ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Google翻訳」最新記事一覧

遅延情報まで完璧! 流ちょうな英語のアナウンスをする車掌さんがすごい
業務命令ではなく車掌さんが個人的にやっているそうです。(2016/11/28)

ITはみ出しコラム:
なぜGoogle翻訳は賢くなれたのか
今後は翻訳精度の向上に加えて、多言語対応も進みそうです。(2016/11/27)

Microsoft翻訳もニューラルネット対応で進化 テキストに加え音声翻訳も
MicrosoftがGoogleに続き、機械翻訳サービス「Microsoft Translator」にニューラルネットワーク技術を適用。日本語にも対応している。(2016/11/16)

なぜこの絵で分かるんだ! Googleが「急いで描いた落書きを人工知能に当てさせるゲーム」を公開
手書き文字認識技術を応用。適当に描いた絵でも、ちゃんと推測してくれます。(2016/11/16)

Google翻訳が進化 日本語にもニューラルネット適用、自然な訳に APIも公開
米Googleは、ニューラルネットを活用した新しい機械翻訳システムを、日本語など8言語に適用した。翻訳の「飛躍的な前進」としている。(2016/11/16)

Google翻訳、新システムで精度向上 Googleが正式発表
数日前からGoogle翻訳が進化したと話題になっていました。(2016/11/16)

Google翻訳が進化!? 精度が向上したと話題に
ディープラーニングによる新翻訳システムが導入されたとみられています。(2016/11/12)

SHOWCASE:
札幌のオシャレなiPhoneケース屋さんの暇つぶし アプリ紹介編「Annoisli」
今回紹介するアプリは「Annoisli」。不快な環境音を出せるアプリです。早速このアプリを使っていたずらをしてみました。(2016/10/21)

2社が技術協力:
Google Cloud Platform上のPivotal Cloud Foundryを2社が実現
米グーグルは2016年10月19日(米国時間)、Google Cloud Platform(GCP)上で顧客がPivotal Cloud Foundry(PCF)を導入し、運用できるようになったことを明らかにした。GCPのさまざまなサービスが、PCFから使えるという。グーグルと米Pivotalは、GCPとPCFの統合的な運用について、協力を重ねてきたとしている。(2016/10/20)

「Google Apps for Work」が「G Suite」に改称 AI機能や「Team Drive」を追加
Googleが、「Google Apps for Work」を「G Suite」に改称し、総合的な企業向けクラウドサービス「Google Cloud」の構成要素の1つとした。人工知能応用のアドバイス機能「Explore」やグループで使えるドライブ「Team Drives」などの新機能も追加した。(2016/9/30)

Googleがディープラーニングによる新翻訳システムを開発 まず中国語の英訳から
数カ月かけて他言語にも適用するとのこと。(2016/9/28)

「Google翻訳」にニューラルネット機械翻訳技術を採用 まずは中国語→英語で
Googleが、Google翻訳で採用する技術を、従来のフレーズベース機械翻訳(PBMT)からGoogle開発のニューラル機械翻訳(GNMT)に置き換えていくと発表した。中国語から英語への翻訳については既に実施済みだ。(2016/9/28)

加藤一二三が「Kato, one hundred twenty-three」 将棋連盟公式サイトで“英語”を選ぶとクレイジーイングリッシュがさく裂する
Sato Ten彦 Expert。(2016/9/14)

水中でも「Pokemon GO」ができる
徹底レビュー:進化を遂げた「Galaxy Note7」、iPhoneファンの気持ちを逆なでする機能とは
「Galaxy Note7」は、大きなディスプレイ、生産性を向上するスタイラスペンなど、「Galaxy Note」シリーズの最新機種として進化を遂げている。その実力を確かめてみよう。(2016/8/13)

「パンヤ」韓国でサービス終了 日本版は「終了しません! 水着実装しますのでご期待ください」と力強いコメント
2016年8月29日をもって韓国でのサービスを終了します。(2016/7/21)

Tech Basics/Catalog:
Googleモバイルアプリ
Googleは、検索エンジン「Google」や「Gmail」といったメールサービスの他にもさまざまなインターネットサービスを提供している。それらのインターネットサービスをスマートフォンからも活用できるようにモバイルアプリの提供も行っている。そのアプリから主だったものを紹介しよう。(2016/7/15)

個人練習が捗る Googleで「メトロノーム」と検索すればメトロノームが即使える
換算、電卓に、翻訳、グラフ化まで……グーグルさんつよい。(2016/7/3)

ITはみ出しコラム:
Googleは自分らしい広告を表示してくれますか?
Google Nowで話しかけた音声を後から再生してみると、結構恥ずかしいですね。(2016/7/2)

世界を「数字」で回してみよう(31) 人身事故:
「江バ電」で人身事故をシミュレーションしてみた
1回の人身事故の損害が、とにかく「巨額」であることは、皆さんご存じだと思います。では、おおよそどれくらいの金額になるのでしょうか。そのイメージをつかむため、仮想の鉄道「江バ電」を走らせ、人身事故をシミュレーションしてみました。(2016/6/29)

スイスに機械学習研究センターを創設:
Googleの全製品にAIを組み込みたい――同社CEO
Googleが人工知能(AI)への取り組みを深めている。同社は2016年6月16日(米国時間)、スイスのチューリッヒオフィスに機械学習研究センター「Google Research Europe」を開設したと発表した。(2016/6/21)

捨てゼリフ「今に見てろ」がGoogle翻訳ではこうなる
(2016/6/1)

日本語の「左様でございます」に苦戦するGoogle翻訳さん
(2016/5/31)

“追加”と“余計”の違いが分からないGoogle翻訳さん
(2016/5/30)

「よりどりグリーン!」天然キャラなGoogle翻訳さん
(2016/5/29)

なぜ逆の意味に? Google翻訳でNGな“日本語”
(2016/5/28)

「ギックリ腰」が理解できないGoogle翻訳さん
(2016/5/27)

Googleでことわざを翻訳したらちょっと変?
(2016/5/26)

サシュ―って何? 日本の職場になじめないGoogle翻訳さん
(2016/5/25)

「鬼」と「悪魔」の違いが分からないGoogle翻訳さん
(2016/5/23)

「蛙の子は蛙」は“Like father” Google翻訳さんにほっこり
(2016/5/21)

Google翻訳さんの「仰る通りです」がなんか違う!
(2016/5/20)

「壊れかけのradio」をGoogleさんに翻訳してもらった結果
(2016/5/19)

明々後日をGoogle翻訳したら“謎の人物”が登場した!
(2016/5/18)

「ボロ勝ち」に挑んだGoogle翻訳の勇気
(2016/5/17)

柳沢慎吾さんの“あの言葉”をGoogle翻訳したら直球すぎた
(2016/5/15)

惜しいっ! 正しい意味を伝えたくなるGoogle翻訳さん
(2016/5/14)

Google、自然言語理解(NLU)の基礎となる「SyntaxNet」をオープンソース化
Googleが、自然言語理解のためのニューラルネットワークフレームワーク「SyntaxNet」をオープンソースで公開した。機械学習システム「TensorFlow」の一部としてGitHubで公開された。SyntaxNetの構文解析ツール「Parsey McParseface」は“世界一正確に構文解析するツール”という。(2016/5/13)

セキュリティ・ダークナイト ライジング(外伝):
「言葉では言い表せない絶望感だった」――ランサムウェア被害者が語る
「サイバー攻撃者の手法」を解説する本連載。今回はその「外伝」として、ランサムウェア被害者へのインタビューをお届けする。感染に気付いてから復旧に至るまでの“ランサムウェア被害の生々しい実態”をぜひ知ってほしい。(2016/5/16)

合格が祝えないGoogle翻訳さん「Sakura fence」
(2016/5/13)

「Google翻訳」のAndroidアプリ、他のアプリ内での「タップして翻訳」が可能に
Android端末のほとんどすべてのアプリで、テキストを選択するとその場で「Google翻訳」アイコンがポップアップして翻訳できる機能が追加された。Facebookメッセンジャーでも外国語ユーザーとチャットできる。Google翻訳のバージョン5.0のオプトイン機能だ。(2016/5/12)

本間さんごめんなさい「ほんましんどいわ」をGoogle翻訳した結果
(2016/5/12)

シネックスインフォテックに聞く:
SIMフリースマホの販売を支援する“ディストリビューター”とは?
SIMロックフリースマートフォンを日本で販売する際の黒子としてメーカーを支援するのがディストリビューター(卸売業者)だ。シネックスインフォテックは、ZenFoneシリーズはじめとする端末の流通を担当。どんな形で支援をしているのか、詳しく聞いた。(2016/3/1)

お手軽:
初期費用0円で後付けスマートホーム ピクセラがIoT・翻訳事業に参入
ピクセラが新たに参入する「IoT事業」と「翻訳事業」において新製品を発表した。気軽に導入できるゲートウェイで、今住んでいる自宅をスマートホームできるってホント?(2016/2/25)

世界を「数字」で回してみよう(25) ダイエット:
ダイエットで脳が壊れる? 危険な“負の連鎖”
ある晩、風呂に入ろうとしていた私の体を見て、娘が悲痛な叫びをあげました。鏡を見ると、びっくりするほど痩せ細った私が映っていたのです。今回は、ダイエッターにとって決してひとごとではない“ダイエットの負の連鎖”、つまり摂食障害の深刻さについて数字を分析してみましょう。(2016/1/20)

「東海道五十三次」から刀剣の鍔まで ニューヨーク国立図書館が60万点を超えるデジタル資料をWebで公開
これは「映像の世紀」ならぬ「画像の世紀」か……。(2016/1/20)

ネットを騒がせた「vvvウイルス」 「日本への流入は限定的」トレンドマイクロが報告
暗号化型ランサムウェア「CrypTesla」の新しい亜種である可能性が高いとのこと。(2015/12/8)

GmailやYouTubeがスター・ウォーズ仕様に Google×スター・ウォーズ「内なるフォースの覚醒」
スターウォーズシリーズ最新作「フォースの覚醒」公開を前に、Googleの各サービスをスター・ウォーズ仕様にする企画が始まった。(2015/11/24)

Googleが映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」公開にノリノリすぎてGmailをはじめGoogleマップ、YouTube、Chromeなどにいろいろ仕込む
フォースと共にあらんことを。(2015/11/23)

「アプリ甲子園2015」リポート
世界のアレルギー患者を救いたい――小学6年生が熱意で作ったスマホアプリとは?
小中高生が開発したスマートフォンアプリのコンテスト「アプリ甲子園2015」の決勝大会が開催された。応募総数1334作品の中から頂点に輝いたアプリとは?(2015/11/12)

TAG Heuer、Intel、Googleが共同開発したスマートウォッチ「TAG Heuer Connected」
高級時計メーカーのTAG Heuerは、IntelのプロセッサーとGoogleの「Android Wear」を採用したスマートウォッチを11月12日から販売します。(2015/11/10)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。