ニュース
» 2017年01月13日 18時30分 UPDATE

ケイ・オプティコムの「mineo」が加入件数50万件を突破

ケイ・オプティコムのMVNOサービス「mineo」の加入件数が50万件を突破した。「マイネ王」や「フリータンク」など、他のMVNOサービスにはないサービスが好評であるという。

[井上翔,ITmedia]

 ケイ・オプティコムは1月13日、同社のMVNOサービス「mineo」の加入件数が50万件を突破したことを発表した。

mineoが50万件突破

 mineoは、au(KDDIと沖縄セルラー電話)回線を利用するMVNOサービスとして2014年6月3日にサービスを開始した。当時はau回線を使うサービスが珍しかったこともあり、サービス開始から10日足らずで申込件数が1万件を突破した。

 その後、2015年9月にNTTドコモ回線を利用する「Dプラン」の提供を開始し、個人向けMVNOサービスとしては初めてマルチキャリア化を果たした。

2015年5月にはマルチキャリア化を発表 2015年5月にはドコモ回線を使うサービス(現「Dプラン」)を発表

 一方で、同社はコミュニティサイト「マイネ王」や余ったパケット容量を他のユーザーと融通できる「フリータンク」など、他のMVNOサービスにはないサービスを先んじて開発してきた。

 契約件数の増加の要因として、ケイ・オプティコムでは他のMVNOサービスにはないサービスが好評だったことを指摘。「今後もお客さまの声を聞きながら他社にはないサービスを提供していくことで差別化を進め、お客さまと一緒に『mineo』をより良いサービスにしてまいります」としている。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう