ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「デジタルデータ」最新記事一覧

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第18回 我が社のデータの値段はおいくら? 計算して気づく価値
日頃何気なく使っているデータベース、文書、写真や動画など、デジタルネイティブ世代には空気のような存在であるデジタルデータですが、もしそのデータがなくなったら、損失はいくらになるのでしょうか?(2016/7/6)

プロデビューのチャンス!? 週刊ヤングマガジンが8ページの漫画原稿をTwitterで募集
締切は6月27日12時まで。読める状態のデジタルデータであれば、アナログ原稿のスキャンや撮影データでも受け付けるとのこと。(2016/6/21)

アルバムの写真をそのままの状態でiPhoneに取り込む「Omoidori」 PFUから登場
アルバムに貼ったままの写真を、iPhoneを使ってきれいにデジタルデータにするツールがPFUから登場した。保護フィルムや紙焼き写真の光沢面の反射をおさえつつ、素早くきれいにiPhoneに取り込めるのが魅力だ。(2016/6/1)

モレスキン、紙+ペンの手書きデータをクラウドに保存・編集・検索できる「Smart Writing Set」
イタリアの老舗文具メーカーMoleskineが、デジタル文具「Smart Writing Set」を199ドルで発売した。紙に手書きした文字や絵をBluetooth経由でリアルタイムでiOS/Android端末のアプリに送り、データとして保存できる。デジタルデータにしてから編集したり検索することができる。(2016/4/7)

SOHO/中小企業に効く「ドキュメントスキャナ」の選び方(第4回):
即戦力の「ドキュメントスキャナ」を利用シーンごとに選んでみた(A3モデル/モバイルモデル編)
紙の書類のデジタルデータ化に欠かせないのが、大量の書類をまとめてセットでき、両面を同時に読み取れる「ドキュメントスキャナ」だ。連載第4回目は、A3対応モデルと、持ち歩きが可能なモバイル対応の製品のおすすめを紹介する。(2015/11/20)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第5回 ファイルがなくなる? データの配置や保存の仕組みがどうなるか
これまではクラウド社会で大きく変わりつつあるデジタルデータの扱い方、その注意点について話してきました。今回からはIT側から見た理想的なデータ保存形式について解説していきます。(2015/11/18)

SOHO/中小企業に効く「ドキュメントスキャナ」の選び方(第3回):
即戦力の「ドキュメントスキャナ」を利用シーンごとに選んでみた(A4据え置きモデル編)
紙の書類を効率よくデジタルデータ化するのに欠かせない「ドキュメントスキャナ」。その選び方を紹介する本連載の第3回目は、A4据え置きタイプのおすすめモデルを紹介する。(2015/11/10)

Oracle OpenWorld 2015 Report:
オラクル、ビッグデータ向けクラウド新サービス「Oracle Cloud Platform for Big Data」
オラクルがビッグデータ解析に向けたPaaSの一機能「Oracle Cloud Platform for Big Data」を発表。大量のデジタルデータから洞察を得るための機能を複数のサービスからなるソリューションとして提供する。(2015/10/28)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第4回 デジタルデータのコピーは「何個」必要か
デジタルデータは、コピーが簡単で、送受信も簡単、その場で加工もできます。しかし、便利な半面、消失してしまいやすいリスクもあります。今回は「では、何個コピーを残せばよいか」について改めて考えましょう。(2015/10/21)

職場で役立つデジタル化レシピ:
紙の書類を瞬時にデータ化 Android用スキャナアプリを試す(TurboScan編)
紙の書類をデジタルデータに変換する方法としてもっとも手軽なのは、スマホのカメラ機能を使っての撮影だ。こうしたスマホ向けのスキャナアプリのうち、今回はAndroid用アプリ「TurboScan」を紹介する。(2015/10/7)

職場で役立つデジタル化レシピ:
紙の書類を瞬時にデータ化 iPhone用スキャナアプリを試す(Genius Scan+編)
紙の書類をデジタルデータ化するのにもっとも手軽なのは、スマホのカメラで撮影する方法だ。こうしたスマホ向けのスキャナアプリのうち、今回はiPhone用アプリ「Genius Scan+」を紹介する。(2015/9/30)

改正電子帳簿保存法によるデータ保存が本格化
税務書類の「スキャナ保存」が大幅規制緩和、経理業務はどう変わる?
税務書類をスキャンして電子データとして保存可能にする電子帳簿保存法が改正され、利用のための要件が大幅に緩和された。スペースを取っている紙の税務書類を大幅に減らすチャンスだ。詳細を説明しよう。(2015/9/18)

職場で役立つデジタル化レシピ:
紙の書類を瞬時にデータ化 Android用スキャナアプリを試す(Fast Scanner編)
紙の書類をデジタルデータ化するのにもっとも手軽なのは、スマホのカメラで撮影する方法だ。こうしたスマホ向けのスキャナアプリのうち、今回はAndroid用アプリ「Fast Scanner」を紹介する。(2015/9/9)

デジタル文具:
紙に書いたメモを電子化する新カテゴリの製品――ワコム「Bamboo Spark」を発表
紙とボールペンで書いたメモがデジタルデータになる「Bamboo Spark」ほか、新製品を発表した。コンシューマー向けタブレットの「Intuos」シリーズも刷新。(2015/9/4)

職場で役立つデジタル化レシピ:
紙の書類を瞬時にデータ化 iPhone用スキャナアプリを試す(Scanbot Pro編)
紙の書類をデジタルデータ化するのにもっとも手軽なのは、スマホのカメラで撮影する方法だ。こうしたスマホ向けのスキャナアプリのうち、今回はiPhone用アプリ「Scanbot Pro」を紹介する。(2015/9/2)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第1回 そのデータは、50年後も読めますか?
爆発的に増えている「デジタルデータ」。これを「いつまで保存するか」を考えたことはありますでしょうか。クラウドに預ければよい? いえいえ、そう簡単ではありません。この観点で考えるストレージ技術や手段の「今」を、最新IT技術を交えながら解説していきます。(2015/8/26)

SOHO/中小企業に効く「ドキュメントスキャナ」の選び方(第2回):
思わぬ差が出る「ドキュメントスキャナ」選びのポイント
紙の書類を効率よくデジタルデータ化するのに欠かせない「ドキュメントスキャナ」。その選び方を紹介する本連載の第2回目は、確認すべきポイントと、製品仕様からは読み取りにくい意外な違いについてチェックしていく。(2015/8/25)

職場で役立つデジタル化レシピ:
紙の書類を瞬時にデータ化 Android用スキャナアプリを試す(Quick PDF Scanner編)
紙の書類をデジタルデータ化するのにもっとも手軽なのは、スマホのカメラで撮影する方法だ。こうしたスマホ向けのスキャナアプリのうち、今回はAndroid用アプリ「Quick PDF Scanner」を紹介する。(2015/8/19)

職場で役立つデジタル化レシピ:
紙の書類を瞬時にデータ化 iPhone用スキャンアプリを試す(SharpScan Pro+OCR編)
紙の書類をデジタルデータ化するのにもっとも手軽なのは、スマホのカメラで撮影する方法だ。こうしたスマホ向けのスキャナアプリのうち、今回はiPhone用アプリ「SharpScan Pro + OCR」を紹介する。(2015/8/12)

職場で役立つデジタル化レシピ:
書類を手軽にデータ化できるAndroid用スキャナアプリを試す(PDF Scanner PRO編)
紙の書類をデジタルデータに変換する方法としてもっとも手軽なのは、スマホのカメラ機能を使っての撮影だ。今回はAndroid用アプリ「PDF Scanner PRO」を紹介する。(2015/7/29)

職場で役立つデジタル化レシピ:
紙の書類を瞬時にデータ化 iPhone用スキャンアプリを試す(Scanner Pro 6編)
紙の書類をデジタルデータに変換する方法として最も手軽なのは、スマホのカメラ機能を使った撮影だ。スマホ向けのスキャンアプリのうち、今回はiPhone用アプリ「Scanner Pro 6」を紹介する。(2015/7/22)

職場で役立つデジタル化レシピ:
スマホのカメラでPDF化 スキャナアプリのトレンド機能6選
紙の書類をデジタルデータに変換する方法としてもっとも身近なのは、スマホのカメラ機能を使っての撮影だ。今回は、スマホ向けのスキャナアプリに搭載されている機能のうち、現在トレンドとなっている機能をまとめて紹介する。(2015/7/15)

SOHO/中小企業に効く「ドキュメントスキャナ」の選び方(第1回):
意外に知らない「ドキュメントスキャナ」の効率アップ機能
紙の書類を効率よくデジタルデータ化するのに欠かせない「ドキュメントスキャナ」。その選び方を紹介する本連載の第1回は、製品の特徴と、法人モデルならではの機能についてチェックする。(2015/7/14)

ホワイトペーパー:
クラウド活用のファイル共有/転送サービスは“業務”で選んで効率アップを狙え
大容量でセキュアな電子データの授受にクラウドを活用したサービスを検討する企業は多い。だが、選択したサービスが業務内容にそぐわないものだと、効率を上げるどころか逆効果になりかねない。業務効率を上げるファイル共有/転送サービス選択のポイントについて見ていこう。(2015/7/6)

シンプルなテストで戦略を立てる
頑固な“マーケティング神話”を一掃、ラスベガスのホテルが実践した分析技術の威力
米リゾート運営企業MGMは、必要な情報を収集していなかったり、コンテンツを分析していなかったりと、デジタルデータを十分に活用していなかった。BIツール導入でそれがどう変わったかを紹介する。(2015/4/15)

タブレットとの併用にも便利
手元の教材をそのまま大画面で表示できる「書画カメラ」10選
紙の教材をデジタルデータ化することなくテレビや電子黒板などで表示したい。こうしたニーズに応えるのが「書画カメラ(実物投影機)」だ。主要な10種を紹介する。(2015/1/22)

国立国会図書館、デジタルデータ活用方法を探るワークショップを開催
「国立国会図書館デジタルコレクション」をはじめ、国立国会図書館が提供するさまざまなデータを活用するためのヒントやアイデアを参加者同士で考えるワークショップを行う。(2015/1/15)

Evernote、書類スキャン専用アプリ「Scannable」リリース テキストをデジタル化し検索可能に
スマホ向け書類スキャンアプリ「Scannable」をEvernoteがリリースした。撮影した画像を自動で補正してテキスト抽出を行い、文字検索可能なデジタルデータとして保存する。(2015/1/9)

FAニュース:
横河電機、SDカード対応の工業用チャートレコーダーを2015年2月に発売
工業用チャートレコーダー「μR10000/μR20000」の新版では、電子データ記録の利便性を取り入れた。SDカードスロットを搭載し、記録紙と電子媒体の双方での記録を可能にしたハイブリッドな記録計となっている。(2014/11/24)

3億年のデータ保存が可能 石英ガラスに100層記録、容量BD並みに
石英ガラス内部に、Blu-ray Disc並みの記録密度となる100層デジタルデータを記録・再生することに成功したと日立と京大が発表。3億年を超えるデータ保存にも耐えられるという。(2014/10/20)

フィルム世代な人たちへ:
青春時代の思い出をデジタルデータで残さないか?――「ネガ・ポジフィルム対応 液晶画面付き フィルムスキャナー」
上海問屋が、ネガ・ポジフィルムをスキャンしてSDカードに保存できるフィルムスキャナを発売した。価格は5999円。(2014/9/16)

預かり品は1つずつ撮影、Webで確認できる──倉庫業の常識を覆す、個人向け収納サービス「minikura」のチャレンジ
指定の箱に入れて送れば預けた品物をWebで確認できる個人向け収納サービス「minikura」。アイテムの撮影、オークション出品機能、写真や映像のデジタルデータ化など、従来の倉庫業とは一線を画する独自サービスが人気を集めている。(2014/9/5)

コクヨ、手書き内容が自動でデジタルデータになるノート「CamiApp S」
手書きした内容を自動でデジタル化し、スマートフォンやタブレット、クラウドサービスに送信できるノートをコクヨS&Tが発売する。(2014/8/22)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
「デジタルデータ」であることの素晴らしさよ
お父さんも大変なのよねぇ〜。(2014/7/29)

FAニュース:
オムロン、スマート接触センサーシリーズに通信型アンプユニットを追加
プログラマブルロジックコントローラー(PLC)などへ高速かつ簡単にデータ転送できる。高速の産業用ネットワークEtherCATを経由することで、0.1μmの高精度データをデジタルデータのまま、精度低下なしに伝送できる。(2014/7/18)

仕事耕具:
手持ちの名刺、店頭預かりで手間なくデータ化――名刺アプリ「Eight」がアクセアと連携
プリントショップの店頭に名刺を持ち込めば、スマホやタブレット、PCで使えるデジタルデータに変換してもらえる――。名刺アプリ「Eight」がプリントショップ「アクセア」と連携し、500枚まで2900円の店頭預かり型のキャン代行サービスを開始する。(2014/6/12)

DMS2014開催直前! ブース出展情報:
“モノを作らないものづくり”を現場へ――現場で使える価値の提供を目指す富士通
富士通は「第25回 設計・製造ソリューション展」において、3次元デジタルデータ活用による「モノを作らないものづくり」に関連するソリューションを提案。ICT活用によるモノづくりの進化を訴える。(2014/6/11)

半径300メートルのIT:
データを失わないため、月頭に1つフォルダを作る
旅行先で撮影したデジカメの画像、ちょっとした出来事を書き遺したメモ。デジタルデータを失うと二度と戻ってきません。バックアップ作業を簡単にするためのTipsを紹介します。(2014/6/9)

ソニーとパナソニック、業務用の次世代光ディスク規格「Archival Disc」策定
ソニーとパナソニックは、デジタルデータを長期保存するアーカイブ事業拡大に向け、業務用の次世代光ディスク規格「Archival Disc」(アーカイバル・ディスク)を発表した。(2014/3/10)

キングジム、手書きメモとデジタルデータを関連付けられるQRコード印刷済みのノート帳「リンクノート」
キングジムは、QRコード付きのA5/A6ノート帳「リンクノート」を発売。各ページのQRコードを読み取ることで、デジタルデータとの関連付けと整理を行なえる。(2014/3/4)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2013年1月27日〜2月2日):
ワンタッチでフィルムをデジタルデータに センチュリー製スキャナが急浮上(2014年1月第5週版)
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナ製品の【2014年1月5週版】販売ランキングを掲載。(2014/2/20)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2013年12月23日〜12月29日):
思い出をデジタルデータに ケンコーのフィルムスキャナ2機種が売れ筋(2013年12月第4週版)
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナ製品の【2013年12月4週版】販売ランキングを掲載。(2014/1/16)

PR:スマートメーターに欠かせないサービスを提供する――オージス総研
消費電力などの電力情報をデジタルデータとして遠隔地から取得可能なスマートメーター。マンションの高圧一括受電サービスや、将来の自由化によって登場する電力小売などさまざまなサービスを提供する事業者に役立つ。だが、電力サービスを構築するにはスマートメーター以外のシステムも必要だ。多数のスマートメーターから情報を収集、管理する他、課金システムと組み合わせる必要がある。オージス総研の管理システムについて紹介する。(2013/11/13)

3分LifeHacking:
折り目のある書類をスマホのカメラで美しく取り込める「マーカーシート」
スマートフォンのカメラを使って書類をデジタルデータ化する際、「マーカーシート」を併用すれば、書類のシワや折り目を取り除いて美しく取り込むことができる。(2013/11/8)

現実空間にバーチャルな車や住宅の実寸大データ──キヤノン「MREAL」に手持ち型ディスプレイ
キヤノンは、車や住宅などの実寸大デジタルデータを現実空間に重ねて“体感”できるシステム「MREAL」を搭載した製品の第2弾として、手持ち型ディスプレイを12月中旬に発売する。(2013/11/6)

今必要? すぐ使える! 注目Webサービス:
山のような紙の名刺、すぐスマホで使えるようにしたい――こんな課題を解決する「メイシー」
引き出しの中に貯め込んでしまった大量の名刺。スキャナで取り込んだり、スマホで撮影したりしてデジタルデータ化するには、相当な時間と手間がかかってしまう。これを封筒に入れて送ると、すぐデジタルデータ化し、クラウドで管理できるようにしてくれるのが「メイシー」だ。(2013/10/21)

日本TI LDC1000:
「まったく新しいジャンルのデータコンバータ」、日本TIがインダクタンス/デジタル変換ICを発表
日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)が発表した「LDC1000」は、インダクタンスをデジタルデータに変換するコンバータICだ。外形寸法は4×5mmで、PCBコイルなどと組み合わせることで、非常に小型の誘導型近接センサーを実現できる。(2013/9/17)

組み込み開発ニュース:
DNP、デジタルサイネージ向け災害情報配信サービスを開始。設置費は自販機でまかなう無料モデルで
大日本印刷(DNP)は、デジタルサイネージ向けに災害情報を配信するサービスを開始したと発表した。同サービスは2011年にDNP、ダイドードリンコ、日本テレビの3社が共同開発した、地上デジタルデータ放送とインターネットの双方に対応したデジタルサイネージ一体型飲料自動販売機向けに実用化するものである。(2013/8/7)

気になる「アレ」を使ってみよう:
デジタル画像を「上手に」「まとめて」管理できるか――ソニー「LLS-201」を試す
デジカメにスマホにビデオ――写真や動画を撮れるデバイスが増えると問題になるのが、デジタルデータの管理だ。手間なく写真やビデオをまとめて保存・再生・共有をうたう、ソニー「LLS-201」を試した。(2013/7/11)

ビジネスの悩みを解決するPDFドリル:
ビジネス文書に「社外秘」「禁複写」などのロゴを入れて利用を制限するには
電子データに「社外秘」「禁複写」などの文字列やロゴを入れて利用を制限したい場合、PDFであれば透かし機能を使えばそれができる。透かしが削除されないよう、セキュリティの設定変更も忘れずに。(2013/7/8)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。