ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「旅館」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「旅館」に関する情報が集まったページです。

【時刻表は読み物です】欄外は情報の宝庫 謎の「ご注意」が上越線ページに
時刻表にはJR線のダイヤ、路線図、運賃計算などの営業案内だけでなく、全国の私鉄、バス、そして航空機の時刻、全国の旅館、ホテルの名称や電話番号もある。旅に必要な知識が欄外にも掲載されている。そこには謎の注意書きも含まれている。(2018/7/4)

「日本一のモグラ駅」:
時刻表の欄外は情報の宝庫 謎の「ご注意」が上越線ページに
時刻表は情報があふれている。JR線のダイヤ、路線図などの営業案内だけでなく、旅に必要な知識が欄外にも掲載されているが、そこには謎の注意書きも……。(2018/7/2)

わびしく見える温泉街の実情は?:
伊東温泉の現状から地方の観光地の縮図が見えてきた
「伊東に行くならハトヤ! 電話はヨイフロ」というテレビCMをご存じの方も多いだろう。かつて伊東は温泉街として全国にその名を轟かせた。しかし最近、伊東を訪れた人々は皆、街に活気がない、寂れているという印象を持つ。その現状を探ってみたら日本の観光産業の縮図が見えてきた。(2018/6/27)

2泊で7〜60万円:
1000室の豪華客船が「ホテル」に JTBが横浜で初、五輪限定で
JTBは、2020年の東京オリンピック期間中に大型クルーズ船を宿泊施設として活用する。利用するのは米Princess Cruisesの「サン・プリンセス」。試合のパブリックビューイングなどのイベントも適宜開催する。(2018/6/25)

「完全に負けてるわ私」 KenKenの“本気すぎる女装”に敗北宣言の女性ファンが続出してしまう
何やってるんですかKenKenさん!(2018/6/15)

ビジネスの裏側:
京都がホテルの出店ラッシュ期に突入……「1万室不足」から一転、過剰供給懸念の声も
国内外から年間5500万人もの観光客が訪れる京都市で宿泊施設の出店ラッシュが止まらない。(2018/6/13)

巨額の制裁や詐欺のリスクも:
「制裁対象」は意外なところに 知っておくべきGDPRの「5つのポイント」
2018年5月25日、組織による個人情報保護を厳格に定めた「GDPR(EU一般データ保護規則)」がついに施行された。「自分たちは関係ない」と思っている企業も、対象になっているケースがあるので要注意だ。(2018/6/12)

「ラブホテル」観光も?:
東京五輪で活気付く「ラブ」業界 認知度アップ狙う
2019年のラグビーワールドカップ(W杯)と翌年の東京五輪に向けた準備が進む中、さまざまな企業が、日本を訪問する大勢の観光客やメディア、選手たちをビジネスチャンスにつなげようと画策している。(2018/6/12)

五輪後のホテル需要は?CBREがフォーラム開催
ここ数年、2020年東京五輪やインバウンド(訪日外国人旅行者)で不足するホテルの客室を見込み、大都市圏ではホテルの建設ラッシュが続いている。CBREは不動産マーケットの動向をプレゼンするフォーラムを開催し、この中で五輪前後のホテル市場の展望を示した。(2018/6/11)

「民泊2020年問題」勃発:
“中国民泊”最大手CEOを直撃 「民泊新法は規制が厳し過ぎる」と力説
6月15日の民泊新法(住宅宿泊事業法)施行を前に、日本で事業展開する中国系民泊仲介サイトの最大手「自在客(ジザイケ)」の運営会社CEOに、新法への対応や日本でのビジネス展開について聞いた。(2018/6/4)

「民泊新法」施行直前も届け出わずか724件:
「民泊2020年問題」勃発 揺らぐ「観光立国」ニッポン
民泊を合法的に整備するために制定された民泊新法(住宅宿泊事業法)が6月15日に施行される。だが、新法に基づいて各自治体に出された届け出件数は5月11日時点で724件しかない――。(2018/6/4)

【マンガ】物騒な名前のスポーツ「デッドボール」の知られざる歴史
かつて日本に実在した。(2018/6/3)

関西の議論:
目指すは観光立国か規制強化か……6月施行「民泊新法」めぐり深まる混迷
空き部屋などを旅行者らに貸し出す「民泊」を営む事業者に自治体への届け出を義務づけた住宅宿泊事業法(民泊新法)が6月15日に施行されるのを前に、混迷が深まっている。(2018/5/25)

「民泊新法」めぐり深まる混迷 目指すは観光立国か規制強化か
民泊新法が6月15日に施行されるのを前に、民泊に顧客を奪われる形になる既存のホテル・旅館業界は、大規模な抗議デモを実施。住民生活への影響を懸念する自治体では、民泊の営業日などを制限する条例の制定が相次いでいる(2018/5/24)

【マンガ】ワニはなぜ「石を食べる」のか? その意外な理由
消化のためだけじゃない?(2018/5/24)

おはようございますニャ お布団とベッドを上手に使う妙に人間っぽいネコちゃんたち
布団の柄も気になります。(2018/5/9)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
【訂正版】タイムズのカーシェアと提携するトヨタの狙い
トヨタ自動車がカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を運営するパーク24との提携を発表した。この背景にはトヨタの複雑で大掛かりな戦略が見えてくるのだ。(2018/4/30)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(40):
福井編:東京生まれ東京育ちのめがね男子、鯖江でアジャイル開発しつつ都会と地方のいいとこどりを目指す
めがね産業で有名な鯖江市にIT企業メンバーズエッジがオフィスを開設した。鯖江市は地方自治体では珍しく、オープンデータ活用や起業が盛んで、福井県で唯一人口が増加している市でもある。鯖江市の熱意とメンバーズエッジの思いが合致して生まれたオフィスに、東京生まれ東京育ちのエンジニアが着任した。(2018/4/24)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
タイムズのカーシェアと提携するトヨタの狙い
トヨタ自動車がカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を運営するパーク24との提携を発表した。この背景にはトヨタの複雑で大掛かりな戦略が見えてくるのだ。(2018/4/23)

蓄電・発電機器:
“温泉発電”も視野に、米国の温度差発電ベンチャーが日本で事業展開
温度差発電技術を持つ米国のベンチャーMATRIX Industriesが日本での事業展開を拡大。同技術を生かした“体温で発電する”スマートウォッチを販売する他、温泉を活用した発電システムも検討するという。(2018/4/13)

体温が高いと有利かも!?:
体温で発電! 米国製スマートウォッチが日本に上陸
米国の新興企業MATRIX Industriesが2018年4月12日に日本で発売したスマートウォッチ。何がすごいって、「自分の体温で発電しちゃう」のだ。(2018/4/12)

地方活性化のファクターに:
「民泊がない地域は価値を下げる」 星野リゾート代表
星野リゾートの星野佳路代表は、民泊をはじめとするシェアリングエコノミーについて、地方経済の活性化にとって重要な要素だと強調した。(2018/4/11)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(38):
大分編:蛇口をひねれば温泉が!――別府で働くゲームプログラマーのリアルなエンジニアライフ
「ちょっと休憩がてら温泉入ってきます」がリアルに実行可能。そう、別府ならね――ご当地ライターがリアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実」、大分編第2回は、ゲームプログラマー兼、fuzz別府支社長の登場です。(2018/4/10)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
判断停止を脱し、「成長パターン」に変わろう!
「あなたはなぜ、今、その仕事をしているのか?」と聞かれて答えられるだろうか。(2018/4/5)

「界 アルプス」が再開業:
夏は活況、冬は閑散だった大町温泉を星野リゾートはどう活性化した?
長野・大町にある温泉旅館「界 アルプス」。星野リゾートが運営する同施設が2017年12月にリニューアルオープンした。これにより、特に冬場の客室稼働率をいっそう高めていきたい考えだという。(2018/4/4)

本物じゃん! 長澤まさみの“マリリン・モンロー”コスがハリウッドも振り向きそうな完成度
何話で出てくるんだろう。(2018/4/1)

ノリがある、ごはんが余ったらこれで食べよう→黒い紙おしぼりだった あまりのまぎらわしさに戸惑う声
どうしてくれよう余ったごはん。(2018/3/27)

楽天LIFULL STAY、民泊の物件登録を開始 6月開設の民泊サイトに掲載
楽天グループの民泊事業会社・楽天LIFULL STAYは3月15日、日本国内の民泊物件の登録受付を開始した。登録物件は、6月15日の「住宅宿泊事業法」施行以降に開設する民泊サイト「Vacation STAY」に掲載する見込み。(2018/3/15)

目玉は機能性マットレス:
しまむら、新業態店で何を狙うのか
しまむらが寝具を中心に扱う新業態店をオープンさせることが明らかになった。質の高い睡眠を求める消費者のニーズをくみ取ることはできるだろうか。(2018/3/13)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマートスピーカーはビジネスホテルで使える? 持ち込んで試してみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、ビジネスホテルではスマートスピーカーを便利に使うことができるのか、実際に持ち込んで試してみたので紹介したい。(2018/3/13)

屋形船に乗ってのんびり過ごす「昼寝舟」が気持ちよさそう 旅館・星のや京都が「脱デジタル滞在・夏」開催
心身ともに思いっきりリフレッシュできそうです。(2018/3/12)

PR:老舗旅館「陣屋」は週3日休業なのになぜ収益を伸ばしているのか?
無休が当たり前のホテル・旅館業界では画期的と言える週3日休業を実施する老舗旅館「元湯 陣屋」。その上、毎年事業収益を着実に伸ばすなど、名実ともに働き方改革、生産性改革を体現しているのだ。その取り組みに迫る。(2018/3/5)

携帯番号で支払える「Paidy」がホテルの予約にも対応 “キャンセル”抑止にも
携帯電話番号とメールアドレスを使った後払いの決済サービス「Paidy」が、宿泊施設の支払いにも対応。ダイナテックのホテル予約システム「ダイレクトイン」との連携で実現。ユーザーはクレジットカードを使わずに事前決済ができるようになる。(2018/3/1)

日本の自動車業界で唯一、日産がEVに躍起なワケ
EVの分野で「出遅れている」といわれている日本の自動車大手だが、唯一、早くから気を吐いているのが日産自動車だ。昨年10月、7年ぶりに全面改良したEV「リーフ」を国内発売。EVの本格普及はまだ先という段階にもかかわらず、日産はなぜ躍起なのか。(2018/2/27)

観光資源乏しく交通の便は悪いが:
ドヤ街の次は茶畑の町 星野リゾートが狙う意外な土地
宇治茶の生産地として知られる京都府の山間の町に、インバウンド向け宿泊施設の建設計画が浮上した。名乗りを上げたのは、高級ホテルを展開する星野リゾートだ。(2018/2/27)

許可取得できないエリアでも:
那覇の民泊施設、大手サイト掲載の84%が違法
那覇市が公表した民泊施設実態調査報告書によると、「エアビーアンドビー」に17年7月1日に掲載されていた民泊施設622件のうち、522件が旅館業法の許可を得ていない「違法民泊」だった。(2018/2/20)

日本の自動車業界で唯一、日産がEVに躍起なワケ
EV分野で日本の自動車大手として唯一、早くから気を吐いているのが日産自動車だ。(2018/2/15)

ムー×自治体の謎コラボ 月刊『ムー』の記者となって横須賀の隠された歴史の謎を解くイベント開催
月刊『ムー』編集長・三上丈晴氏が登壇するトークショーも開催。(2018/2/9)

エスキュービズム「ねがブロ」:
飲食店から「すみませーん」を減らすIoTベル 満足度と生産性向上に効果アリ
飲食業界の働き方改革や生産性向上が注目されている中、飲食店の「すみません」を減らす製品が生まれている。エスキュービズムの「ねがブロ by noodoe(ヌードー)」だ。顧客満足度と従業員の生産性向上に効果があるという。(2018/2/6)

「ごっちん全然老けない」 後藤真希、着物美人な“若女将”ショットが日本中から客を呼び寄せそう
永遠に美しい後藤さん。(2018/2/2)

幻想的な雪景色を求めて:
大正ロマン感じる山形・銀山温泉 観光客が増えたワケは
山形県尾花沢市の銀山温泉が注目を浴びている。歴史ある温泉街だが、近年の観光客数は横ばい状態だった。しかし16年度、急激に観光客が増加。そのワケとは?(2018/2/2)

自動駐車スリッパが爆誕 日産自動車が老舗旅館を「スリッパが自動整列するハイテク旅館」に改造しちゃった
どんな気分になるのでしょう……泊まってみたい。(2018/2/1)

「帰らないで欲しいニャ〜」 猫と一晩を過ごせる猫付き旅館「まいきゃっと湯河原」が癒される
猫好きにはたまらない……!(2018/2/4)

脱いだスリッパが自ら整列 日産「未来型旅館」の動画公開
脱いだスリッパが自ら整列したり、無造作に置いた座布団が定位置に戻ったり――そんな「未来型旅館」のコンセプト動画を、日産自動車が公開した。(2018/1/26)

乳がん手術等、傷あとをカバーできる「入浴着」が話題に 実は20年ほどの歴史ある商品
まずは知ることから。(2018/1/22)

大学最後の追い込みに、温泉旅館にこもり卒論を書く「卒論執筆パック」が登場 書き終わった人は「卒論お疲れパック」もあるよ!
集中できない人は温泉旅館へ急げ……!(2018/1/17)

旅館「えいえいっ!解けた?」温泉「解けてないよ」 寒さでまさかの「温泉が凍る」悲報 Twitter民から困惑の声
復旧までの様子をツイートしています。(2018/1/14)

モノづくりの礎を築いた:
創業100周年の企業は? あの大手メーカーが歩んだ100年
2018年に創業100周年を迎える企業には、パナソニックなどの大手メーカーが名を連ねる。(2018/1/10)

「日本初」の挑戦:
熊本経済を元気に! 震災で生まれたくまもとDMCの使命感
2016年4月に起きた熊本地震は地元経済に大きなダメージを与えた。そうした中で誕生したのが、観光振興会社のくまもとDMCだ。同社が他の日本版DMO(目的地型観光振興会社)と異なるのは民間企業であること。それは何を意味するのだろうか。(2018/1/10)

雪降る銀山温泉が言葉を失う美しさ 「大正浪漫の風情溢れる温泉郷」を捉えた写真に「行ってみたい」の声
この世のものとは思えない美しい景色です。(2018/1/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。