ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サイバー犯罪」最新記事一覧

フィッシングサイトに誘導:
Apple装う不審なメールに注意 個人情報流出の恐れ
米Appleを装った不審なメールが出回っているとして、警視庁サイバーセキュリティ対策本部などが注意を呼び掛けている。(2017/11/22)

サイバー犯罪者は消費者の対策不足を利用:
「AIアシスタント」「ドローン」「スマート玩具」にもセキュリティ対策を――McAfeeが「最もハッキングされやすいギフト一覧」を発表
McAfeeは、2017年版「最もハッキングされやすいギフト一覧」を発表。「ノートPC」などのIT機器の他、「ドローン」「AIスピーカー」「インターネットに接続可能な玩具」などが上位に挙げられた。(2017/11/22)

スマホ画面に突然表示、偽の「ウイルス感染」警告 目的は?
トレンドマイクロが、スマホでWebサイト閲覧時に突然表示される「ウイルスに感染」警告を解説したブログ記事を公開した。(2017/11/15)

警視庁・JC3が注意喚起:
「JCB」「みずほ銀行」装うメールに注意 中身はウイルス
ジェーシービーやみずほ銀行装った不審なメールが出回っているとして、警視庁サイバーセキュリティ対策本部などが注意を呼び掛けている。(2017/11/14)

日本におけるサイバーセキュリティの最大の障害は資金:
日本の中小企業のセキュリティ意識はアジア諸国と比べて低い――ESETが調査を発表
ESETは、アジアの中小企業を対象に実施したサイバーセキュリティに関する認識調査結果「ESET 2017 SMBs」を公開した。日本の中小企業は、サイバーセキュリティに関する認識が他のアジア諸国に比べて低いことが分かった。(2017/11/13)

CODE BLUE 2017開催、内外の意外な専門家が一堂に:
セキュリティの広がりは車から国家、さらには宇宙空間まで?
IT技術者はもちろん、幅広い分野の人々がセキュリティに関する情報や意見を交換し合う場として、国際カンファレンス「CODE BLUE 2017」が2017年11月7〜10日に開催される。社会的なニーズの高まりを受け、幅広い分野の講演が行われる予定だ。(2017/11/6)

“人の弱み”につけこむサイバー犯罪が増加
メール詐欺を中核とするサイバー攻撃、Office 365ユーザーをどうやって守るか
ソーシャルエンジニアリングを駆使したサイバー攻撃が増え、企業はこれまでにない脅威にさらされている。新手の脅威に対抗し、ユーザーを守るにはどうすればよいのか?(2017/11/14)

セキュリティ企業のP2P監視サービス管理者逮捕 ウイルスを「Share」に保管 会社は反論
Shareにウイルスを保管していたとして、セキュリティ企業でP2P監視サービス担当していた社員が逮捕。会社は「ウイルスの取得・保管は、ファイル流出監視サービスを行うという正当な理由に基づいている」と反論している(2017/11/2)

市の公衆WiFi、ストーカーが悪用 好意寄せる女性にわいせつ画像送信
知人女性へわいせつ画像を繰り返しメールで送りつけたなどとして、男がストーカー規制法違反容疑で逮捕された。京都市が整備した無料公衆無線LANサービスを悪用。匿名性の高い約20種類のメールアドレスを使い分けて身元の特定や捜査から逃れようとしていたとみられる。(2017/11/2)

今こそ考えたい製造業IoTのセキュリティリスク:
製造業が狙われる日も近い、制御情報系システムをITセキュリティの力で死守せよ
製造業に革新をもたらすといわれる「IoT(Internet of Things)」。スマート化された工場の明るい未来だけがフォーカスされがちだが、ネットワークにつながることでもたらされるのは恩恵ばかりではない。本インタビュー企画では、製造業IoTを実現する上で重要となる「セキュリティ」にフォーカスし、製造業IoTで起こり得るセキュリティインシデントとその対策について紹介する。第3回は、IoTセキュリティの各種ソリューション、コンサルティングサービスを提供するマカフィーに話を聞いた。(2017/10/26)

「社内ネットワークなら安全だ」は脆弱性の根源:
PR:「働き方改革」がサイバー犯罪者の標的に――セキュリティ専門家が指摘する脅威と対策
@IT編集部が2017年9月21日に開催した、セミナー「狙われる働き方改革〜攻撃者視点で明かす、モバイルワークの脆弱性〜」で、基調講演にゲヒルンの代表取締役であり、さくらインターネットのフェロー・CISOとセキュリティ・キャンプ実施協議会の顧問・企画実行委員も兼務する石森大貴氏が登壇した。石森氏は『狙われる働き方改革〜攻撃者とCSIRT、攻守の視点で語るモバイルワークの脆弱性〜』というテーマで、モバイルを活用したリモートワークの危険性と、そうした脅威に対して先進的な企業が行っている対策を紹介した。(2017/10/25)

企業版振り込め詐欺「ビジネスメール詐欺」の脅威と対策【第1回】
いまさら聞けない「ビジネスメール詐欺」(BEC)とは何か? 1000万円超の被害も
なりすましメールを使った企業版振り込め詐欺ともいわれる「ビジネスメール詐欺」(BEC)。その手口はどのようなものなのか。具体的な被害は。調査結果を交えながら紹介する。(2017/10/24)

「逆ハッキング」は是か非か? マカフィーが考察
マカフィーは、米国で5月に法案として提出された「逆ハッキング」についての考察をブログに掲載した。(2017/10/20)

“人の弱み”につけこむ卑劣なサイバー犯罪者が増加:
PR:メール詐欺を中核とするサイバー攻撃――Office 365ユーザーをどうやって守っていくか
近年、ますます凶暴化、巧妙化するサイバー攻撃により、企業はこれまでにない脅威にさらされている。特に最近は、ランサムウェアと大量のメールによる攻撃が激化。“人間の弱み”につけこんで、重要情報を窃取したり、金銭を脅し取ろうとしたりしている。こうした新手の脅威からユーザーやシステムを守り、ビジネスを継続していくにはどうすればよいのか。脅威に対抗し得るセキュリティソリューションはあるのか――。(2017/10/16)

情報を盗むマルウェア「FormBook」、感染メールが各国で流通 日本でも確認
情報を盗み出すマルウェア「FormBook」に感染させようとする電子メールが、この数カ月で大量に出回っているという。(2017/10/10)

10月19日、デジタル改革塾開催 「セキュリティ対策の重要性を分かってもらうための説得術」
10月19日(木)、エンタープライズ編集部主催の勉強会、「デジタル改革塾」を開催します。今回のテーマは「セキュリティ対策の重要性を分かってもらうための説得術」。ITに詳しくない人に脅威のリスクを伝え、理解してもらうための方法を考えます。(2017/10/6)

ホワイトペーパー:
ランサムウェアに身代金を支払ってしまった病院、対策に“正解”はあるのか?
医療機関が身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」の被害を受けた場合、システムの停止は患者の生命に直結する。病院は「ランサムウェアには身代金を支払わない」という理想論が通用しない局面を想定して、対策する必要がある。(2017/10/4)

半径300メートルのIT:
iPhoneが安全とは限らない? マルウェア「iXintpwn」の思わぬ手口
安全といわれるiPhoneに思わぬ手口のマルウェアが登場。回避方法は?(2017/10/3)

「のぞき見できる」他人の人事情報に不正アクセス 市役所の甘いセキュリティ
別の職員になりすまし、市役所の内部ネットワークにアクセスしたとして、大阪府富田林市の職員2人が摘発された。事件を通じて見えてきたのは、やろうと思えば簡単に内部情報にアクセスできてしまう市の管理体制の甘さだった。(2017/9/27)

市職員連続立件の背景:
「のぞき見できるものなら……」他人の人事情報に禁断の不正アクセス
別の職員になりすまし、市役所の内部ネットワークにアクセスしたとして、大阪府富田林市の職員2人が8〜9月、不正アクセス禁止法違反の疑いで、大阪府警サイバー犯罪対策課に相次いで摘発された。(2017/9/26)

未知のマルウェア対策に新たな武器を
沖縄銀行はなぜ「AI活用型マルウェア対策製品」をいち早く導入したのか
2016年に創立60周年を迎えた沖縄銀行は、以前から取り組んできたセキュリティ対策を一段と強化すべく、人工知能(AI)技術を活用したマルウェア対策の導入に踏み切った。その背景とは。(2017/9/19)

メルカリで少年らがウイルス売買 「隠語」で出品、監視の目をかいくぐる
メルカリで少年ら5人がウイルスを売買していた事件。「隠語」で取引し、監視の目をかいくぐっていた。(2017/9/15)

プロだからこそ話せるセキュリティの“今”と“これから”:
PR:経営者とセキュリティ担当者が今なすべきセキュリティ対策とは
いまだ勢いの衰えを見せないサイバー攻撃。企業や経営者は増加するセキュリティの脅威に対し、どう対応していかなければならないのか――。3人のセキュリティのプロフェッショナルが、経営者とセキュリティ担当者が今なすべきセキュリティ対策について語り合った。(2017/9/15)

情報セキュリティの深層:
新たな脅威「ビジネスメール詐欺(BEC)」とは?
実在の組織や人物をかたったメールで従業員をだまし、サイバー犯罪者が管理する口座へ不正な送金処理をさせたり、特定の情報をだまし取ったりする「ビジネスメール詐欺(BEC)」が広がりつつあります。(2017/9/13)

警察庁、サイバー空間を巡る脅威の情勢を公表 仮想通貨を狙った手口が確認
メール攻撃の多様化も確認されています。(2017/9/12)

Apple Pay悪用、中国人“爆買い”詐欺 留学生「買い子」グループが暗躍
中国人らの犯罪組織が“爆買い”を装った詐欺事件を繰り返していた。Apple Payを悪用した手口だ。(2017/9/8)

米大統領の公式アカウントも被害に?:
Instagramのハッキング被害、著名人だけでなく600万IDもの一般ユーザーも被害に遭っている可能性
Instagramで発生したアカウントハッキング被害は、著名人だけでなく一般ユーザーも被害に遭っていた可能性があることが分かった。(2017/9/6)

特選ブックレットガイド:
両立が求められるクルマの「安全」と「セキュリティ」、その現実解を探る
クルマの高度化が進むほど重要となる「安全性」。機能的な安全性はもちろん、サイバーセキュリティの面からも重要視されているが、「具体的にどうするか」の正解はまだ見えていない。(2017/9/5)

セキュリティが得意な「次世代」が集った5日間:
自分の中でイノベーションを起こせ──セキュリティ・キャンプ全国大会2017が抱かせた「好奇心」の真の意図
2017年8月、情報セキュリティをけん引する人材の発掘と育成を目指す「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」が開催された。今回は2016年大会のほぼ倍となる82人の学生と生徒が参加し、先端知識と技術を学んだ。(2017/9/4)

被害を防ぐ3つの対策
POS端末を狙うマルウェア「MajikPOS」はどのようにして検出をすり抜けるのか
RAMの情報を収集するプログラムをダウンロードし、既存の検出技術をすり抜ける新手のPOS(販売時点情報管理)マルウェア「MajikPOS」はどのような手口でPOS端末を狙うのか。どのような防御策が取れるのか。(2017/9/1)

ビットコインの危うさと課題 匿名性と便利さ悪用、犯罪に浸透
ビットコインに絡む事件や不穏な動きがここ数年、国内外を問わず顕在化している。匿名性と便利さ悪用し、犯罪に利用されることも多い。(2017/8/22)

脆弱性にまみれた世界で戦う人たち――バグハンター、CSIRT、レッドチーム
ランサムウェア「WannaCry」のインパクトが記憶に新しい中、ウクライナやロシアを中心に感染を広げた「NotPetya」が登場した直後の開催となった、2017年6月の@ITセキュリティセミナー。レポートシリーズ第2回は、脆弱(ぜいじゃく)性に関する講演を中心に紹介する。(2017/8/23)

情報セキュリティの深層:
Webサイトを守るために企業が実施すべき対策とは?
ITmedia エンタープライズでも頻繁にニュースとして取り上げる「脆弱性」の情報。ソフトウェアに脆弱性があると、どんな影響があるのでしょうか。企業にとっては、この脆弱性が非常に深刻な脅威なのです。(2017/8/15)

Computer Weekly製品導入ガイド
ビジネスIoTセキュリティに特効薬は存在せず
優れたアプリケーション、既存のITセキュリティ対策の実装、そして新しいアイデアの採用によってこそ、IoTの脅威から企業を守ることができる。(2017/8/15)

カルソニックカンセイ 新会社「WHITE MOTION」:
未パッチでも「停止」はできるように――過渡期ならではの「車のセキュリティ」を模索
カルソニックカンセイはフランスのサイバーセキュリティ企業であるQuarksLabとの合弁で、「車のセキュリティ」に取り組む新会社「WHITE MOTION」を設立した。サイバーセキュリティとセーフティの両立を目指すという。(2017/8/10)

医療機器ニュース:
医療業界の情報漏えいが深刻な米国、暗号化通信でないIPアドレスは2万件超
トレンドマイクロは、「医療業界が直面するサイバー犯罪とその他の脅威」を公開した。医療システムのセキュリティ状況について調査した結果、インターネットに露出した医療機関の機器が全世界で10万件以上あった。(2017/8/8)

ZOZOTOWNに他人住所で登録、「ツケ払い」で商品受け取り 容疑で18歳逮捕
ZOZOTOWNに虚偽の会員登録して注文したとして18歳の少年を逮捕。「ツケ払い」を使って他人の住所に送っていた。(2017/8/7)

RSA Conference 2017 Asia Pacific & Japan レポート:
セキュリティ業界は、医療業界のアプローチ「プレシジョンメディシン」に学べ
セキュリティ業界は、患者個人単位の遺伝情報や環境情報に応じて適した治療法を提供する「プレシジョンメディシン」から多くのことを学べる──。RSA Conference 2017 Asia Pacific & Japanの基調講演、でRSAプレジデントのガイ氏が提言した「この先の考え方」とは。(2017/7/31)

ATMの仕組みは50年前からあまり変わっていない
金融機関ATMに潜む脅威、IoT/M2M時代に欠かせないVPNのセキュリティを再考する
モノのインターネット(IoT)に接続されるATM(現金自動預払機)が増える中、各種ATMと銀行の処理センターの通信を保護することが必要不可欠となっている。(2017/7/28)

Google装う偽サイトで1000人から2000万円以上だまし取る 詐欺の疑いで男2人を再逮捕
Googleを装ったSMSを送りつけてスマートフォンなどがウイルスに感染したと思わせ、対策費用として現金をだまし取るなどしたとして、男2人が再逮捕。(2017/7/27)

実に“3兆行/月”のログを処理:
シマンテックがセキュリティオペレーションセンターをリニューアル 日本を守る“青い”部屋に潜入してきた
シマンテックが東京セキュリティオペレーションセンター(SOC)をリニューアル。日本を狙うさまざまな脅威に対抗していく体制を整えた。毎月3兆行レベルのデータを収集し、解析して、顧客にアラートを通知している。(2017/7/27)

産学官一体で被害防止策を考案:
ネット犯罪から子供を守る LINEなど15社が新団体
LINEなどIT大手6社を中心とする事業団体「青少年ネット利用環境整備協議会」が発足。研究機関や警視庁と協力し、児童がコミュニティーサイトやSNS上で犯罪被害に遭うことを防ぐための取り組みを行っていく。(2017/7/26)

韓国軍の機密情報漏えいとATM不正引き出しに関連性――カスペルスキーが報告
Kaspersky Labが、2016年の韓国軍に対する不正アクセス事件と2017年のATM不正引き出しとの関連性を指摘している。(2017/7/13)

情報セキュリティの深層:
企業はランサムウェアの攻撃に備えて何をすればいいか
2016年頃から、従来のサイバー犯罪被害に加えて、「ランサムウェア」の被害も増えてきました。海外では社会インフラにまで影響を及ぼす事例も出ています。このランサムウェアとはなんなのか、どのような対策が必要なのか、細かく解説します。(2017/7/13)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2017年6月版:
WannaCryがホンダやマクドにも。中学3年生が作ったランサムウェアの正体も話題に
2017年6月のセキュリティクラスタでは、「WannaCry」の残り火にやられたホンダや亜種に感染したマクドナルドに注目が集まっていました。ランサムウェアを作成して配布した中学3年生や降伏した韓国のホスティング企業、そしてウクライナを中心として主にヨーロッパで猛威を振るった「Petya」亜種など、ランサムウェアの勢いがとどまるところを知りませんでした。(2017/7/11)

2016年のマルウェアは前年より減少、「量より質」に重点とAV-TEST
2016年に検出されたマルウェアのサンプル数は、前年に比べて14%減少した。しかし安心はできないという。(2017/7/5)

G+D Mobile Security:
「LPWAN鍵」を安全に配布、IoT機器向けのセキュリティソリューション
ドイツのG+D Mobile Security、村田製作所、スイスのST Microelectronicsは、幅広いIoT機器へ効率的にセキュリティ機能を統合できるセキュリティソリューションを発表した。データの完全性と機密性を確保し「LPWAN鍵」の配布を安全な手法で行える。(2017/7/5)

5大疑問をESETが解説:
「ソーシャルメディアセキュリティ」とは何か あらためて基本を振り返る
ソーシャルメディアの活用は、何が企業セキュリティのリスクになるのか。米メディアが提唱した「ソーシャルメディアデー」にちなみ、ESETがソーシャルメディアセキュリティ対策の基礎と基本をあらためて解説した。(2017/7/4)

Interop Tokyo 2017:
PR:異例のダブルグランプリを獲得、波に乗るジュニパーネットワークスが描く新たなセキュリティ戦略とは
ジュニパーネットワークスは「Interop Tokyo 2017」(2017年6月7〜9日、幕張メッセ)において、グローバルに先行して日本で次世代の高密度ルータを特別発表。その結果、異例とも言える一製品でのダブルグランプリを獲得、会場の話題をさらった。さらに、来日したCEOが基調講演に登壇、「AI、ビッグデータ、自動化でサイバー犯罪とどう戦うか」とし、同社のSDSN(Software-Defined Secure Network)ソリューションを説明した。(2017/7/3)

剛力彩芽主演の新ドラマ、サイバー犯罪絶対許さないマンに Amazonプライム・ビデオで独占配信
これ真面目なやつだ!(2017/6/27)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。