ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「外付けバッテリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「外付けバッテリー」に関する情報が集まったページです。

モジュール構造が差異化ポイント
モトローラの新型スマホ「moto z2 force edition」、満足度は「iPhone 8 Plus」「Galaxy S8」に匹敵か
Motorola Mobilityの「moto z2 force edition」の性能や機能は、「iPhone 8 Plus」「Galaxy S8」といった他のハイエンドスマートフォンと比較しても、決して見劣りしない。(2018/1/6)

「そこまでしなくても」と思っても役に立つ
旅行が格段にはかどるタブレット周辺機器 iPadやSurfaceに最適なケース、充電器、キーボードは?
タブレットを携行して頻繁に旅をする編集者から、旅先に持っていくと役に立つグッズや周辺機器についてアドバイスを送りたい。(2017/12/31)

製造業VRの最新機器:
PR:リュックのように背負えるデスクトップマシン「HP Z VR Backpack」で製造業VRを快適に
背負えるタイプのVR用ワークステーション「HP Z VR Backpack G1 Workstation」に注目が集まっている。HMDのケーブルを気にする必要がなく、VR空間をストレスなく、のびのびと動き回れる。SF映画の装備さながらのルックスがカッコいいだけではなく、3D CAD・CG用マシンとしての秀逸さにも注目したい。(2017/11/6)

半径300メートルのIT:
これは便利! 海外旅行で見つけた“意外なモノ”の自動販売機
久々の海外旅行で、ちょっと面白い自動販売機を見かけました。購入したモバイルバッテリーで充電が終わり、空になったら、この自動販売機に入れることでまた満充電のバッテリーが手に入るのです。また、帰国後に余った外貨を電子マネーに変えてくれる自動販売機も初めて体験しました。(2017/7/25)

マイクロチップ EERAMメモリ:
無限の書き込み耐性を搭載したEERAMメモリ
マイクロチップ・テクノロジーは、無限の書き込み耐性を搭載したメモリソリューションを発表した。電源喪失時にも、外付けバッテリーなしで安全にデータを保持するという。(2016/11/8)

SOHO/中小企業に効く「ポータブルプロジェクター」の選び方(第2回):
これを買うべし! 即戦力のポータブルプロジェクターを選んでみた
オフィスの外や往訪先で資料を壁に投写できる「ポータブルプロジェクター」の選び方を紹介する本連載。第2回目は、製品を重量ごとに2つのグループに分け、それぞれのおすすめ製品を紹介する。(2016/8/3)

ガラケーで手一杯だった妻は「iPhoneとの100日戦争」を勝ち抜けたのか?
度を超えたITオンチだった妻が、最新iPhoneを100日間使ってみた。ガラケーでもギリギリだった彼女が、到達できた現在地点は?(2016/3/20)

ビジネスチームハック:
いまさらながら「iPhone 6はすごくいい」と思う5つの理由
2014年9月に発売されたiPhone 6を3カ月愛用してきた佐々木正悟氏が改めて「すごくいい」と思うポイントを挙げてみた。(2015/1/16)

eiYAAA、外付けバッテリーにもなるSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターを発売
eiYAAAが、SIMロックフリーのLTE対応モバイルWi-Fiルーター「MF98N」を発売した。MVNOのSIMを使って、下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsの高速通信が利用できる。(2014/4/22)

容量2400mAh&カラフルな5色のiPhone 5c用バッテリー内蔵ケース
iPhone 5cをフル充電できる容量2400mAhのバッテリー内蔵ケース「Battery case colors for iPhone5c」が登場。カラフルな5色展開で、背面に動画鑑賞などに便利な折りたたみスタンドを備える。(2014/1/16)

2014 International CES:
Unveiledで「ThinkPad 8」と「New ThinkPad X1 Carbon」を使ってみた
2014 CESの公式イベント「CES Unveiled」が1月5日(現地時間)に開催した。そこで登場した注目製品をLenovoの新製品を中心に紹介しよう。(2014/1/6)

2013年PC秋冬モデル:
ビジネスPC「ThinkPad」新モデル一挙8シリーズ──“3K出力”対応のT、“着脱Wバッテリー仕様”のXなど
レノボ・ジャパンがビジネスPC「Think」シリーズの新モデルを投入。企業導入事例の多い12.5型ビジネスモバイル「X240」、上位構成で高解像度のプレミアムノート「T440p」、企業ニーズを意識したメインストリーム「L440」、そして新基軸の携帯できるサブディスプレイ「ThinkVision LT1423p」などを用意する。(2013/10/16)

なんでくっつけた? 2台の大容量バッテリーを合体させて容量36000mAhにするスタンド登場
日本トラストテクノロジーが、外付けバッテリー2台を合体させ、容量36000mAhにする拡張スタンドを発売する。(2013/10/10)

スペック、マグネットでバッテリーを着脱できるiPhone 5用ケースを発売
iPhone 5の背面にマグネットで取り付ける外付けバッテリー「Magnetic power bank for iPhone5」が登場。iPhoneとバッテリーの同時充電も行える。(2013/8/12)

2013年PC夏モデル:
11型/13型で“世界最軽量”のタッチ対応Ultrabook――「VAIO Pro 11」「VAIO Pro 13」
「VAIO Pro 11」と「VAIO Pro 13」は、11型/13型クラスでそれぞれ世界最軽量をうたうタッチ対応Ultrabook。さらにタッチパネル非搭載の構成ならば、約770グラム/約940グラムと驚異的な軽さになる。(2013/6/10)

2013年PC夏モデル:
最軽量タッチUltrabook、最長駆動スライダーPC、情熱を表現した“red edition”も――ソニー「VAIO」夏モデル第2弾
ソニーは「VAIO」の2013年夏モデル第2弾を6月22日より順次発売する。注目はクラス最軽量のタッチ対応Ultrabook「VAIO Pro 11」と「VAIO Pro 13」、最長バッテリー駆動のコンバーチブル型Ultrabook「VAIO Duo 13」、そして情熱を色で表現した特別カラーモデル「VAIO | red edition」だ。(2013/6/10)

ノートPCなら20回充電可能:
Goal Zero、AC出力も備えた汎用の大容量外付けバッテリー「Yeti 1250 Solar Generator」
アスクは、Goal Zero製となる容量1250Whの大容量外付けバッテリー「Yeti 1250 Solar Generator」の取り扱いを発表した。(2013/1/21)

iPhone 5のフル充電を20回:
容量55000mAh、超大容量バッテリーの製品化プロジェクトがスタート
空気亜鉛電池を使ったポータブルバッテリー「MetAir Solstice」の製品化プロジェクトがKickstarterでスタートした。容量は55000mAhでiPhone 5なら20回以上充電できるという。(2013/1/9)

24個の吸盤でしっかり固定 iPhone 5用外付けバッテリー「Hybrid for iPhone5」
日本トラストテクノロジーから、24個の吸盤でiPhone 5に吸着する2000mAh容量の外付けバッテリー「Hybrid for iPhone5 BLACK/WHITE」が登場した。(2012/12/19)

大容量モデルは18000mAh!――日本トラストテクノロジー、外付けバッテリー「Energizer」シリーズ2モデルを発売
ノートPCでも十分使える8000mAh、18000mAhの容量を持つ外付けバッテリー2種類が発売される。(2012/10/3)

JTT、容量1万8000mAhの大容量外付けバッテリー「XP18000A」など2製品
日本トラストテクノロジーは、米Energizer製となる汎用外付けバッテリー計2モデル「XP8000A」「XP18000A」の取り扱いを開始する。(2012/10/3)

開発陣に聞く「Xperia GX SO-04D」(後編):
正統進化を果たした「Xperia GX SO-04D」の次に期待するもの
ディスプレイ、チップ、カメラ、通信サービスなどで、現在求められる最高峰のスペックを手に入れた「Xperia GX SO-04D」。インタビューの後編では、機能や使い勝手を中心に、マーケティング担当の中田氏に話を聞いた。(2012/8/15)

海外モバイルニュースピックアップ:
ある時はスタンガン、ある時は外付バッテリー、その実体は「iPhoneケース」
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、スタンガンにもなるiPhoneカバー、着信すると光るiPhoneケース、Nexus 7と新iPadの落下テストの勝者は、Tweetでリクエストできる自動演奏ピアノ など。(2012/7/23)

PCをいつ買えばいいかって? いまでしょう:
きっとみつかるベストなPC──「ThinkPad Xシリーズ」バイヤーズガイド
「PCを買いたいが、数ある製品からなにを選べばいいのやら」というあなた。バイヤーズガイドでベストマッチの1台をお勧めします。今回は、人気のThinkPad Xシリーズです。(2012/5/9)

OTAS、iPad 2用のシェルカバー一体型モバイルバッテリー
OTASは、MiLi製となるiPad 2用バッテリーケース「MiLi Power iBox」の取り扱いを開始。8000mAhのリチウム電池を内蔵する。(2011/12/1)

CEATEC JAPAN 2011:
10分でスマホを満充電――ドコモの“超速充電バッテリ”
スマートフォンを手軽に充電できるツールとしてドコモが開発しているのが、チタン酸リチウムバッテリーを内蔵した充電器だ。現在のリチウムイオンバッテリーよりも10倍速く充電できるという。(2011/10/4)

ティアック、24bit/96kHz対応のリニアPCMレコーダー「DR-40」
ティアックは、TASCAMブランドから24bit/96kHz対応リニアPCMレコーダー「DR-40」を発売する。楽器録音や業務用にも対応する豊富な機能を搭載する。(2011/9/16)

カラフルなモバイルバッテリー「XP-1000/XP-2000」シリーズ
XPALは、ケータイやスマートフォン、携帯ゲーム機などに使えるモバイルバッテリー「XP-1000シリーズ」と「XP-2000シリーズ」を発売した。容量はXP-1000シリーズが1000mAh、XP-2000シリーズが2000mAh。(2011/8/25)

LEDライトが付いたソーラーパネル搭載バッテリーパック
グリーンハウスは、ソーラーパネルを搭載したバッテリーパック「マルチソーラーチャージャー」(GH-SC2000-8AK)を4月下旬に発売する。手元が照らせるLEDライトも内蔵している。(2011/4/21)

約35グラムの800mAhモバイルバッテリー「MiLi Power Spirit for iPhone/iPod」
OTASは、重さ約35グラム、容量800mAhのiPhone/iPod向け小型モバイルバッテリー「MiLi Power Spirit for iPhone/iPod」を発売した。(2011/4/15)

本田雅一のハイスピード・ワイヤレス・チャンネル:
PR:第12回 WiMAX Speed Wi-Fiの新基準──Wバッテリーで10.5時間動作「URoad-9000」の実力検証
WiMAXルーター“WiMAX Speed Wi-Fi”は、電源を入れっぱなしにして運用すると、より使い勝手がいい。これまでの機器になかった円形デザインとWバッテリーで10.5時間動作の新モデル「URoad-9000」の使い勝手を検証しつつ、WiMAX内蔵パソコンを含めた新生活向けの利用シーンを考察する。(2011/3/25)

これは“モバギ”の再来か:
ATOKも“Ctrl+c”も使えるキーボード付きAndroidポケットノート──「LifeTouch NOTE」の実力検証
単に「キーボードを付ける」だけではダメっ。NECのキーボード搭載Androidデバイス「LifeTouch NOTE」は、かつての“モバイルギア”のようにモバイル環境でガッツリ使える特徴を備えるのか、外観や機能とともに日本語入力環境の仕上がりをチェックする。(2011/2/15)

USBポートを2基搭載――5000mAhのバッテリー「Double USB Power Bank UV Black」
OTASは、iPadとiPhoneへの同時充電なども可能な、容量5000mAhのモバイルバッテリ「Double USB Power Bank UV Black」を発売した。(2011/2/10)

1900mAhのリチウムバッテリーを搭載した「Galaxy S用Micro USB補助バッテリー」
OTASが、1900mAhのリチウムバッテリーを搭載した「Galaxy S用Micro USB補助バッテリー」を発売した。(2011/2/3)

無線LAN経由でワンセグ視聴――iPhone/iPad向けチューナー「eSegTV」
BitBayは、無線LAN経由でワンセグ視聴ができ、モバイルバッテリとしても利用できるiPhone/iPad向けワンセグチューナー「eSegTV」を12月24日に発売する。(2010/12/22)

モンハンとコラボした1000mAh容量モバイルバッテリー「XP1000シリーズ」
ウェブクルーエージェンシーは、「モンスターハンターポータブル3rd」とコラボレートしたモバイルバッテリー「XP1000シリーズ」を2011年2月17日に発売する。(2010/12/9)

Dockコネクタ/Micro USB両対応の3000mAh外付けバッテリー「Power Station 3000A」
OTASが、DockコネクタとMicro USB端子を備えた容量3000mAhの大容量外付けバッテリー「Power Station 3000A」の販売を開始した。(2010/11/26)

超小型ボディに1000mAhバッテリー搭載、スマートフォン専用充電器「Primo」
StrapyaNextは、縦横4センチ、厚さ2センチとコンパクトなボディに1000mAhのバッテリーを内蔵したスマートフォン専用充電器「Primo」の予約受け付けを開始した。(2010/11/12)

iPhone全モデルに対応した外付けバッテリー「OCTOPUS Attachable Battery for iPhone」
OTASが、iPhoneとiPod touchのすべてのモデルで利用できる、“吸盤で貼り付ける”タイプの外付けバッテリーを発売した。(2010/11/12)

ケータイやスマートフォンを活用するグッズが当たる!!:
読者プレゼントのお知らせ
ITmedia +D Mobileをご愛読いただいている方を対象に、読者プレゼントを開催します。スマートフォンを活用する際にあると便利な外付けバッテリーやBluetoothヘッドフォンなどを用意しました。奮ってご応募下さい。(2010/11/8)

OTAS、軽量・コンパクトなiPhone 4用バッテリーケース「Eix Power Skin for iPhone4」
OTASが軽量、コンパクトなiPhone 4向け補助バッテリ付きケース「Eix Power Skin for iPhone4」を発売した。従来製品より価格が安いのが特徴だ。(2010/10/28)

ポータブル無線LANルータレビュー:
SIMロックフリー時代の無線LANルータ「b-mobile WiFi」利用ガイド(後編)
SIMロックフリーと、“余計な機能なし”が特徴のポータブル無線LANルータ「b-mobile WiFi」。後編は通信速度やバッテリー動作時間など、より深く本機の魅力を探っていこう。(2010/10/19)

USB端子付きiPhone向け補助バッテリー「USB Power Pack」
OTASが、充電用USB端子を備えた1400mAh容量のリチウムバッテリー「USB Power Pack(型番CE03P)」を発売した。(2010/10/5)

せかにゅ:
ニンテンドー3DSはデュアルARM11搭載? 詳細スペックがうわさに
任天堂の3DSは266MHzのARM11プロセッサ2基、1.5Gバイトのフラッシュメモリを搭載するといううわさが流れている。(2010/9/22)

iPhone 4用バッテリー内蔵ケース「AP1201 PowerSkin for iPhone 4」
ウェブクルーエージェンシーは、1200mAhのリチウムポリマーバッテリーを搭載したiPhone 4向けケース「AP1201 PowerSkin for iPhone 4」を10月上旬に発売する。(2010/9/21)

今度はけいおん!!とONE PIECE:
「桜高軽音部ケータイ充電池」と「パイレーツ・エナジー エピソードシリーズ」、予約受け付けを開始
ウェブクルーエージェンシーから、「けいおん!!」と「ONE PIECE」の絵柄をあしらった外付けバッテリーが登場する。(2010/9/7)

ドコモ、スマートフォンに対応した「FOMA 補助充電アダプタ02」を発売
NTTドコモが、FOMA外部接続端子とUSB端子から充電が可能な外部バッテリー「FOMA 補助充電アダプタ02」を9月10日に発売する。(2010/9/3)

iPhone 4周辺機器特集:
手元にあるとそれなりに便利なiPhone 4アクセサリー10選
従来より一段と高解像度な液晶やカメラを採用し、さらに利便性が向上したiPhone 4。そんなiPhone 4を「もっと使いやすくしたい」というニーズに応えるべく、今回は最新のiPhone 4向け周辺機器を紹介しよう。(2010/8/30)

OTAS、バッテリー内蔵iPhone 4ケース「MiLi Power Spring 4」を発売
OTASは、iPhone 4を約80%まで充電可能なリチウムイオンバッテリー内蔵iPhone 4ケース「MiLi Power Spring 4」を9月上旬に発売する。価格は8980円。(2010/8/24)

iPhone 4用バッテリー内蔵ケース「exolife」 9月中旬発売
ロア・インターナショナルは、米ExogearのiPhone 4向けバッテリ内蔵ケース「exolife」の予約販売を開始した。価格は1万2600円で、9月中旬に発売の予定。(2010/8/23)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。