビズ・ストーン氏は何を語ったか
ユーザー交流イベントに登場した、Twitter共同創業者の1人であるビズ・ストーン氏。約30分に渡るスピーチの全容を動画でお届けする。(2009/10/16)

Twitter創業者ビズ・ストーン氏に「ビバ☆ヒウィッヒヒー」の感想を聞いてみた
「日本にはTwitterの歌があるんですが」――来日したTwitter共同創業者のビズ・ストーン氏に、広瀬香美さんのTwitterソング「ビバ☆ヒウィッヒヒー」の感想を聞いてみた。(2009/10/15)

複数のアプリに防御策の影響:
Twitter、DoS攻撃対策を継続中
「攻撃目的が政治的なものであるにしても、Twitterは目的について議論するより安全なサービスの提供に専心する」と共同創設者のビズ・ストーン氏。(2009/8/8)

企業向けベストプラクティスも:
Twitter、入門ガイド「Twitter 101」を立ち上げ
Twitterが企業向けのTwitter活用法などをまとめたサイトを開設した。DellやPepsiのケーススタディやベストプラクティスも紹介している。(2009/7/24)

Google Appsではなく人間の問題:
Twitterの情報流出で問われるクラウドの安全性
Twitterは、Google Appsのアカウントを盗まれたのは、このサービスのシステムの問題ではなく、安易なパスワードを使った個人の問題だとしてGoogleを擁護している。(2009/7/16)

Twitter、「tweet商標騒動」について説明
Twitterは「tweet」という言葉を商標申請しているが、tweetを名前の一部に使っているTwitterアプリやサービスを訴える意図はないと明言している。(2009/7/2)

Twitter活用のリアリティ番組が制作へ
「普通の人が革命的な方法で競い合い、有名人を追跡する」番組になるという。(2009/5/26)

買収のうわさには触れず:
GoogleのシュミットCEO、Twitterの収益化に言及
Googleのエリック・シュミットCEOが、Twitterを高く評価し、同サービスの広告メディアとしての可能性について語った。(2009/4/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。