ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「医療費」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「医療費」に関する情報が集まったページです。

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
バカボンのパパは41歳、波平さんは54歳!――未来の身体作りのために知っておくべきポイント
確実にやってくる人生100年時代を、イキイキと生きられる身体作りにいかに取り組むか……。(2018/5/16)

空前の猫ブームといわれる一方で……:
猫の「多頭飼育崩壊」が社会問題 保護ボランティア破綻の懸念も
空前の猫ブームといわれる一方で、猫の「多頭飼育崩壊」が社会問題化している。不妊・去勢手術をせず10匹、20匹と増やし続け、飼育不能→ゴミ屋敷化→近隣とトラブル−というのが典型的な流れだ。(2018/5/10)

引き続き米株への投資を選好:
バフェット氏、株高もバブル発生せず Apple株保有は「事業への投資」
著名投資家ウォーレン・バフェット氏は、米株価は上昇しているものの、バブルは発生していないとし、米株への投資を選好するとの考えを改めて示した。(2018/5/8)

医師が処方する「治療用アプリ」開発へ スマホで患者支援、保険も適用
田辺三菱製薬が、国内製薬大手で初めて「治療用アプリ」の開発に乗り出す。治療用アプリは医薬品でも医療機器でもない“第3の治療法”になる可能性があり、世界各国で開発競争が始まろうとしている。(2018/5/7)

医療機器ニュース:
産学連携による人工知能を活用した乳房エコー画像診断システムの開発
東北大学は、SAS Institute Japanの「SAS Viya」を採用し、乳がん診断の補助として、深層学習を用いて乳房エコー画像内の腫瘤注の識別を目的とした研究を開始した。乳房エコー検査の自動診断の実用化を目指す。(2018/5/2)

コスト削減、生産性向上などの難題を解決?
福利厚生としてのヘルスケアサービスに注目集まる、導入企業の狙いは?
雇用主は、労働者にオンサイトでヘルスケアサービスを提供するベンダーに注目している。それは、健康管理の費用を削減し、就業率や生産性を向上するためだ。(2018/5/2)

動物愛護はお金がかかる:
ブームの影で増加「保護猫カフェ」の厳しい実情
世間が猫ブームに沸き立つ影で、「保護猫カフェ」が少しずつ数を増やしている。(2018/4/4)

「保護猫カフェ」の厳しい実情……医療費・エサ代 動物愛護はお金がかかる
世間が猫ブームに沸き立つ影で、「保護猫カフェ」が少しずつ数を増やしている。猫好きに癒やしを与え、殺処分減少にもつながると期待される半面、利益を出すのが難しく、コストが想像以上にかかることも。(2018/4/3)

小売・流通アナリストの視点:
地方ドラッグストアの戦略がマス広告を遺物にする?
地方のドラッグストアチェーンがベンチャー企業と始めた、ある取り組みに注目している。これは従来のマス広告や広告業界に大きな影響を与える可能性を秘めているのではなかろうか。(2018/3/22)

「不機嫌な職場」よりも「ご機嫌な職場」で
社員のストレスを軽減するユニークな福利厚生7選 電子メールや会議の廃止も
多くの人はストレスにさいなまれている。その主な理由は仕事への不安だ。従業員が幸せを感じて働き、転職しないようにするために、雇用者側が実施している福利厚生の対策を紹介する。(2018/3/2)

従業員の健康管理は重要な経営課題
次に来そうな健康増進テクノロジー7選 チャットbotやIoTは「健康経営」に効果あり
少子高齢化の時代、従業員の健康管理は企業の重要課題といえよう。チャットbotやウェアラブルデバイス、DNA検査キットなど、テクノロジー主導の健康増進プログラムについて、次に来そうなトレンドを紹介する。(2018/2/20)

医療機器ニュース:
健康被害抑制や医療費の適正な指導のため、ICT活用コンソーシアムを設立
インターネットイニシアティブ、日本医事保険教育協会、Windyは、健康被害の抑制や医療費の適正な指導を目的としたICT活用コンソーシアムを設立した。また薬の重複や多剤投与を発見・防止して医療費適正化の効果を検証する実証実験を開始した。(2018/1/11)

北米放射線学会(RSNA 2017)トピックス
「価値に基づく画像診断」にはAIを使いこなす放射線科医が不可欠 AIへの熱狂と現実
第103回北米放射線学会(RSNA 2017)では、人工知能(AI)と深層学習(ディープラーニング)が注目を集めていた。PACS(医用画像管理システム)やVNA(Vendor Neutral Archive)も相変わらず関心の高い話題だった。(2018/1/10)

0.5歩先の未来を作る医療IT
2018年診療報酬改定に向けて議論進む「遠隔診療」が集患にも“効果あり”な理由
2018年の診療報酬改定では、遠隔診療で医学管理料が算定できるようになるかどうかが注目されています。遠隔診療関連で新設となる点数の要点を解説します。併せて遠隔診療が集患にも効果を発揮する理由を考察します。(2018/1/9)

特集「Connect 2018」:
ITは進化し続ける、人間はどう進化できるか――NEC・新野社長
「共創」によって、企業のデジタル変革を進めるNEC。全てのものがつながり、AIの普及によって「進化し続けるIT」が当たり前になりつつある今、「人間が進化できるか」が今後の課題になると新野社長は考える。(2018/1/1)

医療機器ニュース:
IoTで予防歯科の啓蒙と促進を「入れ歯は確実に防げる」
富士通とサンスターグループ オーラルケアカンパニーはIoTスマート歯ブラシ「G・U・M PLAY(ガム・プレイ)」と歯科医院向けクラウドサービスが連携する先進予防歯科サービスを販売する。富士通の歯科医院向けクラウドサービスを利用する、日本の予防歯科における第一人者、日吉歯科診療所 理事長である熊谷崇氏が、予防歯科の意義や課題について訴えた。(2017/12/26)

医療機器ニュース:
心疾患患者の再入院リスクをAIで高精度に予測、医療費削減に
日立製作所は、AI(人工知能)技術を用いて、心疾患の入院患者が退院後30日以内に再入院するリスクを高精度に予測することに成功した。AIが再入院リスクの根拠を提示するとともに、患者の再入院リスクを高精度に予測できることを確認した。(2017/12/26)

社員の「健康」「不健康」をプログラムが予測:
社員の健康が重要な経営指標に――富士通と東京大学川上研究室、「健康経営」評価を予測する実証プログラムを実施
富士通は、企業の健康経営の評価を予測する実証プログラムを、東京大学医学系研究科の川上研究室と共同で実施する。健診受診率から疾病休業者数を予測するプログラムを開発し、その有効性を検証する。(2017/12/20)

医療機器ニュース:
AI搭載の対話型健康管理ロボットを活用した日本向け新サービスを検討
マクニカと米Catalia Healthは、日本のヘルスケア市場向けに、Catalia Healthが開発したAI搭載の対話型健康管理ロボット「Mabu」を活用した新サービスの検討を開始した。(2017/12/19)

AIで心疾患患者の再入院リスクを予測 従来比2倍以上の再入院を防止――日立の新AI技術
日立製作所が、心疾患の入院患者が退院後30日以内に再入院するリスクを予測するAI技術を開発。リスク根拠の説明も提示するため、医師が退院患者向けケアプログラムの検討に活用できる。(2017/12/13)

欧州では議論進む:
地域医療の「脱中央集権化」
広域自治体に医療政策の権限を移譲したスウェーデンなど、欧州では「脱中央集権化」が進む。もちろん海外の事例をダイレクトに輸入してもうまくいくとは思えないが、地域医療構想の推進に役立つ側面はある。(2017/12/7)

都道府県はどこへ向かう:
地域医療構想を3つのキーワードで読み解く
「地域医療構想」に基づいた議論が進んでいる。各都道府県は地域の医師会や医療関係者などと連携しつつ、急性期の病床削減や在宅医療の整備に取り組もうとしているが……。(2017/12/6)

定年バカ:
本当は「長生き」なんてどうでもいい
2017年7月、日本の平均寿命が発表された。男女とも過去最高で、男は80.98歳、女は87.14歳、ともに世界2位である。以前から「長寿大国ニッポン」と呼ばれているが、手放しで喜んでいいのだろうか。(2017/12/4)

定年バカ:
「定年後に1億円」は本当に必要なのか
フィナンシャルプランナーなどが講師を務めるセミナーで「定年後に1億円は必要です」といったセリフを聞いたことがある。「1億円」という数字を聞いてびっくりした人も多いかもしれないが、本当に1億円も必要なのだろうか。(2017/11/20)

飛躍:
ASEAN:民間が主導する統合医療ネットワーク(IHN)
ASEANの民間ヘルスケアセクターではどのような構造的変化が起こっているのか。(2017/10/23)

“いま”が分かるビジネス塾:
市場を混乱させる「希望の党」の公約
10月22日投開票の解散総選挙はいよいよ後半戦に入った。与党有利と伝えられているが、選挙はフタを開けてみるまで分からない。今回の選挙では、希望の党がこれまでにない経済政策を打ち出したことで、結果によっては経済やビジネス環境が大きく変わる可能性が出てきた。選挙がどのような影響を及ぼすのか探った。(2017/10/18)

多少のデメリットを上回るメリット
米国の遠隔医療事情、使いたくなるメリットと“一抹の懸念”
遠隔地に医療サービス提供を可能にする遠隔医療(テレヘルス)のシステムは、患者が24時間いつでもオンデマンドに医療サービスにアクセスできるメリットから、さまざまな医療機関での採用が始まっている。(2017/10/18)

来週話題になるハナシ:
なぜコストコはグーグルよりも魅力的な職場なのか
「大量に買いたいから」「安いから」といった理由で、コストコで買い物をしたことがある人も多いのでは。会員制、低価格、大量買いといったビジネスモデルで店舗数が増えているが、本場の米国では単なる激安店以外によく知られていることがある。それは……。(2017/9/27)

「医療費控除の確定申告が変わる」ツイートに戸惑いの声 「領収書の代わりに明細書が必要」の意味を国税庁に聞いた
「医療費控除の明細書」っていったい何なんです?(2017/9/14)

ヤマハ発動機 CELL HANDLER:
表面実装技術を医療へ、新薬開発を支える細胞ピッキング&イメージングシステム
ヤマハ発動機は、産業用ロボット(表面実装機)技術を応用して開発した細胞ピッキング&イメージングシステム「CELL HANDLER」の第1号機を、福島県立医科大学へ納入した。(2017/9/11)

かほく市ママ課の「独身税提案」報道 市は「事実でない」と否定、苦情に困惑
北國新聞の記事「かほく市ママ課『独身税』提案 財務省主計官と懇談」をきっかけに、市に苦情が数十件寄せられたとのこと。(2017/9/4)

300人を超える新規加入:
ビッグデータ分析で生活習慣病の入院リスクを予測 第一生命が保険の加入範囲を拡大
第一生命保険と日立製作所が、8大生活習慣病に起因する入院の可能性と日数を予測する定量評価モデルを開発。従来は対象外だった人も生命保険に申し込めるよう、引き受け基準を見直した。(2017/9/1)

治療に対する満足度を高めるテクノロジー
Amazon元幹部が医療分野に挑戦 「今の医療には “顧客目線”が足りない」
Amazonの元幹部、ティッソン・マシュー氏が医療分野に参入し、Amazon時代に培った経験を医療分野に生かそうとしている。医療のコンシューマライゼーションを実現する方法について、同氏に話を聞いた。(2017/8/29)

世界を読み解くニュース・サロン:
訪日外国人がレンタカーで事故りまくっているのは本当か
沖縄で外国人観光客によるレンタカー事故が増えている、らしい。現地の琉球新聞がそのように報じたわけだが、関係者に話を聞いたところ、事情はちょっと違うようだ。どういうことかというと……。(2017/8/24)

がん治療と仕事を両立 伊藤忠商事が支援施策
伊藤忠商事が、がん治療と仕事を両立する支援施策を導入すると発表。国立がん研究センターと提携し、定期検診で早期発見につなげるほか、社内に相談窓口を設ける。(2017/8/22)

楽天、遺伝子検査のジェネシスヘルスケアに14億円出資
楽天が、遺伝子検査サービスを手掛けるジェネシスヘルスケアに出資。遺伝子検査はDeNAやヤフーなども参入している。(2017/8/21)

0.5歩先の未来を作る医療IT
いまさら聞けない「電子お薬手帳」と「電子処方箋」、調剤薬局にどんなメリットが?
「電子お薬手帳」と「電子処方箋」は、調剤薬局のIT化にとってキーとなる技術トレンドです。これらの普及がもたらすメリットと、普及を阻んでいる壁について解説します。(2017/8/21)

「私を必要としない国になぜ仕えるのか」:
入隊禁止に揺れるトランスジェンダーの米軍人たち
トランプ米大統領は、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの人々について、米軍への入隊を禁止する方針を発表した。(2017/7/28)

トランプ大統領の「トランスジェンダーが軍で働くことを認めない」発言、政財界・芸能界から批判の声多数
大統領は医療費の負担増などを理由としていますが、「全ての愛国者が軍に奉仕できるべき」との批判が強まっています。(2017/7/27)

「うなれ俺のハンドスピナー!」 ハンドスピナーを題材にしたバトルアニメ風動画が血湧き肉躍るクオリティー
無駄にハイクオリティーな映像。(2017/7/26)

ユーザー心理をわしづかみ:
市民アスリート集団が開発する健康サービスの“ホンキ度”
ヘルスケアサービスなどを提供する、ネオスという東証1部上場の会社がある。同社のサービスは利用者の気持ちを心底分かっていると人気だ。なぜなら開発メンバーの社員たち自身が市民アスリートとして同じような悩みや課題を経験しているからだ。(2017/7/25)

資金調達し行政サービス:
神戸市が国内初の「インパクト投資」 医療費抑制へ官民連携
投資家から集めた資金などを原資に行政サービスを行い、相応の効果が現れれば投資家に還元する「社会的インパクト投資」による取り組みを神戸市が始める。(2017/7/20)

1万円からの一口馬主アプリ:
DMMバヌーシーはリアル競馬ゲーム? DMMに直撃
DMMが一口馬主アプリ「DMMバヌーシー」をスタートし、競馬業界に参入する。どんなサービスなのか? どういった経緯で立ち上がったのか? なぜアプリ名は「バヌーシー」になったのか――DMM.com取締役の野本巧氏に直撃した。(2017/7/14)

お金がなくてもステキなパパさん ディズニーランドに連れていけない娘を人力ジェットコースターで遊ばせる姿にほっこり
「プシュー!」「ウワアア!」などの効果音を、自分の口で入れていくスタイル。(2017/7/8)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(26):
鳥取編:大学進学率は東京の半分、その切ない理由
鳥取県の企業はアットホームで、社員は仲良く奥ゆかしい……そう、良くも悪くもね。「U&Iターンの理想と現実:鳥取編」第2回は、鳥取県倉吉市で町工場を営むトライアスリートが、鳥取県民の気質や鳥取の企業、教育・子育て環境について、実情を超リアルにお話しします。(2017/7/5)

デジタルヘルス革命:
スマホアプリに医療保険が下りる時代が来た
病院に行って処方される医薬品に保険が適用される。これが今や薬だけでなくスマホアプリにも適用されることをご存じだろうか? 既に日本でも実績が出始めているのだ。(2017/6/28)

スピン経済の歩き方:
海のゴミ「アカモク」が、ヒット商品になろうとしている背景
「アカモク」という海藻をご存じだろうか。北海道東部を除いて日本全国に生息していて、これまでほとんどの漁業関係者から「ゴミ」扱いされてきた。しかし、ここにきて「多くの人々を救う“スーパー海藻”ではないか」と評価され始めているのだ。どういうことかというと……。(2017/6/20)

特選プレミアムコンテンツガイド
Apple元CEOが挑戦するクラウドシステム 米国の高額医療費問題は解決できるか
かつてAppleとPepsiCoのCEOを歴任したジョン・スカリー氏は、クラウドベースの薬剤管理システムベンダーを設立した。米国の医療制度にまつわる高額医療費問題を、スカリー氏はITでどのように解決しようとしているのか。(2017/6/16)

スピン経済の歩き方:
日本の生産性が低いのは「たばこ後進国」だから?
数年ほど前から「日本企業の生産性が低い」といった話をよく耳にする。労働時間を短縮したり、効率化を図ったり、さまざまな取り組みをしているが、喫煙者の問題はあまり話題にならない。仕事中に「ちょっと一服」と言って、何度も離席する人は生産性がいいのだろうか。(2017/6/6)

飛躍:
転換期を迎えたベトナムのヘルスケア産業と事業機会
今、ベトナムのヘルスケア産業は大きな転換期を迎えようとしている。言うまでもないが、大きく変化するタイミングは、大きな事業機会でもある。(2017/6/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。