ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「平成28年熊本地震」最新記事一覧

震災関連ニュース一覧
アイティメディア運営の各メディアが提供する震災関連記事の一覧です。

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
郷愁だけで鉄道を残せない しかし、鉄道がなくても郷愁は残せる
JR九州の株式上場からもうすぐ1年。上場準備中に熊本地震に見舞われ、上場後も豪雨災害や台風被害により不通区間が増えている。民間企業となったJR九州は、全ての路線を復旧するつもりはなさそうだ。災害は地域に鉄道の存在価値を突き付ける。もし鉄道の存在意義が観光誘客だというなら、鉄道「事業」にこだわる必要はないかもしれない。(2017/10/6)

阪大・京大の熊本地震観測データに問題 研究者は関連論文を取り下げる意向
林文科相は大阪大学に対しガイドラインに沿った適切な対応を求め、調査結果を受けて対応を決めるとしています。(2017/10/3)

サントリー「阿蘇の天然水」、熊本地震以来1年5カ月ぶりの販売再開へ
「サントリー天然水」シリーズの3種類がようやくそろう。(2017/9/19)

民間主導で災害支援、ヤフーなど17社連携 狙いは
ヤフーなど民間企業17社、NPO6団体が、災害発生時の物資・サービス支援で連携。被災地の情報を集約し、物資を一括して届けることで、支援の漏れや無駄を減らす狙い。(2017/8/31)

復旧中の熊本城もランクイン 「旅好きが選ぶ!日本の城ランキング」発表
「姫路城」が安定の連続1位。(2017/8/27)

Weekly Memo:
「情報通信白書」から読み解く日本のICT産業の実態
総務省が先頃、日本のICT産業における現状や課題をまとめた「平成29年度版 情報通信白書」を公表した。その中から、特に企業のICT活用について筆者が気になった点を取り上げたい。(2017/8/14)

鉄道好きは大阪へ 「鉄道模型フェスティバル」と「鉄たび展」 うめだ阪急で2つの鉄道フェアを開催
鉄道部品の販売もあります。(2017/8/5)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR九州が発表した「全路線の通信簿」から見えること
JR九州が2016年度の路線・区間別の平均通過人員を発表した。いわば路線の通信簿だ。JR九州発足時のデータも併せて比較できるようにしている。JR九州の意図は廃線論議ではなく「現状を知ってほしい」だろう。この数値から読み取れる現状とは何か。(2017/8/4)

製造マネジメントニュース:
ソニー1Qで過去最高の営業益、ただ経営陣は危機感強める
ソニーは2018年3月期(2017年度)第1四半期の決算を発表。第1四半期としては過去最高の営業利益を達成した。(2017/8/2)

4〜6月期は増収増益:
ホンダ、営業利益を上方修正 円安方向に見直し
ホンダは、2018年3月期の連結営業利益予想を期初計画から上方修正。為替を円安方向に見直した。販売台数計画は据え置き。北米、アジアを中心に、新型車投入で販売台数を増やす。(2017/8/1)

営業利益率14.6%:
ルネサス17年4〜6月売上高、30%成長を達成
ルネサス エレクトロニクスは2017年7月28日、2017年12月期第2四半期(2017年4〜6月)の業績を発表した。(2017/8/1)

やまぬTwitter「なりすまし」 偽の「唐澤弁護士」140以上も 対策難しく……
Twitterは、他人になりすましてウソの情報を発信することもできてしまう。6月下旬には実在する弁護士になりすまして、小林麻央さんの訃報を弄んだ投稿が混乱を引き起こした。(2017/7/19)

ジェイデバイス 社長 仲谷善文氏:
日本の半導体後工程受託企業として見据える未来
国内最大規模を誇る半導体後工程受託製造企業であるジェイデバイスの社長である仲谷善文氏にインタビューした。M&Aを繰り返し、事業規模を拡大しながら、世界2位の半導体後工程受託製造企業であるAmkor Technologyの完全子会社となった同社の事業戦略などについて聞いた。(2017/7/12)

老舗納豆メーカーのマルキン食品、ストレージ基盤をDell EMCファミリーで強化
熊本のマルキン食品は、「Dell EMC Unity」と「Dell EMC Data Domain」を導入し、基幹業務用ストレージ基盤を刷新した。(2017/6/29)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「只見線」「南阿蘇鉄道」の復旧が遅れた“原因”は何か
2011年の豪雨災害で不通となっているJR只見線について、JR東日本と福島県が鉄道を復旧して存続させることで合意した。同じころ、16年の熊本地震で被災した南阿蘇鉄道について、政府が復旧費の97.5%を支援する意向と報じられた。復旧決定まで、只見線は6年、南阿蘇鉄道は1年。鉄道復旧に時間がかかる理由は、政府に鉄道専門の財源がないからだ。(2017/6/23)

4月比で伸び率鈍化も:
訪日外国人5月は21.2%増の229万人、韓国が大幅増
政府観光局(JNTO)によると、5月の訪日外国人客数(推計値)は、前年同月比21.2%増の229万4700人だった。(2017/6/21)

マグニチュード12で「地球が割れます」 震度は“体感”で決まっていた?
マグニチュードはその定義上、12までいくと地球が割れてしまう。(2017/6/17)

ROOX、ボランティア団体へスマホアクセサリーを無償提供する「みんなで支えるプロジェクト」開始
ROOXは、各種ボランティアに取り組んでいる団体・サークルへ同社のスマートフォンアクセサリーを無償提供するプログラム「みんなで支えるプロジェクト」を開始。提供は隔月、1回あたり6万円相当分とする。(2017/6/13)

10円のチカラで復興支援! 売り上げの一部が熊本に寄付される「くまモンうまい棒」発売
うまみちゃんも来るーっ!(2017/6/12)

情報化施工:
ドローンで空から地中探査、災害時の人命救助を迅速化
NEDOプロジェクトでエンルート、産業技術総合研究所、日立製作所、八千代エンジニヤリングは、ドローンを利用して土砂災害時に地中に埋没した車両を空中から探査するシステムを開発した。人の立ち入りが困難な災害現場での救出活動の迅速化に貢献する技術として、実用化を目指す。(2017/6/8)

電力供給:
「原発停止で落ちた自己資本比率を20%に」 九電が経営計画を発表
九州電力グループは、2021年度までの財務目標を発表した。自己資本比率を20%程度に回復させること、平均の経常利益を1100億円以上、成長事業への累計投資額4200億円を目指すという。(2017/6/7)

現場に出よう:
デジタル変革は会議室ではできない
人手不足や高齢化を背景として、さまざまな分野でデジタルトランスフォーメーション(DX)が議論されている。ビジネスのデジタル変革に必要な姿勢と人材とは……。キーワードは「現場」だ。(2017/6/6)

半導体商社トップインタビュー 菱電商事:
ソリューションで勝負、菱電商事が目指す100年
再編が進み大きく業界地図が塗り変わりつつある半導体業界。半導体を取り扱う半導体商社の経営環境も激変期にある。そこで、EE Times Japanでは各半導体商社の社長にインタビューし、今後の成長や戦略を聞く企画を進めている。今回は、2017年に創業70周年を迎えた菱電商事に聞いた。(2017/6/1)

紗栄子、チャリティーフリマの売上450万円を全額寄付 “現場主義”な慈善活動の信念明かす
売上金分の必要物資を寄贈しています。(2017/6/2)

「異端」の販売戦略とは:
赤城乳業の名物部長が語る「ガリガリ君」秘話
ITmedia ビジネスオンライン編集部が主催する読者イベント「アクションリーダー学」に、「ガリガリ君」のマーケティングを手掛ける赤城乳業 営業本部 マーケティング部の萩原史雄部長が登壇。大ヒットの裏話を語った。(2017/5/25)

防災グッズを紙面に並べて災害発生直後の混乱期をしのぐ相談を―― 神戸新聞が紙上で「並べる防災」を提案
防災袋に必要な物を、各家庭で話し合って準備しようという提案。(2017/5/17)

アナリストオピニオン:
東京オリンピックに向けて拡大するサイバーテロ対策需要を取りこぼすな!
2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックでのサイバーテロ対策においては、モバイルとIoT(Internet of Things)が特に重要な課題になると想定される。(2017/5/16)

増収増益でQ2も成長見込む:
ルネサス 2017年Q1、Intersil買収で売り上げ増
ルネサス エレクトロニクスは、2017年12月期第1四半期(2017年1〜3月)の業績を発表した。2017年2月に買収を完了したIntersilの業績が好調だったこともあり、前年同期比、前四半期比の両方で、増収増益となった。(2017/5/15)

「SMAP大応援プロジェクト」第2弾は熊本地震の復興支援 クラウドファンディングで1300万円超集まる
SMAPが呼び掛け続けた震災支援のための企画です。(2017/5/14)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
減損の呪縛から脱するソニーに一抹の不安
“もぐらたたき”“いたちごっこ”が終わったならいいんですが……。(2017/5/2)

デスクワークを手伝うモン! かわいくて復興支援にもなる「くまモン」のPCクッションが登場
売上の一部は義援金として寄付されます。(2017/5/2)

製造マネジメントニュース:
ソニーのエレキ事業が19年ぶりに第4四半期黒字を確保、中計目標は達成できるか
ソニーは、2016年度(2017年3月期)決算と2017年度の業績見通しを説明。3カ年の中期経営計画の最終年度となる2017年度の連結業績は、売上高が前年度比5.2%増の8兆円、営業利益が同73.2%増の5000億円、税引前利益が同86.8%増の4700億円、当期純利益が同3.4倍の2550億円、ROE(株主資本利益率)は10%以上を見込む。(2017/5/1)

ソニー、今期営業益は過去最高水準に ゲームと半導体が後押し
ソニーが18年3月期の業績見通しを発表。営業利益が過去最高水準となる5000億円になる見込みだと語った。(2017/4/28)

PS4は収穫期:
ソニーが今期営業益5000億円を予想、過去最高に迫る
ソニーの今期連結営業利益は前年比73.2%増の5000億円となる見通し。(2017/4/28)

ハウステンボス、スマホゲーム参入 リアル園内企画と連動「来園者増につなげる」
ハウステンボスが、スマホ向けゲームアプリ「エアリアルレジェンズ」を2017年春に公開する。実際に園内企画やイベントと連動し、来園者の増加につなげる狙い。(2017/4/26)

熊本城の被害状況が詳しく分かる特設サイトをNHKオンラインが解説 立体CGや全国から集まった熊本城の思い出写真などを公開
あれから一年経ちました。(2017/4/23)

ブルーインパルスが晴天の熊本城上空に白い航跡を描き被災地にエール
雲ひとつない快晴。復興支援イベント「飛翔祭」の一環。(2017/4/23)

仲里依紗&中尾明慶、結婚4周年の記念写真がラブラブの極み 「この人と結婚できてよかったな」
これはラブい。(2017/4/19)

熊本市動植物園とコラボした「けもフレ」オリジナルクッキー発売 寄付金付きで復旧支援へ
クッキーが好きなフレンズたちで支援しよう!(2017/4/17)

超高精細映像で地震断層を発見!? 応用が進む8Kスーパーハイビジョン
(2017/4/11)

「終わり見えない熊本地震」Amazonが復興支援 県と協定「特産品フェア」開催
Amazon.co.jpで「がんばるけん!くまもとけん!熊本県フェア」を開催。特産品やくまモンのグッズなど、品ぞろえを充実させる。(2017/4/11)

「あまりにかわいそうなので……」 「てるみくらぶ」内定者を選考なしで採用 JALFの思い
倒産した旅行会社「てるみくらぶ」の内定者を無選考で採用するという団体が現れた。(2017/3/29)

「999」や「ハーロック」など松本零士の世界が浮世絵に 「北斎は偉大な先輩」
「自分の絵を木版でここまで再現してくれるのは夢みたいなこと」(松本零士)(2017/3/8)

Yahoo!で「3.11」検索すると10円寄付 今年も3月11日に実施
「Yahoo!検索」で「3.11」と検索すると1人につき10円を寄付する「Search for 3.11」をヤフーが今年も展開する。(2017/3/7)

熊本にカビゴンが大量発生中! ポケモンGOが出現率アップイベント
(2017/3/3)

カビゴン出現率が熊本県などでアップ ポケモンGOで震災復興イベント
熊本地震で被害を受けた熊本県、大分県由布市、別府市で、カビゴンが出やすくなるイベントが開催。(2017/3/2)

Pokemon GO、熊本地震の被災地で「カビゴン」出現率アップ
「Pokemon GO」で、レアポケモン「カビゴン」が熊本県全域と大分県由布市、別府市に出現しやすくなるイベントが開催。(2017/3/2)

LINE、災害時に家族や友人に無事を伝える「LINE災害連絡サービス」追加
間もなく訪れる6年目となる3月11日を前に。(2017/3/2)

AI×スマホ×生命保険が実現する未来:
ライフネット生命 岩瀬大輔氏、LINE 田端 信太郎氏が語る「若者が求める顧客接点」
ライフネット生命の新サービス説明会に同社代表取締役社長 岩瀬大輔氏、LINE 上級執行役員 田端 信太郎氏、森・浜田松本法律事務所 増島雅和氏が登壇。スマホを活用したデジタルビジネスの可能性を語った。(2017/2/21)

赤字転落へ:
キタムラ、129店を閉鎖へ デジカメ・スマホ市場縮小
キタムラがリストラ。「カメラのキタムラ」「スタジオマリオ」129店舗を17年度までに閉店する。(2017/2/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。