ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「伊勢丹」最新記事一覧

関連キーワード

雨に低い気温:
「夏らしくない夏」プール閑古鳥 ナシなど農作物も直撃
8月に入って東日本の太平洋側を中心に続く「夏らしくない夏」は、レジャーやイベントの客足、農作物の生育など各方面に影響している。(2017/8/18)

「夏らしくない夏」プール閑古鳥 農作物も直撃
8月に入って東日本の太平洋側を中心に続く「夏らしくない夏」は、レジャーやイベントの客足、農作物の生育など各方面に影響している。(2017/8/18)

三越伊勢丹、「Tポイント」終了へ
三越伊勢丹ホールディングスが、同グループ百貨店などで実施していた「Tポイント」の付与や利用を2018年3月末をめどに終了する。(2017/8/10)

“フクロウ型ロボット”が商品おすすめ 新宿伊勢丹で実証実験
フクロウ型ロボットが、来店者の年齢や性別を分析し、おすすめ商品を紹介する実証実験が、新宿伊勢丹で8月9日〜21日に実施。(2017/8/2)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
くるぶしオヤジの登場も近い? ファッションと働き方改革の関係
日本の暑い夏に働くビジネスパーソンの間で「クールビズ」という考え方はすっかり定着しました。そんな中でクールビズファッションはさらに進化し、くるぶしを出すスタイルが今注目されています。(2017/7/31)

エスタブな浦和、先進の大宮:
大宮駅と浦和駅、埼玉の中心はどっち?
2001年、旧大宮市と旧浦和市、旧与野市が合併して、さいたま市が誕生した。駅の規模は、新幹線も止まる県内ナンバーワンのターミナル駅・大宮駅が浦和駅を圧倒するが、埼玉の中心といえば……。(2017/7/31)

小売・流通アナリストの視点:
日本の百貨店はまた同じ道をたどるのか?
インバウンド消費によって支えられている日本の百貨店だが、この恩恵が未来永劫続く保証はない。客離れという本質的な問題にメスを入れ、大変革を遂げるのは今しかないのではなかろうか。(2017/7/20)

伊勢丹新宿本店で導入:
好みのお酒を提案 接客を支えるAIとは
伊勢丹新宿本店で実施している、AIが自分に合ったお酒をおすすめしてくれるサービス。店舗の接客サービスを高めるツールとして活用されている。(2017/7/19)

伊藤忠、金曜を「脱スーツ・デー」に 服装マナー見直し
金曜日にカジュアルな服装を社員に推奨する「脱スーツ・デー」を、伊藤忠商事が始める。伊勢丹新宿本店のスタイリストがコーディネートを助言する取り組みも。(2017/6/14)

中竹竜二氏×サイバー役員・曽山哲人氏対談:
早稲田ラグビー元監督が明かす、失敗リーダーの典型とは?
早稲田大学ラグビー部の監督を務めた4年間で2度の大学選手権優勝を果たした中竹竜二氏。チームを率いるリーダーとして彼はどのようなことに取り組んできたのだろうか。またそこから見えてくる、失敗するリーダー、駄目な組織とは何か。サイバーエージェントの人事を統括する曽山哲人取締役と語り合った。(2017/6/8)

インタビュー:
佐藤可士和氏が語る、地方発ブランドの成功条件とは?
今治のタオル産業の復活を目指し、2006年にスタートした「今治タオルプロジェクト」。そのブランディングにかかわるクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏に、地方発ブランドが成功するための条件などを聞いた。(2017/5/16)

伝統産業の復活劇:
衰退一途の今治タオルが息を吹き返した“大事件”
愛媛・今治の地で100年以上前から続くタオル産業。長らく日本有数の産地として発展を遂げたが、1990年代に入ると中国産の安い製品に取って代わられるなど、生産量が激減した。そこからどのような復活劇を遂げたのだろうか――。(2017/5/15)

「正解するカド」に登場した立体折り紙が再現できる!? アニメに資料を提供した大学教授が製法公開
※若干のネタバレを含みます。(2017/5/9)

京都弁のねこちゃんがかわいい 岩合光昭さん撮影の「京都のねこ」がLINEスタンプに
おなじみのフレーズ「いい子だね」のスタンプも。(2017/5/8)

エネルギー管理:
電気使用量から各家電の状況をAIで推定、中部電力が検証
中部電力はBidgely(ビジェリ)とABEJA(アベジャ)と共同研究を行い、人工知能(AI)を活用した電気使用量の分析技術について検証することで、各家電の使用状況の推定を目指す。より顧客に合った省エネ方法や家電の使い方に関するアドバイス、見守りサービスの提供につなげる狙いだ。(2017/4/25)

岩合光昭さんのねこの写真展・全国14カ所で開催 札幌では初の屋外展示の試みも
北海道・福島・群馬・埼玉・東京・千葉・山梨・京都・大阪・和歌山・広島・高知で開催されます。(2017/4/21)

弱点補完×利便提供――Amazonが「Prime Now」で他店の商品を届ける理由
Amazonの「Prime Now」が、日本でも提携店舗にある商品の配達に対応する。その狙いはどこにあるのだろうか?(2017/4/18)

Amazonの「Prime Now」が取り扱い品目を拡大 ドラッグストアやデパートの商品が最短1時間で届く
「Amazonプライム」の会員特典「Prime Now」が、デパートやドラッグストアで販売している商品に対応。対象エリアでは1時間(一部は2時間)以内にサプリメント、化粧品、惣菜・弁当や生鮮食品などが届く。(2017/4/18)

日本企業はトップ100に5社:
世界の小売業ランキング、Amazonが初のトップ10入り
デロイトトーマツコンサルティングは「世界の小売業ランキング2017」を発表。トップ3は昨年と変わらずWal-Mart Stores、Costco Wholesale、The Kroger。Amazon.comが調査開始以来初のトップ10入りを果たした。(2017/4/4)

ねこを通して見た京都 岩合光昭さんの写真展「ねこの京都」 東京と京都で5月に開催
写真集も発売されます。(2017/3/24)

3月末で退任:
三越伊勢丹トップ交代の裏に解任求める怪文書
「ミスター百貨店」の異名をとる三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長が今月末で退任する。大西氏が労組の圧力で辞任に追い込まれたことは、社内融和を優先させないと、会社をまとめられない同社の複雑な事情を浮き彫りにした。(2017/3/23)

三越伊勢丹HD新経営陣“周回遅れ”の改革 不採算店舗の整理、リストラ敢行
4月1日付で三越伊勢丹ホールディングスの社長に就任する杉江俊彦取締役専務執行役員が13日会見し、人件費の削減やビジネスモデルの見直しといった構造改革を加速させる方針を強調した。(2017/3/14)

クラウドファンディング「成立」のその後:
「イノベーティブでクールじゃないと、がっかりされると思っていた」――元Apple社員が開発、IoTサービス「まごチャンネル」が生まれるまで
Appleを退職してから何をすべきか迷っていた――IoTサービス「まごチャンネル」を開発した梶原さんに、狙いと思いを聞いた。(2017/3/10)

Amazonの「送り方」、ヤマト危機の一因に ユーザー喜ばない「過剰サービス」も
ネット通販の成長による宅配便荷物の増加、解決策が見えない不在再配達――ヤマト運輸をめぐる“危機”には、かねて顕在化していた多くの問題が複雑に絡まり合う。(2017/3/8)

社長退任へ:
三越伊勢丹の業績は見劣りしていた
百貨店最大手の三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長が3月末に退任する方針を固めたことが6日、分かった。国内市場での百貨店離れや中国人訪日客の“爆買い”の鈍化で業績が悪化する中、構造改革で成果を出せなかった経営責任を明確にする。(2017/3/8)

三越伊勢丹、改革に不協和音 リストラめぐり「意見対立」 経営責任を明確化
国内市場での百貨店離れや中国人訪日客の“爆買い”の鈍化で業績が悪化する中、構造改革で成果を出せなかった経営責任を明確にする。(2017/3/7)

NEC、スーパーマーケットでAIを活用するソリューションを発表
NECが、購買行動データや商品属性を活用したマーケティング、需要予測などにAIを活用するスーパーマーケット向けソリューションの提供を開始した。併せてIaaS対応の本部基幹業務ソフトとセミセルフPOS端末の新製品も発表。(2017/3/7)

ソムリエ、リハビリ…… ソフトバンク「ペッパー」、AIソフト連携で活躍広げる
ソフトバンクのロボット「ペッパー」が、AIベンチャーによるソフトウエアを組み込むことで活躍の場を広げている。(2017/3/2)

ネコとペンギンがおててつないでる……! Suicaペンギンの作者・坂崎千春さんの展示「ペンギン百態 II」が3月に開催決定
ペンギンといきものの愛おしい姿が集合!(2017/2/27)

人工知能「SENSY」を活用:
「Pepper」がユーザーの味覚を解析してお薦めのお酒を提案、IMJがロボアプリ開発
IMJのR&D部は、カラフル・ボードと、カラフル・ボードが提供するユーザーの味覚を解析しお酒を提案する「SENSYソムリエ」を活用した「Pepper」向けロボアプリの開発を実施した。(2017/2/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「強みを生かす」ために、捨てるべき7つのこと
「どうでもいい執着」や「独りよがりなこだわり」を捨ててみませんか。自分の「強み」を生かし尽くして、勝負をしてみてください。(2017/2/16)

Minimal山下社長に聞く:
“売れるチョコ”の甘くないマーケティング戦略
2月14日はバレンタインデー。チョコレート市場は成長中で、企業のビジネスチャンスになっている。「元コンサルの脱サラ社長」が展開するMinimalのチョコレートの、甘くないマーケティング戦略とは?(2017/2/14)

Pepperが味覚を解析してお酒を提案 伊勢丹新宿本店
(2017/2/9)

ルパン一味が伊勢丹のアジトに特製のグッズとフードをお届けするぜとっつぁ〜ん
新宿店本館7階催物場が、ルパンのアジトに。(2017/2/2)

アップルPickUp!:
1月2日のApple初売り、2017年はどんな内容?
ラッキーバッグはなし。(2016/12/31)

スピン経済の歩き方:
日本に「ハロウィン」を定着させた「仕掛け人」は誰か
今年も大盛況の中で「ハロウィン」が幕を閉じた。オジさんたちから「我々が若かったころは、こんなイベントなかったよなあ」といった声が聞こえてきそうだが、実は40年ほど前から行われていたのだ。仕掛け人は広告代理店でなく……。(2016/11/1)

三越千葉店・多摩センター店の営業終了 17年3月に
三越千葉店と三越多摩センター店の営業が17年3月20日に終了する。(2016/9/7)

消費トレンドから見る企業戦略の読み解き方:
シェイクシャックは日本で「第二のスタバ」になれるのか?
昨年11月に日本初上陸したニューヨークの人気ハンバーガーショップ「シェイクシャック」が国内出店を加速させている。本国でもいまだ行列ができるシェイクシャックの強さとは一体何だろうか?(2016/8/31)

タイムアウト東京のオススメ:
あのブラウニーの上陸に歓喜する
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2016/8/30)

「AI利き酒師」に日本酒を選んでもらった お味はいかに?
人工知能が好みの日本酒を選んでくれるというサービスが伊勢丹新宿本店でスタート。さっそく味見に行ってきた。(2016/8/24)

モノだけじゃない! 日本のモノづくり(10):
PR:クラウドファンディングは可能性いっぱいのモノづくりインフラ
クラウドファンディングサイト「Makuake」は、親会社のサイバーエージェントによる新規事業コンテスト「あした会議」で採用されたのがきっかけで2013年5月に設立。自らも新規プロジェクトとして走りながら考え、市場を広げている。資金調達手段として知られるクラウドファンディングは、作り手とユーザーのマッチングの場を超えた、可能性いっぱいのインフラだった。(2016/8/22)

人工知能が「利き酒師」に 次は「AIソムリエ」 伊勢丹で8月末から
人工知能がユーザーの好みを分析し、味覚に合う日本酒を提案してくれるサービスが、伊勢丹新宿本店に8月末から登場。9月中旬にはワインを薦める人工知能も展開予定だ。(2016/8/18)

「UPQ BIKE me01」に取り付けられるレザーバッグ――バイクからスマホの充電もOK
UPQが折りたたみ型電動バイク「UPQ BIKE me01」専用のレザーバッグを発売。バイクのUSBポートから、カバンに収納したスマホの充電も可能。UPQ BIKE me01の予約受付も開始する。(2016/8/9)

岩合光昭さんのネコ写真展、この夏全国17会場で開催 「ねこうちわ」「ねこばんそうこう」などのグッズ販売も
累計来場者数が300万人を突破したニャ!(2016/7/26)

宇宙のロマン満載! ケプラーと同じ軌道を描く腕時計「ANICORN<K452>」
針のない腕時計です。(2016/7/24)

これは胸熱! 7月に伊勢丹屋上でユーミンのライブ開催! リアルな真夏の世の夢になりそう
ドレスコードは「アロハスタイル」or「ゆかた」。(2016/6/22)

伊勢市の仮想旅行を楽しめる――リクルートと三越伊勢丹が「地方創生」を後押しする取り組み
「地方創生」を後押しするための取り組み第一弾として、三重県伊勢市の魅力を体験できるVR技術などを取り入れた特別催事「Beautility Journey 〜ビューティリティ・ジャーニー〜」が開催される。(2016/6/20)

“ウェアラブル”の今:
Apple Watchをエレクトロニクス製品ではないものに SQUAIR「The Watch」の挑戦
Apple Watchの高級モデル、「Edition」には驚かされたが、SQUAIRの「The Watch」のコンセプトと価格への驚きは、その比ではない。なぜ30万円を超える価格のケースをApple Watchのために作ったのだろうか。(2016/6/11)

“未来IT”で世界を変える すごい国産スタートアップ:
人工知能が洋服を選んでくれる ユーザー7万人突破のファッションAIアプリ「SENSY」が目指すもの
ファッションの好みを人工知能が学習し、ユーザーの嗜好に合った服を提案してくれるアプリ「SENSY」。「人工知能が社会をどう変えるのか、イメージできないことに違和感を抱いていた」――アプリを手掛けるカラフル・ボードの渡辺祐樹CEOに、開発の経緯を聞いた。(2016/6/10)

試着してみた:
ハイブリッドデザインが最高にかわいい! 「sacai」のApple Watchバンドが伊勢丹新宿店に
伊勢丹新宿店で「sacai」が手がけたApple Watch用バンドの販売が始まりました。カワイイヤッター!(2016/6/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。