ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「違法」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「違法」に関する情報が集まったページです。

偽ドラゴンボールカード、メルカリで販売 38歳の男を逮捕 売り上げ120万円、「手軽に稼げた」
「ドラゴンボール」のデザインを使用したカードをアニメ会社の許可を得ずに販売したとして、京都府警は13日、著作権法違反の疑いで、無職の男を逮捕した。(2018/11/14)

Facebook、Twitter、LinkedInでも活用
ソーシャルメディアに使われるAI技術 マーケティングから密猟防止まで
企業はソーシャルメディアマーケティングにAI技術を利用することで、マーケティングオートメーションを進めている。ソーシャルメディアとAI技術を組み合わせた、意外な分野のユースケースも登場し始めた。(2018/11/13)

“いま”が分かるビジネス塾:
ニッポンの職場が激変? 年収大幅減、下請けに丸投げなどの懸念も
2019年4月に働き方改革関連法が施行される予定だ。しかし、対応が十分にできている企業は少ない。今の状態で法律が施行されると、年収の大幅減や中小企業におけるサービス残業の横行、生産の縮小などの悪影響が懸念される……。(2018/11/12)

人体切断や空中浮遊で「戦う」! “ヤバい人たち”が集うマジックの世界大会では何が起こっているのか?
「ステージで蝶を出したマジシャンがいたんですよ。そしたら……」(2018/11/10)

ネットを震え上がらせた“シャブ山シャブ子”こと江藤あや、素顔とのギャップに再び反響起こる
シャブ山シャブ子は二度刺す……!!(2018/11/9)

今日のリサーチ:
デジタル広告の新指標「タイムインビュー」 日本ではデスクトップが8.49秒、モバイルが6.98秒――IAS調べ
IASは、2018年上半期のデジタル広告に関する最新レポートを発表しました。(2018/11/5)

石川温のスマホ業界新聞:
スマホから補償金を徴収しようとする音楽権利団体――私的複製の標的にされた「スマホのスクショ機能」
文化庁において進む「著作物等の適切な保護と利用・流通に関する小委員会」という会合。その場でスマートフォンに「私的録音・録画補償金」を適用しようという議論が持ち上がっている。実際に適用すれば、録音・録画しないユーザーからも補償金を取ることになってしまい、不公平感が拭えなくなる。配信中心となった現代において、これで良いのだろうか。(2018/11/3)

「書籍に軽減税率を」出版団体が攻勢 財務省は反発
消費税率の引き上げが来年10月に迫る中、有害図書を除く書籍や雑誌に対して、税率を低く抑える軽減税率の適用を求める出版社団体と、適用に慎重な政府との対立が顕著になってきた。(2018/11/1)

「特定派遣事業」とは何だったのか? 偽装請負問題の増加も懸念事項か
本稿では特定派遣事業とはどのような制度だったのか検証したいと思います。(2018/11/2)

「まとめサイト」賠償命令 サイト側、求められる一層厳格な権利確認
ネット上に「まとめサイト」などがあふれる中、著作権侵害の可能性があるイラストや画像などの無断転載は横行している。経済的な損失が不明確な無料コンテンツの転載についても賠償を認める司法判断が出されたことで、サイト側にはより厳格な権利確認が求められそうだ。(2018/10/30)

「無料公開」でも無断転載は違法 “まとめサイト”側に賠償命令 東京地裁
Twitterに投稿したイラストを「まとめサイト」に無断で転載されたとして、イラストレーターの女性がサイト側に損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁が著作権侵害を認め、イラストの原稿料相当額の支払いを命じる判決を言い渡していた。(2018/10/30)

異例の司法判断:
「無料公開」でも無断転載は違法 “まとめサイト”側に賠償命令 東京地裁
ツイッターに投稿したイラストを「まとめサイト」に無断で転載されたとして、イラストレーターの女性がサイト側に損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁が著作権侵害を認め、イラストの原稿料相当額の支払いを命じる判決を言い渡していたことが29日、分かった。司法関係者によると、ネット上の無断転載をめぐる訴訟は相次いでいるが、無料で公開した投稿でも賠償を求められると明示した司法判断は異例という。(2018/10/30)

安易な宣伝は違法行為になる可能性も:
ジョニー・デップも仮想通貨事業に参入 「TaTaTu」で映画製作に取り掛かる
米俳優のジョニー・デップ氏が仮想通貨事業に参入するという。仮想通貨プラットフォームを展開する「TaTaTu」とパートナーシップ契約を交わし、映画プロデューサーで起業家でもあるアンドレア・イェルヴォリーノ氏と共に映画やデジタルコンテンツの拡充に取り組んでいく。(2018/10/29)

「漫画村は違法か」判断の裁判、異例の判決延期に Cloudflareが判決数日前に答弁書
極めて異例の展開となりました。(2018/10/26)

「漫画村」は違法なのか 日本の裁判所が初めて違法性を判断する注目訴訟が26日に判決
「氏名や住所を含む運営者情報」「著作権侵害に関わるアクセスログ」等の開示を求めている。(2018/10/23)

画像「無断転載」の情報開示請求、慣れたら10分でできる 裁判で約90万円勝ち取った写真家インタビュー
実体験を交えて語っていただきました。(2018/10/28)

待機児童問題を「妻任せ」にするな:
わが子を保育園に入れるために父として下した決断
10年以上会社員を経験した筆者は、今年起業し社長になった。なぜか? その理由には「待機児童問題」が関係している。実体験を基にした、子どもを保育園に入れるために夫ができる「解決策」――。(2018/10/17)

転売者に損害賠償請求 「ゆるキャン」コラボのキャンプグッズメーカーが転売対応策発表
オークションサイトなどでは定価の2倍を超える価格で取引されていました。(2018/10/20)

「漫画村」特定弁護士が海賊版サイト対策で提言 「運営者特定は可能」「ブロッキングの立法根拠存在しない」
「合理的な費用負担の範囲で侵害者を探知する方法がある」ときっぱり。(2018/10/12)

「それでもブロッキングは必要」川上社長らネット番組で議論 「本筋は犯人逮捕」の声も
海賊版サイト対策の一手段であるブロッキング法制化をめぐり、カドカワの川上量生社長、国際大学GLOCOM客員研究員の楠正憲さんらがネット番組で議論した。(2018/10/12)

「ブロッキングの検討、白紙に戻すべき」 Cloudflareによる「漫画村」運営者情報開示受けJILISが意見書
「ブロッキングについての検討はいったん白紙に戻すべき」――JILISが意見書を公表。Cloudflareが6月、漫画村の運営者情報を開示していたことが判明したため、タスクフォースの前提が崩れたと指摘している。(2018/10/12)

仮想通貨価格はさらに下落:
「仮想通貨が今後成長することは考えにくく、需要も減るだろう」 英調査員が指摘
英市場調査会社Juniper Researchの調査員ウィンザー・ホールデン氏は、存在価値を示す機会を逃してしまった仮想通貨が今後成長することは考えにくいと指摘。需要も減るという。(2018/10/11)

批判の的になっていた:
「もうブロックチェーンやICOに投資しない」 中国仮想通貨業界の大物が突然の宣言
中国のベンチャーキャピタル企業BitFund創設者で“仮想通貨長者”として知られるリ・シャオライ氏は9月30日、今後はブロックチェーンやICO関連のプロジェクトに投資することはないと発表。現地の仮想通貨コミュニティーでは波紋が広がっているという。(2018/10/1)

IoT時代に再び脚光? ワームに対抗する「アンチワーム」
ネットワークの黎明期から、攻撃者同士で繰り広げられてきたワーム間抗争。もっぱら攻撃者が自らの勢力範囲を広げるための争いでしたが、時には善意のアンチワームが流通することもありました。そんなアンチワームが、IoT時代に再び注目を集めています。(2018/9/28)

喫緊課題「バイク駐輪場不足」 トランクルーム「ハローストレージ」がバイク駐輪場サービス拡充へ
トランクルームの設備やスペースを活用してバイク駐輪場を拡充。(2018/9/26)

就職と転職に悩む若者へ:
“終のすみか消滅”時代 「大企業かベンチャー企業か」という質問が愚問である、これだけの理由
20代の約半数が「転職を考えている」という調査結果が最近発表された。1社を「終のすみか」とする時代が終わりを告げて久しい。東証一部上場企業、海外の企業、外資系企業、ベンチャー企業と転職を重ねる中で、さまざまな職場を経験してきた筆者が贈る「真剣にキャリアを切り開きたい若手」に対するアドバイス。(2018/9/27)

小売・流通アナリストの視点:
スルガ銀行の不祥事を地銀は笑えない
第三者委員会の公表によってスルガ銀行の常軌を逸する実態が明らかになった。この一連の事件については開いた口がふさがらない。しかし一方で、他の地銀はこのスルガ銀行の不祥事を笑っていられるのだろうか。(2018/9/21)

LPWA通信と電子ペーパーを活用:
パナソニック、電柱広告の共同実証実験を開始
パナソニックと東電タウンプランニングは、低消費電力広域(LPWA:Low Power Wide Area)無線通信と電子ペーパーを活用した電柱広告の実証実験を開始した。(2018/9/18)

Steam初の無修正アダルトゲーム「Negligee: Love Stories」、日本を含む26か国で販売できず 各国の法に準拠するため
ですよね……。(2018/9/15)

苦情殺到:
野焼きは「違法」か 農地とニュータウン混在の自治体の悩み
農家が稲わらや刈り取った草を屋外で焼く「野焼き」。病害虫駆除の役割などを果たすとして古くから行われてきたが、平成13年改正の廃棄物処理法で「農業を営む上でやむを得ない場合」を除き、全面禁止になっている。ところが……(2018/9/15)

欧州議会、著作権法改正案を可決 コンテンツのネット利用に対価、違法投稿防ぐ責任
【ベルリン=宮下日出男】欧州連合(EU)の欧州議会は12日、著作権法の改正案を賛成多数で可決した。インターネット上で使われる映画や音楽、ニュース記事に対する著作権の保護を強化する内容。米グーグルや米フェイスブックなど大手ネット企業に対し、コンテンツ利用の対価を制作者が求めることを認めることなどが柱だ。(2018/9/13)

憤慨する地元住民:
インバウンドで注目の大阪・西成の簡易宿泊所、覚醒剤密売の拠点に
覚醒剤の密売拠点は、警察署からわずか50メートルの距離にあった。大阪・西成区の簡易宿泊所(簡宿)で覚醒剤を売ったとして、大阪府警が8月までに無職の男2人を摘発した。日雇い労働者が集う西成の「あいりん地区」ではかつて、路上での違法薬物の密売が横行していたことから、府警が徹底的な浄化作戦を展開。取引は鎮静化したとみられていたが、訪日外国人客が利用することで注目を集めるようになってきた簡宿で、密売が続けられていたことが明らかになった。地元住民は「いつまでもイメージが改善しない。普通に暮らしたい人もいるのに」と憤慨する。(2018/9/13)

「多重下請け+客先常駐+偽装請負」のコンボで業火に包まれるな:
IT業界の仕組みと偽装請負の闇を分かりやすく解説しよう
上流企業のエンジニアは、プログラミングを行わないって本当?――IT業界への就職/転職を考えている学生や若手エンジニアに贈る、エンジニアとして希望通りのスタイルで活躍するために知っておきたいIT業界の仕組みと慣習、そして自分に合ったIT企業の選び方。(2018/9/11)

今月末で抜本転換:
「派遣の2018年問題」まで残り3週間 企業は「期間制限」にどう対応するか?
2015年9月30日施行の改正労働者派遣法により、施行日以後に締結された労働者派遣契約に基づく労働者派遣には「事業所単位」と「個人単位」が設けられ、両方とも「3年」の期間制限がかかることになった。企業はいかに対応すべきなのか。(2018/9/10)

Steamで「Hentai」ゲームと呼ばれる作品が急増中 「Hentai」ゲームの実態と、その裏に隠れた問題とは
ただ質が悪いだけじゃない。(2018/9/9)

プレミアムな動画媒体とコンテンツのみを配信対象に:
電通など3社、「Premium Viewインストリーム動画広告」の提供を開始
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズのグループ3社は、プレミアムな媒体とコンテンツのみを配信対象とするインストリーム運用型広告サービス「Premium Viewインストリーム動画広告」の提供を開始した。(2018/9/7)

「STORIA法律事務所」ブログ:
改正著作権法が日本のAI開発を加速するワケ 弁護士が解説
2019年1月1日に施行予定の改正著作権法は、日本のAI開発にどのような影響を与えるのか。弁護士の柿沼太一さんが解説します。(2018/9/6)

“労災隠し”が発覚:
厚労省“ブラック企業リスト”更新 「引っ越しのサカイ」支社が追加
厚生労働省が“ブラック企業リスト”を更新。サカイ引越センターの奈良南支社がリスト入りした。作業中に労働者が骨折する事故があったが、報告書の提出が大幅に遅れていたため。(2018/9/3)

教員パソコンをカンニングで大阪医科大生逮捕 患者カルテなど46万件流出
パソコン内のデータを別の場所に自動保存する「バックアップソフト」。インターネット上では無料ソフトも多数公開されている。本体故障時に役立つこの便利ツールを、あまりに不届きな用途に使った医大生が大阪府警に逮捕された。教員用のパソコンにこのソフトを仕込み、成績アップのためにデータを“カンニング”していたのだ。抜き取られたデータの総量は、付属病院の患者カルテというプライベートな医療情報を含む約46万件。大規模な情報流出だったが、当の医大生は事の重大性に気づいておらず、逮捕時、医大生は「これで逮捕?」と驚きの表情を浮かべていたという。(2018/8/30)

トランプ大統領、「Google検索結果はフェイクメディア優遇」と非難ツイート
トランプ米大統領が、先月「Twitterは共和党員をシャドーバンニングしている」とツイートしたのに続け、「Googleの検索結果はフェイクニュースメディアを優遇している」とツイートした。(2018/8/29)

熱視線:
カジノ運営権獲得に向け、海外企業が大阪でPR夏の陣
人口270万人を抱える大阪市は、カジノを設置する日本初の大都市になるとみられている。(2018/8/24)

「役所の非難」では何も始まらない:
「障害者雇用の水増し」で露呈する“法定雇用率制度の限界”
複数の中央省庁が、障害者の雇用率を長年水増ししてきた疑いが浮上している。障害者雇用の現場で、一体何が起きているのか。自身も脳性麻痺(まひ)の子を持ち、障害者雇用に詳しい慶應義塾大学の中島隆信教授に、国と地方自治体による水増しの背景と、日本の障害者雇用の問題点を聞いた。(2018/8/24)

機密性高い無料通信アプリ「Telegram」「Signal」犯罪使用相次ぐ 消去後の復元困難 警察当局、拡大に警戒
海外で開発された機密性の高い無料通信アプリ「Telegram」「Signal」が暴力団関係者や特殊詐欺グループなどによって犯罪に関する連絡手段として悪用されており、警察当局は犯罪ツールとしての悪用の拡大に警戒を強めている。(2018/8/22)

リベンジポルノ相談者数、前年比1.5倍に セーファーインターネット協会が報告
ヤフーなどネット企業から成る団体・セーフーインターネット協会が、「インターネット上の違法・有害情報対策の2017年実績」を公開。リベンジポルノ相談数は16年と比べ約1.5倍増加したという。(2018/8/20)

出版社団体、「有害図書を除く書籍」に軽減税率要望 財務省は不快感
消費税率引き上げが来年10月に迫る中、そんな中、有害図書を除く書籍や雑誌に対し税率を低く抑える「軽減税率」の適用を求める出版社団体と、適用に慎重な政府が対立している。(2018/8/20)

法改正後の均等・均衡待遇を踏まえて:
「非正規社員の待遇改善」の手順は? 人事担当者必見の「働き方改革」用語解説
働き方改革関連法が可決・成立し、企業にも具体的な対応が求められます。企業の人事担当者が押さえておくべき「働き方改革」のキーワードをピックアップ。労働問題を扱う新進気鋭の弁護士が、用語の概念と企業が取るべき具体的な対策方法を解説します。今回は「非正規社員の待遇改善」と、その具体的な手順を取り上げます。(2018/8/16)

海賊版サイトにDoS攻撃を―― 日本IT団体連盟が提案 ネットでは「法治国家の発想ではない」と反発も
アリなの……?(2018/8/15)

「海賊版サイトにDoS攻撃」政府の勉強会で提案 日本IT団体連盟の資料公開
「海賊版サイトをブロッキングする代わりに、権利者が海賊版サイトに直接DoS攻撃を仕掛ける」――政府の勉強会で「日本IT団体連盟」がこんな提案を行った。その資料が公開され、ネットで議論を呼んでいる。(2018/8/15)

YouTube大量削除問題……ネット上の表現規制、どう考える? 村井純氏・町村泰貴氏に聞く
YouTube動画が大量に削除される騒ぎがあった。匿名掲示板での呼びかけをきっかけに、運営事業者が削除を行い、20万本以上の動画が閲覧できなくなったとみられる。多様な意見が飛び交うインターネット上の表現規制はどうあるべきか。村井純教授と町村泰貴教授に聞いた。(2018/8/13)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動車メーカー「不正」のケース分析
マツダ、スズキ、ヤマハ発動機の3社が排出ガス抜き取り検査についての調査結果を国交省へ提出した。これを受けて、各メディアは一斉に「不正」として報道した。しかしその内容を見ると、多くが不親切で、何が起きているのかが分かりにくい。そこに問題はあった。しかし、その実態は本当のところ何なのか、できる限りフラットにフェアに書いてみたい。(2018/8/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。