ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DIGNO M KYL22」最新記事一覧

格安SIM徹底レビュー:
“iOS 8非対応”は痛いがサービスは充実、9月から「ドコモ」プランも――「mineo」(2015年7〜8月)
各社がし烈な競争を繰り広げる格安SIMサービス。料金、基本機能から実行速度、サポート体制まで、あらゆる要素を徹底レビューしていく。今回取り上げるのは、ケイ・オプティコムが提供するMVNO「mineo」のSIMカードだ。(2015/8/18)

MVNOサービス「mineo」、法人向けサービスを提供開始――海外渡航者向けプリペイドSIMも販売
ケイ・オプティコムは、MVNOサービス「mineo」で法人向けサービスをスタート。また、世界約200カ国で利用できるプリペイドSIMも販売する。(2015/5/26)

石野純也のMobile Eye(12月8日〜19日):
KDDI系MVNOの動きが活発に――始動した「UQ mobile」と、改善を図る「mineo」の戦略
この2週間は、KDDIのネットワークを用いたMVNOの動きが注目を集めた。まず1つが、KDDIが子会社として設立したKDDIバリューイネイブラーが提供する新しい通信サービス「UQ mobile」だ。そして、同じくKDDI系MVNOのサービス「mineo」でも料金の値下げや新機種が発表された。(2014/12/19)

gooスマホ部:
Twitterが開けない!
Twitterアプリを開こうとしても、問題が発生したため終了します。となってしまいます。(2014/12/19)

「mineo」が料金値下げで1Gバイト850円に 新端末「LUCE」も提供
ケイ・オプティコムのMVNOサービス「mineo」が料金改定を発表。2015年2月より1Gバイト850円に値下げされる。また、京セラ製新端末「LUCE」も2014年12月24日から提供する。(2014/12/18)

KDDIの「auバックアップ」「auベーシックホーム」が機能改善&拡充
「auバックアップ」がデータ移行について改善。「auベーシックホーム」は天気などをアイコン上で情報表示可能となり、フォルダデザインも変更できるようになる。(2014/10/24)

MVNOに聞く:
KDDI回線を選んだ理由、端末へのこだわり、そして“iOS 8問題”――「mineo」の狙いと反響
ケイ・オプティコムの「mineo」は、現時点で唯一KDDIの回線を利用したサービスだ。au向けスマホをベースにした端末も調達し、音声サービスも当初から提供している。同社がKDDI回線を選んだ理由や、端末へのこだわり、そして“iOS 8問題”などを聞いた。(2014/10/24)

「mineo」、iOS 8.1でも利用不可――原因は「調査中」 Appleへ要望も
auの4G LTE通信を利用できるサービス「mineo」が、iOS 8.1でも利用できないことが判明した。今後の対応予定もないとのことだが、ケイ・オプティコムは、引き続きAppleへ要望を出していくという。(2014/10/21)

KDDI、イギリス/オーストリア/フィリピンでLTE国際ローミングを開始
KDDIと沖縄セルラーは、新たにイギリス/オーストリア/フィリピンで国際ローミングサービス「グローバルパスポート」の提供を開始した。(2014/8/15)

はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第15回:
多様化するMVNOのサービス――料金や販売形態の最新トレンドをチェック
MVNOが提供する通信サービスの料金プランは、めまぐるしく変更している。最近はスマホとセットで販売するMVNOも増えている。連載の最終回では、格安SIMの料金や販売形態などのトレンドを紹介したい。(2014/8/8)

ケイ・オプティコムの格安スマホ「mineo」にシャープ端末追加 おサイフケータイ・ワンセグ対応
auのLTE回線を利用するケイ・オプティコムのMVNO「mineo」に、シャープ製「AQUOS SERIE」と、基本データ容量2Gバイトと3Gバイトの新プランが追加。(2014/7/24)

広がる選択肢:
「mineo」が月2G/3Gバイトプランを追加 新端末「AQUOS SERIE」もラインアップ
「mineo」は8月5日から、月間2Gバイトと3Gバイトの新プランの提供を開始する。また新端末としてCAやWiMAX 2+も利用できる「AQUOS SERIE」を追加した。(2014/7/24)

料金プラン比較:
3大キャリア・ワイモバイル・格安スマホ 一番安く使えるのはどれ?
ワイモバイルの発表により、キャリア4社の新料金プランが出そろった。端末と音声通話、データ通信をセットで使える“格安スマホ”とも比較しながら各種料金を見ていこう。(2014/7/22)

KDDI、LTE国際ローミングサービスの提供エリアに台湾とベルギーを追加
KDDIと沖縄セルラーは、新たに台湾とベルギーでLTE国際ローミングサービス「グローバルパスポート」の提供を始めた。(2014/7/10)

シンプルなホーム画面を作る「auベーシックホーム」対象機種が拡大
シンプルで使いやすいホーム画面を提供するauスマートフォン向けアプリ「auベーシックホーム」の対応機種が増えた。新たに「isai LGL22」「G Flex LGL23」ほか10機種が対応となる。(2014/7/7)

「DIGNO M KYL22」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「mineo」の“ここ”が知りたい 第3回:
DIGNO Mの使い勝手は? プリインされているauアプリは使える?――「mineo」
ケイ・オプティコムがauのネットワークを使って提供している通信サービス「mineo(マイネオ)」の“ここ”が知りたい第3回では、セットで販売されるスマートフォン「DIGNO M」についてレビューする。(2014/6/17)

「mineo」の“ここ”が知りたい 第2回:
3G通信できなくても問題ない? 4G LTEの実効速度はどれくらい?――「mineo」
auのネットワークを使ったMVNOサービス「mineo」ではデータ通信に3Gが利用できないが、問題なく通信できるのだろうか。また4G LTEの実効速度はほかのauスマホと比べてどうか? ネットワークの設定方法は?(2014/6/13)

「mineo」の“ここ”が知りたい 第1回:
料金はどれだけ安い? 既存のauスマホでも利用できる?――「mineo」の基本をおさらい
au初のMVNOとして、ケイ・オプティコムが通信サービス「mineo」の提供を開始した。料金やデータ通信量、対応機種などの基本事項をおさらいした。(2014/6/11)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
au初のMVNOが好調/ドコモ版iPad発売とテザリング封じの関係/auのWiMAX 2+スマホは速度制限あり?
KDDIのLTEネットワークに対応する初のMVNOサービス「mineo」が話題を集めている。一方で、ドコモのiPad発売を受けて一部機能が利用不可になるなどの問題も。プリペイドSIMでは、外国人旅行客にも使い勝手のよい「30日間使い切り」の製品が登場した。(2014/6/10)

“通信費節約”だけじゃない! 自分にあった格安SIMプランはどれ?【2014年夏の陣】
スマホの利用料金を安くするためには、格安SIMを検討するのも1つの手だ。しかし、さまざまな事業者が展開しているプランは似たようなものが多い。今、注目すべきプランはどれだろうか?(2014/6/2)

石野純也のMobile Eye(5月12日〜23日):
ドコモ夏モデルとVoLTEの狙い/好発進の「au WALLET」/au回線を活用した「mineo」の新しさ
この2週間は、ドコモ夏モデルの発表や、ケイ・オプティコムのMVNO参入、au WALLETの開始など、モバイル業界のニュースがにぎわった。今回はこれら3つを取り上げたい。(2014/5/23)

ケイ・オプティコム、au LTEのMVNO「mineo」で格安スマホ参入 端末込み月額3590円
ケイ・オプティコムがMVNOサービス「mineo」を始める。au LTE網の高速データ通信SIMは月額980円から。端末込みのプランは月額3590円(税別)だ。(2014/5/15)

ケイ・オプティコム、auのLTE網を使った格安SIM「mineo」発表 「DIGNO M」とのセットプランも
ケイ・オプティコムが月額980円で1Gバイトまで使える格安SIMサービス「mineo」を発表。auのLTE網を使ったMVNOサービスで、下り最大150Mbpsの高速通信が利用できる。京セラの「DIGNO M」もセット販売する。(2014/5/15)

京セラ、DIGNO Mベースのスマートフォン「IQX KEN」をタイで発売
京セラが、KDDIから発売されている「DIGNO M」をベースとしたスマートフォンをタイで4月から販売する。(2014/4/10)

今日から始めるAndroid:
スマホでの文字入力を使いこなそう―――LGスマホ/DIGNOシリーズ編
ケータイからの乗り換えユーザーにとって最大の難関でもある文字入力。今回はLGスマホ、DIGNOシリーズを例に文字入力の基本を紹介する。(2014/4/7)

最新スマートフォン徹底比較(2013冬-2014春モデル編):
5インチ以上でも小さくて軽い機種は?――冬春スマートフォン28機種を比較
いよいよ出そろった、2013年冬〜2014年春モデル。5キャリアのスマートフォンにiPhone 5s/5cを加えると、その数は28機種にも及ぶ。あらためて、28機種のスペックを見比べていきたい。今回はサイズと重さをチェックした。(2014/2/23)

ウィルコム、「だれとでも定額パス アプリ」対応スマートフォンに5機種を追加
ウィルコムは、12月18日に「だれとでも定額パス アプリ」に対応するスマートフォンとして5機種を追加した。(2013/12/18)

auのホームアプリ「かんたんメニュー」がリニューアル LTE対応Androidスマホ向け
KDDIは12月5日、LTE対応Androidスマホ向けに、ホームアプリ「かんたんメニュー」をリニューアルした。ダイヤル画面を改善するなど、スマホ初心者にも使いやすいよう配慮した。(2013/12/5)

「DIGNO M KYL22」発売、新規と機種変更で実質2万円 MNPは実質4000円
京セラ製のauスマホ「DIGNO M KYL22」が発売された。店頭価格は新規と機種変更が一括で5万円台後半、MNPが4万円台前半となっている。(2013/12/2)

石野純也のMobile Eye(11月11日〜11月22日)その2:
京セラが米国で好調の理由/3万円未満のタブレットで攻めるNEC
今回の「Mobile Eye」2本目では、北米市場でシェアを伸ばしている京セラの戦略と、250グラムの軽量7インチタブレット「LaVie Tab S」を発売したNECのタブレット戦略を取り上げる。(2013/11/24)

石野純也のMobile Eye(11月11日〜11月22日)その1:
SIMフリーのiPhone 5s/5cが発売――各キャリアの対応とメリット/デメリット
新モデルの発売が相次いだここ2週間の最終日に、AppleがSIMフリー版のiPhone 5s/5cを発売するというビッグニュースが飛び込んできた。ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの対応は? 各社に聞いた。(2013/11/22)

防水5インチスマホで“最軽量”の「DIGNO M KYL22」、11月23日に発売
KDDIは、京セラ製防水・防塵スマホ「DIGNO M KYL22」を11月23日に発売する。5インチ液晶を搭載したボディは137グラムと軽量で、手になじむラウンドフォルムが特徴だ。(2013/11/18)

石野純也のMobile Eye(9月30日〜10月11日):
ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの冬春モデル戦略を読み解く
この2週間はドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルから冬春モデル(KDDIは冬モデルのみ)が発表され、モバイル業界は大いに賑わった。端末に加え、ネットワーク、サービス、料金にも焦点が当たりやすくなった。今回は3社の戦略をまとめた。(2013/10/13)

KDDI、「au Wi-Fi SPOT」で次世代無線LAN規格「802.11ac」を導入
KDDIは10月2日、公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」で、次世代無線LAN規格「IEEE802.11ac」を導入することを発表した。まずは、カフェチェーン5店舗に導入する。(2013/10/2)

KDDI、10月下旬から下り最大150MbpsのLTEサービスを提供
auの4G LTEで、10月下旬から千葉県の一部地域にて下り最大150Mbpsの通信が可能になる。冬モデルのスマートフォンとタブレットが対応する。(2013/10/2)

ボディは最薄部3ミリ:
ラウンドフォルムで持ちやすい 5インチ液晶搭載の最軽量モデル――「DIGNO M KYL22」
京セラ製の「DIGNO M KYL22」は、防水・防塵ボディに5インチフルHD液晶を搭載したハイスペックなauスマホ。背面がなめらかにカーブしたフォルムと新UIの搭載で、片手でも操作しやすいのが特徴だ。(2013/10/2)

Z1やNote 3、“isai”を放つKDDI共同開発モデルも登場──auの2013年冬モデル
KDDIは、2013年冬モデルとして、LGエレクトロニクスと共同開発の「isai」や注目の“Z1”“Note 3”などのスマートフォン、そして、WiMAX 2+対応ルータなどを投入する。(2013/10/2)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。