ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ブロックチェーン」最新記事一覧

金融業界とHadoop(2):
欧米の金融機関における、FinTechをめぐるデータ課題とHadoopの関係
欧米金融機関のデジタルバンキングおよびFinTechへの取り組みは、Hadoop利用とどう関係しているか。米Hortonworksの金融担当ゼネラルマネージャーに聞いた。英国のOpen Banking Standard、欧州のPayment System Directive 2(PSD2)についても語ってもらった。(2016/9/30)

海外医療技術トレンド(18):
医療分野のブロックチェーン利用に向け行政当局も動き出した米国
金融分野のフィンテックを中心に注目を集めるブロックチェーン技術だが、医療分野での応用も期待されている。米国における取り組みは、研究/教育機関やスタートアップ企業から、行政当局のレベルへと広がりつつある。(2016/9/29)

フィリップスはブロックチェーンの開発研究所を設立
大手企業が熱い視線を注ぐ、医療分野のブロックチェーンの“光と影”
ブロックチェーン技術が金融分野で次第に存在感を示す中、多くの医療IT開発者もその利用を考えている。医療分野のブロックチェーン技術は、理論的構想の段階をとうに過ぎ、ビジネスになるという期待を集めている。(2016/9/27)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:それでもAzureを選ぶべき理由
今回は、AWSに完敗しているMicrosoft Azureを特集。それでもAzureを選ぶべき理由とは何か。第2特集は、注目度上昇中のグラフ型データベースを基礎から分かりやすく解説。他に、Watson IoTを活用したインテリジェントビルで実現できること、ブロックチェーンやDevOpsの落とし穴について解説する。(2016/9/26)

IBM Edge 2016 Report:
メインフレームでブロックチェーン? ダイヤ取引の変革に挑むEverledger
IBM Edge 2016カンファレンスは2日目を迎え、午前のジェネラルセッションにはテクノロジーで新たなビジネスモデルを創造するイノベーターたちが登場した。ダイヤモンド取引の高い透明性に挑む英国の新興企業が着目したのは、ブロックチェーン技術とIBMのメインフレームだった。(2016/9/21)

IBM Edge 2016 Report:
F1チームに学ぶ、常に進化するプロトタイプでビジネスの未来をデザインしよう
ネバダ州ラスベガスで「IBM Edge 2016」が開幕した。Edgeでフォーカスされる同社のシステム製品は「コグニティブビジネス」の実現を支える機能が盛り込まれてきているという。ITのチカラで常に進化し続けるRed Bull Racingの顧客事例も紹介された。(2016/9/20)

ハギーのデジタル道しるべ:
FinTechブームに踊らされる残念な金融機関の実態
日本の金融業界では「FinTech」ブームが続いている。前回はそれに踊らされる金融機関の実態を紹介したが、今回もその残念な事例を取り上げてみたい。(2016/9/16)

大きなチャンスと大きな課題
ブロックチェーンの敗者にならないためにCIOがやるべきこと
ブロックチェーンがパラダイムシフトを起こし、勝者と敗者を生み出そうとしている。この巨大なデジタル革命の時代に、CIOは何をやるべきなのか。(2016/9/15)

ブロックチェーンの概念を導入
銀行のレガシーシステムを一掃する「Vault OS」、開発者はGoogle出身
無数のシステムでがんじがらめのバンキングシステムが銀行のサービス改善を阻んでいる。Google出身者が設立した新興企業が、その課題を一掃するバンキングシステムを開発した。(2016/9/9)

ブロックチェーンの検証現場で何が起きているのか(2):
ブロックチェーンベースの著作権保護サービス「ascribe」は履歴書DBとして使えるのか
リクルートテクノロジーズの社内ラボで行っている、主に非金融領域に対するブロックチェーンの活用に向けたR&Dを紹介する連載。今回は、ビットコインのブロックチェーンを「改ざんされない記録台帳」として利用し、「履歴書データベース」として実装した課程について。(2016/9/7)

Computer Weekly:
ブロックチェーンの敗者にならないためにCIOがやるべきこと
ブロックチェーンがパラダイムシフトを起こし、勝者と敗者を生み出そうとしている。この巨大なデジタル革命の時代に、CIOは何をやるべきなのか。(2016/9/7)

FinTech時代、銀行系システムはどうあるべきか(1):
若手が知らないメインフレームと銀行系システムの歴史&基礎知識
本連載では、銀行系システムについて、その要件や歴史を整理しつつ、スマートフォンによる決済やブロックチェーンなど、新しい技術が及ぼす影響を考察していきます。初回は、メインフレームと銀行系システムの歴史と基礎知識についてです。(2016/9/12)

ハギーのデジタル道しるべ:
踊るFinTech 夢中な金融機関とごう慢なITベンチャーの投資話から
さまざまな業界がFinTechに夢中だが、その熱があまりに過ぎると痛い目に遭うだろう。筆者が実際に見たITベンチャーへの投資に対する金融機関の無謀ぶりをご紹介する。(2016/9/2)

先進技術におけるハイプサイクル2016年版:
機械学習は“過度の期待”のピーク、自律走行車は“幻滅期”の一歩手前
米国の調査会社Gartnerは、「先進技術におけるハイプサイクル2016年版」を発表した。調査結果では機械学習などが「過度の期待のピーク期」を迎えており、自律走行車が「幻滅期」の一歩手前に。また、ここ数年注目されてきた「3Dプリンタ」が消え、「4Dプリンティング」が黎明期として紹介されている。(2016/8/31)

製造マネジメントニュース:
機械学習は“過度の期待”のピーク、自律走行車は“幻滅期”の一歩手前
米国の調査会社Gartnerは、「先進技術におけるハイプサイクル2016年版」を発表した。調査結果によると機械学習などが「過度の期待のピーク期」を迎えていることを明らかにした他、自律走行車が「幻滅期」の一歩手前を迎えていることを明らかにした。また、ここ数年注目されてきた「3Dプリンタ」が消え、変わって「4Dプリンティング」が黎明期として紹介されている。(2016/8/26)

さまざまなブロックチェーンに触れよ
あらゆる用途にマッチする魔法のブロックチェーンは存在しない
ブロックチェーン技術が持つ特性は、さまざまな分野で応用されつつある。しかし、ブロックチェーン技術は1つではない。自社に必要なブロックチェーン技術を見つけるにはどうしたらよいのか。(2016/8/25)

クラウド時代のアプリケーション移植【後編】
コンテナ技術「Docker」で実現するアプリケーション移植、知っておきたい5つの勘所
クラウド間でのアプリケーションの移植をサポートする選択肢としてコンテナを選んだ場合、コンテナの特徴を保持する必要がある。その手段を紹介する。(2016/8/22)

FinTechを推進するエンジニア/担当者向け:
「ブロックチェーン大学校」、ブロックチェーン推進協会が開校
ブロックチェーン推進協会(BCCC)が、ブロックチェーン技術の正しい知識や使い方を学べる「ブロックチェーン大学校」を開校した。第1期は2016年8月17日から。全8回の講義を予定する。(2016/8/17)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第21回 ブロックチェーンを生かしたクラウドストレージの安全策
データが拡散するほど危険になると思いがちなクラウド時代のストレージにおいては、逆にこの状況に合わせた技術の活用で安全になる可能があります。今回はブロックチェーンの特徴からクラウドストレージの技術を解説します。(2016/8/17)

まずはその正体を理解すること
「ビットコインだけじゃない」 ブロックチェーンが採用業界を広げるために必要なこと
ブロックチェーンが各種業界にもたらすさまざまな影響が話題になることが増えてきた。しかし、活用方法を特定して実際に運用するのは容易でない。潜在的な活用事例と実装に向けたステップを解説しよう。(2016/8/16)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第20回 大量データで逆に安全? 注目されるブロックチェーンの仕組み
たくさんのデータが拡散することでリスクが高まると思いがちですが、意外にもその状況に対応する技術を活用すれば、むしろ安全になると期待されています。今回はFinTechで注目されているブロックチェーンとストレージの関係をひも解いてみましょう。(2016/8/3)

Computer Weekly製品ガイド
外部ユーザーのITアクセス管理方法
社内のIT管理プロセスのみを対象としていたID・アクセス管理の範囲が広がり、社外のビジネス関係にも焦点が当てられるようになった。(2016/7/28)

ブロックチェーンの検証現場で何が起きているのか(1):
アーキテクチャから考えるブロックチェーン検証3つのステップ
リクルートテクノロジーズの社内ラボで行っている、主に非金融領域に対するブロックチェーンの活用に向けたR&Dを紹介する本連載。初回は、同ラボにおけるブロックチェーンに対する見方から、その検証の全体像を紹介します。(2016/7/27)

販促策の一環であることは察している
AppleとMicrosoftのオープンソース戦略がコミュニティーに支持される理由
オープンソースコミュニティーとの協力関係を模索するAppleとMicrosoftの戦略は、好意的に受け止められている。企業利益のためであることを隠さない両社が受け入れられ、開発者が集まる理由とは?(2016/7/27)

無意識の利用がリスクを招く
弁護士に学ぶ、オープンソースの法的リスクとその管理方法
オープンソースは必要に応じて積極的に活用する価値がある。だが、不用意な利用は法的なリスクを伴う。弁護士の立場から見た、オープンソースとのつきあい方を紹介する。(2016/7/26)

CIOインタビュー
「3Dプリンティングで世界を変える」ためにMaterialiseが選んだ戦略
3Dプリンティング用ソフトウェアの開発を手掛けるMaterialiseは、競合企業にも製品を販売して市場の拡大を目指している。同社CIOに、同社の戦略や3Dプリンティングの展望を聞いた。(2016/7/25)

2016年IT優先度調査
2016年、CIOが導入に積極的な技術はモバイルとSDN、そして……
Computer Weeklyが毎年実施しているIT優先度調査。2016年はどの分野の投資が活発化するのだろうか? この結果から、CIOの不安や期待が透けて見える。(2016/7/22)

攻撃は容易。被害は深刻
専門家が口をそろえる「IoTのセキュリティは難しい」、強化のための3ステップ
モノのインターネット(IoT)のセキュリティを強化するのはとても難しい。しかし、ここに示す「3つのステップ」を実行すればIoT接続機器を守ることができる。(2016/7/21)

高速なPCIe SSDの使い道を考える
PCIe SSD──キャッシュにするべきかストレージとして使うか、それが問題だ
PCIe SSDには2つの使い方がある。低速なストレージのキャッシュにする方法と、ストレージ階層化における高速ドライブに利用する方法だ。ただし、それぞれ一長一短があることに注意が必要だ。(2016/7/21)

攻撃者は最後にボロを出す
ビッグデータ分析を有益なセキュリティツールにするちょい足しレシピ
ビッグデータ分析を応用したセキュリティ対策は有効だが、万能薬ではない。しかし、他の手法と組み合わせることでより有益なツールとなる。(2016/7/15)

Computer Weekly製品ガイド
リスクと生産性のバランスを保つアクセスコントロールの実現
最高情報セキュリティ責任者は、流動性の増大という状況に直面している。ITシステムの管理に、このダイナミズムを反映する必要がある。(2016/7/14)

Computer Weekly製品ガイド
情報セキュリティ管理の未来を担うID・アクセス管理
ID・アクセス管理(IAM)が企業のアクセスポリシーの中心に位置付けられる理由について解説する。(2016/7/13)

IoTで生まれる新たな対応
機械が人間に、人間が機械に? IoTで突きつけられる4つの問い
「モノのインターネット」(IoT)により、生活は便利になり、ビジネスにさまざまな良い効果が生まれている。だが、IoTによって新しく考えなければいけない課題がある。(2016/7/12)

2年の実践的実習で学位も取れる
人材難時代の最後の手段、“使えるIT技術者”は自社で育成
小売業者のSainsbury’sは、各種開発言語、ビジネススキル、チーム開発などの実習を提供する計画を発表。IT技術者不足が常に取り沙汰される昨今、こうした動きは広がるのだろうか。(2016/7/12)

結局パッチ管理からは逃げられない
もう管理しきれない……と言わせないパッチ管理の5つのTips
大量のパッチによる「パッチ疲れ」に陥ったとしても、パッチを放置することはできない。パッチ管理を実施するために、まずは5つの基本を実行しよう。(2016/7/11)

三菱東京UFJ、ビットコイン取引所大手の米Coinbaseに出資
三菱UFJフィナンシャル・グループは、ビットコインなど仮想通貨を扱う取引所大手・米Coinbaseと資本・業務提携する。(2016/7/8)

オープンソースのメリットとは
Facebookのソフトウェア開発者に学ぶオープンソースとの付き合い方
Facebookは、オープンソース化することを前提にソフトウェアを開発している。同社が成果物をコミュニティーに公開するメリットとは?(2016/7/8)

フラッシュだからこそできるアプリの時代
ソフトウェア開発の常識を塗り替える第4世代フラッシュストレージとは?
システムの高速化を目的としたフラッシュストレージ導入はもう古い。既に、フラッシュを使うことで初めて実現するアプリケーションを開発する時代に入っている。それを“第4世代フラッシュストレージ”という。(2016/7/7)

国内金融機関が直面するレガシーの課題
詳報:ジャパンネット銀行はいかにしてAWSを導入できたのか
金融機関によるパブリッククラウド移行が注目されている。強固な「全銀システム」が存在する日本の金融機関において、クラウドはどのように取り入れられるのか。ジャパンネット銀行の取り組みを紹介する。(2016/7/6)

MITがFinTechのオンライン講座を開講 世界の先端を行くその講義内容とは?
(2016/7/1)

「Windows Server 2016」でも新ライセンス体系
CPUコア数がまさかの減少? ソフトウェア “コア数課金”の広がりで企業が防衛策
ソフトウェアのライセンス体系をコア単位に変更するベンダーが増えている。ユーザー企業が今後もコストを抑えたければ、IT管理者はハードウェアの導入計画においてCPUのスペックを見直す必要がある。(2016/6/30)

期待が高まるネットワーク機能仮想化
ネットワーク機器を仮想マシン化するNFVに企業が群がる理由
NFVが普及すれば、スイッチやロードバランサーなどの専用ネットワーク機器は不要になる。今、このNFVに通信系企業が引き寄せられている。(2016/6/30)

クラウド関連Webセミナーのポータルサイト
IBM Cloud Online Seminar「ITエンジニア向け」コンテンツ
(2016/6/29)

クラウド関連Webセミナーのポータルサイト
IBM Cloud Online Seminar「デベロッパー向け」コンテンツ
(2016/6/29)

クラウド関連Webセミナーのポータルサイト
IBM Cloud Online Seminar「ITリーダー向け」コンテンツ
(2016/6/29)

クラウド関連Webセミナーのポータルサイト
IBM Cloud Online Seminar「CIO/ビジネスリーダー向け」コンテンツ
(2016/6/29)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
FinTechを支える「APIエコノミー」と「ブロックチェーン」とは
新しい業界への参入や、既存業界でのさらなるサービス価値向上のために、金融とITの融合、いわゆる「FinTech」が大きな注目を集めている。そのFinTechサービスの真価を発揮するための「APIエコノミー」と「ブロックチェーン」について詳しく解説する。(2016/6/29)

アパレルブランドCIOインタビュー
「こんな人物は採用しない」──CIOが開発者に求める不可欠のスキルとは?
「当社は真のオムニチャネル展開を果たしている」と豪語するCIOの人材登用・教育論、そしてオムニチャネル戦略を聞いた。(2016/6/29)

Database Watch(2016年6月版):
データベースから「データ」に目を向け始めたIBM
「IBM DB2」最新版のリリースと前後し、最近、IBMの主眼がデータベース製品から「データそのもの」に軸足を移してきている。今回はこの重要な“変化”に目を向けて、その動きや狙いを確認する。(2016/6/28)

IPv6をセキュアにする意外な技術とは?
「オールIPv6は危険!?」──こんなにあるIPv6のセキュリティリスク
IPv4の限界を解決するために策定されたIPv6だが、全ての機器をIPv6化するとリスクが高まるという。IPv6の何が危険なのか? IPv6を安全に利用するために必要な、意外な技術とは何か?(2016/6/28)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。