ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「キュレーション」最新記事一覧

SEO的視点で再考:
Googleにとっての“良質なコンテンツ”の定義がハックされた結果――「WELQ」後に起こること
粗製乱造の“キュレーションメディア”が批判の末に閉鎖に追い込まれた。質の悪いコンテンツの発信者はもちろん、Googleをはじめとする検索サービスの信頼性をも揺るがせたこの事件の核心をSEOの専門家が考察する。(2017/1/11)

「広告会社はNAVERまとめへの広告配信を停止してください」 NAVERまとめに写真をパクられた写真家がネット署名開始
スタート3日で750人以上の賛同を集めています。(2016/12/25)

DeNA「成長の壁」 まとめサイト問題にとどまらぬ経営への危機感
DeNAが激震に見舞われている。まとめサイト事業のずさんさが次々に明らかに。4年前のソーシャルゲーム課金問題以来の危機を乗り越えられるか、正念場を迎えている。(2016/12/21)

「キュレーション」がダークサイドに堕ちる前のことを思い出し語りしてみる
2009年、情報を選別し送り出す人という意味でキュレーターという呼称を日本で初めて使った。今では「フェイク」と同義のように扱われている「キュレーション」の黎明期を思い起こしてみる。(2016/12/16)

DeNA、キュレーション問題調査で第三者委員会設置 弁護士ら4人
DeNAは、「WELQ」をはじめとするキュレーションサイト問題の運営実態を明らかにする第三者委員会のメンバーを公表した。(2016/12/15)

ITの力で全国の社員をつなぐ:
業界初、資生堂が84インチ「Surface Hub」を導入した理由
資生堂が社員の多目的ワーキングスペースに84インチの「Surface Hub」を導入。同スペースを運営するのは「未来創造局」という部署だという。何だか「化粧品の老舗ブランド」という資生堂のイメージとは違うような……? 実際にどのようなニーズや効果があったのか、担当者に聞いてみた。(2016/12/14)

半径300メートルのIT:
あなたが「WELQ」にならないために 「引用」と「盗用」の境目は
ネットの世界を揺るがした「WELQ」問題。さまざまな問題が指摘されていますが、個人的には、“デジタル情報の特長”が悪用されてしまったことが残念だと思っています。(2016/12/13)

まとめサイト問題、DeNAの経営を直撃 新規事業の柱が崩壊
DeNAが新規事業の中核に位置づけていたキュレーションサイト。10〜12月期で黒字転換できると見込んでいたところに今回の問題が表面化した。(2016/12/9)

キュレーション問題で経営陣が謝罪:
DeNAはなぜメディア運営方針を変更したのか
DeNAは、12月7日に記者会見を開催。同社のキュレーションメディアが信ぴょう性の低い記事を掲載していた問題について、謝罪と経緯説明を実施した。(2016/12/8)

DeNAキュレーションサイト問題、スタッフに「元炎上バイラルメディア」の影 採用理由について南場会長「再度チャンス与えたかった」
問題視されているマニュアルの作成に彼らが関わっていたのでは――と推測する向きもありますが、現時点では「関連についてはまだ分かっていない」とのこと。(2016/12/7)

「BOT・リライトツールは禁止している」 DeNAがサイト炎上騒動で釈明
WELQに関しては「9割がクラウドワーカーによるものだった」。(2016/12/7)

DeNAがキュレーションメディア騒動で記者会見 相談窓口の設置を発表、創業者の南場さんは「ただただ申し訳ない」
WELQを始めとしたキュレーションメディアが炎上していた問題で会見を行いました。(2016/12/7)

スピン経済の歩き方:
画期的な発明をした『WELQ』の落とし穴
デタラメの医療情報を流していた『WELQ』の問題が、いまだ終息していない。「専門家による監修のないまま、根拠が不明確な医療関連記事を載せていた」ということだが、WELQのどこに問題があったのか。多くの人が、さまざまな見解を述べているが……。(2016/12/6)

「WELQ」問題を受け:
「NAVERまとめ」、元記事に還元する仕組み導入へ
LINEがキュレーションプラットフォーム「NAVERまとめ」の運営方針を変更すると発表。まとめられた1次情報発信者にインセンティブが還元される仕組みを2017年中に導入する。(2016/12/5)

キュレーションメディア「ギャザリー」でも記事の非公開化 「これまで以上に厳しい基準で精査する」
約6万記事中、約1万6000記事を非公開にしています。(2016/12/5)

キュレーションメディアで記事の削除・非公開化続く 「Spotlight」「by.S」でも一部記事を非公開に
削除に向けた精査を行うとするメディアも。(2016/12/5)

DeNAの「WELQ」問題、唯一残った「MERY」も8割超の記事を非公開に 過去には「nofollow」リンク問題で炎上も
編集部で確認したところ、実に10万本以上の記事が非公開となっていました。(2016/12/2)

WELQ問題でDeNAの社長兼CEOが謝罪 他のキュレーションメディアも記事を非公開に
WELQだけではなくiemo、Find Travelなど9サイトを非公開にします。(2016/12/1)

「大きな間違いだった」 DeNA守安社長が“WELQ問題”謝罪 「iemo」など8メディアも非公開に
DeNAの医療情報サイト「WELQ」が「不正確な情報が掲載されている」などと指摘されていた問題で、守安功社長名の謝罪文が発表。「iemo」など8メディアも非公開にするという。(2016/12/1)

DeNAの公式Twitterアカウントが非公開になっていると物議 「WELQ」問題の影響ではと推測する声もあったが
実際は海外子会社のアカウントでした。(2016/12/1)

医学的知見を持つスタッフは一部だった……「WELQ」で全ての記事が非公開に 
内容の正確性に問題があるとして多数の指摘を受けていました。 ※追記あり(2016/11/29)

Amazonの音楽配信「Prime Music」、1年で利用者100万人超
Amazonの音楽配信サービス「Prime Music」が開始から1周年を迎えた。(2016/11/18)

「人食いワニ」がコワかわいい! 大阪ニフレルの動物たちがコップのフチに引っかかるフィギュア第2弾が登場
施設で働くフチ子さんの姿も。(2016/11/18)

加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
加速するフィンテック なぜ銀行の既存ビジネスを破壊するのか
金融(ファイナンス)と技術(テクノロジー)を組み合わせたフィンテック。日本はこの分野では既に周回遅れになっているとも言われるが、徐々に環境は整備されつつある。フィンテックの現状について整理し、今後の展望について考えてみたい。(2016/11/15)

Spotify、誰でも利用可に 日本で本格展開始まる
定額制音楽ストリーミングサービス「Spotify」が、11月10日に招待制から一般公開になり誰でも利用できるように。日本のユーザーの好みを分析した上での本格展開が始まる。(2016/11/10)

アップルの新「TV」アプリ、日本での提供時期は未定
米AppleがApple TVやiPhone、iPadで使える新しい「TV」アプリを発表した。サービスを跨いだ横断検索にも対応する。またApple TVのSiriを機能強化することも同時に発表している。(2016/10/28)

顧客一人一人に合わせたタイムリーな施策を実現:
富士通がタグマネジメントのTealiumとデジタルマーケティング事業で協業
富士通はタグマネジメント事業大手のTealiumとデジタルマーケティング事業で協業することに合意したと発表した。(2016/9/30)

毎月オススメ音源を紹介する「ハイレゾ音源大賞」開始――配信4社が共同で
ハイレゾ音源配信サイトを手がける4社が共同で「ハイレゾ音源大賞」を開始した。毎月、各社がリリースするハイレゾ音源の中から1作品を推薦し、月替わりの“セレクター”が最も印象的だった作品を選ぶという月イチのキュレーション企画。発表は毎月最終金曜日に行われる。(2016/9/30)

遅すぎた? 「Spotify」ついに日本上陸 そのインパクトは
ついに日本上陸した音楽ストリーミングサービス「Spotify(スポティファイ)」。9月29日からエントリー制でサービスを開始し、11月から本格的にローンチする。世界大手が日本市場に与えるインパクトは?(2016/9/29)

「iOS 10」配信開始――メッセージ、Siri、マップなど変更点多数
日本時間の9月14日、「iOS 10」の配信がスタートした。iOS 10では、ロック画面、Siri、写真アプリ、マップアプリ、Apple Music、メッセージアプリなどが拡張される。主な変更点をまとめた。(2016/9/14)

これが新しい古典? BBCが「21世紀の偉大な映画ベスト100」を発表、邦画では「千と千尋の神隠し」が4位に
やはり1位にはあの鬼才が。(2016/8/24)

VRで未来のショッピングはどう変わる?
VRというテクノロジーが活躍するのはエンターテインメイント領域だけでない。ショッピングの在り方も大きく変え、インバウンドや地方創生にも寄与する可能性が大いにあるという。(2016/8/23)

ビジネスアナリティクス、ビッグデータの文脈(3):
ガートナーが、「IT部門は全てのデータを管理すべきでない」と主張する理由
ビッグデータ/IoTは、企業の情報システム部門にデータ管理上の新たな課題を突きつけている。ガートナー リサーチ部門バイスプレジデント兼最上級アナリストのTed Friedman氏に、どう対応すべきかを聞いた。(2016/8/23)

ITはみ出しコラム:
Apple Musicを仕切るノリノリの女性“Boz”はどんな人?
Apple幹部らしからぬビジュアルとパフォーマンスでWWDC 2016の会場を盛り上げたApple Music担当の女性“Boz”に迫ります。(2016/8/13)

もうすぐ日本上陸のSpotifyにゲーム音楽カテゴリ登場
音楽ストリーミング最大手のSpotifyが、ゲーム音楽専用カテゴリ「Spotify Gamers」を公開した。日本からも人気ゲームのサウンドトラックやゲームプレイ用のプレイリストを聴くことができる。(2016/8/13)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
「現実がSFじみてきた」 NHKの考える未来の放送技術
今年の「技研公開」では、4K/8Kで賑わってきた過去数年と異なり、裸眼立体視ディスプレイが主役に踊り出た。麻倉怜士氏によると、“8Kの次”を強く意識した展示だったという。(2016/7/13)

【連載】キーワードで読む「IoT時代のエクスペリエンス・デザイン」 第3回:
インサイトからフォーサイトへ――お客さまを主語にしたアナリティクスの進化
顧客の過去・現在・未来のエクスペリエンスは「データ」を媒介にして1本の「時間」の軸で長くつながって行く。全ての産業がサービス業化する時代のマーケティングとはどうあるべきなのか。(2016/7/10)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
AIに不可欠な機械学習の仕組みとFinTech活用での注意点
AIや機械学習によるビッグデータ活用はFinTechのさまざまな領域に適用されているが、そこではセキュリティやプライバシーも考慮する必要がある。今回は各種技術をひも解きながらFinTech活用における注意点を示してみたい。(2016/7/5)

自社の顧客がクリエイター:
Instagramに投稿されたユーザーの写真を広告に利活用、アライドアーキテクツがサービス提供
アライドアーキテクツは、ユーザーがInstagramに投稿した写真や動画などをSNS広告運用に利活用するサービス「Letro(レトロ)」の提供を開始したと発表した。(2016/6/30)

アップルPickUp!:
本や映画好きなら知っておくべき、iBooks&iTunes Store「おすすめ」の秘密
面白い作品との出会いを求めているなら要注目!!(2016/6/24)

2000人超のアカウント管理、もう限界 DeNA“システム自動化”の効果は
ベンチャーから出発し、今や球団経営にまで事業を拡大したDeNA。社員2400人分のアカウント管理に忙殺されていた情シスは、アカウント生成の自動化に踏み切った。(2016/6/23)

アニメ「時をかける少女」公開から10年 東京国立博物館前で2年ぶりに野外上映が決定
作中の舞台になった博物館で「時かけ」ワールドに浸れるイベント。(2016/6/9)

「時をかける少女」、東京国立博物館で野外上映 7月開催
細田守監督の映画「時をかける少女」を東京国立博物館本館前で上映するイベント「博物館で野外シネマ」が、7月15、16日に開催される。(2016/6/9)

鳥嶋和彦、田尻智、シブサワ・コウ―― とんでもないインタビューを量産し続けるサイト「電ファミニコゲーマー」とは何者なのか
電ファミニコゲーマー編集長であり、インタビュー連載「ゲームの企画書」を手がけるリインフォース・平信一さんにお話を聞きました。(2016/6/23)

ものになるモノ、ならないモノ(71):
日本発の定額制音楽ストリーミングサービスは黒船勢をどう迎え撃つか
国内外のサービスが乱立する“群雄割拠”の音楽ストリーミングサービス業界の現状とこれからについて、AWAへのインタビューを通じて探った。(2016/6/1)

「まさかここまでニーズがあるとは」 プロが“あなたに似合う服”選ぶ「airCloset」急成長の裏側
プロのスタイリストがユーザー1人1人に似合う服を選んで届ける定額ファッションレンタルサービス「airCloset」。創業1年で約10億円の資金調達を達成するほどの成長の秘密は。(2016/5/30)

グート、海外向けに日本文化の動画を配信――低価格スマホは2016年夏に発売
グートが、海外のスマホユーザー向けに動画配信サービス「1OOOi(ワン・オー・アイ)」を開始。日本の観光地やファッションなどの情報を伝える。同社が開発ノウハウを提供する低価格スマホは2016年夏に発売する。(2016/5/20)

宇宙人ダダ、世界のアーティストから圧倒的リスペクトを受ける
ダダイズム100周年フェス発表会に乱入! 場違いじゃないんだなこれが。(2016/5/19)

4月28日オープン:
BEAMS仕様のVAIO Zに一目ぼれ! 日本をテーマにしたキュレーションショップ「BEAMS JAPAN」が新宿にオープン
ビームスが、日本をテーマにさまざまなカテゴリの商品を集めたキュレーションショップ「BEAMS JAPAN」を新宿にオープンする。BEAMSとコラボした限定受注生産モデルの「VAIO Z」の実機もチェックできるぞ!(2016/4/27)

11型と13型のオリジナルPCケースも:
「VAIO Z×BEAMS」人気コラボ再び Monotone Crazyモデルを限定発売
受注開始から約80分で完売した前回のコラボモデル。今度は「台数限定」ではなく「期間限定」なので、争奪戦の心配はなくなった。(2016/4/8)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。