ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ネットと選挙」最新記事一覧

舛添都知事「リコールしたい!」 問い合わせ相次ぐが……ネット署名も難しい理由
舛添知事のリコールを行う方法についての問い合わせが相次ぎ、ネット上でもリコールを呼びかける投稿が目立つが、実現までのハードルは高い。(2016/5/30)

「ニコニコ超会議2016」開幕 「ボカロ歌舞伎」「超刀剣」など ネットと伝統文化が融合
「ニコニコ超会議2016」が千葉・幕張メッセで開幕した。初音ミクと歌舞伎がコラボするなど、ネットカルチャーと伝統文化を融合した出展が目立つ。(2016/4/29)

「ポケモン総選挙720」中間発表 3位はミュウ 2位はアルセウス そして1位は……?
一部で注目のコイルさんは26位。(2016/4/28)

「ポケモン総選挙720」4月16日スタート! 1位のポケモンは「ボルケニオンと機巧のマギアナ」上映館でプレゼント
ボルケニオンを除く全720匹のポケモンが立候補!(2016/4/14)

投票による特典入手も:
GMO TECH、アプリ予約サービスに「投票キャンペーン機能」を追加
GMO TECHは、新作アプリ事前予約プロモーションサービス「激レアゲッター byGMO」において、キャラクター選挙が行える「投票キャンペーン機能」などを追加、2015年12月15日より提供を開始した。(2015/12/16)

自民党、参院選候補者をネットで募集「オープンエントリープロジェクト2016」
自由民主党が11月1日、来年の参議院議員選挙に向け、公認候補をネット上で一般募集する「オープンエントリープロジェクト2016」を開始する。(2015/10/30)

入手可能なデータでどこまでやれるか見せる:
AKB48総選挙、ビッグデータ分析で結果を予測した担当者に会ってきた
AKB48は41枚目のシングル「ハロウィン・ナイト」を発売した。センターに立つのはHKT48の指原莉乃。6月の選抜総選挙でトップに返り咲いた。この結果、実はデータ分析で事前に予測されていたという。(2015/8/26)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第66回:
ヒラリー・クリントン vs ジェブ・ブッシュ、Twitter上の“ディスり合い“で始まった2016年米大統領選の前哨戦
2016年11月8日に予定されている第45代アメリカ合衆国大統領および次期アメリカ合衆国副大統領選挙。ヒラリー・クリントン氏(民主党)とジェブ・ブッシュ氏(共和党)のTwitter上でのバトルが早くも過熱気味だ。(2015/8/24)

「なな色マジック」も「きんぎょ注意報!」も なかよしの名作総選挙、投票対象全作が復刻決定!
読者のリクエストに100%応えるため全作の復刻を決定。(2015/5/1)

2月10日は“ニートの日”! 映画「ニート選挙」 がニコ生で特別無料上映だよ、ってほっといてくれよカーチャン!
自宅警備しながら見よう。(2015/2/10)

「東京ミュウミュウ」も復刻するかも 「なかよし」60周年 名作総選挙が好評開催中
60周年記念オリジナル図書カードが当たるキャンペーンも(2015/2/5)

マスコットなのに「ニート」呼ばわり 不人気だとイジられ倒す「Jリーグマスコット総選挙」今年も開催!
ゆる〜い仁義無き戦い。(2015/2/4)

なぜ”食+政治”?:
「食べる政治」仕掛け人・増沢諒さんインタビュー
毎月テーマに沿って「冊子+食材」というスタイルで発行している雑誌「食べる政治」をご存じだろうか。仕掛け人は、東京都知事選で家入一真さんのマニフェストを担当した増沢諒さん。「ネット+政治+食」というアプローチの意図は……?(2015/1/29)

烏賀陽弘道の時事日想:
「ネット世論」を分析しても、選挙の結果は“逆”になる理由
衆議院選挙の投票があり、与党(自民党・公明党)の大勝という結果に終わった。大方の予想どおりとも言えるが、筆者の烏賀陽氏はネット上に飛び交う意見を見ていて、あることに気づいたという。それは……。(2014/12/16)

まだ間に合う:
投票日直前「衆議院選挙2014」お役立ちサイトまとめ
今回の衆院選で問われている争点から、各政党や候補者を選ぶ際のヒント、まだ間に合う期日前投票の仕方など、役立つサイトや情報をまとめました。(2014/12/12)

デーモン閣下コスプレの選挙応援で閣下激怒 衆院選候補者が謝罪
デーモン小暮閣下本人と誤解した人もいたようです。(2014/12/11)

半径300メートルのIT:
ネット選挙、「なりすまし」の偽サイトにダマされないためには?
2回目のネット選挙となる衆議院総選挙。投票日が近づくにつれ、各政党の公約を公式Webサイトで確認したくなりますが、これって本物のWebサイトなの?(2014/12/8)

SmartNews、広告事業をスタート SNS・メディア大手とネイティブ広告ネットワーク展開
SmartNewsが広告事業をスタート。「コンテンツとしての広告」を掲げ、良質な企業コンテンツをユーザーにマッチする形で届けることでユーザー体験を損なうことなく効果的な広告を配信できるとうたう。大手メディアらが参加するネイティブ広告ネットワークもスタートしたほか、「公共性」を打ち出した新しい取り組みも始める。(2014/12/1)

8党の党首がニコ生で「ネット第一声」 衆院選公示・2日午前0時から配信
8党の街頭第一声の様子もニコニコ生放送で生中継する。(2014/12/1)

衆院選に向け「ネット党首討論」、ニコファーレで11月29日開催
ネット視聴者から事前に質問を募集するほか、ニコニコ生放送のアンケートで選ばれた質問も党首に投げかける。(2014/11/26)

衆院選に向け「ネット党首討論」 29日午後8時から
衆院選に向けた「ネット党首討論」が29日夜に行われる。ニコニコ生放送とUstreamで視聴できる。(2014/11/26)

安倍首相が「保守速報」の記事をシェア 批判を受け削除
「民主党が小学4年生のふりしてアベノミクス解散に疑義を唱えるステマサイト開設か!? ネット炎上」という記事にリンクが付いていた。(2014/11/25)

作ったのは天才小学生? サイト「どうして解散するんですか?」が炎上 関連疑われた団体が否定
本当に小学生が作った? とネットで話題に。(2014/11/22)

スマートショップ:
銀行の支店をネット・ゼロ・エネルギーに、卒原発で注目を集める滋賀県で
実質的なエネルギー消費量をゼロにする「ネット・ゼロ・エネルギー」の取り組みが銀行の店舗でも始まった。滋賀銀行は2015年6月にオープンする新しい店舗に各種の省エネ設備と太陽光発電を導入して、ネット・ゼロ・エネルギー(CO2排出量ゼロ)を実現する計画だ。(2014/7/18)

ねっと部:
「ディックに誓って、ガチです。」 SFマガジンが「PKD総選挙」 推しメン(作品)への投票呼び掛け
「ディックに誓って、ガチです。」という「PKD総選挙」への投票をSFマガジンが募集中。フィリップ・K・ディックの推しメン(作品)を選ぼう。(2014/7/2)

AKB総選挙ポスターがネット公開 松井玲奈×キルラキルのコラボが話題に
人衣一体。(2014/5/19)

「ドラクエX」公式イラストでネット画像の無断使用が発覚 サイトから削除
「ドラゴンクエストX」のWebサイトで使用していた公式イラストの一部でネット上の画像を無断使用していたことが分かった。(2014/2/18)

都知事選、ネットでも選挙戦 CCライセンスで画像配布する候補者も
都知事選が告示され、各候補者の街頭第一声はニコ生でライブ配信されたほか、夜には候補者による演説会が「ニコファーレ」で開かれ、その様子もライブ配信される。(2014/1/23)

家入一真さん、都知事選に出馬へ 「選挙や政治をハッキングするつもりで」
paperboy&co.創業者の家入一真さんが都知事選出馬会見を行った。インターネットを使った選挙活動を推進していくと意気込む。(2014/1/22)

東京都知事選:
家入一真さんはなぜ出馬するのか 会見に堀江貴文さんも出席 選挙活動は「ネットを使い切ります」
「居場所がある街・東京を作る」など政策を語りました。(2014/1/22)

ドワンゴやUstreamなど、都知事選候補者に公開討論会参加を強く要請 
東京都知事選候補予定の4氏に対し、ドワンゴ、ヤフーなどネット5社が公開討論会に出席するよう強く求める申し入れ。このままでは都民が政策・理念を説明する機会が奪われるとしている。(2014/1/20)

サンリオ「食べキャラ総選挙」、1位は鮭の切り身「KIRIMIちゃん」 商品化へ
サンリオの「食べキャラ総選挙」で鮭の切り身をモチーフにした「KIRIMIちゃん」が1位を獲得。来年2月から本格商品化される。(2013/12/12)

流行語大賞ノミネート語をネット検索数から見ると──1位はあのゲーム
今年の流行語大賞候補50ワードの検索ランキングをヤフーが公開。2位に8倍の大差を付けて1位だったのは……(2013/11/27)

Google、DDoS攻撃対策ツールや検閲回避ツールを発表
Googleが、サイバー攻撃や政府による検閲からネットユーザーを守るための取り組み、「Project Shield」「Digital Attack Map」「uProxy」を発表した。(2013/10/22)

これからの働き方、新時代のリーダー(後編):
なでしこジャパン、はだしのゲン。誰にでも社会は変えられる――日本に上陸した署名サイトの狙いとは?
ユーザー数4000万人。世界最大の署名サイト「Change.org」の日本版は、2012年夏にスタートした。『はだしのゲン』騒動の発火点となったChange.orgは、ネットの力を使い、どのように社会に働きかけようとしているのか? 代表のハリス鈴木絵美さんに聞いていく。(2013/9/25)

これからの働き方、新時代のリーダー(前編):
オバマ大統領が、本当に"change"したもの――Change.org日本代表 ハリス鈴木絵美さん
世界最大の署名サイト、Change.org日本版の代表・ハリス鈴木絵美さんは元マッキンゼーのコンサルタント。政治に興味がなかったという彼女はなぜオバマ大統領の選挙スタッフになり、さらに市民活動を仕事にしたのか? 日本人から見ると驚きの、米国の選挙事情を聞いた。(2013/9/17)

サケの切り身がサンリオの新キャラ!? そのまんまなKIRIMIちゃんにネット騒然
やる気のないたまご“ぐでたま”も登場。かわいい……?(2013/9/9)

これからの働き方、新時代のリーダー:
仕事で他の人に差を付けるには? 池上流「選挙特番の作り方」――池上彰×吉岡綾乃(後編)
7月に参議院選挙が行われた夜、民放各局が選挙特番を放送する中で圧勝したのは池上彰さんが司会をしたテレビ東京でした。あの番組はどのように作られたのか? 池上×吉岡対談後編は、不利な条件下でも他の人に差を付ける仕事をするための考え方、池上さんの読書法に迫ります。(2013/9/9)

半径300メートルのIT:
情報家電のアップデートは面倒くさい? その考えが狙われる
日常生活において機能を「アップデート」できるネット家電が増えてきています。「現状でも特に困っていないから」とほったらかしにしておくと、深刻な落とし穴にはまる可能性があります。(2013/8/23)

“ネット選挙”の伏兵? 「ツイキャス」で100万視聴を集めた山本太郎氏 当選後も活用
参院選で解禁された初のネット選挙は空振りだったという声もある一方、新たな動きも。山本太郎氏は街頭演説などを「ツイキャス」で配信し、大量の視聴者を集めていた。(2013/8/8)

「ふなっしー」断トツの票数で「ご当地キャラ総選挙」に優勝
うれしさのあまり小刻みに震えてます。(2013/8/6)

選挙に行かなかったのは誰? データで振り返る参院選
先日の参院選で初の試みとなったネット選挙運動はどのような効果があったのか。角川アスキー総合研究所による公示後のネット選挙に関する調査結果を発表。投票に行かない「不投票キャラ」の生態を明かす。配信は8月2日23時30分〜。(2013/8/2)

ネット選挙は空振り:
参院選のネット利用はどうだった? 政党サイトをチェックした人は1%足らず
ネットを活用した初めての選挙となった参議院選挙。Googleなどが実施した動向調査の速報リポートでは、期待された若年層の政治参加が薄かったことが分かった。(2013/7/31)

初のネット選挙運動は「空振り」? 「Webは情報収集手段としてはほとんど活用されず」──Google調査
ネット選挙運動が解禁された参院選で、テレビやネットへの接触と投票との関係を調査した速報レポートをGoogleが発表。政党の公式サイトを訪問した人は1%程度にとどまるなど、ネット活用は低調だった。(2013/7/30)

読売テレビの新提案? 漫才番組で“トリプルスクリーン”企画
テレビ、PC、スマートフォン、タブレットなどから3つのデバイスを組み合わせ、放送とネットコンテンツを同時に楽しめる。(2013/7/29)

中小企業にこそチャンス!:
PR:iモードの生みの親、そしてIT業界きっての論客として著名な夏野剛氏が予測する近未来のIT社会とは?
ITは、従来に思いもつかなかい価値を社会にもたらす一方、新たな問題も出現させてきた。技術革新がさらに進めばどんな社会になるのか――。携帯インターネットの世界を創造した夏野剛氏と、そして夏野氏がIT業界の「国連軍」と称する、インテルとマカフィーのそれぞれのキーパーソンが、近未来のIT社会と安全について意見を語った。(2013/8/1)

藤田正美の時事日想:
動き出す消費増税と社会保障改革、安倍首相が歩むいばらの道
予想どおり自公の圧勝で終わった参議院選挙。ねじれが解消したとはいえ、安倍首相の前にはどれも一筋縄ではいかない問題が山積している。(2013/7/24)

Twitter上では「原発」に大きな関心:
参院選期間中のツイート、「山本太郎」が急上昇
Twitterの日本法人が選挙期間中の関連ツイートの推移を公表した。主な争点では「原発」が「憲法」や「TPP」を大きく上回る形で話題となったことが分かった。(2013/7/23)

窪田順生の時事日想:
誰のせい? 参院選が盛り上がらなかった理由
「ネット選挙が解禁されるので、参院選の投票率は高くなる」――。このような声があったが、実際にフタを開けてみると、過去3番目の低さ。なぜ参院選はイマイチ盛り上がらなかったのか。その理由は……。(2013/7/23)

安倍政権への批判、投票に結びつかず――棄権した理由
今回の参議院選挙、あなたはなぜ投票に行かなかったのですか? 投票に行かなかった人に、その理由を聞いた。マクロミル調べ。(2013/7/23)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。