ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Assistant」最新記事一覧

自宅をまるっとIoT化できて2.5万円 「mouse スマートホーム」は買い?
マウスコンピューターの「mouse スマートホーム」は、既存の家電製品をスマートフォンから操作したり、センサーと連動して家電製品をオン・オフしたりと、「自宅をスマートホームに変身させる」ための製品群だ。そのスターターキットと別売の対応製品をまとめて試してみた。(2017/12/15)

「Googleアシスタント」が「Android 5.0 Lollipop」スマートフォンでも利用可能に
GoogleのAIアシスタント、「Googleアシスタント」が「Android 5.0 Lollipop」搭載スマートフォンでも使えるようになる。米国の英語版では、タブレット(「Android 6.0 Marshmallow」以降搭載)でも使えるようになる。(2017/12/14)

スマート家電に“ココロ”をプラス シャープのAIoT戦略をひもとく
シャープはAIとIoTを結びつけるという考え方からスマート家電とそのサービスの開発に力を入れている。既に「ココロ」をプラスした家電は8種類を数え、5つのクラウドサービスも提供している。同社の戦略をひもといてみよう。(2017/12/12)

Apple、音楽・テレビ番組認識アプリのShazamを買収か
Appleが音楽・テレビ番組認識アプリのShazamを買収すると米メディアが報じた。Appleは2014年からSiriでShazamの技術を採用している。(2017/12/10)

ITはみ出しコラム:
AmazonとGoogleのバトルが激化 ユーザー不在の締め出し合戦へ
互いの製品やサービスを締め出し合うAmazonとGoogle。ユーザーに不便を強いるようなことがない形で、バトルを終わらせていただきたいものです。(2017/12/10)

Googleさん:
「ねえGoogle」返事がない、ただのマカロンのようだ
生活の一部になりつつある「Google Home Mini」。ある日「ねえGoogle」と呼び掛けたら、続きをさえぎるように「Wi-Fiへの接続が完了するまでお待ちください」とのお返事。(2017/12/9)

「スマスピ」おしゃべり広場:
今年の“顔”のスマートスピーカー 冬ボで買うならどれ?
今年はスマートスピーカーが熱かった。冬ボでスマスピデビューはいかがだろうか。(2017/12/8)

Google Homeプログラミングを始めよう:
DialogflowでGoogleアシスタント対応アプリを作成しよう
Dialogflowと呼ばれるツールを使い簡単なアプリを作成しながら、Googleアシスタントアプリ作成の基礎知識を見ていこう。(2017/12/8)

Google、ローエンド端末向けOS「Android Oreo(Go edition)」発表
Googleが5月の開発者会議で予告したローエンド端末「Android Go」向けの専用OS「Android Oreo(Go edition)」のローンチを発表した。ストレージに占める容量はAndroid Nougatの半分で、プリインストールされるGoバージョンのGoogleアプリは15%高速という。(2017/12/5)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「この部屋に漆黒の闇をもたらして……」とGoogle Homeに命じて消灯してみる
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はGoogle Homeで家電製品をコントロールできるスマートリモコン「Nature Remo」の設定例を紹介する。(2017/12/5)

特集・ミライのクルマ:
5Gで変革が起きる!? 「コネクテッドカー」の最先端
「コネクテッドカー」とは何か? 今回は通信機能を装備して、インターネットにつながって人々の生活をより豊かにできる自動車と定義したうえで、その現状を考察してみたい。(2017/12/1)

音楽好きのためのスマートスピーカー、オンキヨーが2機種を販売 GoogleとAmazonから「AI選べる」
オンキヨーグループが「音楽好きのためのスマートスピーカー」2機種を国内初披露。Googleアシスタント搭載の「G3(VC-GX30)」と、Amazon Alexaを搭載しDTS Play-Fiの機能を加えた「P3(VC-PX30)」で、近日中に販売予定。(2017/11/30)

「AIを選べる」 オンキヨーが2つのスマートスピーカーを投入
オンキヨーグループがスマートスピーカー2機種を発表。Googleアシスタント搭載の「G3(VC-GX30)」と、Amazon Alexaを搭載しDTS Play-Fiの機能を加えた「P3(VC-PX30)」で、近日販売予定という。(2017/11/30)

市場シェア1位獲得:
躍進中のワイモバ、「Android ONE」4機種と「タダ学割」発表
Y!mobileが、米Googleが提供する低価格端末「Android ONE」の新機種への対応と、学割サービス「タダ学割」を発表した。市場でのさらなる地位確立を目指す。(2017/11/30)

「Google Home」にIFTTT連携も――イッツコムの「インテリジェントホーム」を体験した
イッツコムの「インテリジェントホーム」は、いち早く「Google Home」やIFTTTに対応し、多彩なデバイスを連携させたスマートホームサービス。同社のショールームを訪ね、何ができるのかを探った。(2017/11/28)

ボーズ、「Googleアシスタント」にも対応したワイヤレスNCヘッドフォン「QC35 II」
ボーズのNC機能搭載ワイヤレスヘッドフォン「QC35」が進化。新たに「Googleアシスタント」に対応し、NC機能をアップデートした「QC35 II」となった。価格は据え置き。(2017/11/27)

石野純也のMobile Eye:
サービスを拡充したが課題も多い「au HOME」/独自性が欲しかったau冬モデル
KDDIが7月に開始した「au HOME」を強化し、auひかり以外のユーザーも利用できるようになった。ただし製品バリエーションや料金には課題が残る。冬モデルも10機種がそろうが、auでしか買えないスマートフォンは1機種もない。(2017/11/25)

三つどもえのバトル勃発! スマートスピーカーのスマートホーム連携機能を比較する
「Amazon Echo」シリーズの発売も決まり、いよいよ「Google Home」「LINE WAVE」との三つどもえの戦いが始まった。今回はそれぞれの製品が対応するスマートホーム連携に着目。何ができるのかを比較する。(2017/11/22)

IFTTT入門:
さまざまなサービスが連携できる「IFTTT(イフト)」の使い方
Webサービス同士を連携できるサービス「IFTTT」。スマートスピーカーとWebサービスの連携も可能なことから最近注目が集まっている。IFTTTでサービス連携を作りながら、特徴や注意点などを解説しよう。(2017/11/22)

「月額490円の意味は?」「isaiの今後は?」――「au HOME発表会 with au 2017 冬モデル」一問一答
KDDIが「au HOME発表会 with au 2017 冬モデル」を開催した。そこで行われた質疑応答の様子を簡単にまとめてみた。(2017/11/21)

「au HOME」で家電の音声操作が可能に 「auひかり」ユーザー以外にも提供
KDDIは、11月28日から「au HOME」の機能を拡充し、対象ユーザーも拡大すると発表した。スマートスピーカーで家電を操作する赤外線リモコンもラインアップする。(2017/11/21)

Gartner Insights Pickup(39):
“感情AI”が人とマシンのやりとりをパーソナライズする
AIのおかげで、スマート冷蔵庫があなたの気分を察して、感情に合った食べ物を勧めてくれるようになる。(2017/11/17)

Googleマップ、目的によって表示が変わるスッキリしたデザイン変更
Googleマップで、例えばカーナビモードでは地下鉄の駅を表示しないなど、目的別に表示する情報が変わるようになる。また、飲食店はオレンジ、医療関連はピンクなど、スポットのアイコンの配色がカテゴリ別になる。(2017/11/16)

「Google Home」への命令の続きをスマホで──Googleアシスタントに複数の新機能
Googleが「Google Home」および「Googleアシスタント」対応アプリ開発者向けに、Alexaのようにアプリ名を指定せずに命令を聞ける機能や、Google Homeへの命令を途中からスマートフォンに転送して完了するためのAPIなどの提供を開始した。(2017/11/16)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Google Homeは普通のBluetoothスピーカーとしても使えるのか
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は「Google Home」を普通のBluetoothスピーカーとして使う方法について紹介する。(2017/11/16)

「Google Home」で「ごはんができたよ」が可能に ブロードキャスト機能追加
「Google Home」の「ブロードキャスト」は同じネットワーク上の複数のスピーカーから同時にメッセージを流せる機能。まずは英語版でローリングアウトし、他の言語にも追加の予定だ。(2017/11/14)

「スマスピ」おしゃべり広場:
Amazon Echo襲来を前にスマートスピーカーたちを再編
我が家にはスマートスピーカーが多すぎる。Amazon Echoも来ることだし配置転換してみた。(2017/11/13)

「スマスピ」おしゃべり広場:
Amazon Echoにやってもらうこと
我が家のスマートホーム化がはかどりそう。(2017/11/10)

Google Homeで「ピカチュウ」と会話 応答は100以上 開発のワケ
スマートスピーカーでピカチュウと会話できる「ピカチュウトーク」。開発のきっかけは?(2017/11/10)

Google、表参道でドーナツ無料提供 「Google Home Mini」発売を記念して
Google Home Mini ドーナツショップに行ってきた。(2017/11/8)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
iTunesの楽曲をGoogle Homeで聴く方法
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はスマートスピーカー「Google Home」でiTunesの曲を聴くための方法を紹介する。(2017/11/8)

「スマスピ」おしゃべり広場:
ソニーのスマートスピーカー、音はやっぱり違った
ソニーの「LF-S50G」が編集部に届いたので、早速チェックした。音質にこだわったというオーディオメーカーのスマートスピーカーは、どのような声を聞かせてくれるのか。(2017/11/8)

Googleさん:
「Google Home Mini」2台を英語と日本語にしてみた
家の「Google Home Mini」が2台になったので、1つは英語設定にしてみました。日本語ではまだできないリマインダーや「覚えておいて」が便利です。(2017/11/3)

「スマスピ」おしゃべり広場:
「Google Home」と「Clova WAVE」に直してほしい3つのこと
スマートスピーカーの“あるあるネタ”?(2017/11/3)

文字通りの「最高級」スマホ
Samsung「Galaxy Note8」徹底解説、スタイラスペンや音声支援に漂う王者の風格
Samsungの「Galaxy Note8」は、最高峰を求めるパワーユーザーも満足するスマートフォンだ。ずばぬけたスペック、美しいディスプレイ、組み込みのスタイラスなど、数々の便利な機能を徹底的に解説する。(2017/11/3)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Google Homeは「Let It Beを再生して」で曲をかける? アルバムをかける?
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はスマートスピーカー「Google Home」での音楽再生についてお届けする。(2017/11/2)

東京モーターショー 2017:
「OK Google、クルマのエンジンをかけて」、三菱自が2018年からスタート
三菱自動車は「第45回東京モーターショー 2017」において、スマートスピーカーの「Amazon Echo」や「Google Home」を通じてエンジンの始動やエアコンの設定、ドアの解錠・施錠を行う様子を紹介した。スマートスピーカーの普及が先行している北米で、2018年から同様のサービスを提供する。(2017/11/2)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Google Homeに意図が伝わらないもどかしさ クラウドに履歴が残る悩ましさ
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はスマートスピーカー「Google Home」における音声リクエストにまつわる雑感、および便利に使うTipsをお届けする。(2017/10/30)

今、何ができる? 「東京モーターショー2017」で見たコネクテッドカーの最先端
いわゆるコネクテッドカーは今、何につながり、どんなことができるのか。東京ビッグサイトで開催された東京モーターショー2017のイベント会場を取材した。(2017/10/27)

ソニーがスマートスピーカーを日本でも販売 Googleアシスタント搭載で12月発売
ソニーは、Googleアシスタント搭載のスマートスピーカー「LF-S50G」を12月9日から国内でも販売する。部屋のどこにいてもバランスの良い音が聞けるという。(2017/10/26)

ソニー、360度サウンドに対応したスマートスピーカーを12月9日に発売 2万5000円前後
ソニーが、Googleアシスタントに対応したスマートスピーカーを12月9日に発売する。価格は2万5000円前後。360度方向に音声を出力できるスピーカーを内蔵している。(2017/10/26)

「スマスピ」おしゃべり広場:
Clova WAVEでradikoを試した
音質は現時点で最高。その他は?(2017/10/25)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「ねぇ Google」というファインプレー Google Homeを設置して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はスマートスピーカー「Google Home」導入記の後半をお届けする。(2017/10/23)

Chromebookでできることの全部乗せ
高性能Chromebook「Google Pixelbook」は「Surface Pro」のライバル確定か
「Chromebook」は低価格で使い勝手の良いノートPCというイメージが定着しつつあった。しかしGoogleが発表した「Pixelbook」は、999ドルのハイエンド志向なモデルだ。(2017/10/22)

「Google Home」は扱わない:
激戦の「音声対話」、ドコモが進める独自戦略とは
NTTドコモは2017〜18年冬春モデル発表会で、他社製のスマートスピーカーを現時点では取り扱わない方針を明らかにした。今後は独自の音声対話技術「AIエージェント」の開発と実用化を段階的に進める方針という。(2017/10/20)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「Google Home」がやってきた 開封して驚いた2つのこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。第1回はスマートスピーカー「Google Home」導入記の前半をお届けする。(2017/10/18)

「ハイ、エクスペリア」──ソニー、家族をつなぐコミュニケーションロボット「Xperia Hello!」発表
人感センサーやカメラで家族の顔を認識し、生活情報を伝えたり、LINEやSkypeと連携して通話やメッセージの送受信をしたりできる。(2017/10/17)

「スマスピ」おしゃべり広場:
Google Homeの家電連携で“未来”に浸る
スマスピ連載4回目は、「Google Home」を使った家電操作がテーマ。Googleの「Chromecast」を接続したテレビとフィリップスのLED照明「Hue」を試した。(2017/10/16)

「スマスピ」おしゃべり広場:
事実上のAmazon Echoを手に入れた
これなら技適警察に捕まることもない。(2017/10/15)

ITはみ出しコラム:
スマートスピーカーはやっぱり好きな名前で呼びたい?
スマホだけでなくスマートスピーカーに話し掛けるのが当たり前の時代になりそうですが、「Hey Siri」は日本人にはちょっと恥ずかしいし、「ねぇ、Google」は何だか味気ないような気がします。(2017/10/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。