ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GDP」最新記事一覧

Gross Domestic Product:国内総生産

電力供給サービス:
世界の電力消費量が2040年まで年率1.9%増加、再生可能エネルギーは2.9%成長
米国政府のエネルギー情報局が世界の将来動向を予測した。電力の消費量は発展途上国を中心に年率1.9%のペースで増えていく。ただし省エネルギーが進んでGDPの成長率よりは低くなる。電源別では再生可能エネルギーの伸びが最も大きく、天然ガスの火力と原子力も2%台の成長を続ける。(2016/5/16)

自然エネルギー:
再生可能エネルギーで世界のGDPを0.6%押し上げ、日本は+2.3%でトップ
全世界を対象に再生可能エネルギーの導入を推進する国際機関が経済効果を初めて試算した。世界のエネルギー消費量に占める再生可能エネルギーの比率を2倍に拡大させると、GDPが0.6%上昇する結果になった。2030年には再生可能エネルギー分野の雇用者数が2000万人を突破する。(2016/1/20)

日本の女性活躍に向けた5つの優先施策とは?
日本企業で女性の就労を男性と同じ水準へと増やすだけで、GDPが最低でも9%増加すると言われている。いかにして女性の活躍の場を創出するべきか。5つの優先施策を紹介したい。(2015/12/18)

10%引き上げは2017年4月に延期の見通し:
消費増税の先送りで「笑う企業」「泣く企業」
第一段階として2014年4月に8%へ税率アップした消費税だが、2期連続のGDPマイナス成長などを受けて、2015年10月に予定していた税率10%への変更に“待った”がかかりそうだ。(2014/11/18)

伊吹太歩の時事日想:
売春、密輸、麻薬――“アングラ経済”で世界のGDPランキングが変わる(かも)
欧州でGDPの算出方法が変わろうとしている。売春や麻薬といった違法な経済活動で発生したカネもGDPに含めるという。こういった“アングラ経済”は私たちが思っているよりも規模が大きく、各国のGDPが一変する可能性があるのだ。(2014/6/5)

伊吹太歩の時事日想:
経済低迷が続くインド――救世主は「トイレ」!?
今やGDPでは世界で10本の指に入るまでに成長したインド。華々しい経済成長の裏に、深刻な衛生問題があるのはご存じだろうか。この“トイレ問題”から子どもたちを救うべく、ユニセフが国際機関らしからぬポップな施策を展開している。(2014/4/24)

藤田正美の時事日想:
日本だけではなく、世界中で景気が伸び悩んでいる!?
内閣府が2013年のGDPを発表したが、年率換算では1%と市場の予想よりも低い数値に落ち着いた。消費税増税の駆け込み需要などを実感しにくい成長率だが、世界に目を向けると“景気が思ったより回復しない”というのは、どうも日本だけの問題ではないようだ。(2014/2/19)

ものづくり白書を読み解く(前編):
海外流出は是か非か、進む日本のモノづくり空洞化
製造業の復活は日本経済の復活に不可欠な要素である。経済成長をもたらしGDPを押し上げる効果が高い他、雇用の増加も期待できるからだ。アベノミクスの勢いに乗り、製造業が真の復活を遂げるには、どのような課題をクリアしていくべきか。「2013年版ものづくり白書」から、日本の製造業が抱える課題を明らかにする。(2013/9/27)

製造マネジメントニュース:
アベノミクス効果顕在化も、製造業は投資抑制傾向続く――2013年4〜6月期
内閣府の四半期GDP速報の改定値が発表され設備投資が大きく上方修正された。財務省が発表した法人企業統計調査でも、設備投資が3期ぶりにプラスとなったことが明らかにされている。製造業も利益を回復させているが設備投資の抑制傾向は変わらず内部留保を分厚くする傾向が続いている。(2013/9/10)

藤田正美の時事日想:
投資一辺倒の中国経済は砂上の楼閣
世界経済をリードしてきたBRICsの先行きが怪しい。特に中国の場合、GDPの半数以上を投資が占めており、限界に突き当たり始めている。中国経済が破たんしたとき、日本経済も無傷ではいられない。(2013/7/31)

変わる「中国的幸福論」 「2ちゃんねらー」「干物女」的な「ディャオスー」現る
経済の失速に大気汚染。GDP向上こそ幸福につながると努めてきた中国で「幸せって何?」と価値観が変わりつつあるという。ネットでは“結婚なんかできそうもない”自虐的な「ディャオスー」が現れ──山谷氏による現地からのリポート。(2013/4/22)

知っておきたいASEAN事情(9):
生産拠点としてベトナムのポテンシャルは?
GDP急成長の勢いは本物? ベトナムの生産拠点としての可能性、「賢いベトナム人」の労働者気質やインフラの状況を知ろう。(2012/6/26)

「スター・ウォーズ」のデス・スター、作るのにいくらかかる?
米リーハイ大学の学生の試算によると、宇宙要塞デス・スターを作るには、材料となる鉄だけで世界のGDPの1万3000倍かかるとか。(2012/2/21)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
大幅下落の反動や予想を上回る中国のGDPなどを受けて大幅高
(2012/1/17)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
ギリシャ問題の解決策と好調なGDPを好感して大幅高
(2011/10/28)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
米国株の大幅高とGDPが予想を上回ったことから大幅高
(2011/8/15)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
GDPが予想を下回ったことから売られて軟調
(2011/8/1)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
中国GDPの伸びを好感、QE3期待も強まって堅調な展開
(2011/7/14)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
GDPの底堅さや中国の貿易統計を受けて大幅高
(2011/2/14)

藤田正美の時事日想:
巨大な隣人・中国と、どのように付き合えばいいのか
中国の2010年のGDPは日本を抜いて、世界第2位になる可能性が高い。しかし、昨年からその中国に対する警戒感が全世界的に強まっている。巨大な隣人・中国と、日本はどのように付き合っていけばいいのだろうか。(2011/1/17)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
GDPの成長で豊かさを実感できるようになりましたか?
“失われた10年”などとも言われながら、バブル崩壊後も堅調に増加してきた日本のGDP。しかし、その成長が豊かさとして感じられなくなっているのはなぜか、とちきりんさんは問いかけます。(2010/9/27)

相場英雄の時事日想:
閣僚の軽い発言は、政治主導の弊害なのか
国内総生産(GDP)という経済指標をご存じだろうか? 1年間に日本国内で生産した物やサービスの総額を意味し、国の経済規模を表す指標として用いられている。しかしこの重要な指標を巡って、閣僚の軽い発言が相次いでいる。(2010/9/2)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
週末の米国株安や予想を下回るGDPの発表で軟調
(2010/8/16)

自律回復の“芽”みえる、1〜3月期GDP 国内外に懸念も
1〜3月期の実質GDP成長率は年率でプラス4・9%となり、当初の市場予測を大きく上回る「V字回復」を記録した。(2010/5/20)

フェアユースがもたらす売り上げ、米国だけで4兆7000億ドル――業界団体調査
MP3プレーヤーメーカーやWeb検索エンジンなど、フェアユースの恩恵を受ける産業は、米国のGDPの6分の1を占める規模になっているという。(2010/4/28)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
GDPの上方修正を受け、週末のヘッジ売りや手仕舞い売りをこなして堅調
(2010/3/1)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
GDPは予想を上回り好感されるも、企業業績の悪化懸念から売られ大幅下落
(2010/2/1)

藤田正美の時事日想:
ジャパン発の“double dip”という懸念
リーマンショック以降、厳しい経済環境が続いている中、米国経済に“朗報”が流れた。昨年第4四半期のGDP成長率は年率で5.7%と、2003年以来の高い数字を残した。しかしこれで二番底懸念が消えたというわけにはいかないだろう。(2010/2/1)

2010年の世界IT支出は8.1%増――米Forrester予測
低迷していたIT支出はようやく復調し、米国ではGDP成長率の2倍以上の成長率になると予測している。(2010/1/13)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
GDPへの反応は鈍く、相変わらず方向感なく小動き
(2009/11/16)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
GDP、特に個人消費の上振れを好感して大幅高
(2009/10/30)

景気探検:
明暗両面の指標が並存する水面下の景気回復
依然として低い水準での回復ではあるが、GDPが上昇傾向にあるなど、景気の最悪期からは抜け出したといえよう。(2009/9/25)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
GDPの下方修正や円高を嫌気し、週末の手仕舞い売りもあって軟調
(2009/9/11)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
好決算や投資判断の引き上げなどを好感して堅調だがGDPの発表を控えて伸び悩み
(2009/7/31)

景気探検:
「笑点」でGDP成長率の傾向をつかめる
景気の底打ち感が強まり、実質GDP成長率は改善傾向にありそうだ。日本テレビ系の長寿番組「笑点」の視聴率からも読み取ることができるという。(2009/7/24)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
GDPの発表で悪材料出尽くし感もあり買い先行で始まるも、円高を嫌気して上値の重い展開
(2009/5/20)

日本のGDP成長率、戦後最大の減少を記録
2009年1月〜3月期の実質GDP成長率は年率換算で15.2%減と、戦後最悪のマイナス成長となった。(2009/5/20)

藤田正美の時事日想:
米国よりヒドい? 欧州経済の先行きは
5月15日にEUROSTATというEUの統計機関が発表したGDP成長率。EU27カ国全体で2009年第1四半期は前期比マイナス2.5%(年率換算でマイナス9.6%)という予想をはるかに上回る大幅なマイナスとなった。欧州経済の危機とは何なのだろうか。(2009/5/18)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
GDPの内容や投資判断の引き上げ、FOMCの声明を好感して大幅高
(2009/4/30)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
中国GDP発表を受けた失望感で、上げ幅を縮小
(2009/4/16)

藤田正美の時事日想:
政府が、製造業に“手”を差し伸べるのは「正しい」のか?
年率換算でマイナス12.7%――石油ショック以来最悪の数字となった、日本の2008年10〜12月期のGDP。まさに「戦後最大の経済危機」に陥ったわけだが、日本の最も大きなリスクは何だろうか?(2009/2/23)

現地からお届け!中国オフショア最新事情(13):
金融危機でオフショア開発は停滞するか?
内閣府が2月16日に発表した2008年10〜12月期の国内総生産(GDP)は、年率換算で12.7%のマイナスと、35年ぶりのマイナス幅となった。また、1月に就任したオバマ米国大統領は、内需を重視し、オフショアに反対を表明している。このような状況でオフショア開発は停滞するのだろうか。今回はこのあたりの問題を考える。(2009/2/19)

「日本の経営者はイタリア人を見習え」――経済アナリストの森永氏
首相がころころ代わる、国土が南北に伸びているなど、日本とイタリアの類似点は多い。ただ1つ、決定的に異なる点がある。それが1人当たりの名目GDPにおいて日本がイタリアに負けている原因かもしれない。(2009/2/18)

日本のGDP成長率、35年ぶりの大幅な落ち込み
2008年の実質GDP成長率は年率換算で12.7%減となり、第1次オイルショックに匹敵するほどの大幅なダウンとなった。(2009/2/16)

藤田正美の時事日想:
オバマ大統領と麻生総理……2人とも“楽観的”過ぎないか?
日本政府は2月16日、2008年10〜12月期のGDP(実質国内総生産)を発表する。これまで麻生総理は「日本は相対的に傷が浅い」という持論を展開してきたが、もし成長率がふた桁マイナスであれば、とても“傷が浅い”とは言っていられないだろう。(2009/2/16)

藤田正美の時事日想:
“底なし沼”にもがく米国……GDP−3.8%の裏に潜むもの
リーマンショック以降、急速に悪化している米経済。2008年第4四半期のGDPが発表されたが、予想に反して−3.8%に収まった。しかし予想よりも良かったからと言って、楽観的に考えてはいけないようだ。(2009/2/2)

過去最低の19位、日本の1人当たりGDP
日本の国際的な競争力が大きく低下している。政府の発表によると、2007年度の1人当たりの名目GDPで日本は世界19位に転落した。(2008/12/26)

中国ビジネス最前線:
中国のGDP、ドイツを抜いて世界3位に
1978年に改革開放政策を始めて以来、2006年まで中国のGDPは年平均で9%以上の成長率を保ってきた。ここ数年は減速傾向にあるものの依然として成長を続ける中国は、ついにGDPでドイツを抜く。(2008/11/27)

成長を続ける香港、日本経済にメリットも――香港貿易発展局
2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の悪夢から回復した後、5年連続でGDP成長率を伸ばした香港。次の市場として中国を狙う日本企業にとって心強いパートナーになるという。(2008/9/22)

景気探検:
7月末発表の米国GDPに注目――シリアスドラマ高視聴率と景況感
ここまでの発表数値を見ると米国の個人消費はしっかりしている。国内では過度な悲観論が修正されていく可能性もある。阪神タイガースの快進撃が景気下支え要因となるかも注目だ。(2008/7/11)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。