ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「設備投資」最新記事一覧

IDC Japan ネットワーク設備投資市場:
国内ネットワーク設備投資市場は2018年以降増加へ、5G向け投資は2019年から
IDC Japanは、国内通信事業者のネットワーク設備投資市場の2015年の分析と2016〜2020年の予測を発表した。(2016/7/4)

モノづくり最前線レポート:
市場変化に「自動化と開発力」で挑む、変革を進めるパナソニック内装事業
パナソニックは2016年2月25日に会見を開き、内装建材事業の今後の事業方針について説明した。同社は今後需要の増大が見込まれる中古住宅向けなどのリフォーム用建材事業を拡大に向け、製品ラインアップの拡充と3年間で約30億円の設備投資を行い、2018年度までに2015年度比2割増となる売上高1000億円を目指す。(2016/2/26)

注力する領域は自動車、材料科学、エネルギー:
EMC試験サービス、17年半ばまでに増強――UL
UL Japanは、2016年の事業戦略説明会を東京都内で開催した。この中で、日本におけるEMC試験サービスの対応能力を増強するため、新たに設備投資を行うことを明らかにした。(2016/2/26)

企業動向:
ブリヂストンが北米に自動車用シートパッドの新工場、6億円を投資
ブリヂストンは北米で自動車用シートパッドの生産拠点を新設すると発表した。取引先のカナダの拠点に納入するため米国ニューヨーク州に新工場を設ける。設備投資は500万米ドル(約6億円)。2017年6月に本格稼働する。(2015/12/17)

コスト削減で増収増益のドコモ、設備投資を減らし新事業に活路
スマート領域の拡大とコスト削減前倒しで利益を確保したドコモ。通信事業への設備投資は減らし、新事業に活路を見いだす。(2015/11/8)

身売り話浮上のSanDiskとの共同投資も正式合意:
東芝、3D NANDメモリ専用製造棟の一部が完成
東芝とSanDisk(サンディスク)の両社は2015年10月21日、NAND型フラッシュメモリの製造拠点である東芝四日市工場(三重県四日市市)で建設していた「新・第2製造棟」の建屋が一部完成し、同製造棟への設備投資を共同実施することで正式契約を締結したと発表した。(2015/10/21)

設備投資額は今期4度目の下方修正:
Intelの7〜9月業績、サーバ向けとメモリは好調
Intelは2015年10月13日(米国時間)、2015年第3四半期(7〜9月期)業績を発表した。PC向け事業は不振だったものの、サーバ向けやメモリ事業が好調で、前四半期比約10%の増収を記録した。ただ、今期の設備投資額については、4億米ドル下方修正した。(2015/10/16)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
全国に大量発生の観光列車、ほとんどが「一代限り」か
鉄道は巨大な装置産業だ。線路にも駅にも車両にもお金がかかる。だから設備投資は計画的に、慎重に取り組まなくてはいけない。それでもやむを得ず設備が余る。実は、各地で誕生する観光列車は、余剰設備を活用するアイデアだ。それだけに寿命は短いかもしれない。(2015/9/25)

au WALLETは1200万契約突破:
KDDI、第31期株主総会を開催 第32期は「3M戦略」と「グローバル戦略」をさらに“深化”
KDDIは6月17日、第31期定時株主総会を開催した。来場した株主からは、基地局などへの設備投資、料金プラン、SIMロック解除義務化などに関する質問が寄せられた。(2015/6/18)

ゼネコン大手4社、収益性改善進み、3社増益 15年3月期
景気回復に伴う民間設備投資や公共事業の増加により鹿島を除く3社が増収増益となった。(2015/5/14)

製造マネジメントニュース:
“成長”に舵を切るパナソニック、新規設備投資は「まず国内で検討」
パナソニックは2014年度の決算を発表した。2015年度までの3カ年計画の目標数値を全て1年前倒しで達成し、2015年度は「収益性改善」を最重視した段階から「売上高成長」へと舵を切る方針だ。また設備投資の“国内回帰”についても進めていく方向性についても示している。(2015/4/28)

IIJmio meeting 7:
IIJmioの通信速度が遅くなっている?――堂前氏「前倒しで設備投資をします」
ここ最近、IIJmioの通信速度が遅くなりつつある。中の人はどのように感じているのか? 原因と対策は?(2015/4/28)

Facebook、42%増収も投資かさみ減益 モバイルが広告収入の7割超に
Facebookの1〜3月期の決算は売上高は42%増だが5億ドルの設備投資が響き純利益は20%減だった。電話会見では、Oculus Riftの年内出荷の可能性は低いことが明らかになった。(2015/4/23)

ビジネスニュース 企業動向:
TSMC、16nmプロセスへの移行を加速――設備投資額は10億ドル削減
TSMCは、2015年の設備投資額を10億米ドル削減すると発表した。資本効率を上げて16nmプロセスへの移行を急ぐ。20nmチップの生産量を減らして、16nmチップの生産量を増加する計画だ。また、7nmのリスク生産は、2017年前半に予定されている。(2015/4/20)

ノエビアHDが21億円の設備投資 子会社のドリンク製造ラインを新設
ノエビアホールディングスの子会社である常盤薬品工業は、エナジードリンクなどの製造ラインを増設して生産拡大を図る。(2015/4/15)

組み込み開発ニュース:
ソニーがイメージセンサー生産能力増強に450億円追加投資
ソニーが積層型CMOSセンサーの生産能力増強を目的とした設備投資を2015年度に実施すると発表した。投資総額は約450億円を予定する。(2015/4/8)

製造マネジメントニュース:
TNGAの新パワートレインは燃費を25%向上、モデル切替時の設備投資半減も達成
トヨタ自動車は、「Toyota New Global Architecture(TNGA)」と生産分野の取り組みについて発表した。2015年から導入するTNGAの新パワートレインは、燃費を従来比25%、動力性能を15%向上できる。生産分野では、車両モデル切り替え時の設備投資を半減する目標を達成しつつあるという。(2015/3/27)

ビジネスニュース 企業動向:
TSMCが総額160億米ドルの設備投資を発表――台中拠点を拡張へ
TSMCは、台湾国内の既存工場の増強策として、5000億ニュー台湾ドル(約160億米ドル)を追加投資する計画を明らかにした。(2015/2/12)

2015年の半導体業界予測(3):
半導体メーカーの設備投資――TSMCが最大か
2015年の専業ファウンドリ業界では2桁成長が見込まれるが、一方で設備投資は減少すると見られている。設備投資の金額は、TSMCが最大になりそうだ。(2015/2/5)

SEMICON Japan 2014:
オフィスフロアのスペースに半導体工場ができる! ミニマルファブ向け装置
産業技術総合研究所コンソーシアム・ファブシステム研究会(以下、産総研コンソーシアム)とミニマルファブ技術研究組合は、「SEMICON Japan 2014」(2014年12月3〜5日)で、ミニマルファブ向けの製造装置を実演展示した。「メガファブ」と呼ばれるこれまでの半導体製造工場に比べて、設備投資コストを1/1000に抑えることが可能になるという。(2014/12/4)

CADニュース:
2014年度の国内CAD/CAM/CAE市場規模は3272億円、前年度比7.1%増。輸出型製造業がけん引
矢野経済研究所が発表した国内のCAD/CAM/CAEシステム市場規模に関する調査結果によると、円安により自動車メーカーなどの輸出型製造業の業績が回復したことで、機械系CAD/CAM/CAEの設備投資も増えたという。(2014/11/19)

Apple「iPad」向け「A8X」を受注したから!?:
TSMCが設備投資額を100億ドルに拡大、16nm FinFET量産準備で
TSMCは、16nm FinFETプロセスチップの実用化に向け、2015年の設備投資を100億米ドル以上に増額する予定だという。2016年には10nmプロセスの実用化も予定している。(2014/10/21)

FAニュース:
大成建設、神戸合成と共同で低コストのコーティング剤の自動製造装置を開発
ドライ空間を局所化したことで、最小限の空間を確保するだけで稼働でき、大幅な設備投資が必要ない。また、従来手作業が一般的だったが、自動化により製造効率と品質が大幅に向上した。(2014/9/5)

モノづくり最前線レポート:
国内回帰はあるのか!? 製造業の国内設備投資、業績回復しているのに1.7%減
日本政策投資銀行は、大企業の設備投資の状況について調査した「2014年度設備投資計画調査」をまとめ、その概要を発表した。決算などにおける企業の業績回復は進む一方で国内設備投資の減少傾向が続いている現状が明らかとなった。ただ2014年度以降は国内向け設備投資増加が計画されており、国内回帰の動きが強まる兆しも見え始めている。(2014/8/7)

FAニュース:
OKIエンジニアリング、工場向けにナノマテリアルの計測・評価サービスを開始
従業員へのナノマテリアルの曝露(ばくろ)防止と、外部への汚染防止を図る作業環境測定を、新たな設備投資なしで実施できる。(2014/8/4)

製造マネジメントニュース:
ソニー、積層型CMOSイメージセンサーの増産に350億円投資
ソニーは、積層型CMOSイメージセンサーの生産能力増強を目的とした設備投資を、2014年10月から2015年9月にかけて行うことを発表した。(2014/7/24)

工場ニュース:
日本電気硝子、マレーシアの高機能樹脂強化用ガラスファイバーの生産能力を増強
約200億円を設備投資し、2015年4月よりチョップドストランドの生産能力を従来比約30%増加する。(2014/7/7)

製造マネジメントニュース:
過去最高の設備投資で成長フェーズへ! 東洋ゴムが新中期経営計画を発表
東洋ゴム工業は2015年までの中期計画を前倒しで達成したことから、2016年までの3カ年を対象とした新中期経営計画「中経'14」を発表した。北米の増産投資を積極的に行うなど、3カ年計画としては過去最高の設備投資額を計画しており、グローバルでの成長フェーズへ舵(かじ)を切る方針だ。(2014/6/11)

製造マネジメントニュース:
“普通の会社”パナソニックが3年ぶりに黒字転換――円安で国内生産も増強
パナソニックは2013年度の決算を発表。構造改革の成果により、最終損益が前年度の7543億円の赤字から黒字転換した他、2018年度の売上高10兆円の目標に対し順調に推移していることを示した。また業績改善に対する設備投資の方針なども明らかにし、一部製品では円安の状況に対し国内生産を増やす方針を明らかにした。(2014/4/28)

工場ニュース:
信越化学、ベトナムにレアアースマグネット工場を新設――需要対応とBCPから
信越化学工業はベトナムにレアアースマグネット製造工場の新設を発表した。新工場の生産能力は年産2千トンで設備投資額は約120億円。(2014/4/22)

ビジネスニュース 企業動向:
2014年の設備投資予測、サムスンとインテルが110億ドル超に
2014年の半導体設備投資は622億3000万米ドルと、過去最高になると予測されている。トップはサムスン電子とインテルで、ともに110億米ドルを超える。(2014/3/31)

Amazonの決算は2期連続の赤字だが予想は上回る 従業員数は10万人超
Amazonの7〜9月期決算は、売上高は24%増だが設備投資や研究開発費がかさみ、前期より赤字が拡大した(前年同期よりは縮小)。同四半期中に従業員が1万人以上増え、10万人の大台を超えた。(2013/10/25)

ビジネスニュース 企業動向:
シャープが最大1665億円の資金調達策を発表――デンソー、LIXIL、マキタも出資へ
シャープは2013年9月18日、公募による新株式の発行、および、デンソー、マキタ、LIXILに対する第三者割当増資を実施し最大約1665億円の資金を調達すると発表した。調達した資金は、主に2016年3月までに計画する設備投資資金に充当する予定という。(2013/9/18)

製造マネジメントニュース:
アベノミクス効果顕在化も、製造業は投資抑制傾向続く――2013年4〜6月期
内閣府の四半期GDP速報の改定値が発表され設備投資が大きく上方修正された。財務省が発表した法人企業統計調査でも、設備投資が3期ぶりにプラスとなったことが明らかにされている。製造業も利益を回復させているが設備投資の抑制傾向は変わらず内部留保を分厚くする傾向が続いている。(2013/9/10)

FAニュース:
三菱電機、名古屋製作所新城工場の三相/主軸モーターの製造ライン強化
約25億円の設備投資を行い、世界的な需要増が見込まれる三相誘導電動機およびNC工作機械用主軸モーターの生産能力を20%増強する。(2013/8/12)

自然エネルギー:
島根で出力10.8MWのバイオマス発電を立ち上げる、間伐材や林地残材を利用
豊田通商の関連会社であるエネ・ビジョンは、島根県に木質バイオマス発電所を立ち上げる。林業が盛んな立地であり、未利用だった間伐材や林地残材など11万8000トンの木質バイオマスを引き受ける。効率良く発電でき、設備投資を2年で回収できる計算だ。(2013/7/12)

ビジネスニュース 企業動向:
東芝が四日市第5棟第2期着工へ、2014年以降のスマホ/SSD向けNAND需要増に対応
東芝は2013年7月2日、NAND型フラッシュメモリの増産体制を整えるため、四日市工場第5製造棟の第2期分の建設を2013年8月から着工すると発表した。建屋建設に伴う設備投資額は300億円。早ければ、2014年夏から稼働する。(2013/7/2)

ERPパッケージとクラウドを連携:
PR:海外進出する日本企業を後押し! 老舗部品メーカー・ポーライトが下した決断とは?
粉末冶金製品のリーディングカンパニーであるポーライト。世界各国に生産拠点と営業拠点を構え、グローバルに製品を供給できる体制を整えている。しかし昨今、国内で生産していた部品を海外工場でも生産・供給してほしいとの要望が顧客から寄せられる中、グループ内で重複する設備投資費の節減と、商物流の最適化によるキャッシュフローの節減が経営課題となっていた。これを解決すべく着目したのが、ERPパッケージ「SAP Business All-in-One」とクラウドサービス「アマゾンウェブサービス」であった。(2013/7/17)

製造マネジメントニュース 工場投資フラッシュ:
新規工場建設はASEANが中心!? ライン増設など国内投資も回復傾向
株価の乱高下など、景況は不透明な状況が続くが、安倍政権発足以降、企業活動は活発さが増してきた。活性化の動きは新たな設備投資につながっているのだろうか。2013年6月の工場投資に関する発表を振り返ってみた。(2013/6/26)

「スマホ時代の考え方に変わり切れていなかった」 続発したKDDIのLTE通信障害、原因と対策は
KDDIで相次いだLTE通信障害は、LTE基地局制御装置(MME)のバグが起因。同社は300億円の追加設備投資でMMEの増設などを進め、再発防止に努める。(2013/6/10)

製造マネジメントニュース:
どうする?内部留保――業績回復も設備投資は抑える傾向が鮮明に
財務省が発表した法人企業統計調査によると、2013年1〜3月期の製造業の設備投資は8.3%減となった。2012年末からの景気回復基調により、経常利益は前年同期で28.3%増となったものの、投資には慎重な現状が明らかとなった。(2013/6/4)

製造マネジメントニュース :
ソニー、2013年3月期で最終黒字化――今期の設備投資は半導体中心に
ソニーは2013年3月期で最終黒字化を達成したものの、2014年3月期も引き続き構造改革路線を継続。設備投資は前期並みの1800億円とするが、多くの部分をイメージセンサーを中心とした半導体に振り向ける方針を示した。(2013/5/9)

製造マネジメントニュース :
トヨタ、今期の自動車販売目標は910万台――設備投資は現状維持
トヨタ自動車の2013年3月期決算は、販売台数、売上高、営業利益などの大幅な回復を実現した。(2013/5/8)

自然エネルギー:
コーヒーの焙煎と似た技術で改善、日本製紙が新バイオマス燃料を開発
バイオマス燃料を石炭火力発電所で利用できれば、大規模な設備投資なく、発電量を維持したままCO2の排出量を低減できる。いわばクリーンな石炭火力の実現ともいえる。日本製紙はこのような用途に役立つ燃料を開発した。(2013/4/8)

ソフトバンクの上期決算は増収増益、設備投資積み増しでネットワーク強化へ
上期を増収増益で折り返したソフトバンク。弱点といわれたエリア展開は改善が進んでおり、下期に876億、2013年度に1000億円を追加で設備投資に充て、さらなるネットワークの改善を図る。(2012/10/31)

ビジネスニュース 企業動向:
半導体ファブの投資額、2013年には過去最高の427億ドルに
2013年における半導体ファブの設備投資額は、前年比で約17%増となる427億米ドルに達するとみられている。ファブの投資は、韓国や中国、台湾で集中するという。(2012/9/10)

ビジネスニュース 企業動向:
20nmプロセス対応の製造施設、TSMCが着工
積極的に設備投資を進めるTSMCは、「Fab 14」の第5フェーズの建設に着工した。20nmプロセス技術に対応し、300mmウエハーを製造する生産施設となる。同フェーズの施設では、2014年初頭に量産を開始する予定だという。(2012/4/11)

auのiPhone参入も「防戦できた」――自信をつけたソフトバンクは「2016年度に営業利益1兆円」を目指す
ソフトバンクの孫社長が、決算会見で「2016年度に営業利益1兆円」を目指すことを発表。顧客離れが不安視されたauのiPhoneに「想定よりはるかにうまく防戦」でき、事業への自信を高めた。設備投資に注力して“電波の弱いソフトバンク”の汚名を返上し、顧客基盤を固めていく方針だ。(2012/2/3)

Mobile Weekly Top10:
3年1640億円でスマホ急増に対処するドコモ(1月23日〜1月29日)
25日朝に都心で起きたドコモの大規模な通信障害。年末にはspモードの不具合などもあり、ドコモは3年で1640億円の設備投資を表明した。スマホの急増により、キャリアの通信品質に対するユーザーの目は以前にも増して厳しくなっている。(2012/1/30)

ビジネスニュース 企業動向:
「半導体製造工場を新設せよ」、イスラエル政府がIntelに最後通告
新しい製造工場の建設予定地の決定を先延ばしにしているIntelに対し、イスラエル政府が通告を行った。Intel社内では、設備投資先をイスラエルではなくアイルランドにすべきとの声も上がっているようだ。(2012/1/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。