ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「違法」最新記事一覧

ヤマト運輸、労基法違反の疑いで書類送検 労働時間管理の不備で
各所報道では違法な長時間労働があり、残業代の一部を支払っていなかったとされています。(2017/9/22)

中国の大手ビットコイン取引所、取引停止を発表 ビットコイン急落
中国の大手ビットコイン取引所・ビットコインチャイナが、9月30日でビットコインの取引を停止すると発表した。これを受け、ビットコイン価格は急落している。(2017/9/15)

人気の民泊、「ヤミ」横行……覚醒剤密輸に悪用も
「民泊」市場が拡大しているが、トラブルも多発。違法な「ヤミ民泊」の横行も指摘され、覚醒剤密輸事件の舞台となるケースも起きた。(2017/9/13)

解決の時期は不透明:
AppleとQualcomm、法廷闘争に至るまでの経緯
AppleとQualcommの法廷闘争は長期化し、解決の時期を見通すことが難しい状況になっている。両社の係争は、なぜここまで泥沼化してしまったのか――。その背景には複雑な取引契約の背景があった。(2017/9/11)

タイトルで検索すると違法サイトがトップに…… 漫画家が1カ月間「違法アップロードサイト対策」をしてみた結果
Googleへの通報の過程と結果を漫画で描いています。(2017/9/10)

その効果は:
「日本は1万円札を廃止すべき」なぜ? 提唱者に聞いた
マクロ経済学の第一人者、米ハーバード大学のケネス・ロゴフ教授による「日本の一万円札廃止」の提言が注目されている。(2017/9/8)

海賊版マンガに誘導 「はるか夢の址」運営者を家宅捜索 「実質的に著作権侵害」と問題視
違法にコピーされた漫画の海賊版が掲載されているサイトを紹介し、利用者を誘導する「リーチサイト」大手「はるか夢の址」について、運営者が家宅捜索を受けていた。(2017/9/8)

「1万円札廃止論」に注目 やめたらどうなる? 提唱者に聞いた
ハーバード大学のロゴフ教授による「日本の一万円札廃止」の提言が注目されている。日本国内ではロゴフ氏の主張への異論も出ており、一万円札廃止までの道のりは先が長そうだ。(2017/9/8)

プラットフォームビジネスの可能性:
日本の「ユニコーン」メルカリに期待感、フリマの手軽さには功罪
年内の東証上場を目指すメルカリ。時価総額は今年最大の1000億円超との予想も出るなど、日本の「ユニコーン」(非上場の有望ベンチャー)企業の代表格として期待が高まっている。(2017/9/7)

「電車を遅延させると、高額な損害賠償金」ってホント? 鉄道会社に聞いてみた
うわさではよく聞きますが……。(2017/9/5)

ECサービスの問題に業界や関係省庁で対策 「EC事業者協議会」をYahoo! JAPANとメルカリが設立
業界全体や関係省庁で協議し、安心安全なeコマース環境整備を目指す(2017/9/5)

中国、仮想通貨による資金調達「ICO」を禁止
中国当局が、仮想通貨を使った資金調達「ICO」(Initial Coin Offering:新規仮想通貨公開)を禁止すると発表した。(2017/9/5)

ECサービスの課題解決目指す:
メルカリとヤフー、「EC事業者協議会」を発足
メルカリとヤフーが「EC事業者協議会」を発足。不正利用や個人間取引のトラブルなどのさまざまな課題を包括的に協議するという。関係省庁もオブザーバーとして参加する。(2017/9/4)

映画「童貞。をプロデュース」配給会社と監督、「性行為強要」との出演者の主張を否定
10周年記念上映を中止した理由についても説明。(2017/8/31)

使わなくなった自転車って、どうやって処分するの?
いくつかある自転車の処分方法。具体的なやり方についてまとめました。【追記あり】(2017/8/30)

近未来SFマンガ「AIの遺電子」、週刊から月刊へ移籍 母親探しの新章へ
週刊読み切り形式での連載は終了し、別冊少年チャンピオンで新展開のストーリーが始まる。(2017/8/24)

警察指導「慢心スルー」の末路 人気「コスプレバー」、違法接待で摘発
無許可で女性従業員に客を接待させたとして、大阪・ミナミの繁華街にある人気コスプレバーが摘発された。府警は店側を指導していたが、従わなかったとして経営者の男(39)の逮捕に踏み切った。(2017/8/23)

ビットコインの危うさと課題 匿名性と便利さ悪用、犯罪に浸透
ビットコインに絡む事件や不穏な動きがここ数年、国内外を問わず顕在化している。匿名性と便利さ悪用し、犯罪に利用されることも多い。(2017/8/22)

YouTuberヒカルの「VALU大炎上」とは何だったのか ヒカルがTwitterで経緯説明、暴落したVAは最高値で買い戻すと謝罪
VALU全体が大混乱に陥る騒動となりました。【訂正】(2017/8/17)

電通・パナなども掲載:
厚労省「ブラック企業リスト」401社に HISや水道局も
厚労省が「ブラック企業リスト」として話題となった、労働基準関係法令に違反した企業のリストを更新。(2017/8/16)

Twitterのヘイト投稿を路上スプレー 在ドイツのイスラエル人アーティスト
ハンブルクの路上にヘイトツイートの文面がスプレーでペイントされた。それはTwitterの姿勢に抗議する目的だった。(2017/8/12)

長時間労働や賃金未払いなど:
「外国人技能実習生」受け入れ企業、7割で労基法違反
外国人技能実習生の労働環境はどうなっているのか?――厚労省調べ。(2017/8/10)

3DS版ドラクエ11、すれちがい通信でヨッチ族の不正なデータ出回る メーカーは「別れる」よう注意喚起
不正なデータを利用した場合、動作の保証はできないとのこと。(2017/8/10)

Twitterイラスト無断転載、賠償金40万円支払いで決着 被害イラストレーター「とにかく魚拓&スクショで証拠保全を」
ひとまずよかったです。(2017/8/9)

規制に抜け穴:
ヤフオク・メルカリで象牙売買活発、取引停止検討を=報告書
報告書によると、ヤフオクでは調査期間中に9788個の象牙製品が取引され、推定取引額は4520万円にのぼった。また、メルカリでも573個の出品があった。(2017/8/9)

逮捕された「WannaCry」拡散阻止の英雄、保釈が決まるも依然拘束中
世界中で猛威を振るったランサムウェアの「キルスイッチ」を見つけた功績で英雄視されていた青年はどうなるのか。(2017/8/8)

“ネット開設すればNintendo Switchが買える”……ヤマダ電機が不適切な説明で謝罪 「抱き合わせ販売で独禁法違反」の声続出
独占禁止法で禁じられている抱き合わせ販売を実施したという事実はないという。(2017/8/8)

JASRACがテレビCM 「店舗でBGM利用には手続き必要」と呼び掛け
JASRACがテレビCMを開始。JASRAC管理楽曲を店舗でBGM利用する場合、著作権の手続きが必要であることを周知する。(2017/8/8)

イラストを勝手に健康サプリの広告に使われた――イラストレーターがTwitterで訴え 悪質管理者に賠償請求へ
迷惑すぎる……。(2017/8/3)

「まだまだディーゼルの可能性ある」:
マツダ、ディーゼル車への姿勢「微塵も変わらない」
欧州で不正疑惑が浮上してディーゼル車の環境性能に対する信頼が再び揺らいでいることについて、マツダ幹部はディーゼル車の強化に取り組む従来からの姿勢は「微塵も変わることはない」と強調した。(2017/8/2)

運送業界“闇制度” 「運転するほど収入」に捜査のメス 過労運転の温床か
「個人償却制」と呼ばれる運送業界のシステムにメス。表向き社員と扱われながら、実質的には個人ドライバーとみなす制度で、会社側、運転手側の双方に“メリット”があるとされるが……。(2017/8/2)

警察庁の偽サイト現る 「違反行為した」と“罰金”要求
警察庁を装い、ユーザーに「罰金」を要求――そんな詐欺サイトを確認したと、トレンドマイクロが注意喚起。(2017/7/31)

Apple、「法律に準拠していない」とVPNアプリを中国のApp Storeから削除
中国でのシェア拡大に注力するAppleが、中国のApp Storeから主要なVPNアプリを削除したとVPNアプリメーカーがAppleからの通知を添えて発表した。VPNは中国で検閲回避ツールとして人気だが、7月に当局がVPNサービスの停止を指示したと報じられている。(2017/7/31)

“日本が知らない”海外のIT:
“乗り捨て”をどう解決? 世界で広がる「自転車シェアサービス」の今
日本だけでなく、世界でもスタートアップが続々と参入する「自転車シェアリングサービス」。手軽な移動手段の1つとして便利だが、まだまだ超えなければならない課題は多い。(2017/7/27)

かーずSPのインターネット回顧録:
「もせあ」って覚えてる? 音楽データの扱いに革命を起こした「MP3」の衝撃
MP3の普及で、音楽・音声の扱いは一気に変わりました。(2017/7/29)

日産との提携効果も:
三菱自、4〜6月期は営業益4.5倍、燃費不正の特損消え最終黒字に
三菱自が発表した2017年4〜6月期の連結決算は、営業利益が前年同期比4.5倍の206億円となった。(2017/7/26)

「テレワーク・デイ」に「働き方改革」のおいしいところを考える
官民あげての「テレワーク・デイ」が、日本でも初めて実施された。「働き方改革」がうたわれる中で、どのような役割を果たしていくのだろうか。(2017/7/25)

サイバー攻撃、ライセンス違反も明日はわが身:
PR:IT資産管理の全てがここにある――ITAM World 2017レポート
仮想化、クラウドが多くの企業に浸透した近年、ITシステムは大幅に複雑化し、確実な把握・管理が年々難しくなっている。一方でサイバー攻撃はますます巧妙化し、われわれは常に甚大なセキュリティ、コンプライアンスリスクにさらされている状況だ。では一体どうすれば膨大なIT資産を確実に管理し、「攻めのIT」を支えることができるのだろうか? ITAM World 2017にその答えを探る。(2017/7/27)

東大ラノベ作家の悲劇ーーティッシュ配りの面接に行ったら全身入れ墨の人がきて、「前科ついても大丈夫だから」→結果:<後編>
配っていたのはティッシュか、それとも。(2017/7/23)

渋滞知らずの「天空バス」:
中国発「夢の技術」は詐欺だった 「道をまたぐバス」の顛末
渋滞をものともせず、環境への負担も少なく、経済的にも優れている──中国で「未来の交通システム」として開発が進んでいた新型バス。違法な手段で出資金を募ったとして30人以上が拘束された。(2017/7/21)

世界最大の闇市場、国際捜査で摘発 禁止薬物やマルウェアを大量売買
AlphaBayは、約4万の販売業者と20万人のユーザーが利用。禁止薬物や毒物、盗まれた個人情報や偽造品、マルウェアなどのハッキングツール、火器などがダークWebで売買されていた。(2017/7/21)

中国発「夢の技術」は詐欺だった 世界を驚かせた「天空バス」の顛末
中国で「未来の交通システム」として開発が進んでいた新型バスをめぐり、違法な手段で出資金を募ったとして30人以上が拘束された。技術的にも疑問が呈されており、プロジェクトはこのまま頓挫するもようだ。(2017/7/21)

英政府、ポルノサイトに年齢証明機能義務付けへ
英国で2018年4月に施行予定の「Digital Economy Act 2017」では、ポルノサイトなど成人向けサイトへの年齢証明機能の追加が義務付けられる。訪問者はアクセスするためにクレジットカード情報などを入力しなければならなくなる。(2017/7/18)

悪質な「まとめサイト」に捜査のメス 広告収入目的でデマ拡散
他人の名誉をいたずらに傷つける悪質な「まとめサイト」。事実無根な情報が飛び交う悪質サイトに、ついに捜査のメスが入った。(2017/7/18)

おふざけ動画の「生主」:
少女買春容疑の千葉県市川市議に「やんちゃ」過去
中学1年の女子生徒に現金を渡してわいせつな行為をしたとして警視庁に児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで摘発された千葉県市川市の三浦一成市議。知人らを取材すると、過去の「やんちゃ」の数々が聞こえてきた。(2017/7/13)

JASRAC、初のBGM差し止め・損害賠償請求 理容店など2店舗に
音楽著作物の手続きをせずにBGMを利用していた北海道の理容店、香川県の飲食店に対し、JASRACが使用禁止(差し止め)と損害賠償を求めて提訴。(2017/7/11)

予約を無断キャンセルした客の番号を共有するサイト、注目浴びる 背景には飲食店の“泣き寝入り”事情
サイト運営者、個人情報保護委員会に取材しつつ、飲食店経営者に“無断キャンセル”の実情を聞いた。【訂正】(2017/7/8)

「西田敏行さん 違法薬物使用」の中傷ブログで拡散 男女3人書類送検 「広告収入増やしたかった」
西田敏行さんを誹謗中傷する記事をインターネットのブログなどでまとめて拡散した偽計業務妨害容疑で、40代の女ら男女3人が書類送検。(2017/7/7)

熾烈な客引き:
赤ケバブ、青ケバブ 仁義なき“六本木ケバブ戦争”に幕?
東京・六本木のケバブ店で強引な客引き行為をしたとして、警視庁麻布署は風営法違反容疑で、トルコ国籍の20代の兄弟を逮捕した。(2017/7/6)

声優・緒方恵美の25周年アルバム、檜山修之さん、勝生真沙子さんら6人が参加決定! エヴァQ「桜流し」の追加収録も
クラウドファンディングで2500万円が集まり、「最後のストレッチゴール」が実現。(2017/7/5)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。