ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「IT戦略」最新記事一覧

関連キーワード

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:新トランジスタで蘇るムーアの法則
巻頭特集は、半導体分野で生まれたブレークスルーを紹介。従来の性能を大幅に引き上げる可能性を秘めた新トランジスタとは? 他に、PowerShellが新たなセキュリティ脅威になった現状、関数型言語Erlang活用事例、医療分野にコスト革命を起こしたRaspberry Pi、オールフラッシュアレイ動向などをお届けする。(2016/5/23)

ホワイトペーパー:
エンタープライズオープンソース製品導入戦略ガイド
「Windows」や「UNIX」「Oracle Database」のスキルは今や「レガシー」化したという認識が、IT業界で広がっている。新興企業から大手電子商取引サイトまで、オープンソースソフトウェア(OSS)の利用が拡大し、OSS関連スキルの需要が高まっている。(2016/5/16)

クラウドはあくまでも手段
クラウド信奉者も思い込んでいる“クラウドの目的はコスト削減”というウソ
「クラウドに移行すれば経費の削減につながる」と考えている企業は少なくない。しかし、その考えは危険だ。本稿では、その理由を紹介する。(2016/5/10)

2020年の国内IT市場は厳しい見通し、五輪よりWindows 7が影響
モバイルやクラウドなど新規領域への投資も鈍い見込みだ。(2016/5/9)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:多くの企業がやっているセキュリティミステイク
特集は、企業がやりがちなアクセス制御に関する間違いを分かりやすく解説。また、グラフ型データベースの珍しい事例、PC市場で今まさに生まれているイノベーションの現状など、5つの記事をお届けする。(2016/5/9)

ホワイトペーパー:
別冊Computer Weekly 従業員を失望させる企業の特徴
もはやIT化は常識ともいえる時代だが、実は企業のIT導入はそれほど成功していない。残念企業には、従業員を失望させ、誤ったIT導入により生産性は向上していないという共通点がある。(2016/5/2)

漏らさずしっかりガードするための「マイナンバーQ&A」(後編)
2016年の1月からスタートしたマイナンバー制度。政府の方針の変化もあり、まだまだ広く世の中に周知されているとは言い難いマイナンバーの取り扱いについて、Q&A形式で紹介します。後編では、情シスが知っておきたい「マイナンバーの管理」と「マイナンバーの活用」について解説します。(2016/4/28)

Fintechは当たり前のサービスとして普及する有望市場
早稲田大学IT戦略研究所が開催するエグゼクティブ・リーダーズ・フォーラム(ELF)の通算第71回目の定例会では、「Fintechがもたらす産業構造変化とビジネスモデル革新」をテーマに議論が展開された。(2016/4/26)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:モバイルアプリのあきれた実態
特集は、モバイルアプリを解析した結果明らかになった、アプリのお粗末な品質問題、ストレージのパフォーマンスを低下させる「ミスアライメント」問題について詳しく解説する。また、自ら「出遅れた」という靴メーカーのEC事例、あるスタートアップ企業のクラウド事例を紹介する。(2016/4/25)

ITエンジニア職業図鑑(7):
華々しい成果をすぐに出したい人は向いていない――データサイエンティスト
プログラマ、SE(システムエンジニア)、プロジェクトマネジャー――IT業界のさまざまな職業を紹介する本連載。第7回は、以前、米「ハーバード・ビジネス・レビュー」誌で今世紀で最もセクシーな職業と評された「データサイエンティスト」を解説する。(2016/4/20)

ホワイトペーパー:
次世代サービスマネジメント製品導入戦略ガイド
ITサービスマネジメントの未来は、マシンデータの静的な分析から動的なビッグデータ運用インテリジェンス分析、そしてリアルタイムで反応できるデータ分析に基づいて全く新しい製品を創出できる能力へと重点が移りつつある。(2016/4/18)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:Microsoftが米国政府と全面対決
巻頭特集は、メールサービス市場におけるOffice 365とGoogle Appsのシェア争いの現状を紹介。また、仮想環境の構築に際して「VMwareは複雑で高すぎる」として不採用を決めたSaaSプロバイダーの事例、ユーザーデータをめぐってMicrosoftが米国政府を訴えた件について、同社担当者に話をきいた。(2016/4/11)

Maker's Voice:
情報漏えい対策の“潮目”は“外から内”に――デジタルアーツ道具社長
セキュリティ対策ではサイバー攻撃など外部脅威がよく話題に上るが、デジタルアーツの道具登志夫社長は「情報を守る本来の意識に変わってきた」と話す。(2016/4/5)

Weekly Memo:
IT改革に成功する企業のCIOはどこが違うのか
「企業のデジタル化」が注目される中、世界と日本ではその取り組み状況やCIOとCEOの関係に違いがあるのか。ガートナーの最新調査を基に考察してみたい。(2016/4/4)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:ストレージ階層化活用の勘所
熟成しつつあるサーバ階層化技術だが、活用するために理解しておくべき事項を特集。他に、Android端末の90%に存在する問題への対処法、市場調査にみる今後投資すべきIT分野、『Candy Crush』開発会社のモバイルアクセスサービス導入事例などをお届けする。(2016/4/4)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ASEAN市場でプレゼンスの高い日本企業――成功のための経営戦略とIT戦略を学ぶ
巨大市場となるASEAN。文化も経済状況も異なる国の集合体で、日本企業が成功するためには、どのような経営戦略とIT戦略が求められているのだろうか。(2016/3/31)

特集:IoT時代のビジネス&IT戦略(5):
「データレイク」を“澄んだ貯水池”にするために
センサーなどから大量に流れ込んでくるデータをどう蓄積・分析するか――そうした観点で「データレイク」が関心を集めている。だがIoTの取り組みに生かすためには、データレイクにも満たすべき要件がある。(2016/3/31)

ホワイトペーパー:
ビッグデータアプライアンス製品導入戦略ガイド
新しい製品と位置付けられていたビッグデータアプライアンスが、データウェアハウスハードウェアやソフトウェア向けの主流製品へと成長している。(2016/3/28)

特選プレミアムコンテンツガイド
小さな失敗の繰り返しで大きな成果をつかむ、CIOのための「失敗と向き合うヒント」
革新的な製品/サービスの開発には試行錯誤が必要である以上、失敗は避けようがないものだ。失敗のコストを下げて、安全に何度もうまく失敗するためのヒントを紹介する。(2016/3/25)

「売上高1兆円」を支え、円滑に動かすIT基盤:
PR:インダストリー4.0時代を見据えた日本精工のIT戦略とは
システムごとにサイロ化/個別最適化が進んだITインフラを全社統合し、ガバナンス強化、コスト削減、安定運用を図る──日本精工が中期経営計画の下で進めるITインフラ全体最適化において、データベースの統合基盤に選ばれたのは「Oracle Exadata」であった。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2016/3/24)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:ストレージアーキテクチャ二番勝負
今、どんなストレージを選ぶべきか? オールフラッシュとハイブリッドフラッシュを徹底的に比較した企業が選んだストレージは? NASとオブジェクトストレージ、選択のポイントとは? 他に、AI研究の現状やゼロクライアントの成功事例、最高技術責任者に聞くIT部門の在り方をお届けする。(2016/3/14)

2016年のIT予算は前年比4.8%アップの見込み
無料で使えるIT予算計画テンプレートでベストプラクティスを学ぼう
確実なIT予算は、テクノロジーの支出管理とコラボレーション促進の両方に欠かせない。本稿では、無料で使えるIT予算計画テンプレートを紹介する。(2016/3/14)

ITエンジニア職業図鑑(6):
現場で頼られる、技術対応の「顔」――フィールドエンジニア(カスタマーサービス/カスタマーエンジニア/テクニカルサポート/オンサイトサポート)
プログラマ、SE(システムエンジニア)、プロジェクトマネジャー――IT業界のさまざまな職業を紹介する本連載。第6回は「フィールドエンジニア」のやりがいや仕事内容を解説する。(2016/3/10)

直販営業のノウハウ生かしリセラーを支援
直販ビジネスモデルからの大転換を果たした、デルのパートナー事業戦略
2016年、デルは直接販売中心からパートナー販売中心へビジネスモデルを変えた。パートナー企業にとってはどのようなインパクトをもたらすのだろうか。同社マーケティング本部長の清水 博氏に話を聞いた。(2016/3/9)

ホワイトペーパー:
別冊Computer Weekly 次世代オープンソースビッグデータツール
ビッグデータの世界にも、既に世代交代の波が押し寄せている。先進企業は新しいツールを導入して分析の高速化や高度化を実現し、さらに先へと進んでいる。これまでの定番ツールを置き換える新世代のツールとは?(2016/3/7)

企画倒れを避けるための「目標設定」とは?
次の注目「インダストリアルIoT」を成功させる企業の条件
インダストリアルIoT(産業向けのIoT)は潜在的価値を有するデータを大量に生み出している。企業がこれらのデータを活用するためには、ビジネス価値につなげる目標を明確にすることが肝要だ。(2016/3/2)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 2月3日号:今どきのSEO再入門
特集は、今どきのSEO事情解説と、使えるWeb診断・分析サービスの紹介。さらに、話題のランサムウェア防御法を伝授する。他に、Hadoop導入事例、AirbusがHPとの長期IT契約を解除して他ベンダーを探した理由などの記事をお届けする。(2016/2/29)

単なるWebポータルからビジネスに貢献するサイトへ:
PR:富士通のパートナーサイト再構築、「デジタルマーケティング」の手法で目指すもの
2001年から続くパートナー向けサイトの再構築を行った富士通。ユーザーインタフェース改善はもちろん、エンゲージメント強化や売り上げ向上も狙った「攻め」のリニューアルはどう行われたのか。(2016/2/29)

新しいCRMに関して:
ガートナーが見解を発表、独自のIT予算を持つマーケティング組織を擁する国内企業の割合が2019年までに倍増
2016年2月24日、ガートナーは年次イベントである「ガートナー カスタマー 360 サミット 2016」の開催に合わせ、マーケティングにはスピードと俊敏性に焦点を当てた新しいITアプローチが必要になるとの見解を発表した。(2016/2/24)

ホワイトペーパー:
Windows 10移行戦略ガイド
Windows 10の登場によって、Microsoftのビジネスモデルと企業のデスクトップ戦略は大きく変わった。企業はこの新しいOSにどうアプローチするべきなのか?(2016/2/22)

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:
第38回 外出しづらい日本の情シス、外出できる欧米の情シス その事情とは?
IT担当たる者、最新の技術やその動向には常に触れておきたいものではないでしょうか。ところが欧米の情シスと違って、日本ではなかなかできない事情があります。それは――。(2016/2/19)

ITエンジニア職業図鑑(5):
仕掛けを作る「戦略家」――ITマーケター
プログラマー、SE(システムエンジニア)、プロジェクトマネジャー――IT業界のさまざまな職業を紹介する本連載。第5回は「ITマーケター」の仕事内容や適正を解説する。(2016/2/18)

眼鏡の町・鯖江市とデルが協業 行政と市民コミュニティーの連携にWeb会議活用 「ITを眼鏡に続く産業に」
オープンデータ施策など積極的なIT戦略で知られる鯖江市がデルとの協業を発表。市内4拠点に最新IT機器を導入し、行政や市民コミュニティーの連携に活用する。(2016/2/17)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:映画『ゼロ・グラビティ』制作の舞台裏
映画『ゼロ・グラビティ』の映像特殊効果はどのように作られたのか? 制作会社のCTOが膨大なレンダリングを実現した苦労を明かす。他に、『Star Wars』のキャラクターを使ったプログラミング教育、スナップショットの技術解説などをお届けする。(2016/2/15)

クラウドで再定義される組織の役割
システムの“障害と復旧”ばかりを考えているIT部門は本当に遅れてしまう
企業のクラウド化を成功させるためには、企業のITに対する考え方を変革する必要がある。どのような変わるべきなのか?(2016/2/16)

ユーザーが使いたい機能をアプリがサポートしていない
じわじわ重要性が高まる位置情報ソフトウェア、ユーザーはまだ不満?
位置情報を活用するデジタルサービスは、道案内といった実用的な目的から広告を目的したサービスまで幅広い。多くのユーザーが利用するこのジャンルだが、ユーザーはまだ満足していない。(2016/2/10)

海外医療技術トレンド(9):
米国で進む医療機器とビッグデータ連携のためのルール整備
デバイスとしての医療機器は、モノのインターネット(IoT)を介してビッグデータと連携する。米国では、データ利活用に向けた標準化への取り組みも急ピッチで進んでいる。(2016/2/9)

ホワイトペーパー:
別冊Computer Weekly ハイブリッドフラッシュ vs. オールフラッシュ
SSDの価格が低下してきたとはいえ、まだまだHDDよりは高価。SSDとHDDを組み合わせたハイブリッドフラッシュアレイか、全てSDDで構成したオールフラッシュアレイか。目的に応じてコストと性能のバランスを取ることが重要だ。(2016/2/8)

データ志向への転換に必要なこと(後編)
うまくいく企業は何が違う? ビッグデータプロジェクト“成功の鍵”を探る
企業でビッグデータ活用を成功させるには、エンドユーザーがデータ活用できる環境を整える必要がある。複数の事例からビッグデータ活用の可能性を探る。(2016/2/8)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:EMCの買収でDellに何が起きる?
巻頭特集は、Dellのマイケル・デルCEOインタビュー。EMCを買収したデル氏の本音を直撃。EMCとDellの統合はうまくいくのか? 他にパスワード廃止に向けてさらに前進したFIDO標準の現状、オブジェクトストレージ導入事例、企業の生産性が向上しない理由などの記事をお届けする。(2016/2/1)

ホワイトペーパー:
カスタマーエクスペリエンス管理製品導入戦略ガイド
顧客との関係を深めさらなる売上増を実現するため、オンラインの「カスタマーエクスペリエンス」が重視されるようになった。顧客に適切なタイミングで適切な情報を提供して顧客の体験をより良いものにする……そのために何をすべきなのか?(2016/1/25)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:ベンダーロックインからの脱出
顧客に不要な製品を勧めるベンダーへの対処法、OSS導入を推進してベンダー依存を断ち切るイタリアの事例を紹介。一方、特定ベンダーに一元化するコンバージドインフラへの投資が増えている現状をリポート。ヤクルトのデータアナリティクス事例も紹介する。(2016/1/22)

ITエンジニア職業図鑑(4):
行動力と技術力の両輪で顧客の利益に貢献する――ITセールス(プリセールス/セールスエンジニア/技術営業/システム営業)
プログラマー、SE(システムエンジニア)、プロジェクトマネジャー――IT業界のさまざまな職業を紹介する本連載。第4回は「ITセールス」のやりがいや仕事内容を解説する。(2016/1/25)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
剣の極意から学ぶビジネス規範――ポジティブシンキングで「驚懼疑惑」を克服する
エネルギー分野や運輸・交通分野、都市開発、復興支援、グローバル展開など、日本の未来づくりを支援する日本政策投資銀行。金融力による未来のデザインを支えるIT戦略とは。(2016/1/20)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
企業・組織で高まる標的型攻撃の脅威、対策の再点検を考える
2015年は国内企業・組織を狙う標的型攻撃の脅威が改めて注目された。情報資産やシステムを守る方法をどう見直すべきか――ITmedia エンタープライズ主催セミナーでは専門家らが標的型攻撃対策のポイントを解説してくれた。(2016/1/19)

電力事業をトータルでサポート:
博報堂とNTTデータ、電力小売全面自由化に向けたマーケティング支援で協業へ
博報堂とNTTデータは2016年1月18日、電力小売全面自由化に向け、電力事業会社のマーケティング支援で協業することで正式合意したと発表した。(2016/1/18)

CIOやIT幹部が注目
「Hadoop」から「Spark」へ、移り変わるビッグデータ分析の注目技術
米TechTargetのデータ活用に関する連載コラムから2015年にみられたトレンドを紹介する。それらのテーマはバイモーダルIT、自動化、「Apache Spark」などだ。(2016/1/13)

メガバンクを中心にIT投資は拡大:
国内の金融IT市場は堅調、IDCジャパンが最新市場予測を発表
IDCジャパンが、国内金融IT市場について最新予測を発表。前年比成長率は0.6%と堅調で、特にメガバンクは3.0%と強めを予想した。金融機関は積極的なIT活用を模索しており、FinTech企業との連携を強化する大手金融機関が増加するとした。(2016/1/8)

SSD、オールフラッシュ技術の獲得が相次ぐ
ストレージ業界を変えた2015年の大型買収、DellのEMC買収は序章にすぎない
2015年のストレージ業界では企業買収が盛んに行われたが、米Dellによる670億ドルでの米EMC買収を前にしては他のどの案件もかすむ。米SanDiskや米Veritasが買収されたことさえもだ。(2016/1/8)

2016年から2020年への予測:
2016年に注目すべき10のIT戦略テーマに「デジタルマーケティング」、ITRが発表
アイ・ティ・アールは、2016年に企業が注目すべき10のIT戦略テーマを「攻めのIT」分野と「守りのIT」分野に整理して、2016年から2020年にかけた予測とともに発表した。(2016/1/7)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。