ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

INFOBAR 2 に関する記事 INFOBAR 2 に関する質問

「INFOBAR 2」最新記事一覧

携帯販売ランキング(4月20日〜4月26日):
「INFOBAR 2」は“急ブレーキ”だった――「G9」はどうなる?
ドコモのランキングでは首位の「らくらくホン ベーシックII」をはじめ、大きな動きは見られない。動きが鈍いのはソフトバンクも同様。そんな中で注目なのはauの「G9」の順位だ。かつての「INFOBAR 2」のように一気に下降してしまうのか、それとも……。(2009/5/1)

KDDI、「MEDIA SKIN」「INFOBAR2」をミラノサローネ2008に出品
KDDIは3月24日、4月16日からイタリア・ミラノで開催される「ミラノサローネ2008」にau design project端末「MEDIA SKIN」と「INFOBAR 2」を出品することを明らかにした。(2008/3/24)

開発陣に聞く「INFOBAR 2」:
外観もすごいが中身もすごい──「INFOBAR 2」“溶けかけた飴”への挑戦
初代「INFOBAR」から4年ぶりとなるセカンドモデル「INFOBAR 2」が12月1日に発売された。深澤直人氏が掲げた“溶けかけた飴”というコンセプトを実現するための機構設計や、ワンセグの高画質化にあたる苦労など、鳥取三洋電機に開発の舞台裏を聞いた。(2007/12/19)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
有機ELと197万画素AF搭載、初代と比べて“写り”はどうよ──「INFOBAR 2」
初代INFOBARから約4年の時を経て進化した「INFOBAR 2」。初代のシンプルで分かりやすい使い勝手は継承したのか、そして、有機ELディスプレイとAF付きの197万画素カメラの「写り」はどうなのか。INFOBAR 2のカジュアルさを生かした作例とともにカメラ機能をチェックしていく。(2007/12/19)

Mobile Weekly Top10:
ちょっとハヤリとされる言葉を使ってみたい:「KY」
今週のランキングは、ドコモの“905iシリーズ”やソフトバンクモバイルの“シャア専用”、auの“INFOBAR 2”など、続々登場する新機種関連の記事にアクセスが集まった。(2007/12/7)

INFOBAR 2告白は「事実無根」三洋が説明、「本人が謝罪」
「INFOBAR 2」の製品検査担当者がmixi日記に「あまり検査をせず、欠陥品をそのまま流している」などと記載し、ネットで騒動になった件について、三洋電機広報部は「本人から『事実無根で冗談のつもりで書き込んだ』という連絡があった」と説明した。(2007/12/4)

mixi日記に「INFOBAR 2に欠陥品」と“告白”? 三洋「事実確認中」
「INFOBAR 2」について「INFOBAR 2の製品検査をしている」と自称する人物が「欠陥品をそのまま流している」などと自らのmixi日記に書き、ネットで騒動になっている。三洋・KDDIとも「事実を確認中だが、欠陥製品が出回ることはない」とコメントした。(2007/12/3)

「INFOBAR 2」「Woooケータイ W53H」発売、価格はフルサポ2万円台半ばから
2007年au秋冬モデルの目玉機種「INFOBAR 2」と「Woooケータイ W53H」が都内で発売された。価格はau買い方セレクトのフルサポートコース選択で2万円半ばから。(2007/12/1)

INFOBAR 2とおそろいのNIKEシューズも――auのmobile fashionに新アイテム
KDDIがブランドやデザイナーとのコラボレーション企画として展開する「mobile fashion」に新アイテムを追加。INFOBAR 2とおそろいのNIKEのシューズや、インテリアにとけ込むphone-standを発売する。(2007/11/22)

「INFOBAR 2」、12月1日発売
KDDIは、au design projectの第7弾モデル「INFOBAR 2」を12月1日に全国一斉、東芝製のユニバーサル端末「A5529T」を11月22日から順次発売する。(2007/11/21)

INFOBAR 2先行展示記念トークショー:
最新のテクノロジーと人間の皮膚感覚を持つ「INFOBAR 2」──深澤直人氏×タナカノリユキ氏
東京・原宿にあるKDDIデザイニングスタジオでは、現在「INFOBAR 2先行展示イベント」が開催されている。このイベントを記念した、深澤直人氏とタナカノリユキ氏とのトークショーが行われた。(2007/11/13)

東京ミッドタウンでINFOBAR 2を体験――KDDIがau design project museumを開催
KDDIが11月23日から、「INFOBAR 2」をさわって試せるイベント「au design project museum」を開催する。INFOBAR 2のプレミアグッズをもらえるスタンプラリーも実施。(2007/11/8)

Kスタで「INFOBAR 2」先行展示イベント開催──31日から
東京・原宿のKDDIデザイニングスタジオで、INFOBAR 2の先行展示イベントが行われる。端末のタッチ&トライコーナーを設けるほか、デザイナーの深澤直人氏らによるトークショー企画や“±0”コラボストラップの先行限定販売などを行う。実施期間は2007年10月31日から11月29日。(2007/10/30)

「INFOBAR 2」の“ここ”が知りたい(5):
着信したメールを隠す機能はあるか――「INFOBAR 2」
三洋電機が開発を手がけた「INFOBAR 2」。三洋端末といえば各種設定を細かくカスタマイズできることで知られるが、INFOBAR 2にもそれが引き継がれているだろうか。(2007/10/24)

10月13日〜10月19日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
auが3キャリアの先頭を切って秋冬モデルを発表。INFOBAR 2、KCP+対応のRev.Aモデルなど9機種でボーナス商戦を戦う。海外ではSymbian Smartphone Show 2007が開催され、端末メーカーやキャリアが端末開発の今後について語った。(2007/10/22)

小牟田啓博のD-room:
第13回 ケータイデザイン潮流 2007秋冬モデル(au編)
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。au design project端末の第7弾「INFOBAR 2」や、auの秋冬モデルについてデザインの完成度を探った。(2007/10/19)

「INFOBAR 2」の“ここ”が知りたい(4):
PCサイトビューアーは横表示対応か――「INFOBAR 2」
2.6インチのワイドQVGAディスプレイを搭載する「INFOBAR 2」。PCサイトビューアーの横表示対応や、ページスクロール時の使い勝手知りたいという声が寄せられた。(2007/10/18)

「INFOBAR 2」の“ここ”が知りたい(3):
ストレート端末としての使い勝手は――「INFOBAR 2」
WIN初のストレート型モデルとして注目を集める「INFOBAR 2」。使い勝手にストレート型ならではの配慮が行き届いているかを気にする声が寄せられた。(2007/10/17)

「INFOBAR 2」の“ここ”が知りたい(2):
ワンセグ、音楽、FeliCa機能の使い勝手は――「INFOBAR 2」
au design project端末の第7弾として登場した「INFOBAR 2」は、スリムなストレートボディにワンセグ、音楽、FeliCaなどのトレンド機能を搭載している。その使い勝手に関する質問が寄せられた。(2007/10/15)

「INFOBAR 2」の“ここ”が知りたい(1):
どんなオリジナルコンテンツがあるのか――「INFOBAR 2」
深澤直人氏がデザインを手がけたau design project端末「INFOBAR 2」。「どんなオリジナルコンテンツが入っているのか」「待ち受け画面以外でキーロックをかけられるのか」といった質問が寄せられた。(2007/10/9)

Mobile Weekly Top10:
勝手に「防水ワンセグ」へ責任転嫁してみる
今回もauの「INFOBAR 2」の関連記事に注目が集まった。auはこのINFOBAR 2にも搭載する“ワンセグ”機能を軸にしたau携帯をF1日本グランプリでも盛んにアピールしていた。(2007/10/5)

「INFOBAR 2」の“ここ”が知りたい──読者の質問を大募集
「au design project」第7弾として発表された「INFOBAR 2」。ITmedia +D Mobileでは、読者の皆さまから“INFOBAR 2のここが知りたい”という質問を募集します。(2007/10/4)

CEATEC JAPAN 2007:
歴代au design project端末と並ぶ「INFOBAR 2」──KDDIブース
KDDIブースで注目を集めるのが、au design projectの第7弾端末の「INFOBAR 2」。歴代端末と一緒に展示されている。(2007/10/2)

CEATEC開幕目前──通信キャリアブースの見どころは
10月2日から千葉・幕張メッセで開幕する「CEATEC JAPAN 2007」。体脂肪を計れるケータイやキーパッドディスプレイケータイ、INFOBAR 2、ケータイ版ライフログなど、各キャリアがユニークな端末やサービスを披露する。(2007/9/28)

なぜ“溶けかけた飴”なのか──デザイナー、深澤直人氏が語る「INFOBAR 2」
初代モデルのとがったイメージとは対照的に、丸みを帯びたラウンドフォルムで登場したのが「INFOBAR 2」。デザイナーの深澤直人氏が、「neon」ユーザーの芥川賞作家、平野啓一郎氏との対談の中で、INFOBARセカンドモデルのデザインプロセスについて話した。(2007/9/27)

写真で解説する「INFOBAR 2」(ソフトウェア編)
au design project 第7弾モデル「INFOBAR 2」はワンセグ、EZ FeliCa、AF付きカメラ、ビデオ・音楽プレーヤーなど、その優美なデザインだけに留まらない高機能さも魅力の1つ。外観に続いて中身をチェックしていこう。(2007/9/26)

動画で見る「INFOBAR 2」
初代INFOBARユーザーであれば、今度の「INFOBAR 2」もきっと気に入ってくれる──。「口の中で溶けかけた飴のような」──。さて、INFOBAR 2は一体どんなカタチなのだろうか。さっそく動画で見ていこう。(2007/9/26)

写真で解説する「INFOBAR 2」
あの“INFOBAR”が進化して帰ってきた。前モデルと同じく深沢直人氏がデザインを手がけるau design projectの第7弾、それが「INFOBAR 2」。ワンセグ、EZ FeliCa、有機ELディスプレイ、AFカメラ……デザインコンセプトの魅力を損なうことなく、昨今、携帯に望まれる機能をしっかり搭載して登場する。(2007/9/26)

INFOBAR 2は「au design projectの集大成」──KDDIの高橋誠氏
コンセプトモデルそのままのデザインに、ワンセグやおサイフケータイ、音楽プレーヤーなどのトレンド機能を搭載した「INFOBAR 2」。KDDIの高橋誠氏はデザインと技術の両面で、妥協のない最適なバランスの端末に仕上がったと胸を張る。(2007/9/26)

「INFOBAR 2」は有機ELにワンセグ搭載、おサイフケータイとLISMOに対応
KDDIは、au design projectの第7弾モデルである「INFOBAR 2」を発表した。2.6インチのワイドQVGA有機ELを採用し、予約録画も可能なワンセグ機能を搭載。おサイフケータイとLISMOに対応する。(2007/9/26)

INFOBAR展/Trilogy展同時開催記念スペシャルトークショー:
「日本のケータイは世界的に見ればサブカルチャー」──深澤氏が語るINFOBAR 2
東京・原宿にあるKDDIデザイニングスタジオで11月16日まで開催されている、「INFOBAR」展と「Trilogy」展の同時開催を記念して、INFOBARのデザイナー深澤直人氏とauケータイのトータルプロデュースを手がけるコンセプター坂井直樹氏のスペシャルトークショーが開催された。(2006/11/6)

Mobile Weekly Top10:
「INFOBAR」前に登場していたデザインケータイ
ソフトバンク関連のトピックがランキングを埋め尽くす中、健闘したのが「INFOBAR 2」の記事。デザインケータイの先駆けといわれるINFOBARだが、それ以前にもストレート型のデザインケータイが登場していたことを、ふと思い出した。(2006/11/2)

10月28日〜11月2日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
ソフトバンクモバイルが、MNP受け付け停止で謝罪会見を行った今週。KDDIは「INFOBAR 2」のプロトタイプをお披露目した。ドコモは“デュアルOSケータイ”の仕様を策定したほか、ウィルコムはW-ZERO3[es]新バージョンや「nico.」抗菌モデルを発表している。(2006/11/2)

口の中で溶けかけた飴をイメージ──「INFOBAR 2」のプロトタイプ登場
原宿のKDDIデザイニングスタジオに「INFOBAR 2」のプロトタイプが登場。初代INFOBARでは直線基調だったボディラインは、丸みを帯びたものに変化した。(2006/10/31)

「INFOBAR」の後継機をイメージした「INFOBAR 2」がKスタに登場
KDDIは10月31日から11月16日まで、原宿のKDDIデザイニングスタジオでau design projectの最新コンセプトモデルを展示する。コンセプトモデルは「INFOBAR 2」を含む4機種が展示される予定だ。(2006/10/16)



いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

9月19日発売の次世代iPhone。より大型の「iPhone 6 Plus」と同時展開となる。iWatchと呼ばれていた腕時計型端末「Apple Watch」も発表されたが、Appleのビジネス的には、Apple Watchも絡めたモバイル決済サービス「Apple Pay」の今後の展開にも注目したい。