ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「人員削減」最新記事一覧

“異端児エンジニア”が仕掛けた社内改革、執念の180日(7):
450人が去った会社――改革の本番はむしろこれから
湘南エレクトロニクスでは、ついに希望退職の日を迎えた。会社を去ったのは最終的に450人。だが、「社内改革」という意味ではむしろこれからの方が本番だった。会社再建に向けてどう青写真を描くべきか……。悩む須藤に、追い打ちをかけるように一報が入る――。(2016/11/28)

Twitter、6秒動画のVineを終了へ
Twitterが9%の人員削減を発表した後、傘下のVineがサービス終了を発表した。当面はアクセスできるが、今後エクスポート方法などが告知される見込みだ。(2016/10/28)

Twitter、9%の人員削減を発表 売上高は予想を上回るもMAUは伸びず
Twitterの7〜9月期の決算は売上高、非GAAPベースの純利益ともにアナリスト予測を上回った。業績発表と同時に、9%の人員削減も発表した。ジャック・ドーシーCEOは「Twitterの未来に自信を持っている」と語った。(2016/10/27)

“異端児エンジニア”が仕掛けた社内改革、執念の180日(6):
エバ機不正の黒幕
須藤たちが手探り状態の中、湘南エレクトロニクスでは希望退職の受付が始まった。一方で、一連の発端となったエバ機不正について、黒幕の一端が明らかになる――。(2016/10/25)

Lenovo、傘下Motorolaの大幅人員削減を認める
Lenovoが、Motorolaを中心とする全社員の約2%(約1100人)に影響するリストラを実施する。この件について最初に報じたDroid Lifeによると、Motorolaの現在の従業員は約1200人で、700人以上が削減されるという。(2016/9/27)

Apple、自動運転車事業「Project Titan」を再考か?──New York Times報道
Appleが密かに進めているとうわさの自動運転車事業「Project Titan」で数十人のレイオフを行い、プロジェクトを“再起動”するとNew York Timesが報じた。車両設計・製造ではなく自動運転技術構築にシフトするという。(2016/9/12)

「社員全員残ってほしい」とシャープ新社長 「人員削減」トーンダウン 「アメとムチ」で徹底管理
鴻海の出資を受け、始動した「新生シャープ」。戴新社長は全社員に「早期黒字化を実現し、輝けるグローバルブランドを目指す」と題したメッセージを出し、経営方針を明らかにした。(2016/9/6)

第7世代Coreは出たものの……:
スマホで覇権を握れなかったIntelの生きる道
1万2000人もの人員削減、次期Atomプロセッサの中止、ARMとの提携など、戦略の岐路に立つIntel。同社は今後どこへ向かおうとしているのか。(2016/9/2)

Cisco、約5500人の人員削減を発表 IoTやクラウドへのシフトを加速
ネットワーク機器大手のCisco Systemsが、全社員の7%に当たる約5500人の人員削減を発表した。低成長分野からIoTやセキュリティ、クラウドなどの成長分野にシフトする目的としている。(2016/8/18)

7000人規模の人員削減の可能性:
釣ったシャープに餌はやらない? 本性むきだし鴻海の豪腕テリー・ゴウの“シメ方”
台湾・鴻海精密工業の郭台銘会長(英語名=テリー・ゴウ)が、株主総会で「飼い主を代えても悪い卵しか産まない鳥はいらない」と人員削減に踏み込むと宣言。ついに本性をあらわした。(2016/7/22)

釣ったシャープに餌はやらない?……本性むきだし鴻海の豪腕テリー・ゴウの“シメ方”
鴻海のテリー・ゴウ会長がついに本性をあらわした。「雇用を守る」などの条件を並べ「トラスト・ミー」と訴えた姿から豹変、人員削減に踏み込む。(2016/7/22)

メモリ市場の苦境を受け:
Micron、人員削減に踏み切る
Micron Technologyが人員削減を行うことを明らかにした。DRAMの価格が19カ月連続で減少するなど、メモリ市場で苦しい状態が続いていることが主な要因だ。(2016/7/6)

鴻海、シャープ7000人削減へ リストラ策を加速
鴻海は、シャープ人員を全世界で7000人規模削減する可能性があると明らかにした。(2016/6/23)

Microsoft、スマートフォン部門で1850人削減 「撤退はしない」とマイヤーソン氏
Microsoftが、最大1850人の人員削減を含むスマートフォンハードウェア部門の縮小計画を発表した。ナデラCEOは「電話事業では差別化できる分野にフォーカスする」としている。Windows & Devicesの責任者であるテリー・マイヤーソン氏は社内メモで、「縮小するが撤退はしない」「素晴らしい新端末を開発する」と語った。(2016/5/26)

製造マネジメントニュース:
「シャープの太陽光事業の競争力強化にまい進」、鴻海の郭会長が明言
シャープは、同社を傘下に収める鴻海科技集団総裁の郭台銘氏と副総裁の戴正呉氏による「大切なお客様と取引先の皆様へ」と題したメッセージを公開した。同メッセージでは、エネルギーソリューション事業のリストラや人員削減に関する報道を否定。「シャープの太陽光事業の競争力強化にまい進する」と言明した。(2016/5/26)

企業動向を振り返る 2016年4月版:
熊本地震で影響を受けた各社工場一部再開へ/インテル大規模人員削減計画
過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届け! 2016年4月は、熊本地震の影響を受けた製造業各社の生産再開見込みに関する速報や、国内外の大手企業による人員整理の話題に注目が集まりました。(2016/5/12)

Atomシリーズを終了:
Intel、モバイル向けSoC事業を廃止
2016年4月に最大で1万2000人を削減する計画を発表したIntel。それに伴い、モバイル機器向けSoC(System on Chip)の「Atom」シリーズを終了する。(2016/5/6)

設備投資は10nmプロセスと3D NANDに:
Intelの再編、メモリとIoTに舵を切る
最大で1万2000人の人員削減を行うと発表したばかりのIntel。現在、全製品を見直し、どのように構造改革を行っていくかを検討している段階だという。アナリストの中には、Intelの再編の動きを評価する声もある。(2016/4/25)

Intel、従業員の11%に当たる1万2000人を削減へ PCからクラウド/IoTにシフト
Intelが、世界PC市場が減退する中、世界で従業員の約11%に当たる1万2000人を削減すると発表した。データセンターやIoT(モノのインターネット)にシフトし、“接続されたスマートな世界”のリーダーを目指す。(2016/4/20)

人員対策は計画より3610人上振れ:
東芝の早期退職応募数は3449人
東芝は2016年4月15日、2016年3月下旬までの期間での募集していた早期退職優遇制度に3449人の応募があったと発表した。(2016/4/15)

150人規模の合理化も:
東芝がHDD事業でリストラ策発表、PC向け縮小へ
東芝は2016年2月4日、HDD事業の構造改革策を発表した。国内HDD事業に関わる人員について、150人規模の再配置および早期退職優遇制度を実施する。(2016/2/4)

東芝、HDD事業でもリストラ モバイル向け縮小、150人早期退職・再配置
東芝が赤字のHDD事業で構造改革。エンタープライズ向けに集中するとともに、国内人員を削減。(2016/2/4)

米Yahoo!、約1500人のレイオフを含む再編策を発表
米Yahooが減収減益の業績発表と同時に、従業員の15%の削減や海外オフィス閉鎖を含む再編策を発表した。主幹のネット事業でモバイル、動画、ソーシャルなどに注力することで競争力を高める。(2016/2/3)

米国メーン州の工場に移管:
TI、スコットランド工場を閉鎖へ
Texas Instruments(TI)は、スコットランドに保有する製造工場を2019年までに閉鎖すると発表した。米国の200mmウエハー生産工場に移管する予定だ。現時点では、工場閉鎖に伴う人員削減の予定はないとしている。(2016/2/1)

東芝、ライフスタイル部門で6800人再配置・早期退職 最終赤字5500億円に
東芝がライフスタイル部門で6800人の合理化。通期の連結最終赤字は5500億円となる見通しだ。(2015/12/21)

東芝、「最大7000人リストラ」報道にコメント
東芝が白物家電やテレビ事業で最大7000人程度の人員を削減する方向で調整に入ったという一部報道についてコメント。(2015/12/15)

東芝、大分の半導体設備を190億円でソニーに売却 希望退職も実施
東芝は大分工場の半導体設備をソニーに190億円で売却。半導体事業で約1200人の希望退職と再配置も実施。(2015/12/4)

今後はアナログ分野に要注目:
半導体業界で加速する再編、大規模な人員削減も
活発なM&Aが続いている半導体業界では、それに伴う人員削減が懸念事項となっている。とりわけ、大規模な解雇が発生するのではないかと予想されているのが、Avago TechnologiesによるBroadcomの買収だ。(2015/10/29)

白色LED後発参入も実らず、撤退:
東芝 半導体リストラ、1200人が異動/退職へ
東芝は2015年10月28日、CMOSイメージセンサー/白色LED事業からの撤退や人員削減策を盛り込んだ半導体事業の構造改革策を発表した。構造改革の実施により、2017年3月期の半導体事業の固定費を2015年3月期比260億円程度削減するとしている。(2015/10/28)

Twitterのジャック・ドーシーCEO、最高336人のレイオフを発表
Twitterの正式CEOに就任したばかりのジャック・ドーシー氏が、従業員の約8%をレイオフすると公開書簡で発表した。このリストラにより、「世界が必要とする強いTwitter」を目指すためのより目的に沿ったチームを構築するとしている。(2015/10/14)

半導体売上高上位20社からも外れ……:
AMD、全従業員の5%を人員削減か
業績不振が続いているAMDが人員削減を含むリストラに踏み切るという。世界中の従業員約9400人のうち5%に当たる約470人が削減される予定だとしている。(2015/10/2)

対象は5000人の元IBM従業員なのか:
GLOBALFOUNDRIESが早期退職者を募集
GLOBALFOUNDRIESが、早期退職希望者を募集しているという。ただし、専門家によればファウンドリ市場はそれほど低迷していない。「早期退職募集の対象者は、IBMから移ってきた5000人の従業員なのではないか」と推測する報道機関もある。(2015/9/16)

シャープ希望退職に3234人応募 見通し下回る
シャープの希望退職に3234人の応募。当初想定の3500人を下回った。(2015/8/21)

ニッセン、大型家具から撤退 希望退職実施、今期最終赤字は119億円に
カタログ通販のニッセンは今期赤字が拡大する見通し。大型家具事業から撤退し、希望退職の実施に踏み切る。(2015/8/17)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
Nokia切り捨ては「Windows 10 Mobile」にとって有利に働くか
Windowsスマートフォンのハードウェア事業部門を対象に7800人の人員削減を実施すると発表した米Microsoft。その真意とは? 最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。(2015/7/17)

7800人の人員削減と76億ドルの減損損失を発表
Nokia買収は何だったのか? Microsoftの「Windows 10 Mobile」新戦略でざわめき
米MicrosoftはNokiaの買収に関連して7800人の人員削減と76億ドルの減損損失を計上する。CEOのサトヤ・ナデラ氏は、同社のデバイス事業について新たな道筋を示している。(2015/7/10)

2015年上半期「希望・早期退職者募集」状況」
2015年上半期に希望・早期退職者の募集実施を公表した上場企業の数は? 東京商工リサーチが調べたところ……。(2015/7/9)

Microsoft、7800人を削減 スマートフォン事業を改革
Microsoftが7800人の人員削減と、Nokiaハードウェア事業買収に関連する約76億ドルの評価損計上を発表した。人員削減は主にスマートフォン事業で実施するが、オリジナル端末製造から撤退する意向はないようだ。(2015/7/9)

企業動向:
エリクソンが人員削減へ、Huaweiにシェアを奪われたのが要因?
Ericssonが、コスト削減計画の一環として、2000人超の従業員を解雇するという。同社はHuaweiにシェアを奪われており、それが主な要因ともみられている。(2015/7/1)

2020年までに9割以上のIT要員を削減する企業も
現実味が増すIT担当者の“クラウド失業”、企業はもうサーバを持たない
クラウドコンピューティングが普及するにつれて、企業が保有するデータセンターが減少している。それによりIT担当者の人員削減が続いている。(2015/6/25)

シャープ、3500人希望退職で労組と合意
シャープが3500人規模の希望退職の募集について労組と合意。(2015/6/17)

企業動向:
インテル、大規模な人員削減か
米国の報道機関が、Intelが研究職や経営層の社員を多数解雇する可能性があると報じている。(2015/6/11)

ビジネスニュース 企業動向:
シャープが赤字2223億円、カンパニー制や3500人削減など新中期計画
シャープの2014年度連結決算が2223億円の赤字に。経営再建策として新たな中期経営計画を発表した。(2015/5/14)

製造マネジメントニュース:
“血まみれ”で夢を描くシャープ、止血策は十分か?
シャープは2015年3月期(2014年度)の決算で2230億円という巨額の最終赤字に転落。2017年度(2018年3月期)までの経営再建策を発表した。本社の売却や3500人の人員削減により固定費削減を推進するが、具体的な事業再建策は不明確なものとなった。(2015/5/14)

シャープ、中期計画発表 資本金5億円へ減資、社内カンパニー制導入 希望退職3500人募集
資本金5億円への減資や社内カンパニー制の導入などを柱とした中期経営計画を発表した。(2015/5/14)

法制度・規制:
太陽光発電で急成長したサニックス、業績不振で600人の希望退職者を募集
2012年度から太陽光発電の事業を急拡大してきた環境衛生サービスのサニックスが600人にのぼる希望退職者の募集を開始する事態に陥った。太陽光発電の新規導入が難しくなった九州を中心に西日本の人員削減と店舗の統廃合に踏み切る。市場規模が大きい東日本で巻き返しを図る方針だ。(2015/5/11)

KADOKAWAの希望退職、232人が応募
KADOKAWAが実施した希望退職に232人が応募。当初は300人程度を想定していた。(2015/4/23)

マクドナルド、業績悪化により131店舗を年内に閉鎖へ 今期約380億円の赤字見込む
併せて100人の希望退職者も募集するとのこと。(2015/4/16)

マクドナルド、15年12月期は380億円の赤字に 早期退職制度も実施
業績不振でいまだ出口の見えないマクドナルドが2015年12月期通期の業績予想を発表。大幅な減収減益となる見通しだ。(2015/4/16)

gumi、100人の希望退職を実施
gumiが希望退職者を100人募集。ネイティブアプリへのシフトが進む中、ブラウザゲームに携わる開発者に向けた選択肢という。(2015/3/27)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。