ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「食生活」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

1ドル紙幣のジョージ・ワシントンは「入れ歯が飛び出さないように口を閉じている」って知ってた?
ちょっと険しそうな表情。(2018/5/25)

“日本が知らない”海外のIT:
乳がん見つける“IoTブラジャー” メキシコの19歳青年が開発 日本にも進出か
乳がんの早期発見を助けるIoTブラジャー「EVA」。乳がんで苦しむ多くの女性を救うための画期的な製品を開発するのは、メキシコの19歳男子学生という。(2018/5/24)

新連載:アニメに潜むサイバー攻撃:
アスナさんは“キリト君の心”をハックしている? 「劇場版ソードアート・オンライン」の危ないシーン
「アスナさんは“キリト君の心”をハックしている?」――「劇場版ソードアート・オンライン」のワンシーンから、そう遠くない未来、起こるかもしれないサイバー攻撃を、内閣サイバーセキュリティセンターの文月涼さんが解説。(2018/5/22)

ビジネス解読:
「即席麺大国」韓国で異変!? 4年ぶりマイナス成長のワケ
国民1人当たりの消費量が世界一を誇る「即席麺大国」韓国で異変が起きている。メーカー4社が4年ぶりにマイナス成長に陥ったというのだ。今や国外でも人気を集める韓国民の「ソウルフード」だが、肝心のおひざ元でなぜ失速したのか−。(2018/5/16)

主食を我慢せずダイエット:
RIZAP・タイガー魔法瓶がコラボ お米そっくり「とらひめ」で健康にコミット
2月に戦略的提携を結んだRIZAPとタイガー魔法瓶が、共同でフード事業を始める。タイガー魔法瓶が開発した低糖質の米粒状商品「とらひめ」の購入者限定のプログラムを提供する。会員には、管理栄養士による顧客向けアドバイスとオリジナルレシピを無料で提供する。(2018/5/8)

「まんまアベンジャーズに入れそう」 秋元才加、バッキバキに割れた腹筋でファンを圧倒してしまう
ついに、ここまで割れてしまったか。(2018/4/27)

持続可能なタンパク源:
昆虫農場に熱視線 世界の「タンパク質危機」救うか
1ポンドの鶏肉を生産するために飼料は約2ポンドが必要だ。1人あたりの肉消費量は過去40年間で50%増大し、タンパク質危機の懸念が増大している。そこで注目されているのが「昆虫農場」だ。(2018/4/25)

同じズボンなの? GENKING、短期間で6キロ減したビフォーアフターに「お腹が別人」の声
1カ月もたたずに6キロ減。(2018/4/21)

2カ月でこんなに変わるのか! エハラマサヒロ、ぽっちゃり体形から筋肉現る逆三角形のマッチョに仕上がる
なんということでしょう。(2018/4/17)

マタフォトのベテラン? 熊田曜子、妊娠7カ月のぽっこりお腹に“愛のオーラ”があふれだす
何度見ても神秘的。(2018/4/16)

経営権取得を正式発表:
RIZAPは湘南ベルマーレの「優勝」にコミットできるのか
RIZAPグループが湘南ベルマーレの経営権を取得すると発表。3年間で10億円以上を同チームに投資するなどし、チームを強化するという。RIZAPグループの瀬戸健社長は「『タイトル獲得』にコミットする」と意気込む。(2018/4/6)

野生動物“追跡” 進化する「バイオロギング」 生態解明に威力、環境も把握
野生動物に小型の記録装置を取り付けて行動を調べる「バイオロギング」という研究手法が次々と成果を生み出している。これまで追跡できなかった生態の謎が明らかになり、環境データを集める手段としての活用も進む。(2018/4/2)

豆腐もキャーキャー言われたい:
“女の子のための豆腐”はチーズの味わい 相模屋、F1層狙った新商品
相模屋食料がF1層に向けた豆腐「BEYOND TOFU」を発売。チーズのような食感と味わいが特徴。初年度は5億円の売り上げを見込む。(2018/3/26)

クロちゃん、入院か 2日連続の鼻血に「入院する事になりました」
医療バラエティー番組「名医のTHE太鼓判!」で2型糖尿病と診断されていました。(2018/3/12)

「おいしくて100キロカロリー」に支持:
大塚食品「マイサイズ」の“ビッグサイズ”な成長
大塚食品の「マイサイズ」が売れている。開発の経緯やこだわり、売り上げが伸びているポイントを担当者に聞いた。(2018/3/12)

生活者の日々変化する食の嗜好や食生活をリアルタイムに推計:
楽天レシピと博報堂DYメディアパートナーズ、食に特化したDMPの提供を開始
楽天は博報堂DYメディアパートナーズと共同で、生活者の食に特化したデータマネジメントプラットフォーム「TastechEngine」の提供を開始すると発表した。(2018/3/9)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
小売りの未来のカタチは「アマゾン・ゴー」だけではない
AIを活用した最先端のコンビニ「アマゾン・ゴー」が話題です。今後このような無人店舗は当たり前の小売り業態となっているでしょう。しかし、もっと別の切り口が小売業の未来には必要だと思っています。(2018/3/9)

赤ちゃんだけのものではない 大人の「粉ミルク」って何だ!?
大人向けの「粉ミルク」が注目されている。赤ちゃんが飲むものと認識されてきた粉ミルクだが、各社が成人、とくにシニア向けに商品開発している。(2018/3/2)

工場ニュース:
インドの冷蔵庫工場が生産開始、家電市場の高成長に対応
インド北部にあるパナソニックの製造拠点「パナソニック・テクノパーク」が、2018年3月からインド市場向け冷蔵庫の生産を開始する。高成長が続くと見込まれるインドの家電市場において、現地適格の商品を迅速に投入し、家電事業の拡大を図る。(2018/2/21)

従業員の健康管理は重要な経営課題
次に来そうな健康増進テクノロジー7選 チャットbotやIoTは「健康経営」に効果あり
少子高齢化の時代、従業員の健康管理は企業の重要課題といえよう。チャットbotやウェアラブルデバイス、DNA検査キットなど、テクノロジー主導の健康増進プログラムについて、次に来そうなトレンドを紹介する。(2018/2/20)

ビジュアル系の鬼太郎かな? クロちゃん、別人級の“イケメン風メイク”である意味転生してしまう
痩せたらワンチャンありそう。(2018/2/16)

消費者の不安解消へ:
明治、マーガリンの成分見直し 市場回復へトランス脂肪酸削減
明治が3月から、家庭用マーガリンを大幅リニューアル。「トランス脂肪酸」を多く含む原材料を全商品で不使用とする。消費者の不安感を解消し、市場を活性化する狙い。(2018/2/8)

「ウソと診断します」 クロちゃんの食生活をチェックし続ける森田医師、分析スキルがもはや刑事並
完全にクロだしん!(2018/2/7)

ニコール・キッドマンが雑誌の企画で隠れた才能を披露 「生きた昆虫を食べる程度の能力」にファンざわつく
「とてもしっとり……ジューシーで……この香りは表現できないわ」(2018/2/2)

なぜ「ビタミンB」にはやたら数字がつくのか?
「ビタミンB1」「B2」「B3」「B5」……(なお「B4」はない)。(2018/2/2)

からかい上手の佐々木さん 「ユーキャン」で勉強する佐々木希が、勉強が手に付かなくなるかわいさ
見事合格したようです。(2018/1/23)

7割が「罪悪感のない食事をしたい」:
糖質とカロリー、気にしているのはどっち?
糖質とカロリー、どちらを気にしてる? サッポロビール調べ。(2018/1/19)

「文春」「AERA」:
「ホルモン漬け輸入牛肉が乳がんを増やす」報道の科学的根拠は?
成長を促すために「ホルモン剤」を使った米国やオーストラリアの牛肉の話題が、週刊誌やネットニュースで取り上げられている。(2018/1/17)

腸から超高速でカプセルが出てくる? 1月19日「イチジク浣腸の日」に「腸ガチャ」が東京スカイツリータウンに出現
まわす→ちょう→でる。(2018/1/13)

夏目の「経営者伝」:
社長が語る 「いきなり!ステーキ」の“原点”とは
2013年に銀座に1号店を出店し、2017年には187店舗を出店した「いきなり!ステーキ」――。創業者はペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長だ。東証一部上場も果たし、店は有名になったものの、彼が熱血漢・人情の男であることはあまり知られていない。彼の成功法則について、2回に分けてお伝えする。(2017/12/27)

「毎日、お腹いっぱい食べているのに餓死」ってありえる?
そんなばかな。(2017/11/23)

塚田農場「月見ステーキ」秘話:
宮崎のエノキ農家の大ばくちが居酒屋の人気商品を生んだ
塚田農場で月に1万食以上を売り上げる期間限定商品「加藤えのき 月見ステーキ」。この商品の陰には、エノキ農家として生き残るために一大勝負に出た加藤えのきのヒストリーがあったのだ。(2017/11/17)

15年には“ジョコビッチ本”が人気:
三五館が事業停止 「一流アスリートの食事」など発行
東京商工リサーチによると、「一流アスリートの食事」「ジョコビッチの生まれ変わる食事」などのノンフィクション書籍を発行していた三五館が事業を停止した。(2017/10/6)

ママさん設計者とやさしく学ぶ「機械材料の基本と試作」(6):
試作材料選びがサクッとできる標準化で無駄をなくそう
ママさん設計者と一緒に、設計実務でよく用いられる機械材料の基本と、試作の際に押さえておきたい選定ポイントと注意点を学んでいきましょう。最終回は、試作における材料選びの標準化について考えていきます。(2017/9/28)

売上高50%増:
家電で快進撃 アイリスオーヤマ、新炊飯器を発売
アイリスオーヤマが、新型炊飯器2機種を10月14日に発売すると発表。顧客の食生活の多様化や健康志向の高まりに対応する機能を持つ点が特徴だ。(2017/9/21)

ここまで進んでいた欧州のスマート家電、日本企業はどうする?
「IFA 2017」で展示されたスマート家電、IoTデバイスの数々を紹介しながら、日本のメーカーとスマート家電がこれから向かう先について考えてみたい。(2017/9/15)

常見陽平のサラリーマン研究所:
「エナジードリンク率高い系」はもう限界がきている
エナジードリンクは徐々に「社畜アイテム」に変わってきた。そろそろ、普段の食生活や睡眠時間のコントロールで難局を乗り切るという発想になってもいいと思うのだが、「気合いで何とかする」という日本人の体質は変わらないようだ。(2017/9/15)

著者も担当編集者も“想定外”:
レシピ本「歴メシ!」を重版に導いたのは「FGO」だった
世界の歴史料理を再現するレシピ本「歴メシ!」が、著者も担当編集者も予想をしていなかった売れ方をしている。「想定外の重版の大きな原因になったのは、スマートフォン向けゲーム『Fate/Grand Order』のユーザーでした」――そう語る担当編集者に話を聞いた。(2017/8/10)

ユーザー心理をわしづかみ:
市民アスリート集団が開発する健康サービスの“ホンキ度”
ヘルスケアサービスなどを提供する、ネオスという東証1部上場の会社がある。同社のサービスは利用者の気持ちを心底分かっていると人気だ。なぜなら開発メンバーの社員たち自身が市民アスリートとして同じような悩みや課題を経験しているからだ。(2017/7/25)

夜の動物たちに会える「真夏の夜の動物園」が今年もやってきた! 上野動物園で夜間開園イベントを開催
動物園におじゃまして、動物観察&夕涼み。(2017/7/21)

住谷杏奈、7日間のダイエットで激ヤセ 驚きのビフォーアフターを公開
アクロバティックなトレーニング風景も公開。(2017/7/19)

ママさん設計者とやさしく学ぶ「機械材料の基本と試作」(4):
「プラスチック」と「樹脂」って何が違うの? それに「エンプラ」って何よ?
ママさん設計者と一緒に、設計実務でよく用いられる機械材料の基本と、試作の際に押さえておきたい選定ポイントと注意点を学んでいきましょう。今回は、非金属を語るにあたって外せない、機械材料の「強さの度合い」を表す指標について説明した後、プラスチックのあれこれについて紹介します。(2017/7/19)

必須栄養素を手軽に摂取 UHA味覚糖とコラボした“完全食”「COMPグミ」発売
多忙なアナタに。(2017/7/11)

「みそパウダー」発売:
マルコメ、ミランダ・カーと異色“みそコラボ”のワケ
マルコメが、トップモデルのミランダ・カーさんとのコラボ商品「オーガニックみそパウダー」を発表。みその需要が落ち込む中、ミランダさんの知名度を生かし、これまでリーチできなかった若い男性など新たな顧客層の獲得を目指す。(2017/7/10)

新発売のコラボ商品をPR:
ファミマ店員がダイエットに挑戦 RIZAPとのコラボ企画
ファミリーマートが、ストアスタッフ11人の食生活にRIZAPとのコラボ商品とファミマのオリジナル商品を組み合わせたメニューを導入し、体形の改善に臨む企画を始める。(2017/6/27)

メイプル安藤なつ、“抱っこされたい願望”大爆発で野菜を食べ始める 乙女な一面に「きゅんきゅんしました」
痩せないでほしい気持ちもある。(2017/6/21)

スピン経済の歩き方:
海のゴミ「アカモク」が、ヒット商品になろうとしている背景
「アカモク」という海藻をご存じだろうか。北海道東部を除いて日本全国に生息していて、これまでほとんどの漁業関係者から「ゴミ」扱いされてきた。しかし、ここにきて「多くの人々を救う“スーパー海藻”ではないか」と評価され始めているのだ。どういうことかというと……。(2017/6/20)

Amazon、自然食小売りのホールフーズを137億ドルで買収
「Amazonフレッシュ」を展開するAmazon.comが、米自然食スーパーマーケットチェーンのWhole Foods Marketを約137億ドル(約1兆5200億円)の現金で買収すると発表した。(2017/6/17)

PR:やしろあずきの調査―― クジで引いたネット通販の商品だけで3日間生活できるか検証してみる
やしろあずきが「ネット通販があれば死ぬまで生活できる」と言うので本当にやってもらいました。(2017/6/16)

働き方の質を変える“社食”改革:
“安い・早い・多い”だけじゃない 社食で企業価値向上へ
社食といえば、安くて早くて量が多くて……というイメージはもう古い。コミュニケーション活性化や企業のブランドイメージ向上などを実現するためのツールとしても活用されている。最新の社食は、会社で最も“いい場所”にあるのだ。(2017/6/12)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。