ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「中鉢良治」最新記事一覧

SEMICON Japan主催者に聞く:
もはや半導体業界だけのイベントではない――SEMICON Japan 2013
2013年12月4〜6日、千葉市の幕張メッセで世界最大級の半導体製造装置・材料の総合展示会「SEMICON Japan 2013」(セミコン・ジャパン)が開催される。今回のテーマは、「The Power of “X”」であり、さまざまな分野に影響を与える技術/製品などにスポットを当てる。「半導体製造装置業界に直接かかわらない人でも、有益な価値ある情報を得られる場にしたい」というSEMICON Japan主催者に開催の狙い、見どころなどを聞いた。(2013/11/27)

産総研の研究者がボストンで交通事故死 美少女ロボ「未夢」開発メンバー
研究者の三浦郁奈子さんの訃報に対し、産総研もサイトでコメントを発表。(2013/5/22)

“脱モノづくり”路線は吉と出るのか――ソニー、取締役に生え抜き技術者ゼロの波紋
実に5年ぶりの最終黒字に転じたソニー。今期はテレビなどエレクトロニクス部門の黒字化が課題となるが、新たな取締役人事ではソニーのDNAを持つ技術者が姿を消す。(2013/5/10)

ソニー中鉢副会長が退任 産総研理事長に
ソニーの中鉢副会長が退任し、産総研の理事長に就任する。(2013/3/26)

CEATEC JAPAN 2012:
4Kテレビにスマートホーム、エレクトロニクス業界の明日を占う「CEATEC JAPAN 2012」が明日開幕
CEATEC JAPAN実施協議会は、10月2日に開幕するエレクトロニクス総合展示会「CEATEC JAPAN 2012」の開催概要を発表した。展示小間数は2288小間となり、出展者/小間数ともに昨年を超える規模となる。(2012/10/1)

CEATEC 2012:
デジタル家電ショー改めスマート化へ――CEATEC JAPAN 2012概要説明会
IT&エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2012」の開催概要説明会が開催。デジタル家電を主軸とした昨年までの方向性を改め、「スマート化」へ変更。IEEEの国際会議も併催するなど「脱・デジタル家電ショー」を目指す。(2012/7/19)

海外から見た! ニッポン人エンジニア(5):
世界で生き残りたいエンジニアは、たくましさを身に付けよ
時代を読む力は、生き残れるエンジニアの必須条件である。本連載では、海外と深い接点を持つ人物へのインタビューをとおして、IT業界の世界的な動向をお届けする。ITエンジニア自らが時代を読み解き、キャリアを構築するヒントとしていただきたい。(2010/7/26)

ソニー、有機ELテレビ「XEL-1」国内販売を終了
ソニーは07年末に発売した世界初の有機ELテレビ「XEL-1」の国内販売を終える。海外販売は続け、有機ELの技術開発も続行する。(2010/2/16)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
ソニーはきらめきを失ったか
ソニーが大幅な人事組織変更を行った。ストリンガー会長兼CEOが社長職を兼務し苦境からの脱却を狙うが、麻倉氏は「圧倒的なソニー的な価値のある“もの”で訴求しない限り復活はない」と指摘する。(2009/4/21)

ミドルが経営を変える:
【第16回】不遇の時代、あなたは仕事に打ち込めるのか?
未曾有の不況によって、大規模なリストラ計画、人員の配置転換を発表する企業は少なくない。こうした状況において、何をモチベーションに働くことができるのだろうか。(2009/3/17)

ソニー、エレクトロニクスとゲームを統合 ストリンガー会長が社長兼務
ソニーは、エレクトロニクス事業とゲーム事業を統合する。ハワード・ストリンガー会長兼CEOが社長職を兼務し、エレクトロニクス事業を統括する(2009/2/27)

過去最大の赤字から立ち直れるか――ソニーの業績修正会見を(ほぼ)完全収録
ソニーは1月22日、2008年度連結業績見通しの修正を発表。2009年3月期の連結営業損失(米国会計基準)は2600億円と、過去最大の赤字となる見通しだ。ハワード・ストリンガー会長、中鉢良治社長、大根田伸行最高財務責任者が参加した業績修正会見の詳細を紹介する。(2009/1/23)

「想像をはるかに超える厳しさ」――年末商戦も不振、ソニー14年ぶり営業赤字の苦境に
14年ぶりに営業赤字に転落する見通しのソニーは、2500億円のコスト削減策を発表した。想定を超える販売不振や価格下落を受け、追加リストラ策の実施で収益力回復を急ぐ。(2009/1/22)

ソニーがリストラを断行、1万6000人削減へ
「ソニー復活」の道は遠のいたのか? 金融危機などに伴うビジネス環境の急変がソニーに深刻な打撃を与えている。日本企業では最大規模となる1万6000人のリストラ計画を発表した。(2008/12/10)

「たくましい博士を」 ソニーと慶応義塾大、技術系人材育成で協力
既存技術が時代遅れになっていく激変の時代、全く新しい世界を切り開ける高度な技術者の育成を──ソニーと慶応義塾大が中長期プロジェクトに取り組む。(2008/11/5)

ソニー、ネットワーク対応・動画配信を強化 VAIOやBlu-rayを1兆円事業に
ソニーは新3カ年計画でネットワーク対応の強化を打ち出した。製品カテゴリーの9割をネット・ワイヤレス対応にするほか、主要製品向けに動画配信を始める。(2008/6/27)

ソニー・シャープの液晶共同生産、韓国に衝撃
ソニーが合弁を組んできたSamsung Electronicsの地元韓国では、ソニーの動きは驚きをもって受け止められているようだ。(2008/2/27)

「BRAVIA」のソニーと「AQUOS」のシャープ、液晶で共闘
「BRAVIA」と「AQUOS」、ライバルブランドを擁するソニーとシャープが大型液晶パネルの製造販売を行う新会社を設立する。新会社は両社へパネルを供給するが、ライバルの「共闘」の背景には、激化する液晶テレビ戦争がある。(2008/2/26)

ソニー、再生可能エネルギーの利用を拡大
ソニーは太陽光発電やバイオマス発電など、再生可能エネルギーの導入に積極的に取り組むと発表した。2010年までにCO2排出削減量を06年度比4倍に拡大する。個人がPCと携帯から再生可能エネルギーを購入できるようにする活動も始めた。(2007/12/4)

ソニーが環境活動を説明、2010年までにCO2削減を5万トンに
各企業がこぞって二酸化炭素削減計画を発表する中、ソニーも環境活動について説明会を開催。グリーン電力証書システムや資源の再利用など、計画ではなく実際の取り組みを紹介した。(2007/12/4)

ついに登場“夢の”有機ELテレビ 「ソニー復活の象徴に」
有機ELテレビをソニーがついに製品化し、12月に20万円で発売する。厚さ3ミリのパネル部、測定限界を超えるコントラスト比、高い色再現性──などは、待望されてきた「次世代ディスプレイ」そのもの。中鉢社長は「ソニーの技術復活の象徴にしたい」と胸を張った。(2007/10/1)

世界初の有機ELテレビ、ソニー「XEL-1」(詳報)
ソニーから発表された世界初の有機ELテレビ「XEL-1」。ここでは注目の有機ELパネルを中心に細部を見てみよう。気になるパネルの寿命は?(2007/10/1)

PS3「間もなく値下げ」の噂が広がる
PS3が近く100ドル値下げされる──E3が近づく米国で、大手量販店のちらしを発端に、こんな噂が広がっている。(2007/7/6)

PS3値下げ検討? 英紙が報道
「プレイステーション3(PS3)の値下げをソニーが検討している」とこのほど英Financial Timesが報じた。(2007/4/20)

ソニーがB2Bを強化 中鉢社長が事業本部長を兼任
(2007/3/29)

「また見つかった」「何が?」──そんな2006年だったかな
2006年は正月気分をさますニュース速報の一閃で幕が開いた。夢半ばで挫折した人がいる一方、ネットで懐かしい人や歌や番組に再会できたのは「あなた」のおかげ。私たちはどこかを目指して歩き始めた。(2006/12/27)

PS3、年内200万台の出荷目標変えず
SCEは、プレイステーション3(PS3)の年内出荷目標を、従来の200万台から変えないと、改めて明言した。(2006/12/15)

ソニー井原副社長がコンシューマー製品全般を担当
(2006/9/25)

「ソニー復活」を担う「BRAVIA第2幕」
ソニーが新「BRAVIA」を発表。新ブランド効果もあって市場シェアは向上しており、「復活の戸口には立った」。新製品を投入し、年末商戦では確実な「復活」を目指す。(2006/8/30)

ソニー、Connect Playerは「失敗」、PS3の将来性には「自信」
ソニーのハワード・ストリンガー会長と中鉢良治社長が会見を実施。現職就任から1年、改革に一応の成果は残したと述べつつも、Connect Playerについては「失敗」とコメント。11月に発売されるPS3については「高額だが将来性は高い」と自信を見せた。(2006/6/26)

人と機械の架け橋――ソニーの“インテリジェンス”を見てきた
ソニーは製品やサービスそのものが「知り」「考え」「働きかける」という“インテリジェントアプリケーション”への取り組みをイベントで紹介する。内覧会で一足先に同社の考える「インテリジェンス」を見てきた。(2005/12/16)

ソニー・NEC連合、次世代DVDへの影響は?
ソニーがNECをBlu-rayにシフトさせるのか、ソニー主導の会社がHD DVDドライブを売ることになるのか――両社の光学ドライブ事業統合は次世代DVD戦争にどのような影響を及ぼすのだろうか。(2005/11/18)

ソニーとNEC、光ドライブ事業を統合へ
ソニーとNECが光ドライブ事業を統合し、来年4月の事業開始を目指して合弁会社を設立する。Blu-rayとHD DVDのどちらに対応していくかは「需要を見ながら判断していく」方針だ。(2005/11/17)

AV機器総合販売ランキング(9月5日〜11日)
iPod nanoが初登場首位、ウォークマンの反撃は?
9月発売のモデルがランキングに複数登場。iPod nanoが2G/4Gバイトでワン・ツー・フィニッシュを飾った一方、ウォークマンは元気がないように見えるのだが……。(2005/9/22)

再び「世界のソニー」目指し、痛み伴う改革へ
「『世界のソニー』を復活させたい」──1万人の削減やカンパニー制の廃止。不振にあえいできたエレクトロニクス事業の復活に向け、選択と集中、リストラを断行する。(2005/9/22)

「エレキの復活」にはテレビの復活が不可欠だ――ソニー・中鉢社長
ソニーはエレクトロニクス事業の復活を命題とした中長期経営方針を発表した。同社の中鉢社長は「エレキの復活にテレビの復活は不可欠だ」と新ブランド「BRAVIA」に期待する(2005/9/22)

ソニー1万人削減 エレキ集中で復活へ
ソニーが新経営方針を発表した。1万人のリストラと大規模な構造改革、エレキ、ゲーム、エンタメ分野への集中投資で復活を目指す。(2005/9/22)

ストリンガー氏がSCE取締役に就任
(2005/7/27)

“エレキの復活”へ嵐の船出 ソニー新体制発足
ソニーのストリンガー会長と中鉢社長が就任後初の記者会見に臨み、事業の選択と集中を進める方針を明確にした。詳細な計画は9月末に明らかにする。(2005/6/23)

「次世代DVDは統一規格が望ましい」〜ソニー・中鉢新社長
ソニーの新トップ、ストリンガー氏と中鉢良治氏が会見を行った。注力する領域のひとつとしてBlu-ray Discを挙げたが、中鉢氏は「規格統一には努力を惜しまない」ともコメント。(2005/6/23)

ソニー新CEO、「女王の助言」を受ける
「あなたの会社のリモコンは使いにくい。矢印が多すぎる」――ソニーの新CEOに就任したストリンガー氏は、エリザベス女王から忠告を受けたエピソードを株主総会で披露した。(IDG)(2005/6/22)

緊急インタビュー
ソニー・西谷氏に聞く「次世代DVD統一交渉の顛末とこれから」
事業トップ同士の会談も物別れに終わった次世代光ディスクの規格統一。今後、各社は次世代光ディスク事業にどのように取り組んでいくのか。統一交渉の一部始終と今後の光ディスク事業に関して、まずはソニー・業務執行役員常務の西谷清氏に聞いた。(2005/5/27)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
ソニーは復活するか
不振にあえぐソニーが行ったトップ人事刷新が話題を呼んでいる。果たしてソニーは復活するのだろうか? “30年来のソニーウォッチャー”である麻倉怜士氏が、復活にかけるソニーの今後の方向性を語る。(2005/3/31)

ソニー新社長、Blu-rayとHD DVDの規格統合の可能性に言及
ソニー次期社長の中鉢氏が、DVD後継技術に関し、対立しているHD DVDとの規格統合の可能性を口にした。(IDG)(2005/3/25)

トップ交代劇に思う“ソニーの目指す方向性”
先日ソニーが、トップ人事刷新を発表した。携帯型デジタルオーディオ事業での“失敗”や、DVDレコーダー・薄型テレビへの対応の遅れなど、最近は首をかしげたくなる事業戦略が目立ったが、創業時に掲げられた「理想工場」はどこへ向かうのだろうか。(2005/3/9)

ソニー新首脳陣の課題と目標
デジタル時代におけるソニーならではの技術を確立するという目標の下、新たなCEOは日本のソニーの企業文化の複雑な問題にうまく対処しながら、米国のメディアサイドと共存させるという課題に立ち向かう。(IDG)(2005/3/8)

新体制で“エレクトロニクスのソニー”復権へ
ソニーがトップ人事を刷新する。出井会長・安藤社長がそろって辞任し、米国法人会長を新会長に、技術畑の副社長を社長に昇格。エレクトロニクス分野を立て直しつつ海外展開を強化する。(2005/3/7)

ソニー、出井会長・安藤社長退任を正式発表
ソニーが経営陣を一新する。出井氏の後任には、米国法人会長のハワード・ストリンガー氏が就任。久夛良木副社長は取締役を退任する。(2005/3/7)

ソニー、IDTech買収で基本合意
ソニーが液晶メーカーIDTechを約185億円で買収することで基本合意。STLCDに次ぐ第二の低温ポリシリコンTFT生産拠点とする。(2005/1/7)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。