ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HubSpot」最新記事一覧

【連載】スモールスタートで成功するマーケティングオートメーション 最終回:
例えば「HubSpot」×「Slack」なら何ができる? 外部ツール連携でMAをフル活用する
外部ツールと連携することで、MAをより効果的に活用できるようになります。今回は、営業や集客などの目的別に外部ツールとの連携例を紹介します。(2017/5/24)

【連載】スモールスタートで成功するマーケティングオートメーション 第3回:
リードを売り上げに変えるためのポイントとは? リードナーチャリングからセールスパイプラインまで
マーケティングオートメーションを活用することで、リードの管理と育成ができるようになります。今回はその方法、そして案件創出後のセールスパイプラインについて解説します。(2017/4/26)

【連載】春の短期集中講座「初めてのマーケティングオートメーション」 第1回:
B2Bマーケターの皆さん、お客さまへの接触機会を逃していませんか?
B2B企業におけるマーケティングオートメーション活用はますます加速しています。ここであらためて、MA活用の基礎を学んでみませんか。(2017/3/30)

有望な見込み客を絞り込み優先順位を付けてトラッキング:
BrightcoveとHubSpotが提携、「HubSpot」に動画分析機能を組み込みシームレスな統合を実現
BrightcoveとHubSpotは、両社が提携してブライトコーブの動画解析をHubSpotのプラットフォームに直接組み込み、シームレスな統合を実現すると発表した。(2017/3/13)

【連載】スモールスタートで成功するマーケティングオートメーション 第2回:
マーケティングオートメーションの起点「刺さるコンテンツ」を定義する
マーケティングオートメーションを始める上で魅力的なコンテンツは不可欠ですが、やみくもに作り始めても、なかなかうまくいきません。まずはしっかりとした「設計図」の作り方から学びましょう。(2017/3/6)

【連載】スモールスタートで成功するマーケティングオートメーション 第1回:
「導入するも放置」が多数――マーケティングオートメーションを持て余す企業は何を間違えているのか
せっかくマーケティングオートメーションを導入したのにうまく活用できない企業が少なくありません。成功のコツは「小さく始め、大きく育てる」こと。本連載で具体的な方法を学びましょう。(2017/1/18)

【連載】企業戦略としてのマーケティングオートメーション 第2回:
「顧客ターゲット」を捨て去る勇気――神田昌典、MAで変わるマーケティングの“新常識”を語る
「日本一のマーケター」と呼ばれる神田昌典氏の目に映るマーケティングオートメーションの「真の革新性」とは何か。短期集中連載第2弾。(2016/7/22)

「HubSpot」ユーザーの認知獲得を支援:
インバウンドマーケティングに広告を活用、24-7が「AdRoll」の取り扱いを開始
インバウンドマーケティング事業を推進する24-7は、広告プラットフォーム「AdRoll」の取り扱いを開始した。(2016/6/20)

「HubSpot」上で活用できるデザインテンプレート素材のショッピングサイト:
24-7、HubSpotマーケットプレイスで国内初のオリジナルテンプレートを販売開始
24-7は、HubSpotが提供するマーケットプレイス上で、国内初のオリジナルテンプレートの販売を開始したと発表した。(2016/6/6)

【連載】“0円”から始めるマーケティングオートメーション 第1回:
オープンソースのマーケティングオートメーションを知っていますか?
マーケティングオートメーションを使いたいけれどコストも掛かるし難しそうだしなかなか導入に踏み切れない……。そんな悩みを抱える企業に「新しい選択肢」を提案します。(2016/4/15)

マーケティング企業のセルフサービスBI導入事例
実践で分かった、“脱Excel”でどれだけ仕事のスピードは上がるのか?
「Microsoft Excel」は最も広く利用されるBIツールだが、マーケティングサービス企業の米FullFunnelは同ツールでは不十分と感じ、セルフサービス型のアナリティクスツールに切り替えた。(2016/1/15)

Glassdoorの「働きやすい企業ランキング」、トップはAirbnb Facebookは5位、Googleは8位
米キャリア情報サイトGlassdoorが毎年発表する「雇用者が選ぶ最も待遇の良い米国企業」ランキングで、民泊サービスのAirbnbが初登場で首位に立った。昨年トップのGoogleは8位にダウンし、Facebookは5位、Twitterは26位だった。(2015/12/9)

Evernote共同創業者のフィル・リービン氏、ベンチャーキャピタリストに
Evernoteの共同創業者で、7月にCEOを退任して会長になっていたフィル・リービン氏が、SnapchatやStripeに出資するベンチャーキャピタル(VC)、General Catalyst Partnersのパートナーに就任した。(2015/9/16)

【連載】BtoBマーケティングの極意!学びと実践の現場から:
第5回 インサイドセールスなしには語れないBtoBマーケティング
BtoBマーケティングにおいては1件の商談の背後にはいくつかの商談があります。背後に何の見込みもないまま、まったく新しい顧客を求めて営業するのと、関係するいくつかの案件を同時に進めていくのとでは、後の成果が目に見えて違ってきます。インサイドセールス、コンテンツマーケティングやインバウンドマーケティングといったIT活用はこのようなスマートなマーケティング展開を支援します。(2014/7/11)

【連載】BtoBマーケティングの極意!学びと実践の現場から:
第4回 企業サイトの運用を激変させるマーケティングオートメーションツールの衝撃体験
学生と実務家という立場で書かせていただいているこの連載も4回目を迎えることができました。今回は特に、実務家の立場からこれまで続けてきた仕事の事や、最近話題にのぼることが多い「マーケティングオートメーションツール」について触れてみたいと思います。(2014/6/13)

【連載】BtoBマーケティングの極意!学びと実践の現場から:
第3回 出遅れが致命的な結果にならないために――ますます重要になるコンテンツマーケティング
コンテンツマーケティングやインバウンドマーケティングは一時的な流行ではなく、営業規模や組織規模に依存せず売り上げを拡張していくために、企業にとっては継続的に取り組みたい重要課題です。今回は、見込み客に向けたメッセージの見せ方、伝え方の基本を振り返ります。(2014/5/16)

OpenStackが普及するために必要なこと
クラウドに興味を持つ者全てが望む「オープンソース連係」
クラウド技術の専門家が、OpenStackの動向とオープンソースクラウド標準をめぐる2013年〜2014年の動きを分析した。(2014/2/12)

【インバウンドマーケティング対談】高広伯彦+大元隆志:
第1回 インバウンディなマーケティング思考
日本のマーケティングはITの進化に伴い、消費者の情報行動に合わせて進化しているのか。日本初のインバウンドマーケティングエージェンシーを立ち上げた高広伯彦氏、テクノロジーがもたらす変化をウォッチし続ける大元隆志氏の両氏が語る、デジタル時代における日本のマーケティング事情。(2013/12/5)

インタビュー:
6カ月で獲得リード数が5.2倍――HubSpot Internationalのマネージングディレクターが語るインバウンドマーケティングの効果
2013年6月7日、渋谷で開催された「HubSpot Day in Tokyo」。基調講演のために来日したHubSpot InternationalのJeetu“J”Mahtani氏に話を聞いた。(2013/6/11)

HubSpot Day in Tokyo:
狩猟型から農耕型へ――HubSpotとマーケティングの新時代
「HubSpot Day in Tokyo」が6月7日、渋谷で開催された。マーケティングエンジン 代表取締役社長/共同創業者 高広伯彦氏は、アウトバウンド型のマーケティングを「狩猟」、インバウンド型のマーケティングを「農耕」に喩え、時代は農耕型のマーケティングに移行しつつあると語った。(2013/6/7)

インバウンドマーケティングの始め方:
インバウンドコンテンツは長文の方が好まれる
インバウンドマーケティングを始めるためのポイントを3つにまとめてみました。第1に「長文ブログ記事」が好まれるということ。第2に(HubSpotが展開しているような)無料版eBookの配布を検討すること。第3にコンテンツ制作だけでなく、運用面にも気を配ること。(2013/4/15)

Pinterestを活用すべき理由:
SAPのグローバルサーチ担当者が提言――「SEO対策はもう限界、企業がPinterestを活用すべき理由」
米SAPのグローバルサーチ担当シニアディレクターのCrispin Sheridan氏(クリスピン・シェリダン氏)は2013年3月6日、ClickZ.comに「Why Companies Should Use Pinterest for B2B With 4 Key Tips」(4つの工夫で、企業がBtoBでPinterestを活用すべき理由)と題するコラムを発表した。(2013/3/14)

機能連携:
オンラインイベントプラットフォーム「EventRegist」と統合マーケティングプラットフォーム「HubSpot」が機能連携
イベントレジストは2月25日、オンラインイベントプラットフォーム「EventRegist」におけるイベント参加者データの「HubSpot」へのエクスポート機能をリリースしたと発表した。(2013/2/25)

CEOインタビュー:
世界中で働く少数精鋭の開発チームでコンテンツマーケティング市場に挑む――Ginzamarkets CEO レイ・グリセルフーバー氏
GinzamarketsのCEO レイ・グリセルフーバー(Ray Grieselhuber)さんに会社設立後2年間のハイライトを聞いた。世界中に散らばる少数精鋭の開発チーム、コンテンツマーケティングという新しい潮流――。デジタルマーケティングツールのスタートアップらしいフットワークの軽さが印象的だった。(2012/10/31)

マーケティングエンジン代表取締役 社長 尾花淳さんに聞きました:
インバウンドマーケティングは市場創造の1つの方法
2012年8月に設立されたばかりの新会社「マーケティングエンジン」。日本初のインバウンドマーケティングエージェンシーを標榜する同社の代表取締役社長 尾花淳氏に新会社設立の背景やインバウンドマーケティングの可能性を直接聞いてみました。(2012/11/2)

【連載】田中弦のアドテクノロジーで吠える!:
第2回 なぜ田中は「アドテクアドテク」とワーワー言っているのか
アドテクノロジーの進化がインターネット広告市場にもたらすのは、「ネットワーク効果などのネットビジネスの概念」による価値の増大である――。アドテクが注目される意味を独自の視点で解き明かすFringe81 田中氏の連載コラム第2回。(2012/9/26)

コムニコとスケダチが設立:
「HubSpot」などを扱うインバウンドマーケティング専業会社設立
コムニコとスケダチは「HubSpot」などを扱うインバウンドマーケティング專業の新会社「マーケティングエンジン」を設立した。(2012/9/19)

【連載】海外デジタルマーケティングトレンドウォッチ:
弱小マーケティングチームがビッグデータを活用する方法
予算が少なくて、大企業が実施するようなパーソナライズサービスを活用したマーケティングなんてムリ、と思っていませんか? そんなことありません! なにごともアイデア次第なんです。フリーライター 沙倉芽生(さくらめい)氏が米国のデジタルマーケティング系ブログから最新トレンドをピックアップして紹介します。(2012/7/26)

MicrosoftはTwitter買収を考えるべきではない
Microsoftのスティーブ・バルマーCEOは、Twitterの買収は「必要かどうか、わたしにもよく分からない」と語った。そんなことは考えるべきではない、というのがわたしの意見だ。(2010/3/10)

Twitterの成長ペース鈍化、ユーザーの活動は活発に
Twitterのユーザー増加率が低下してきているが、その一方で、ユーザーのフォロワー数や投稿数は増えている。(2010/1/20)

今年中にはビジネス展開か:
Twitter、その自信の根拠は
(2009/2/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。