ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「液晶パネル」最新記事一覧

NTTレゾナント、3キャリアSIM&DSDS対応スマホ「g07+」1万9800円(税別)で発売
NTTレゾナントは、SIMフリースマホ「g07」のバージョンアップ版「g07+」を1万9800円(税別)で発売した。auのSIMにも対応し、3キャリアのSIM全てでDSDS機能が利用可能となった。(2017/3/27)

上海問屋、360°全周録画できるドライブレコーダー
上海問屋は、半球状カメラにより360°パノラマ撮影が可能なドライブレコーダー「DN-914679」の取り扱いを開始した。(2017/3/27)

さらば昭和 「電子会館」売却 家電の拠点、60年余の歴史に幕
大阪の「電子会館」が、前身の「ラジオ会館」から数えて60年余りの歴史に区切りをつけた。(2017/3/24)

VAIO、「VAIO C15」カスタムオプションに“広視野角フルHD液晶”パネルを追加
VAIOは、同社製スタンダードノートPC「VAIO C15」のカスタムオプションに「広視野角フルHD液晶パネル」の追加を行った。(2017/3/23)

さらば昭和:
家電の黄金時代支えた「電子会館」60年の歴史に幕
高度経済成長期に家電メーカーの情報発信を支えた「電子会館」(大阪市)が、前身の「ラジオ会館」から数えて60年余りの歴史に区切りをつけた。(2017/3/15)

現地レポート:
3D設計推進者が見た「SOLIDWORKS World 2017」
3D CAD推進プロジェクトの取り組みを紹介する連載「設計・製造現場を変革する3D CAD/3Dデータ活用」の番外編として、今回は「SOLIDWORKS World 2017」の現地レポートを“3D設計推進者の視点”でお届けします。(2017/3/9)

ホンハイ傘下が強みに:
シャープ、PC事業に再参入か?
ホンハイ傘下のシャープがPC事業に再参入する可能性が出てきた。今夏、ホンハイとの共同開発でプロジェクター市場に再参入する予定で、今後はサーバやPCなどの取り扱いも検討するという。(2017/3/7)

EIZO、液晶ディスプレイ「FlexScan」全モデルで“パネルを含む”5年間保証を実現
EIZOは、21.5型液晶ディスプレイ「FlexScan EV2116W-A」の保証期間アップグレードを発表。「FlexScan」全モデルでの5年間保証を実現した。(2017/3/1)

3D設計推進者の眼(18):
まだ“雲の上”感否めぬIoTと、SWオタクが腕を競うコンテスト
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は2017年2月5〜8日に米国で開催された「SOLIDWORKS World 2017」の内容の一部を紹介する。(2017/2/28)

スマートファクトリー:
スマート工場提案を強化するシャープ、アシスト台車や画像センサーなど
シャープはB2Bの総合展示会ビジネスソリューションフェアを開催。同社のB2B商品、サービス、ソリューションを紹介。FAソリューション分野の製品では画像センサーカメラ、アシスト台車などの実機を出展した。(2017/2/24)

PR:A3インクジェットの伝道師も納得の進化――ビジネス力を強化したブラザーの「MFC-J6995CDW」
ブラザーから登場した新型A3インクジェット複合機「MFC-J6995CDW」は、従業員50名程の中小企業(SMB環境)までもカバーする意欲的な製品だ。“ビジネスインクジェットの伝道師”こと小川夏樹氏が新モデルを斬る!(2017/2/20)

週末アキバ特価リポート:
VGAカードモニター「G-PANEL」が1円で買える!
Palitの「G-PANEL」が、対象カードとセットなら1円で買えるキャンペーンがドスパラ各店で始まった。豪勢なオマケを狙うならチャンス!(2017/2/18)

初の日本専用モデル投入:
エプソン、国内プリンタ事業拡大へ大勝負
セイコーエプソンおよびエプソン販売が、大容量インクタンクを搭載した新製品を投入する。初の日本市場専用モデルということで、同社にとっては国内プリンタ事業の転換に大きな一歩を踏み出すものになるはずだ。(2017/2/8)

設計・製造現場を変革する3D CAD/3Dデータ活用(6):
3D CAD推進の成功は「プロジェクト組織」の在り方次第!?
設計品質の向上、さらなる生産効率化など、設計・製造現場では常に厳しい要求が突き付けられている。そうした中、3D CADをはじめとしたツールの導入やより効果的な使い方を追求した組織としての取り組みも行われている。本連載では3D CAD/3Dデータ活用にフォーカスし、プロジェクト管理者がどのような視点で現場改革を推進していくべきか、そのヒントを提示する。連載第6回では、「プロジェクト組織」の特徴やプロジェクトを推進する上での注意点について解説する。(2017/2/8)

iPhone生産地どこへ? トランプ氏の圧力に翻弄される台湾・鴻海
鴻海が困惑を深めている。iPhoneなどの製造を中国で請け負ってきたが、製造業の米国回帰を掲げるトランプ大統領の圧力を受け始めたからだ。(2017/2/7)

翻弄される台湾・鴻海:
iPhone生産地どこへ? トランプ氏の圧力と中国の意向
シャープを傘下に収め新たな成長モデル構築に取りかかった台湾の鴻海精密工業が、困惑を深めている。中国各地の拠点で米アップルの「iPhone」などの製造を請け負ってきたが、製造業の米国回帰を掲げるトランプ大統領の圧力を受け始めたからだ。(2017/2/7)

4つの新製品を発表:
国内も積極展開を進めるLGの有機ELサイネージ
LGエレクトロニクス・ジャパンは2017年2月2日、有機ELデジタルサイネージの新製品説明会を都内で開催した。同社の斎藤秀稔実氏は「日本市場への積極参入を図る」と語る。(2017/2/3)

15.6型ノートPCが3万円台!? 「乃木坂46 CM限定モデル」はどれだけ使えるのか
Braswellか……よし、試そう。(2017/1/26)

3D設計推進者の眼(17):
「3D CADとIoT」がイマイチ理解できないので、ダッソーに聞いてみた
機械メーカーで3次元CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は「3D CADとIoT」について、ダッソーを訪問して疑問をぶつけてみた。(2017/1/26)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
有機ELテレビにみるソニーとパナソニックの大きな違い――CESリポート(前編)
今年のCESは、「OLEDショー」だったと語る麻倉怜士氏。パナソニックとソニーが日本市場も見据えた新製品を披露したことが最大のトピックだ。パネル供給元は同じはずの両者だが、麻倉氏によるとアプローチは大きく異なるという。一体、どういうことなのだろうか?(2017/1/24)

オートモーティブワールド2017:
ミラーレス、画面が乱れたら?安全技術の進化
「オートモーティブワールド2017」(1月18〜20日、東京ビッグサイト)では、クルマをより便利にする技術だけでなく、先進化に伴うリスクを軽減する技術の展示も。ミラーレス車や「つながるクルマ」をより安全に使う技術が提案されていた。(2017/1/23)

設計・製造現場を変革する3D CAD/3Dデータ活用(5):
プロジェクトの種類と進め方を理解し、3D CAD推進に取り組もう!
設計品質の向上、さらなる生産効率化など、設計・製造現場では常に厳しい要求が突き付けられている。そうした中、3D CADをはじめとしたツールの導入やより効果的な使い方を追求した組織としての取り組みも行われている。本連載では3D CAD/3Dデータ活用にフォーカスし、プロジェクト管理者がどのような視点で現場改革を推進していくべきか、そのヒントを提示する。連載第5回では、プロジェクトの種類や進め方の概要について解説する。(2017/1/20)

PR:富士通のモビリティー&セキュリティが実現する“一歩進んだワークスタイル変革”とは?
多くの企業が検討している「柔軟な働き方」を実現するためにはどうすればいいか。富士通では、多様なモバイル端末とクラウドサービス、そして強固なセキュリティ対策ソリューションなどを組み合わせた“一歩進んだワークスタイル変革”を提案している。その全体像を紹介しよう。(2017/1/17)

クラスターやサイドミラー向け:
機能安全に対応、液晶パネル用チップセット
ロームとラピスセミコンダクタは、車載用途の高精細液晶パネルを駆動するためのチップセットを開発し、量産を始める。このチップセットは自動車用スピードメーターやサイドミラーに用いる液晶パネルに適用できるよう、「機能安全に対応した世界初の液晶パネル向けデバイス」と同社は主張する。(2017/1/11)

CES 2017:
Dellが世界初の32型“8K”液晶ディスプレイ発売へ フルHD×16枚分の超高解像度
4Kや5Kの高精細ディスプレイを積極的に販売しているDell。今度は他社に先駆けて、8Kモデルを投入してきた。(2017/1/6)

3D設計推進者の眼(16):
中小企業のメカ設計現場にとって「イノベーション」とは、「IoT」とは
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2016」から聞こえてきた「イノベーション」と「IoT」という2つのキーワードについて考えた。(2016/12/27)

有機ELか、液晶か:
スマホパネル市場、メーカー各社の競争激化
スマートフォンに搭載するディスプレーの開発競争が激化している。現在、サムスングループは有機ELに、JDIとシャープは液晶に注力している。覇権を握るのは、どの企業だろうか――。(2016/12/20)

鴻海とシャープ、Samsung向け液晶パネル供給中止
鴻海とシャープが共同運営する堺ディスプレイプロダクトが、Samsung向けのテレビ用液晶パネルの供給を来年から中止する。(2016/12/15)

上海問屋、DIY入門にもピッタリな腕時計“自作”キット
ドスパラは、自分で腕時計を組み立てられるDIYデジタルキット「DN-914253」の取り扱いを発表。ハンダ付け経験者向けの初級キットだ。(2016/12/14)

設計・製造現場を変革する3D CAD/3Dデータ活用(4):
3D CAD推進の課題は何か? モレなく、ダブりなく正しく全体像をつかむ方法
設計品質の向上、さらなる生産効率化など、設計・製造現場では常に厳しい要求が突き付けられている。そうした中、3D CADをはじめとしたツールの導入やより効果的な使い方を追求した組織としての取り組みも行われている。本連載では3D CAD/3Dデータ活用にフォーカスし、プロジェクト管理者がどのような視点で現場改革を推進していくべきか、そのヒントを提示する。連載第4回では、聞き取り調査で抽出した「問題」から「課題」を見つけ出すための手法について解説する。(2016/12/13)

シャープの電子黒板「BIG PAD」に40インチモデル 少人数会議の需要掘り起こし
法人向け電子黒板「BIG PAD」シリーズに40インチモデルが登場。(2016/12/7)

PR:IGZO液晶が進化、さらに高画質&電池長持ちスマホに――新AQUOSスマホの魅力に迫る
シャープが冬商戦向けに開発したスマートフォンが「AQUOS EVER SH-02J」と「AQUOS U SHV37」だ。「液晶の美しさ」と「高いスタミナ」が大きな特徴で、独自機能の「エモパー」にも注目したい。(2016/12/1)

本田雅一のウェアラブルスタイル:
PR:これはもう身につけるプライベートシアター!! 有機ELパネルで進化したエプソン“MOVERIO”(モベリオ)「BT-300」の実力
3世代目となる“MOVERIO”(モベリオ)「BT-300」は、新たに有機ELパネルを採用したことで大幅な画質向上とヘッドセット部の軽量化を実現。映像を楽しむためのデバイスとしても見逃せない存在になった。(2016/12/1)

PR:カシオのBluetooth対応「お天気情報お知らせクロック」が切り開く、クロック製品の未来
11月30日に発売したばかりの置き時計製品「お天気情報お知らせクロック」。その名の通り、液晶パネル上に天気予報の情報を表示してくれるというものだが、生まれるまでには意外な壁があった――。クロック開発の担当者に聞いた。(2016/12/1)

大画面4K環境が普及価格に:
PR:これが4Kの最適解!! Philipsの31.5型ディスプレイで始める4Kライフ
Philipsから6万円台半ばの31.5型4Kディスプレイが登場し、PC用ディスプレイ環境のメインストリームは、いよいよフルHDから4Kへと移行する兆しを見せている。「誰もが4K時代」を前に、改めてポイントを解説しよう。(2016/12/1)

コントラスト比100万:1以上の新型IPS液晶パネル、パナソニックが開発――まずは放送・医療などの分野から
パナソニックが100万:1以上のコントラスト比を実現する新型IPS液晶パネルを発表した。液晶パネルの背後に設けられた「調光セル」により、光の量を画素単位で制御する。しかも従来の液晶パネル製造ラインで製造できるという。(2016/11/28)

3D設計推進者の眼(15):
2Dと3Dの融合と、公差設計の重要性
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は構想設計から詳細設計までのプロセスを振り返りながら、公差設計の重要性について考える。(2016/11/24)

ワコム、従来比4倍の筆圧感知をサポートした13.3型/15.6型ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 13/16」
ワコムは、液晶ディスプレイ内蔵型ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 13」「同 16」の2製品を発表した。(2016/11/16)

Wired, Weird:
“時限装置”を取り除け! 5分で暗くなる液晶の修理
今回は、通電後、5分で表示が暗くなってしまう液晶パネルの修理の様子を報告する。なぜ、5分ほどで決まって暗くなるのか――。まずは、原因から探っていこう。(2016/11/14)

設計・製造現場を変革する3D CAD/3Dデータ活用(3):
「3D CADの立ち上げが思うように進まない」――聞き取り調査で問題を抽出せよ!
設計品質の向上、さらなる生産効率化など、設計・製造現場では常に厳しい要求が突き付けられている。そうした中、3D CADをはじめとしたツールの導入やより効果的な使い方を追求した組織としての取り組みも行われている。本連載では3D CAD/3Dデータ活用にフォーカスし、プロジェクト管理者がどのような視点で現場改革を推進していくべきか、そのヒントを提示する。連載第3回では、「3D CADを導入したものの、その立ち上げが進まない」というテーマを取り上げ、解決に向けたアプローチを解説する。(2016/11/14)

バラして見ずにはいられない:
イヤフォンジャック廃止や防水対応――分解して理解する「iPhone 7」の変化
iPhone 7ではイヤフォンジャックの廃止や防水対応、ホームボタンのTaptic Engine搭載など、変化(進化)した部分が多い。7で変わった部分を、分解しながら見ていこう。(2016/11/10)

組み込み採用事例:
組み込み機器向けのUIオーサリングツールを小型複合機に搭載
エイチアイは、セイコーエプソンのプリンタ「カラリオ EP-879AW/AB/AR」に、同社のUIオーサリングツール「exbeans UI Conductor」が搭載されたことを発表した。(2016/11/2)

UPQ、15万円を切った65V型4Kディスプレイを発売――「二子玉川 蔦屋家電」限定100台
UPQ(アップ・キュー)は11月1日、65V型4Kディスプレイ「Q-Display 4K65 Limited model」を発表した。「二子玉川 蔦屋家電」で限定100台を販売する。価格は14万9000円。(2016/11/1)

教えて、怜士先生!:
PR:液晶で満足ですか? 画質の基準を変えた「有機ELテレビ」の真価とは
テレビの買い替えに悩むモデルの初音さんにAV評論家の麻倉怜士氏が最新テレビ事情をレクチャー。有機ELテレビと液晶テレビの違いとは? HDR(ハイダイナミックレンジ)で何が変わる? ぜんぶ解き明かします。(2016/11/1)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
エプソン「EH-TW8300W」で分かったHDRコンテンツとスクリーンの相性
HDR対応の4Kプロジェクターが各社から登場している。高価な製品が多い中、筆者が実際の画質とプライスタグを見て、これなら多くの映画ファンにお勧めできると確信したのが、8月に発売が開始されたエプソンの「EH-TW8300W」だ。(2016/10/27)

4K/HDR対応にレーザー光源、エプソンのフラグシッププロジェクター「EH-LS10500」登場
エプソンは4K/HDR対応ホームプロジェクターの最上位モデル「EH-LS10500」を12月に発売する。“画素ずらし”によって4K対応を果たしたモデル。光源にはレーザーダイオードを採用し、広い色域を実現した。(2016/10/26)

エプソン、4K相当出力に対応した最上位ホームプロジェクター「EH-LS10500」
エプソンは、4K相当の映像出力が可能な“4Kエンハンスメントテクノロジー”を搭載したホームプロジェクター「EH-LS10500」を発表した。(2016/10/26)

半導体商社トップインタビュー UKC HD:
UKC、“3000億の壁”突破にはM&Aが不可欠
2016年になっても収まる気配がない、半導体業界に吹き荒れるM&Aの嵐。この業界再編は、半導体商社にとっても変革期を迎えたことを意味するだろう。そこで、EE Times Japanでは、各半導体商社のトップに今後の戦略を問うインタビュー企画を進めている。今回は、2016年4月に加賀電子との経営統合中止を発表したUKCホールディングス(UKC HD)社長の福寿幸男氏に聞いた。(2016/10/26)

エイチアイ exbeans UI Conductor:
エプソンの新型カラリオに採用された組み込み機器向けUIオーサリングツール
エイチアイは、セイコーエプソンのインクジェット複合機「EP-879AW/AB/AR」に、同社UIオーサリングツール「exbeans UI Conductor」が搭載されたことを発表した。(2016/10/19)

設計・製造現場を変革する3D CAD/3Dデータ活用(2):
あなたのステークホルダーは誰ですか? 「組織」や「人」との関係を押さえる
設計品質の向上、さらなる生産効率化など、設計・製造現場では常に厳しい要求が突き付けられている。そうした中、3D CADをはじめとしたツールの導入やより効果的な使い方を追求した組織としての取り組みも行われている。本連載では3D CAD/3Dデータ活用にフォーカスし、プロジェクト管理者がどのような視点で現場改革を推進していくべきか、そのヒントを提示する。連載第2回では、企業の目的・組織構造を理解し、ステークホルダーを明確にすることの重要性を解説する。(2016/10/12)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。