ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「クリプトン・フューチャー・メディア」最新記事一覧

中国語で歌う「初音ミク」登場 日本からも購入可能
中国語の発音に対応した歌声合成ソフトウェア「初音ミク V4 CHINESE」のダウンロード販売がスタート。日本からも購入できる。(2017/9/7)

“ボカロ曲っぽい歌詞”AIで自動生成 「むげんミクうた」公開
「ボカロ曲」の歌詞を学んだAIが、“ボカロ曲っぽい歌詞”をひたすら作り続けるサービス「むげんミクうた」が登場した。(2017/9/1)

ボーカロイド「初音ミク」が生誕10周年 読売新聞朝刊に見開き広告を掲載
おめでとうございます。(2017/8/31)

「初音ミク」10周年 2007年8月31日の発売から
「初音ミク」が8月31日、発売から10周年を迎えた。(2017/8/31)

千葉市の市章が「初音ミク」コラボ 「そっくり」ネットの声がきっかけ
千葉市が「初音ミク」とコラボした市章を発表。公式サイトの市章を1日限定で変更するほか、イベント「マジカルミライ2017」で缶バッジを無料配布する。(2017/8/25)

「似ている」指摘から4年:
千葉市、市章を「初音ミク」に 「似てる」縁で1日限定
千葉市が、ボーカロイド「初音ミク」とコラボした特別デザインの市章を、8月31日に1日限定で千葉市公式サイトに表示する。(2017/8/24)

「アイドルタイムプリパラ」新キャラ&初音ミクとのコラボ発表 さらに、あの伝説の神アイドルも!?
“セインツ”の「みあ」がついに本編に!(2017/8/19)

仕事はグローバルに、プライベートは北海道で:
PR:最先端プロジェクトでスキルを磨く、アクセンチュアHDCのエンジニアライフとは
札幌にあるアクセンチュアの「北海道デリバリーセンター」(HDC)は、クラウドなどを活用したアプリケーションの開発業務を行う、同社の先端技術拠点だ。そこで働くエンジニアたちに、札幌に根ざして開発に取り組む思いを聞いた。(2017/8/17)

シャッター音までみっくみく リコーの全天球カメラ「THETA SC」に限定の初音ミクモデル登場
専用アプリもミクさん仕様。(2017/8/9)

全天球カメラ「RICOH THETA SC」に初音ミクコラボモデル
リコーは、初音ミク10周年を記念したコラボモデル「RICOH THETA SC Type HATSUNE MIKU」を発売する。9月1日から10月末日までの期間限定受注販売。(2017/8/8)

「初音ミクをきっかけに、クリエイターの活躍広げる」企画職 クリプトンが人材募集中
「初音ミク」開発元のクリプトン・フューチャー・メディアが、「初音ミクたちをきっかけに、世界中のクリエイターの活躍の場を広げる」ことをミッションとする商品企画職の人材を募っている。(2017/7/11)

初音ミクと“カフェデート”、空間認識「Tango」で実現
Googleの空間認識技術「Tango」を活用し、初音ミクとカフェでおしゃべりができる体験イベントを、KDDIとクリプトンが開催する。(2017/6/29)

ニコニコ超会議2017:
初音ミクとデートするARアプリ「ミク☆さんぽ」を体験 恋人気分でデレデレしてきた(動画あり)
スマホ画面越しに初音ミクと散歩ができる――そんな「ミク☆さんぽ」を、ニコニコ超会議2017で記者が体験してきた。(2017/4/29)

ミクさんと「ニコニコ超会議」を回れるAR「ミク☆さんぽ」 会場に体験コーナー登場
2月に登場したKDDIとのコラボ企画が「ニコニコ超会議2017」に。(2017/4/26)

KDDIが「Tango」を活用した実証実験を実施 「SNOW MIKU 2017」で雪ミクとAR体験
KDDIとクリプトン・フューチャー・メディアは、Google社「Tango」の空間認識技術を活用した仮想キャラクターによる案内サービスの実証実験を実施する。「SNOW MIKU 2017」とのコラボレーションの一環として「雪ミク」とのAR体験を提供する。(2017/2/7)

拡張現実ミクさんがミュージアムをご案内 KDDI、「Tango」の空間認識技術を活用した実証実験を実施
札幌で開催の「SNOW MIKU 2017」にて。(2017/2/7)

雪ミクとコラボした世界初の実証実験 Androidで空間認識「Tango」活用で
Googleの空間認識技術「Tango」を活用した実証実験を北海道で行う。(2017/2/7)

初音ミク10周年! 歴代人気曲を約60曲詰め込んだ特大アルバム「Vocalohistory feat.初音ミク」が発売決定
「初音ミクの消失」「ローリンガール」「千本桜」など10年の歴史を集めました。(2017/1/26)

ベストセラー絵本「えんとつ町のプペル」無料公開 「高くて買えない」小学生からの声受け
キングコングの西野さんのベストセラー絵本「えんとつ町のプペル」がWebで無料公開。「2000円は高くて買えない」という小学生からの声を受け、無料公開を決めたという。(2017/1/19)

冨田勲追悼公演に“手塚治虫タッチの初音ミク”が登場! 手塚アニメ劇伴の貴重な音源集も初CD化へ
しかもイラストは2種類!(2016/9/30)

「初音ミク」新バージョン「V4X」発売 シャウトからささやきまで表現豊かに
歌声合成ソフト「初音ミク V4X」が登場。VOCALOID 4に対応し、声に吐息や声質の変化を加える独自拡張「E.V.E.C.」を搭載する。(2016/8/31)

「第三の波」アルビン・トフラー氏死去 情報化社会を予言した未来学者
「第三の波」などの著書で知られる未来学者のアルビン・トフラー氏が死去した。(2016/6/30)

ポッキーかじるだけのサンプリング音源、クリプトンが無償公開
ああ確かにこれはポッキーのサウンド。だけど、ここまで種類を集める必要はあったのか。(2016/5/25)

キラキラの塩をトッピング! ポッキー・クリスタルソルティ、5月31日発売!
ポッキーやアーモンドピークも衣替え。(2016/5/25)

やっぱり初音ミクは天使だったんだ……! 赤い羽根共同募金運動創設70年記念「ねんどろいどこ〜で」降臨
購入ごとに300円が赤い羽根共同募金に送られます。(2016/5/19)

冨田勲×初音ミク「ドクター・コッペリウス」、遺作かつ新作として11月に予定通り上演
5日に亡くなった作曲家・冨田勲さんにより初音ミクとコラボレーションする新作「ドクター・コッペリウス」が、予定通り11月に上演されることが決まった。(2016/5/12)

冨田勲×初音ミク、4年ぶりの新作 交響曲「ドクター・コッペリウス」上演決定
音楽・バレエ・ミクさんが渾然一体となった舞台を予定。(2016/4/25)

初音ミクの婚姻届、3月9日ミクの日に発売 ウエディングドレス姿もかわいい!
ミクさんと結婚したいです。(2016/3/9)

電子の歌姫「初音ミク」、NHK交響楽団と初共演! 「N響 CLASSICS×POPS with SPECIAL ARTISTS」3月22日に開催
天使のミクさん、N響設立90周年記念演奏会で何を歌うのか、私気になります!(2016/2/21)

初音ミク、NHK交響楽団と初共演 指揮に合わせ、リアルタイムで歌い踊る
初音ミクが、NHK交響楽団と初共演する。オーケストラの指揮に合わせてリアルタイムに歌い・踊るという。(2016/2/19)

安心してください、はいて……ない! 初音ミクの亜種「シーエ・カルラ」のノーパンフィギュアが登場
なんという格好だ。(2015/11/13)

「KAITO」兄さんが誕生10周年! 来年2月に記念アルバムリリース決定
数量限定!(2015/11/5)

これが未来のクリエイター 「こどもCGコンテスト部門」の作品が素晴らしい
「オリジナル部門」のほか、「初音ミクと描く未来部門」もあります。(2015/10/26)

プロが本気だした! バルーンアートで「初音ミク」の衣装を作った動画がすごい しかも着られる
風船の可能性を感じるな。(2015/9/18)

「初音ミク」などクリプトンのキャラ、niconico「クリエイター奨励プログラム」の対象に
「初音ミク」などクリプトンのキャラが「niconico」の「クリエイター奨励プログラム」の対象になった。(2015/9/17)

「初音ミク」新バージョン「V4X」来年上半期にリリースへ
歌声合成ソフト「初音ミク」の新バージョン「初音ミク V4X」が来年上半期に発売へ。(2015/9/2)

初音ミク、「Mステ」30周年特番に生出演 バーチャルシンガーとして初
バーチャルシンガーの初音ミクが9月23日、音楽番組「ミュージックステーション」30周年記念特番に生出演する。(2015/8/31)

第1回 先端コンテンツ技術展:
霧の中から初音ミク! 立体映像に触れて操作!――映像を空間に浮かべる最新技術を体験してきた
「第1回 先端コンテンツ技術展」が東京ビッグサイトで開催された。VRヘッドセットを活用した没入型VR(仮想現実)の出展が目立つなか、実際の空中に映像を映し出すAR(拡張現実)技術の出展を行う企業もみられた。(2015/7/1)

手持ちのイヤフォンがミックミクに変身! アイデアを一般公募した初音ミクコラボ商品がどれもステキ
ネギの形をした金太郎アメ……切れば切るほどミクさんの顔が増える!(2015/5/18)

iPad/iPhoneボカロエディタがPC版と同等に 本格的になったヤマハの新アプリ「Mobile VOCALOID Editor」を使ってみた
ヤマハがPC版VOCALOID 3 Editor相当の機能を持つiOSアプリ「Mobile VOCALOID Editor」をリリース。より本格的な“調教”が指先でできるようになったので、早速使ってみた。(2015/4/3)

こいつぁすごいぜ!:
イカすクルマニュース2014年度ランキング! 1位は吊り目から丸目になった「86」
MONOistオートモーティブフォーラムの編集担当が「こいつぁすごいぜ!」と独断で判断した自動車関連のニュース「イカすクルマニュース」のランキングトップ10もめでたく3年目。今年はあのクルマが吊り目から丸目になった記事がトップに!(2015/4/1)

ドワンゴ、ネットユーザーに「TPP知財条項に対する緊急声明」への賛同呼びかけ
「ネットユーザーの二次創作活動の拠点」であるニコニコ動画の運営者として、賛同を表明した。(2015/3/14)

「著作権侵害の非親告罪化」「保護期間延長」はTPP交渉から除外を――ネット関連団体の声明、政府に提出 68団体・283人賛同
TPPの知財分野の交渉について、十分な情報公開と、著作権侵害の非親告罪化や著作権保護期間の延長などを妥結案から除外するようを求める声明を、ネット関連団体が西村内閣府副大臣に手渡した。引き続き賛同者を募っている。(2015/3/13)

ヤマハ、初音ミク仕様のWebキャスト向けミキサー発売 体験版ソフト同梱
ヤマハのネット配信向け小型ミキサーに初音ミクコラボモデル。初音ミクV3など体験版ソフトも同梱される。(2015/3/9)

初音ミク仕様のウェブキャスティングミキサー「AG03-MIKU」を5月下旬に発売
ネット配信に便利な機能搭載で、「初音ミクおためしセット」が同梱されている。(2015/3/9)

ポップカルチャーに特化した札幌の観光ガイド「さっぽろオタマップ(強)」登場
「初音ミク」「フランチェスカ」など、北海道から誕生したキャラクターの特集ページも。(2015/2/2)

『美術手帖』の初音ミク特集が単行本に 12月3日発売
2013年6月号に掲載されたボーカロイド・初音ミクの特集記事を一部再編集し、ボックス入りの単行本として発売。特典としてイラストレーター・mebaeが描き下ろしたポスターとストラップが付属する。(2014/11/28)

「VOCALOID4」が得た表現力、使いやすさとは──発表会を振り返る
3年ぶりの新バージョン「VOCALOID4」はその表現力の豊かさと、ボカロPが使った場合の操作性が大きく変化。各社のデータベースのVOCALOID4も進みそうだ。発表会を振り返りながら詳しく見ていこう。(2014/11/21)

ヤマハ、「VOCALOID 4」発表 うなるような歌声も可能に
「ケロケロボイス」みたいにできる機能も。(2014/11/20)

「巡音ルカV4X」発表 VOCALOID4対応でグロウルやクロスシンセシスが可能に
VOCALOID「巡音ルカ」の新バージョンは「巡音ルカV4X」。VOCALOID4の新機能に対応する。(2014/11/20)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。