ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「データ・アプリケーション」最新記事一覧

関連キーワード

PR:TISの“ビジネスを止めないEDI”を支える――データ・アプリケーションの「ACMS Apex」
今、EDIが転換期を迎えている。ビジネス環境や技術に変化の波が押し寄せ、対応を迫られつつあるのだ。SaaS型EDIを提供するTISは、サービス刷新を決断。直面していた課題を解決したのは、無停止稼働を実現するデータ・アプリケーションの最新エンタープライズ・データ連携基盤「ACMS Apex(エイシーエムエス エイペックス)」だった。(2016/5/25)

PR:複雑化するITシステム、肥大化する管理コスト――悩める企業を救う「プロフェッショナル集団」とは?
(2016/3/23)

PR:「時代はハードウェアからソフトウェアへ」ITとビジネスの新定義を具現化する戦略とテクノロジとは
米EMCは年次イベント「EMC World」で、自らのビジネスモデルを新定義することを通して、あらゆる企業がITとビジネスを新定義していくことの重要性を強調するとともに、新定義を具現化するテクノロジ群を発表した。(2014/5/26)

データ・アプリケーション、Amazon EC2でのEDIパッケージの動作検証を完了
データ・アプリケーションは、同社のEDIパッケージ・ソフトウェア「ACMSシリーズ」3製品のAmazon EC2上での動作検証を完了した。(2013/6/4)

ログの相関分析から脅威を可視化:
PR:セキュリティー・インテリジェンスで迅速な対策を実現せよ
企業や組織の機密情報を狙う標的型サイバー攻撃が横行する今、迅速な対応を図るには脅威の実態をいち早く可視化する「セキュリティー・インテリジェンス」というアプローチが求められている。そのためのソリューションとして日本IBMでは新たに「IBM Security QRadar」を提供する。(2013/2/7)

製造ITニュース:
三菱自動車が部品調達EDIのSaaS化で危機対応を強化へ
部品調達の重要なインフラであるEDIシステムを三菱自動車がSaaSで運用、災害などの危機対応を強化する。クリティカルシステム向けインフラを採用して実現している。(2012/3/7)

NEWS:
三菱自動車が部品調達EDIのSaaS化で危機対応を強化へ
部品調達の重要なインフラであるEDIシステムを三菱自動車がSaaSで運用、災害などの危機対応を強化する。クリティカルシステム向けインフラを採用して実現している。(2012/3/7)

ebXML MS 3.0準拠EDI:
JEITAクライアント機能、JAMP-GP接続対応のEDI
電子商取引の国際標準ebXML MS 3.0に準拠したEDIが登場。JEITAクライアント同等機能も実装している。(2011/7/29)

NEWS:
JEITAクライアント機能、JAMP-GP接続対応のEDI
電子商取引の国際標準ebXML MS 3.0に準拠したEDIが登場。JEITAクライアント同等機能も実装している。(2011/7/29)

「ebXML MS 3.0」準拠のEDIクライアントを搭載、DALが最新版ソフト
データ・アプリケーションは、「JEITA共通クライアントVer 2.0」に相当した機能を持つEDIパッケージソフトの最新版を発売する。(2011/7/28)

「クラウド」と「モバイル」時代に備えたセキュリティの取り組み方
ITの注目キーワードとなっている「クラウド」や「モバイル」。これらに関連する製品やサービスを導入する際に、企業のセキュリティ管理者が講じるべき留意点はどのようなものか。ガートナーのアナリストが講演で語った。(2011/4/22)

流通BMS対応製品紹介
中小取引先の流通BMS普及を加速する「WinWin-EDI」
流通BMSは大手小売業の動向に注目が集まりがちだが、取引関係にある多くの中小企業が導入できるかどうかで普及が左右される。「WinWin-EDI」はその課題に挑戦している。(2009/7/23)

DAL、.NETを採用したEDIクライアントソフトウェアを発表
DALは、中小規模ユーザー向けのEDIクライアントソフトウェアとして、.NETベースで開発した「ACMS Lite Neo」を発表した。(2009/7/7)

流通BMS対応製品紹介
流通業界における新しいEDIの標準「流通BMS」。流通BMS対応製品を提供する各ベンダーへの取材を基に、それぞれの製品の特徴をまとめた。(2009/6/23)

流通BMS対応製品紹介
社内外一貫のデータ連携を実現する流通BMS対応EDI「ACMS E2X」
流通BMSで企業間のデータ連携が効率化する一方で、業務システムが分断したままの社内では、業務の不連続性が課題となっている。「ACMS E2X」は企業間・企業内を問わないデータ連携を実現するEDIサーバだ。(2009/6/23)

もはや「次世代」とはいえない!?
数百の流通業企業が対応する次世代EDI「流通BMS」のメリット
流通業界における新しいEDIの標準「流通BMS」。既に数百の流通業企業が対応しているが、その実態は意外と知られていない。流通BMSの特徴とメリット、対応製品を紹介する。(2009/5/19)

アパレル業界で進む基準対応:
ワコール、流通BMS対応の通信環境を構築
ワコールは流通BMS対応の通信環境を構築した。取引環境がブロードバンド化し、データの送受信速度が向上したという。(2008/11/14)

脱JCAを図る企業向けに:
DAL、次世代EDI標準への対応製品の受注が前年度比16倍に
流通BMSに対応する企業向けに提供するEDIパッケージ「ACMSシリーズ」の受注が増えている。(2008/6/19)

DALと日本オラクル、流通BMSなどB2B取引を統合するSOA製品を提供
データ・アプリケーションはEDIパッケージソフトウェアと、日本オラクルのBPMソフトウェアとの接続検証が完了し、両者を組み合わせた製品を提供すると発表した。(2008/2/13)

NEWS
DAL、オラクルBPMソフトと連携する次世代EDI対応SOAソリューション
流通業における企業間取引を統合し、受注から出荷報告までのプロセスを可視化する「ACMS/Oracle BPEL Process Manager連携ソリューション」を提供開始する。(2008/2/13)

DAL、EDI製品の最新版を発売
DALは、小売業を中心にWeb-EDI用ソフトとして普及している「BACREX」の手順を標準実装したEDI製品を2製品発表した。(2007/11/20)

新たに生じる厳しい要件に対しNonStopサーバが果たす役割とは
次世代EDI規格への移行に乗り遅れるな
現在、流通業界などを中心として、次世代EDI標準への対応が大きな流れとなっている。次世代EDIにおいて強く求められる要件は、24時間365日の稼働とリアルタイム処理だ。このEDIの分野で、HP Integrity NonStopサーバは重要な役割を果たす。(2007/10/30)

組み込みDB技術解説:
いまさら聞けない 組み込みデータベース入門
近年、組み込み分野でもデータベースの導入が本格化している。その中で特に規模の大きい携帯電話を例に組み込みDBの基礎を解説する(2007/10/17)

止まらない、という絶対価値:
PR:もはや「待ったなし」の次世代EDIを実現するシステムとは
今後のEDIに求められる要件は、24時間365日の稼働と、リアルタイム処理だ。特に流通業界などでは、次世代EDI標準への対応が大きな流れとなっている。HP Integrity NonStopサーバは、このEDIの分野でも重要な役割を果たす存在だ。(2007/7/5)

DAL、中小規模システム向けEDIクライアントパッケージの最新版を発表
データ・アプリケーションは、中小規模企業向けのEDIクライアントパッケージ「ACMS Lite 2.0」を発表した。次世代流通EDIの普及やJ-SOX法対策を視野に、容易な導入・操作・運用と低価格で中小規模企業でのEDI拡販を目指す(2007/5/17)

安川シーメンス オートメーション・ドライブ、次世代Web-EDIシステムを導入
(2007/3/23)

DAL、プラネットのインターネットEDIサービスとの接続検証を完了
データ・アプリケーションは、同社のEDIパッケージ「ACMSシリーズ」が、プラネットのインターネットEDIサービス「SMOOTHEDI」との接続実験を完了したと発表した。(2006/11/7)

ニュートラルとDAL、電機・電子部品業界の調達業務向けWeb-EDIシステムを発表
ニュートラルとデータ・アプリケーションは、EIAJ-EDI標準に準拠し、発注から検収までの取引業務フローをWeb画面で管理可能なWeb-EDIシステム「BUYSELWARE」を共同開発、その販売を開始した。(2006/10/4)

データ・アプリケーション、SMB向けB2Bソフトウェアの最新版を発売
データ・アプリケーションは、中堅・中小企業向けのB2Bソフトウェア「ACMS Lite」の最新版を発表した。「EDIINT AS2」がサポートされたほか、ebXML MSやSOAP-RPCにも対応、新JCA手順の仕様にも迅速に対応可能であるとしている。(2006/7/4)

データ・アプリケーション、B2Bサーバソフトの最新版「ACMS B2B v.2.4」を発売
データ・アプリケーションは、B2Bサーバソフトの最新版「ACMS B2B v.2.4」を発売した。電子商取引における最新の国際標準仕様をサポートし、レガシーEDIと次世代EDIの統合運用を実現する。(2005/11/28)

SEをサポートするミドルウェア:
B2Bミドルウェアの新しい使命
ebXMLとWebサービスなど、システム間連携に必要となる技術が担う今後の使命を考える。(特集:顧客満足度ナンバーワンSEの条件)(2005/5/30)

ミドルウェアがシステムの品質を決める
SEが心得るべきB2Bミドルウェアのこれから
今回はB2Bミドルウェアの国内での流れと、そこで求められる具体的な機能について話してみたい。(特集:顧客満足度ナンバーワンSEの条件)(2005/5/23)

ミドルウェアを制するものがシステムを制す:
実力差が出る「ミドルウェア」への感覚
ミドルウェアをうまく活用できるかどうかで情報システムの拡張性や柔軟性が決まる。(特集:顧客満足度ナンバーワンSEの条件)(2005/5/12)

SAP R/3バージョンアップ方法論(2):
なぜ、R/3との連携ではアドオンばかり増えるのか?
前回では「ERPパッケージを使わない」と判断する大切さや、システム間連携によるシステムの最適化が重要であることを述べた。今回はシステム間連携の現状や課題、R/3とそのほかのシステムの連携に関する具体的な方法などを紹介する。(2005/4/20)

SAPとDAL、連携アプリケーション提供で協業
SAPジャパンとデータアプリケーションは、「SAP eXchange Infrastrucure 3.0」(XI 3.0)と、DALの企業間電子商取引用パッケージである「ACMS B2B」を組み合わせたソリューションを日本市場で展開すると発表した。(2005/3/28)

データ・アプリケーション、JavaベースのB2B用パッケージソフトを販売開始
データ・アプリケーションは、「IBM Linux on zSeries」に対応した、JavaベースのB2B用パッケージソフト「ACMS B2B」を販売開始する。(2004/11/11)

データ・アプリケーション、MySQL対応のB2BソフトおよびEAIソフトを販売開始
データ・アプリケーションは、「MySQL」に対応した、B2B用パッケージソフト「ACMS B2B」、およびEAI用パッケージソフト「ACMS EAI」を発表した。(2004/8/3)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。