ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「旅館」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「旅館」に関する情報が集まったページです。

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第12話:安全な製品(前編)
白熱する捜査を一瞬離れ、温泉に繰り出すことになった「ひまわり海洋エネルギー」のCSIRT一行。温泉街を探検するうち、ふとした話から明らかになったメンバーの意外な過去、そしてあるメンバーの語る「お寺のDX」とは一体……?(2018/11/9)

おっこが自分で気付き、成長していく過程が大事 「若おかみは小学生!」脚本・吉田玲子インタビュー
映画「若おかみは小学生!」の脚本を手掛けた吉田玲子さんにメールインタビュー。吉田さんの作家性にも迫っています。(2018/11/8)

映画「若おかみは小学生!」、プチョン国際アニメーション映画祭で二冠達成! 「君の名は。」以来の快挙
ロングラン上映に期待がかかる。(2018/10/23)

より多くの顧客に高級旅館並みのサービスを:
創業65年、AIで生まれ変わる箱根の老舗ホテル その成功の要因は?
AIや機械学習で成功を収める企業が増えてきている一方で、思ったような効果が得られていない企業も少なくない。ビジネスにAIを活用するコツはどこにあるのか。箱根湯本の老舗ホテル「ホテルおかだ」の原氏が、そのポイントをセミナーで解説した。(2018/10/22)

クラウド勤怠管理システムの選び方
勤怠管理システム3つの選択肢を徹底比較、自社に合った製品選びのポイントは?
勤怠管理のITツールは3つに大別できる。高機能タイムレコーダー、オンプレミスの勤怠管理システム、クラウド勤怠管理システム、という3つの製品の違い、メリットとデメリットを比較する。(2018/10/18)

55億円の被害:
地面師グループ、半年前から犯行計画か 所有者入院後に実行
住宅大手の積水ハウス(大阪市)が約55億円の被害に遭った東京都内の旅館跡地の取引をめぐる地面師事件で、地面師グループが積水ハウスに土地売却を持ちかける半年前の平成28年9月ごろから犯行を計画していた疑いがあることが18日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査2課は、土地所有者の入院を機に計画を本格化させたとみて経緯を調べている。(2018/10/19)

庶民も通えそうな割安店も掲載:
10年連続三つ星、京都に3店 ミシュラン最新版
日本ミシュランタイヤ(東京)が発売した「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取2019」では、京都市内の飲食店200店、ホテル・旅館59軒が掲載された。和食の名店3店が平成21年の京都・大阪版の発売以来、10年連続で最高評価の三つ星を獲得。一方、5千円以下で庶民も通えそうな割安店も掲載された。(2018/10/18)

主犯格は国外逃亡:
積水ハウス55億円詐欺被害 「地面師」グループ逮捕
積水ハウスが都内の分譲マンション用地取引をめぐり約55億円をだまし取られた事件で、地面師グループのメンバーとみられる女らが逮捕された。(2018/10/16)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
実はノストラダムスの大予言は的中していた? 「創刊40周年記念 ムー展」で名物編集長を取材
ムー編集長に最強の超能力者は誰なのか聞きました。(2018/10/13)

本城慎之介、軽井沢風越学園創設への道【前編】:
30歳で楽天を辞めた元副社長が私財を投じて学校を作る理由
かつて三木谷浩史とともに楽天を創業し、副社長を務めた本城慎之介。彼は2002年11月に30歳で楽天副社長を退社して以降、教育畑に転身した。現在は長野・軽井沢の地で幼稚園・小・中学校の混在校である「軽井沢風越学園」の開校を目指している。彼が成し遂げようとしていることの本質を探った。(2018/10/12)

ヤフー、ユーザーの信用を数値化「信用スコア」事業参入 購買履歴など活用
ヤフーが、ユーザーの信用を数値化する「信用スコア」事業に参入する。ユーザーの購買情報などビッグデータを分析し、スコアを算出する。(2018/10/11)

八ッ場ダム建設で消えゆく長野原町の景色、動画やフリー素材としてネットに残す取り組み
ジモフルとぱくたそと、同町の役場が協力。(2018/10/9)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
これを旅館と呼んでいいのか!? 老舗旅館「陣屋」が切り開く新たなビジネスモデル
週休3日制などで注目を集める、鶴巻温泉の老舗旅館「陣屋」。彼らのビジネスはもはや旅館だけではない。成功事例そのものを商材とし、自社システムの外販から“旅館互助サービス”の展開まで、もはや旅館とは呼べないような事業をそろえた企業が誕生しつつあるのだ。(2018/10/9)

ED後におっことウリ坊が―― 「若おかみは小学生!」トークイベント、高坂監督が追加したかった映像とは
新宿バルト9で制作陣によるトークイベントが開催されました。(2018/10/7)

ホテル龍名館で「おせちビュッフェ2019」開催 平成に大流行したあの食材を含むおせち料理が食べ放題
「平成」最後のお正月に「平成」を堪能するおせち誕生。(2018/10/5)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
旅館業界では“あり得ない”週休3日 それでも「陣屋」の売り上げが伸び続けるワケ
旅館業界では珍しい週休3日を実現している、鶴巻温泉の老舗旅館「陣屋」だが、それでも売り上げも利益も伸び続けている。その裏にはAIやIoTを駆使した、最新の「おもてなし」があった。(2018/10/4)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
借金10億円、倒産まであと半年――創業100年の老舗旅館「陣屋」をたった3年でV字回復させた方法
神奈川県秦野市にある鶴巻温泉。閑静な住宅街の中に、働き方改革の先端を走る老舗旅館「陣屋」がある。業界では珍しい週休3日を実現するなど注目を集めているが、10年前は10億円の借金を抱え、あと半年で倒産というところまで追い詰められていた。(2018/10/1)

若者の旅行離れを防げ:
テーマは「ルーズ」 星野リゾートが開業する20代の若者向けホテルとは?
若者の旅行離れが叫ばれる中、星野リゾートは20代をメインターゲットにした「星野リゾート BEB 軽井沢」を2019年2月に開業する。テーマは「ルーズ」だという。(2018/9/27)

空き家の解消も目指す:
滋賀「商店街丸ごとホテル」始動 町屋改装でシャッター街に活気再び
京の都に行く東海道五十三次の最後の宿場町として栄えた滋賀県大津市で、伝統的な町家を観光資源に生かす取り組みが本格的に動き出す。木造注文住宅を設計・施工する「木の家専門店 谷口工務店」(滋賀県竜王町)が中心市街地の空き町家を改装したホテル7棟がオープンした。近隣の飲食店や商店も巻き込んだ“商店街丸ごとホテル”として観光客を誘致、昔のにぎわいを取り戻す。空き家の解消と地元商店街の活性化につながると大津市も注目する。(2018/9/27)

故ハヤブサの形見“、白いマスク”が実家旅館から行方不明に 元ミスター雁之助が返却呼び掛ける
一日も早く、お母さんの元へ。(2018/9/24)

「まってるよ北海道」観光客呼び戻しにSNSで盛り上がり 仕掛け人は旅館協会若手メンバー
震源地から離れた大部分は全く支障がない状況。(2018/9/19)

目からうろこの行政サポート活用術:
中小企業の経営課題を二人三脚で解決――中小企業向けの無料相談サービス「よろず支援拠点」の使い方
国は全国47都道府県に、中小企業・小規模事業者・創業希望者のための経営相談所「よろず支援拠点」を設置している。売上や販路の拡大、資金繰り改善や事業再生に関わるものなど、経営上の悩みを広く受け付け、専門家がアドバイスや支援を提供してくれる、この無料相談サービスの詳細を紹介する。(2018/9/12)

省エネ機器:
業務施設のエネルギー消費動向、トップは「事務所・オフィスビル」
調査会社の富士経済が「2018年版 業務施設エネルギー消費実態調査」を公表。施設ストック数やエネルギー消費量が多い業務施設7分野50業種のエネルギー消費特性を明らかにした。(2018/8/31)

破産寸前の旅館が復活:
サービス業界の働き方改革に、残業削減だけじゃない「ひと工夫」が必要な理由
“ブラックだ”と批判されることも多いサービス業界。生産性の低さや、労働者の裁量性の低さも問題視されている。どうすれば改善できるのかをリクルートワークス研究所の専門家に聞いた。(2018/8/23)

旅館の妙に居心地がいい“あのスペース” 「なぜかテーブルがある、窓際のちょっと広い場所」の名前、知ってる?
めっちゃまったりできる謎スペース。(2018/8/7)

国民生活への影響大:
東京オリンピックはもはや“国難”なのか 浮上する「サマータイム」
酷暑対策で東京五輪期間中のサマータイム導入がにわかに浮上しているが、IT化した社会で簡単に実現できるものではない。(2018/8/6)

意外な思惑:
観光地のトイレ4割「和式」 国が「洋式」化に力を入れる?隠れた理由
訪日外国人旅行者が増加する中、観光立国を目指す政府は、観光地を中心に外国人に不評な和式トイレを洋式化する取り組みを強化している。(2018/8/3)

「銀魂」定春がゆるキャラ“佐賀春”に 佐賀県のコラボ企画が「佐賀春プロジェクト」に決定
ムツゴロウやイチゴ、有田焼など、思いつく限りの佐賀名物要素が定春にぶちこまれました。(2018/7/30)

【時刻表は読み物です】欄外は情報の宝庫 謎の「ご注意」が上越線ページに
時刻表にはJR線のダイヤ、路線図、運賃計算などの営業案内だけでなく、全国の私鉄、バス、そして航空機の時刻、全国の旅館、ホテルの名称や電話番号もある。旅に必要な知識が欄外にも掲載されている。そこには謎の注意書きも含まれている。(2018/7/4)

「日本一のモグラ駅」:
時刻表の欄外は情報の宝庫 謎の「ご注意」が上越線ページに
時刻表は情報があふれている。JR線のダイヤ、路線図などの営業案内だけでなく、旅に必要な知識が欄外にも掲載されているが、そこには謎の注意書きも……。(2018/7/2)

わびしく見える温泉街の実情は?:
伊東温泉の現状から地方の観光地の縮図が見えてきた
「伊東に行くならハトヤ! 電話はヨイフロ」というテレビCMをご存じの方も多いだろう。かつて伊東は温泉街として全国にその名を轟かせた。しかし最近、伊東を訪れた人々は皆、街に活気がない、寂れているという印象を持つ。その現状を探ってみたら日本の観光産業の縮図が見えてきた。(2018/6/27)

2泊で7〜60万円:
1000室の豪華客船が「ホテル」に JTBが横浜で初、五輪限定で
JTBは、2020年の東京オリンピック期間中に大型クルーズ船を宿泊施設として活用する。利用するのは米Princess Cruisesの「サン・プリンセス」。試合のパブリックビューイングなどのイベントも適宜開催する。(2018/6/25)

「完全に負けてるわ私」 KenKenの“本気すぎる女装”に敗北宣言の女性ファンが続出してしまう
何やってるんですかKenKenさん!(2018/6/15)

ビジネスの裏側:
京都がホテルの出店ラッシュ期に突入……「1万室不足」から一転、過剰供給懸念の声も
国内外から年間5500万人もの観光客が訪れる京都市で宿泊施設の出店ラッシュが止まらない。(2018/6/13)

巨額の制裁や詐欺のリスクも:
「制裁対象」は意外なところに 知っておくべきGDPRの「5つのポイント」
2018年5月25日、組織による個人情報保護を厳格に定めた「GDPR(EU一般データ保護規則)」がついに施行された。「自分たちは関係ない」と思っている企業も、対象になっているケースがあるので要注意だ。(2018/6/12)

「ラブホテル」観光も?:
東京五輪で活気付く「ラブ」業界 認知度アップ狙う
2019年のラグビーワールドカップ(W杯)と翌年の東京五輪に向けた準備が進む中、さまざまな企業が、日本を訪問する大勢の観光客やメディア、選手たちをビジネスチャンスにつなげようと画策している。(2018/6/12)

五輪後のホテル需要は?CBREがフォーラム開催
ここ数年、2020年東京五輪やインバウンド(訪日外国人旅行者)で不足するホテルの客室を見込み、大都市圏ではホテルの建設ラッシュが続いている。CBREは不動産マーケットの動向をプレゼンするフォーラムを開催し、この中で五輪前後のホテル市場の展望を示した。(2018/6/11)

「民泊2020年問題」勃発:
“中国民泊”最大手CEOを直撃 「民泊新法は規制が厳し過ぎる」と力説
6月15日の民泊新法(住宅宿泊事業法)施行を前に、日本で事業展開する中国系民泊仲介サイトの最大手「自在客(ジザイケ)」の運営会社CEOに、新法への対応や日本でのビジネス展開について聞いた。(2018/6/4)

「民泊新法」施行直前も届け出わずか724件:
「民泊2020年問題」勃発 揺らぐ「観光立国」ニッポン
民泊を合法的に整備するために制定された民泊新法(住宅宿泊事業法)が6月15日に施行される。だが、新法に基づいて各自治体に出された届け出件数は5月11日時点で724件しかない――。(2018/6/4)

【マンガ】物騒な名前のスポーツ「デッドボール」の知られざる歴史
かつて日本に実在した。(2018/6/3)

関西の議論:
目指すは観光立国か規制強化か……6月施行「民泊新法」めぐり深まる混迷
空き部屋などを旅行者らに貸し出す「民泊」を営む事業者に自治体への届け出を義務づけた住宅宿泊事業法(民泊新法)が6月15日に施行されるのを前に、混迷が深まっている。(2018/5/25)

「民泊新法」めぐり深まる混迷 目指すは観光立国か規制強化か
民泊新法が6月15日に施行されるのを前に、民泊に顧客を奪われる形になる既存のホテル・旅館業界は、大規模な抗議デモを実施。住民生活への影響を懸念する自治体では、民泊の営業日などを制限する条例の制定が相次いでいる(2018/5/24)

【マンガ】ワニはなぜ「石を食べる」のか? その意外な理由
消化のためだけじゃない?(2018/5/24)

おはようございますニャ お布団とベッドを上手に使う妙に人間っぽいネコちゃんたち
布団の柄も気になります。(2018/5/9)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
【訂正版】タイムズのカーシェアと提携するトヨタの狙い
トヨタ自動車がカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を運営するパーク24との提携を発表した。この背景にはトヨタの複雑で大掛かりな戦略が見えてくるのだ。(2018/4/30)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(40):
福井編:東京生まれ東京育ちのめがね男子、鯖江でアジャイル開発しつつ都会と地方のいいとこどりを目指す
めがね産業で有名な鯖江市にIT企業メンバーズエッジがオフィスを開設した。鯖江市は地方自治体では珍しく、オープンデータ活用や起業が盛んで、福井県で唯一人口が増加している市でもある。鯖江市の熱意とメンバーズエッジの思いが合致して生まれたオフィスに、東京生まれ東京育ちのエンジニアが着任した。(2018/4/24)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
タイムズのカーシェアと提携するトヨタの狙い
トヨタ自動車がカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を運営するパーク24との提携を発表した。この背景にはトヨタの複雑で大掛かりな戦略が見えてくるのだ。(2018/4/23)

蓄電・発電機器:
“温泉発電”も視野に、米国の温度差発電ベンチャーが日本で事業展開
温度差発電技術を持つ米国のベンチャーMATRIX Industriesが日本での事業展開を拡大。同技術を生かした“体温で発電する”スマートウォッチを販売する他、温泉を活用した発電システムも検討するという。(2018/4/13)

体温が高いと有利かも!?:
体温で発電! 米国製スマートウォッチが日本に上陸
米国の新興企業MATRIX Industriesが2018年4月12日に日本で発売したスマートウォッチ。何がすごいって、「自分の体温で発電しちゃう」のだ。(2018/4/12)

地方活性化のファクターに:
「民泊がない地域は価値を下げる」 星野リゾート代表
星野リゾートの星野佳路代表は、民泊をはじめとするシェアリングエコノミーについて、地方経済の活性化にとって重要な要素だと強調した。(2018/4/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。