ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コモディティ」最新記事一覧

Computer Weekly製品ガイド
破壊の波が変革するITサービスマネジメントの展望
技術のコモディティ化やオープンソース、SaaSはサービスマネジメントツール市場をどう変化させるのか。(2016/8/12)

鈴村道場(3):
家電業界の常識「コモディティ=コストダウンが必須」は本当に正しいのか
トヨタ生産方式の達人・鈴村尚久氏による連載コラム「鈴村道場」。今回は、家電業界の経営難と併せて語られることが多い「コモディティ=コストダウンが必須」が本当に正しいかについて解説する。(2016/7/19)

顧客視点の経営を:
PR:コストセンターからの脱却! 利益を生み出すアフターサービスとは?
製品のコモディティ化が進み、他社との差別化がいっそう難しくなる中、アフターサービスの強化による顧客満足度の向上が企業に強く求められている。これまでコストセンターと見られていたアフターサービスを真のプロフィットセンターにするために必要な条件とは何か。(2015/9/7)

レトルト食品の“元祖”:
ボンカレーの販売が伸びている2つの要因
大塚食品が1968年に発売したレトルトカレー「ボンカレー」の売り上げがここ数年好調だ。レトルトカレー市場全体はコモディティ化が進む中、同社の取り組みとは一体……?(2015/5/25)

NTT DATA Innovation Conference 2015リポート:
「自由な着想」と「最先端テクノロジー」の融合でイノベーションが生まれる
どうすれば既成概念を打ち破り、イノベーションを起こすことができるのか。十分にコモディティ化されたと思われている市場にこそイノベーションの機会が潜んでいる。(2015/2/25)

HP World Tour Report:
HPのサーバ、ストレージ、クラウド幹部に聞くITインフラ戦略
サーバのコモディティ化などを背景にハードウェアビジネスを縮小させるITベンダーが相次ぐ中、米HPはむしろこれを好機ととらえているようだ。同社のサーバ、ストレージ、クラウドの各担当幹部にITインフラの方向性など聞く。(2014/7/8)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
成功の仕組みを借りて、自分の「ビジネスモデル」を作ろう
企業が利益を上げるために他社との差別化をはかるように、これからは個人にも必要になる。人材のコモディティ化から抜け出すためには。(2014/3/27)

価格破壊、再び:
「4Kディスプレイはコモディティ化する」――デル、7万円切り“4K”液晶「P2815Q」発表会
これまで大画面・高解像度ディスプレイの低価格化を推し進めてきたデルが、早くも“4K”モデルに本腰を入れてきた。同社はなぜ他社に先駆けて4Kディスプレイをアグレッシブに展開するのか。(2014/3/4)

「OpenFlowはデータセンターエッジから普及」:
OpenFlow=コモディティスイッチではない、NoviFlowが歩む第3の道
OpenFlowというと、ネットワーク機器のコモディティ化(=低価格化)のことばかり話す人が多い。しかし2012年にカナダで設立されたばかりのスタートアップ企業、NoviFlowの社長兼CEOであるドミニク・ジョドイン氏の考え方はまったく異なる。(2013/12/12)

小寺信良が見たモノづくりの現場(9):
富士通のPC工場、勝利の方程式は「トヨタ生産方式+ICT活用」
コモディティ化が進むPCで大規模な国内生産を続ける企業がある。富士通のPC生産拠点である島根富士通だ。同社ではトヨタ生産方式を基にした独自の生産方式「富士通生産方式」を確立し、効率的な多品種少量生産を実現しているという。独自のモノづくりを発展させる島根富士通を小寺信良氏が訪問した。(2013/10/17)

モノづくり最前線レポート(38):
「レッツノート工房」に見るパナソニックの強さ――同質化競争を逆手に取れ
コモディティ化が進むPC市場で、逆に「一品一様」など顧客のニーズに応えることで差別化を図るのがパナソニックだ。外部委託が多いPC業界において同社は自社開発、自社生産を貫き強さを見せる。「手づくりレッツノート工房」において、パナソニックAVCネットワークス社ITプロダクツ事業部の事業部長を務める原田秀昭氏および、プロダクトセンター所長の清水実氏に話を聞いた。(2013/9/4)

Xeonを軸としたオープンクラウドビジョンの進展は:
「DCのコモディティ化」を推進するインテル
インテルは同社が推進するオープンクラウドビジョンの進捗を発表した。大量データ蓄積ニーズの高まりに期待を寄せる企業での採用が増えてきているという。(2013/5/22)

「絶対、テレビをコモディティにはしない」、ソニーの意志表示
ソニーが発表したブラビアの新ラインアップは、2つの4Kテレビを頂点に“大画面化”と“高付加価値化”を印象付けるものだった。テレビ事業の2013年度黒字化も見えてきたという同社の戦略は?(2013/4/11)

テレビにつなぐワンタッチデジタルアルバム「おもいでばこ」投入:
スマホシフトとコモディティ化に挑む、PC周辺機器メーカーの取り組み
バッファローが、デジタルフォトアルバム機器の新モデル「おもいでばこ」を投入。とりあえずこれに入れておけば大丈夫です”──と容易さで、ファミリー・シニア層の需要を掘り起こす考えのようだ。(2012/11/15)

高級扇風機に学ぶ、汎用品に革新を生む仕組み
世の中にありふれていて、革新の余地はなさそうに見える扇風機。そんなコモディティとも言える商品でも、よくよく観察すれば新たな価値は生み出せるようです。(2012/9/11)

「ソニーならではのXperiaを」──新社長・平井氏、モバイルを最重点に「選択と集中」
ソニーの新社長兼CEOに就任する平井氏が会見し、モバイルへのリソース集中を進める考えを示した。一方、コモディティ化した製品からは早期に撤退も検討する考えだ。(2012/2/2)

エンジニアのための市場調査入門(3):
高機能化とコモディティ化への流れ、戦略をどう立てるか?
マテリアル(材料)やエレクトロニクス分野の場合、多くは「高機能化」が勝負どころになる一方で、市場が成熟化することで、高機能品もいつしかコモディティになる日がやってきます。現代の市場はこれまでになく細分化、多層化しているため、1つの視点、1つの軸だけから市場を判断すべきではありません。(2012/2/10)

ブルーオーシャンを探せ! 小さな塾の戦い方とは
多くの業界で市場の寡占化や商品のコモディティ化が進み、競争が激化している。そこでは価格や機能などで血みどろの競争が繰り広げられている。塾業界にはそんな競争から抜け出せるブルーオーシャンは存在するのだろうか。(2011/9/20)

Arnova、電子書籍閲覧向け格安7インチ・8インチAndroidタブレットを英国で発売
香港の新興テクノロジ―企業Arnovaは、6月に英国の小売店で2種類の格安Androidタブレットを発売する。タブレットのコモディティ化が進むか。(2011/5/31)

解決指向のストレージ選び:
「安ければいい」――その選び方、間違っていませんか?
ストレージをコモディティ製品と見なし、価格を重視する傾向が強まっている。必要とする条件に基づいて製品や機能を十分に検討していく基本姿勢を改めて確認したい。(2011/3/4)

電子書籍リーダー、2011年には世界で1100万台販売――米Gartner予測
KindleやNOOKといった単機能の電子書籍リーダー市場は2011年も引き続き拡大するが、iPadなどのタブレットとの競合でコモディティ化する可能性があるとGartnerはみている。(2010/12/9)

IBMに聞いてみた:
「eX5」――独自技術がキラリと光るサーバアーキテクチャ
コモディティ化が進むx86サーバ市場だが、IBMはキラリと光る独自技術で差別化を図る。そのサーバアーキテクチャで実現する機能も、仮想化環境の実運用を見据えたものだという。(2010/8/6)

モノづくり最前線レポート(21):
日本のモノづくりは「残り5%」で勝負せよ
iPhoneはガラパゴスケータイと大差ない!? コモディティ化速度の速い市場でも強い企業は何が違う? 日本が目指すべき価値づくりの指針とは(2010/7/23)

グリーン&仮想化を支える:
ブレードのポジショニングから各サーバベンダーの思惑を読む
コモディティ化が進みつつあるサーバ市場にあってブレードサーバは各社各様の“色”の違いを見て取れる興味深い製品だ。エンタープライズサーバ市場に対する戦略の違いが、製品の違いとして濃く反映されている。(2008/8/15)

山田祥平の「こんなノートをつかってみたい」:
ユーザーが知らない使いかたを東芝の技術力で可能にする
国内のノートPCメーカーが「コモディティ化」の波にもがいている中、「Qosmio」「dynabook SS」という明確なメッセージを出しつづける東芝は、PCの存在意義をどのように創造しようとしているだろうか。(2008/3/6)

O'Reilly Money Tech:
株取引分野で台頭するオープンソースの理由
株取引のコモディティ化に伴い、Web2.0を利用したオープンソースの投資プラットフォームへの人気が高まりつつある(2008/2/12)

ELFリポート:
激化する価格競争 “コモディティヘル”からの脱出策
市場のあらゆる製品・サービスでコモディティ化が進んでいる――企業間の技術力の差が縮まってきていることが背景にある、と早稲田大学の恩藏教授は言う。価格競争に陥らざるを得ない“コモディティヘル”を乗り越える方策はあるのか?(2007/11/16)

エンタープライズ2.0時代の到来:
コモディティ化した2.0の行方
企業におけるWeb2.0はこれまでの情報のあり方を変えてくれる存在なのだろうか。そろそろバズワードとしてではなく、本質へと視点が移ってきている時期だが、Web2.0は何を生み、企業は何を学ぶべきなのだろうか?(2007/8/10)

ホワイトペーパー:
Lotus Notes/Domino導入――部門、職位を超えるアイディア共有で改革が始まった
企業にとってビジネスへの脅威は多数存在する。新たな競合の登場、自社製品のコモディティ化、組織の不活発化……。これらの脅威を乗り越えて自組織を変革するには、従来型の仕事のやり方では困難だ。まず、ワークスタイルを変更し、柔軟なコラボレーションを可能にする必要がある。(2007/3/1)

富士通総研、携帯電話の利用実態を調査したリポートを発表
携帯電話の利用実態を調査し、機能やサービスに対するニーズを分析したリポート「携帯電話の利用実態とニーズ分析2006-先送りされたシェア変動と携帯電話コモディティ化の影響-」が発表された。(2006/11/29)

地図情報がビジネスチャンスを見つけ出す! 第1回:
地図利用による可視化の実現へ
急速にコモディティ化する地図情報サービス。本企画ではこれから7回にわたってビジネスにおける電子地図の可能性と今後の行方を探る。(2006/9/4)

SAPPHIRE '06 Paris Report:
「BIはコモディティへ、差別化となる時代は終わる」とSAP
独SAPがBIに躍起だ。同社はビジネスによるイノベーションを実現するアーキテクチャ、Enterprise Service Architecture(ESA)を提唱しており、ビジネスユーザーのツールであるBIを組み込むことは、同社の戦略上重要だという。(2006/6/1)

超小型モバイルにBlu-ray、フルHDノート、地デジ──VAIOシリーズが担う「Quality」への自信
ソニーは、2006年PC夏モデルの第2段としてデスクトップ、ノート、超小型モバイルPCの3モデルを発表した。本モデルのテーマは「Quality is Power」。ソニーはコモディティ化が進むPC市場において、VAIOシリーズならではとなる、新テクノロジーやソリューションの投入によるプレミアム感・所有満足感をユーザーにアピールする考え。(2006/5/16)

Interview:
「ストレージは完全に管理できるコモディティに」HPのストレージ管理担当CTO
ストレージ管理の複雑化は企業のITインフラにおける課題の1つだ。ストレージ管理ソフト企業AppIQを創設し、現在はHPに加わったアシュトシュ氏に話を聞いた。(2006/4/13)

スーパーコンピュータでも進む「日用品化」
業界標準のプロセッサやOSを使うことで、スーパーコンピュータの価格は手ごろになってきている。これは「コモディティ化に向けた進化」だ。(2005/11/24)

インタビュー
コモディティ化が進むDVDメディアの“将来”
低価格化が進むDVDメディアだが、“普段録り”は大容量HDDで済ますという人も多い。より大容量な次世代DVDも普及に向けカウントダウンが始まっている。コモディティ化しつつあるDVDメディアの将来について、TDKマーケティング社長に聞いた。(2005/6/23)

1980円ソフト「成功」宣言──ソースネクスト「コモディティ化戦略」のその後
ソースネクストは、同社が掲げる「コモディティ化戦略」の成功を宣言、そして今後の同社戦略を「さらに全方位的に展開する」と述べた。(2005/6/21)

ソースネクスト、コモディティ化戦略をOSにまで拡大
ソースネクストはコモディティ化戦略をOSにまで拡大、ターボリナックスのTurbo 10DベースのLinux OSを2製品発売する。価格は1980円から。(2005/6/21)

情報システム用語事典:
コモディティ化(こもでぃてぃか)
commoditization / commoditizing(2005/5/28)

Intelのプラットフォーム戦略はPCハードウェア事業を救えるか?
AMDとの競争が激化し、コアマイクロプロセッサのコモディティ化が進むなか、Intelはプラットフォームブランド戦略で優位に立とうとしている。(2005/5/19)

Intelとの提携で、RFIDのコモディティ化を目指すSAP
Intelチップセットを搭載し、いったんネットワークに接続するとほかのシステムからも認識されるRFIDデバイスを開発する――SAP幹部がIntelとの提携の狙いを語った。(IDG)(2005/3/18)

「1Gバイト=10ドル」で家庭にもっとメモリカードを――サンディスク
「価格を下げることによって、メモリカードはより幅広い分野で大量に使われる。2009年頃には1Gバイト=10ドルを実現することも不可能ではないはずだ」。米SanDisk社長兼CEO エリ・ハラリ氏はメモリカードのコモディティ化を狙う。(2005/2/24)

iRiverが狙う“次の一手”
成長著しい携帯音楽プレーヤー市場の中でも、特に健闘しているのがiRiverだ。コモディティ化の兆しも見え始めた携帯プレーヤー市場に向けiRiverが狙う“次の一手”について、アイリバー・ジャパン社長の遠藤信久氏に話しを聞いた。(2004/12/22)

ソースネクスト1980円ソフトシリーズの戦略――2006年までに1000タイトル発売を目指す
ソースネクストは、同社事業におけるコモディティ化戦略に関する記者発表会を開催、「北斗の拳」コミックやFlashPaper化ソフトなどを発売し、2006年には計1000タイトル、売上金額シェアトップを目標とすると発表した。(2004/12/2)

ミドルウェアのコモディティ化へと舵取りするRational
Java開発環境のトレンドには、ビジネスユーザーの抱え込みがある。複雑さを見えなくすべきと、IBMはRationalブランドでJavaの難解さを払拭する狙いだ。(2004/10/8)

ITは当たり前のものになったか?
ITはコモディティ化して当たり前のものになり、競争優位を生むものではなくなったと語る「ITはどうでもいい」著者。IT幹部はこれに対し、IT業界全体がコモディティ化に向かうことはないと反論した。(IDG)(2004/9/29)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。