ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「違法」最新記事一覧

Computer Weekly:
1150万文書から関係性を洗い出せ――「パナマ文書」解析プロジェクト
1150万個のファイル(計2.6TB)からなる「パナマ文書」はどのように解析されたのか? 世界に衝撃をもたらした同文書解析の舞台裏を紹介する。(2016/5/25)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
「これ謝罪会見ですよね? 何を謝りに来たんですか?」
マスコミに向かって頭を下げに来たのではないことは確かだと思うんですが。(2016/5/24)

厚生労働省がブラック企業名を初公表へ 最長で月に約197時間、複数の事業場で違法な長時間労働
1カ月当たり100時間を超える時間外・休日労働が認められたのは63人。(2016/5/19)

サイバー犯罪のビジネス化の実態を浮き彫りに:
サイバー犯罪対策の実践的アドバイスをまとめたホワイトペーパー、HPEが公表
米HPEは、サイバー犯罪の動機や違法組織の“バリューチェーン”を分析し、企業のリスク軽減に役立つ実践的なアドバイスをまとめたホワイトペーパーを発表した。(2016/5/19)

「タックスヘイブンはもう古い」と金融のプロは笑った 租税回避とマネーロンダリングの主流はいま
「悪事を隠す方法はいくらでもある」――金融のプロは、パナマ文書以上に深い闇を語り始めた。(2016/5/18)

「2ちゃんねる」の商標もひろゆき氏に 「2ch」に続き
「2ch」に続き「2ちゃんねる」の商標もひろゆき氏に。(2016/5/16)

「離職率10%未満」ホワイト企業だけの会社説明会、就活生の心に刺さったか
離職率の低さや休暇の取りやすさなど労働環境が良い中小企業を集めた合同企業説明会が大阪で開かれた。“ホワイト中小企業”のラブコールは学生たちに響くのか。(2016/5/16)

「2ちゃんねる」の商標権はひろゆき氏へ
先月の文字商標「2ch」に続き。(2016/5/14)

多数の匿名FTPサーバが不適切に公開? 請求書や名簿など見つかる
個人以外では中小企業が大半を占め、ラックが状況確認を呼び掛けている。(2016/5/13)

ハギーのデジタル道しるべ:
38年前の新人がいまに伝えたい、たった2つの必要なこと
今回は38年前に新人だった筆者の当時のエピソードから、新人に必要なものがたった2つしかないことをお伝えしたい。昔話の教訓として感じ取っていただければ幸いである。(2016/5/13)

なぜ舛添都知事の説明は響かないのか
毎週公費での湯河原別荘送迎などへの強い批判を受け、舛添都知事本人が釈明しました。しかしそれは効果があったでしょうか?(2016/5/11)

業界最速:
PR:えっ、あの映画をもう観られるの? 動画配信サービス「bonobo」の強み
動画配信サービス「bonobo」がスタートした。映画ファンの中で話題になっているが、既存のサービスとどのような違いがあるのか。サービスを運営するパケットビデオ・ジャパンでヴァイスプレジデント兼マーケティング部長を務める石橋氏に話を聞いた。(2016/5/9)

「2ch」商標はひろゆき氏に 拒絶査定、不服審判で取り消し
ひろゆき氏が「2ch」の商標を近く取得する。(2016/5/2)

山形豪・自然写真撮影紀:
アフリカゾウに迫る危機
アフリカを象徴するとも言える被写体であるアフリカゾウ。近年そのアフリカゾウの生息数が大きく減少している。その主たる原因は象牙をターゲットとした密猟だ。(2016/5/2)

「えっ、わが社がライセンス違反?」とならないために:
PR:クラウド、仮想化、サーバ更新、モバイル利用――複雑化するIT環境で気を付けたいライセンス管理の盲点
クラウドやサーバ仮想化、モバイルデバイスからのアクセスなどが一般的になったことで、ソフトウェアのライセンス管理が複雑化している。「正規ライセンスを購入しているから大丈夫」ではなく、知らないうちにライセンス違反……といったケースもあるのだ。正しくライセンスを管理するには、どういった対応や仕組みが必要なのだろうか。(2016/4/25)

勤務先の「児童ポルノ専用検知システム」がきっかけに 「単純所持」容疑で逮捕された34歳男
児童ポルノの「単純所持」容疑で34歳の男が書類送検された。きっかけは、男性が勤務していた外資系会社内の「児童ポルノ専用の検知システム」が作動したためだった。(2016/4/18)

真岡鉄道、モラルのない撮り鉄に「もう来ないでください」と呼びかけ 敷地内に侵入し菜の花を踏みつけて撮影
撮影のための路上駐車も問題視。(2016/4/13)

田児選手を解雇・桃田選手を出勤停止30日に NTT東日本、バドミントン部員の賭博関与で処分
NTT東日本の男子バドミントン部所属選手による賭博問題で、同社が処分を発表。(2016/4/11)

暗号化解除をめぐる米法案、司法当局へのバックドア提供を義務付け
Apple対FBIのiPhoneロック解除をめぐる攻防が続く中で公開された暗号化解除をめぐる法案は、裁判所が暗号化された情報やデータの解読を企業や個人に命令できる内容になっている。(2016/4/9)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニバイトもブラック化する? 「最大28分タダ働き」のカラクリ
先日、コンビニでバイトをしている高校生に未払いの賃金が支払われることになったという報道があった。賃金が未払いになった原因は何だったのか。今回は、社会問題になったブラックバイトの現状と原因について取り上げる。(2016/4/4)

年間約3兆8000億円:
「パチンコしか行き場がない」 増え続ける生活保護費、パチンコで浪費
生活保護費は年間約3兆8000億円。17年度からの10年間で1.5倍に拡大し、厚労省は37年度に5兆2000億円に上ると試算。支出を膨張させている最大の理由が高齢化だ。(2016/3/28)

有料ガチャに上限設定、アイテム出現率を表示――JOGA新ガイドライン、「グラブル」Cygamesなどにも順守要請
日本オンラインゲーム協会(JOGA)は、ガチャを利用したアイテム販売に関する規制を定めた新ガイドラインに関する説明会を、Cygamesなどが所属しているモバイル・コンテンツ・フォーラムと共同で開く。(2016/3/25)

30万本のセールスを達成も海賊版被害は160万件以上 ボクサー育成ゲーム「Punch Club」がデータを発表
ポルトガル語版リリースと同時に、ブラジルでの被害が増えたとのデータも。(2016/3/23)

初代「ディアブロ」の海賊版ユーザーが19年の時を経て開発者へ謝罪し代金を支払う
GDCであったちょっと良い話。(2016/3/21)

コピペ教に入信しませんか? 
情報のコピー&ペーストを神聖な行為とするグループが、スウェーデンでは宗教団体として正式に認められている。(2016/3/14)

モバイル活用に欠かせない「EMM」の光と影
iPhone/Androidスマホの「位置情報追跡」が法に触れる場合も?
モバイルデバイスの企業利用を安全に進めるのに役立つEMM製品。IT管理者にもたらすメリットが多いEMM製品だが、導入に当たっては注意すべき点もある。(2016/3/14)

レトロゲームを自動解析して3Dで表示するエミュレーター「3DNes Emulator」が登場
現状ではFirefox上でのみ動作するβ版が公開中。(2016/3/12)

KDDI、「2年縛り」見直し 自動更新廃止へ 田中社長が明言
KDDIの田中社長は10日、携帯電話のいわゆる「2年縛り」を見直し、自動更新の制度を廃止する方針を明らかにした。(2016/3/11)

動き出す電力システム改革(56):
電力会社に独占禁止法の新たな規制、スイッチングの妨害などが対象に
電力の取引に関しては経済産業省と公正取引委員会が共同で作成した指針があり、小売全面自由化を前に内容を改定した。小売・卸売・託送の3分野を中心に問題となる行為を挙げて、独占禁止法や電気事業法に違反する可能性を示している。特に電力会社に対する規制を数多く盛り込んだ点が特徴だ。(2016/3/9)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
放送を殺す「4K放送コピー禁止」の危険性
昨年末、NexTV-F(次世代放送推進フォーラム)の会合が開かれ、4K放送の規格が策定された。ところがこの規格書の中に「4Kは録画禁止」とも受け取れる記述があり、放送の未来が大いに揺れている。麻倉怜士氏が警鐘を鳴らす。(2016/3/7)

ウェブ魚拓「過去の魚拓」機能停止 URL・タイトルも「忘れられる権利」に含まれる懸念
アフィリティーが「ウェブ魚拓」の「過去の魚拓機能」を停止。忘れられる権利などへの対応が難しいためだという。(2016/3/4)

余ってしまった有給休暇、会社に買い取ってもらえる?
近々取得が義務化されそうな有給休暇。余った場合、会社に買い取ってもらうことはできるのでしょうか。(2016/3/2)

「学び続ける小さな人工知能」を実現する、組み込みボード「NVIDIA Jetson TX1」
NVIDIAは開発プラットフォーム「NVIDIA Jetson TX1」の国内販売を開始する。GPUによる画像処理はもちろんのこと、CUDAプラットフォームを利用することで実機にデプロイした後も学び続けるディープラーニングを構築できる。(2016/3/2)

ルネサス「Synergy」のセキュリティ戦略:
IoT機器のRoot of Trustはマイコンであるべき
ルネサス エレクトロニクスは、設計基盤プラットフォーム「Renesas Synergyプラットフォーム」の新しいセキュリティ戦略として、IoT(モノのインターネット)機器の製品ライフサイクルの全段階を保護する「DLM(Device Lifecycle Management)」を発表した。DLMは、IoT機器のセキュリティに対するルネサスの考え方を、具現化したものとなっている。(2016/3/2)

世界で80万以上の宿を提供:
オーナーが同居しない空き部屋シェアリングは規制強化せよ
「シェアリング・エコノミー」の代表例は配車サービスのUberと、空き部屋シェアサービスのAirbnbであるが、注目を集めると共に論議を呼んできた。今回は、Airbnbのコミュニティーにとってのセキュリティの観点から考えてみよう。(2016/2/26)

Cygames、「グラブル」ガチャに実質的上限 9万円相当で必ず好きなキャラ
「グランブルーファンタジー」がガチャによる1キャラクターの獲得額に実質的な上限を設ける新機能を発表。300回(約9万円相当)で好きなキャラクターを獲得できる。(2016/2/25)

日本型セキュリティの現実と理想:
第17回 「標的型メール訓練」がもてはやされる理由
ここ数年、セキュリティ対策として急速に市場で認知されたのが「標的型メール訓練」である。今回はこの賛否両論あるサービスの有効性と実施しなければならない理由について述べてみたい。(2016/2/25)

TPP「アクセスコントロール回避規制」にMIAUが意見 「権利者に不利益ない行為は規制対象外に」
TPP批准に伴う著作権法の改正について、インターネットユーザー協会(MIAU)が文化庁への意見書を公開。権利者の不利益にならないアクセスコントロールの回避は、規制対象外にするように求めている。(2016/2/24)

ルネサス「Synergy」のセキュリティ機能:
IoT機器を“ゆりかごから墓場まで”保護する
ルネサス エレクトロニクスはドイツで開催中の「embedded world 2016」で、IoT(モノのインターネット)向けの設計基盤である「Renesas Synergyプラットフォーム」について、「Device Lifecycle Management」と呼ばれるセキュリティ戦略や、IAR Systemsとの協業などを発表した。(2016/2/24)

ファイル共有ソフトを使用した著作権法違反事件の一斉集中取締りを実施 2日間で44人を検挙
今回で7回目の実施。2月16日から18日までの間に93カ所を捜索したとのこと。(2016/2/23)

民主・福島伸享議員の「同人誌は価値がない」発言が逆の意味で拡散され炎上する事態に 本来は同人作家の権利を守る発言
インターネッツこわい。(2016/2/19)

「日本政府を攻撃する」公安を震撼させた少年ハッカー 普通の子供が「アノニマス」にあこがれた末に暴発したナゾ
田舎暮らしの少年が「アノニマス」に憧れ、「日本政府を攻撃する」とTwitterに投稿。ハッキングの予行演習もしていた。その背景は――。(2016/2/18)

多発する犯罪の切り札に? 「日本サイバー犯罪対策センター」の活動とは
不正送金や情報流出などサイバー犯罪による被害が深刻になる中、脅威の無効化を目標に2014年11月に始動したのが「日本サイバー犯罪対策センター」だ。これまでの活動状況などを聞いた。(2016/2/18)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
何が起きていたのか? 清原和博容疑者が古巣・巨人を「震撼」させていた
元プロ野球選手・清原和博容疑者が覚醒剤所持容疑で逮捕されたが、その衝撃はいまだ沈静化していない。新たな疑惑がたくさん浮上してきているからだ。その中の1つ……。(2016/2/18)

「日本政府を攻撃する」公安を震撼させた少年ハッカー
「日本政府を攻撃する」――。田舎暮らしの少年の軽はずみなネット投稿が、公安警察の逆鱗に触れた。自宅のPCにコンピューターウイルスを保管していたとして、兵庫県警警備部は2月、同県内に住む高校2年の少年を書類送検した。(2016/2/17)

隠し撮りを捕まえる正義の味方 その正体は恐喝男「盗撮ハンター」だった
盗撮をしている男性を見つけては声をかけ、警察に行くか示談金を支払うか迫る。こんな手口で金を脅し取る事件が相次いで摘発された。その名も「盗撮ハンター」。被害女性もグルだった疑いがある。(2016/2/17)

CAD読み物:
技術情報情報漏えい対策の最新動向
今回は最近の技術情報に関連するシステムの動向や事例を紹介します。(2016/2/15)

プーチン大統領に違法データ配布サイトオーナーが助言? 
プーチン大統領の周辺に、また疑惑の人物が登場した。(2016/2/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
フランスで「食品廃棄禁止法」が成立、日本でも導入すべき意外な理由
フランスで「賞味期限切れ食品」の廃棄を禁止する法律が成立した。世界で類を見ない画期的な法律であると世界各地のメディアで取り上げられ話題になっている。課題もたくさんあるが、フランスのこの取り組みは日本でも参考になるのではないだろうか。(2016/2/12)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2016年1月版:
「LINE」に「Webカメラ」、のぞき見られた1月
世間では「不倫騒動」でも、セキュリティクラスタにとっては「情報漏えい事件」なのでした。そして突然再燃した「Webカメラのぞき見問題」に、連続する「アノニマスのDDoS攻撃」。年明けから騒がしかった2016年1月のセキュリティクラスタを振り返ります。(2016/2/10)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。