ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「Centrino Atom(Menlow)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Centrino Atom(Menlow)」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

OSはなにを選ぶ?Hybridはどうなる?──レノボ本社のタブレットデバイス責任者に聞く
じつをいうと、レノボは“MID”のころからタブレットデバイスを積極的に取り組んでいる。IdeaPad Tabletシリーズで本格始動した同社の戦略をトップに聞いた。(2011/8/4)

ミラクル・リナックスは終わってしまったのか?
「今年の下期から来年の上期が勝負だと思っている」――“第2の創業”から1年。かつてはLinuxディストリビューターとして一時代を築いたミラクル・リナックスはどこへ向かっていくのか。同社代表取締役社長最高経営責任者の児玉崇氏に聞いた。(2009/10/23)

CEATEC JAPAN 2009:
インテルのキーノートスピーチでIDF 2009を1時間30分で復習する
CEATEC JAPAN 2009の初日に行われたインテルのキーノートスピーチは、IDF 2009で紹介された話題をダイジェストで紹介。Westmereと22ナノウェハも日本で初披露された。(2009/10/6)

Intel Developer Forum 2009:
32ナノは当たり前、22ナノがすぐそこに──Intelが“22ナノ”ウェハと「動く!」Sandybridgeを公開
「Intel Developer Forum 2009」(IDF 2009)がサンフランシスコで9月22日(米国時間)から始まった。キーノートスピーチでは“先の先”の技術が紹介された。(2009/9/23)

Viliv S5の受注再開も:
ブルレー、7型ワイド液晶で660グラムのミニPC「Viliv X70」
ブルレーは韓国Yukyung Technologies製ミニPC「Viliv X70」の取り扱いを発表。8月19日13時に予約受付を開始し、期間限定の発売記念キャンペーンも実施する。(2009/8/17)

ファンレスは継続:
デルの新顔Netbook「Inspiron Mini 10v」の切れ味を試す
Netbook/低価格ノートPCのラインアップを拡充し続けるデルから、Inspiron Mini 9の後継となる廉価モデルが登場した。その店頭モデルをチェックしよう。(2009/7/17)

こんなMIDなら欲しい!?:
重量436グラムのAtom搭載ミニPC――「Viliv S5」がやってきた
タッチパネル付きの4.8型ワイド液晶を備えたMID「Viliv S5」が登場。CPUにAtom Z520、OSにWindows XP Home Editionを採用し、超小型モバイルPCとして活用できる。(2009/6/30)

COMPUTEX TAIPEI 2009:
Intel Ultra Mobility Eventで「MooresTown」をプチプチした
これまでも「チラリ」と見せてもらえていた動くMooresTwon。なんと、さわり放題のサンプルがTAIPEIに登場した。これは、プチプチするしかないでしょう。(2009/6/5)

Z550+256GバイトSSDもテスト:
待望のXP搭載「VAIO type P」を徹底検証する
ついに「VAIO type P」のXPモデルが発売される。OSの変更で快適さはどれだけ変わるのか? Vista搭載の店頭モデルやAtom Z550+256GバイトSSDモデルと比較した。(2009/5/26)

元麻布春男のWatchTower:
袂を分かつインテルのモバイルアーキテクチャ
Intelのモバイル/携帯デバイス分野の次世代プラットフォームについて、いくつか進展があったので、その動きを整理しよう。(2009/5/14)

大型連休連続レビュー第3回:
mbook M1の重さと性能とバッテリー駆動時間のバランスをチェックする
「mbook M1」は300グラム前半と軽い。でも、軽さと性能とバッテリー駆動時間はトレードオフの関係。今回はmbook M1の“バランス”を紹介しよう。(2009/5/6)

大型連休連続レビュー第2回:
mbook M1のキーボードと液晶ディスプレイをチェックする
「mbook M1」は、PSPより短い幅(ただし、奥行きはmbook M1が長い)が特徴。しかし、小さいことと使いやすさとはトレードオフの関係にある。今回はmbook M1の使いやすさをリポートしよう。(2009/5/5)

大型連休レビュー第1回:
300グラム台でWindowsが動く「mbook M1」がやってきた
PSPやニンテンドーDSのような“持ち心地”の「mbook M1」をゲット! 屋外に持ち出してその使い勝手や性能を検証した。第1回目は購入方法から外観までをチェックする。(2009/5/1)

Intel、新しいAtomプロセッサを発表
Intelは北京のIDFで、Centrino Atomの次期版「Moorestown」のデモも実施した。(2009/4/8)

この静けさはクセになる:
デルが放つファンレスノートPC第3弾「Inspiron Mini 10」を360度チェックした(後編)
低価格のNetbookとはいえ、性能やバッテリーの駆動時間は気になるところだ。デルの新製品を早速チェックした。(2009/3/31)

むきました:
デルが放つ低価格スリムノート「Inspiron Mini 12」の中味を拝見した
ファンレスで低価格な大画面スリムPCとして唯一無二の存在である「Inspiron Mini 12」を分解した。その中身は驚くべきものだった。(2009/2/4)

元麻布春男のWatchTower:
Windows XPを搭載したデルの低価格スリムノート「Inspiron Mini 12」を試す
Windows VistaやUbuntuに加え、XPも選べるデルのお手ごろスリムノート「Inspiron Mini 12」だが、最も汎用性の高いXP搭載モデルを試してみた。(2009/1/19)

ポケットスタイルPC発進:
本日発売の「VAIO type P」を動画でおさらいする
ソニーのミニノートPC「VAIO type P」が発売された。すでに手にした人も、注文して入荷待ちの人も、買うべきか迷っている人も、その魅力を動画で振り返ってみよう。(2009/1/16)

「Tick-Tockは正確に時を刻んでいる」──インテルは2009年も研究開発を惜しまない
インテルは、1月16日に2008年の業績と2009年における事業方針にかんする説明会を行った。会場では“Mobiln”MIDやAtom搭載テレビのデモも紹介された。(2009/1/16)

Weekly ITmedia +D Top10:
女子のバッグとデジモノの関係
今週はソニーのモバイルノートPC「VAIO type P」がトップテンの半数を占めた。このモデルも含めて、最近のデジモノは女子に優しい気がするのだが……。(2009/1/15)

真の実力が明らかに:
これは理想の低価格ミニノートPCなのか!?――「VAIO type P」徹底検証(後編)
“もう1つのAtom”で勝負を挑む「VAIO type P」だが、ソフト環境や処理速度、スタミナ、動画再生、発熱はどうなのか? 仕様の違う3台をみっちりテストした。(2009/1/15)

2009 International CES:
でっかいブースで小さなMIDをプチプチする
CESの「でっかいブース」といえば、LGやSamsungといった「テレビ系」だが、Intelも大きなブースを展開している。そのIntelブースで2009年もプチプチしてみた。(2009/1/14)

山田祥平の「こんなノートを使ってみたい」:
時代を築くVAIOが現れた──「VAIO type P」開発者の証言
時代の流れに大きな変化を与える製品には、オーラのようなものを感じさせられる。VAIO type Pのオーラはどこから来ているのか。開発者の言葉にその手がかりを探してみた。(2009/1/9)

超小型「VAIO type P」は「Netbookではない」 ソニーの狙いは
ポケットサイズの超小型・軽量PC「VAIO type P」が登場。ソニーはミニノートやNetbookとは「全く違う」と強調する。「新市場を開拓する」というソニーの狙いは。(2009/1/8)

ソニー初のAtomマシンが登場:
これは理想の低価格ミニノートPCなのか!?――「VAIO type P」徹底検証(前編)
ソニーが満を持して投入したAtom搭載の低価格ミニノートPC「VAIO type P」は、後発なだけあって、あらゆる面で差異化がなされている。早速、Netbookと並べて検証した。(2009/1/8)

完全分解×開発秘話:
やはり中身もNetbookとは大違い――「VAIO type P」を丸裸にする
厚さ19.8ミリ、重さ600グラム前後の薄型軽量ボディに打ちやすいキーボードと1600×768ドット表示のワイド液晶を詰め込んだ「VAIO type P」。その内部構造に迫る。(2009/1/8)

Intel Atomの最新ロードマップが流出か
UBSの調査リポートによると、Intelは2010年後半に、32nm製造プロセスの採用によりAtomプロセッサを小型化する計画だ。(2008/12/11)

悪ければ悪いほどインテルは元気になる──吉田社長、2008年を総括する
インテルは12月9日に定例の記者会見を行い、同社代表取締役社長の吉田和正氏が新製品の発表が相次いだ2008年を振り返った。(2008/12/10)

組み込みイベントレポート:
インテル、「Atom」を武器にアミューズメント市場へ
過去最大規模で開催された組み込みイベント「ET2008」。広大な展示会場の中で特に目を引いた最新技術・製品をレポートする。(2008/12/8)

AtomとARMは競合しない
“PC USER”的には「Netbook、Nettop、MIDのためのCPU」で十分なAtomだが、その守備範囲はもっと広い。その「Atomの別な顔」をインテルが説明した。(2008/11/27)

ナースにTOUGHBOOKはよく似合う
パナソニックは、11月6日に医療現場向けの「TOUGHBOOK CF-H1」を発表。製品説明会では、医療現場が抱える問題をCF-H1でいかにして解決していくかが紹介された。(2008/11/6)

CEATEC JAPAN 2008:
「MIDのOSはLinuxが最適」──チャンドラシーカ氏、AtomとMIDを語る
繰り返しAtomを取り上げてきたが、登場前と登場後で方向性が大きく変わったように思えてならない。IntelはAtomを、そしてMIDをどうするつもりなのか。(2008/10/2)

CEATEC JAPAN 2008:
LOOX UにリビングPC、そしてWiMAXを富士通ブースで体感
富士通はCEATEC JAPAN 2008にて、FMVシリーズの注目モデルを出展。「FMV-BIBLO LOOX U」を用いたモバイルWiMAXのデモも実施している。(2008/10/2)

CEATEC JAPAN 2008:
モバイルの“おいしいところ”集めました――モバイルコンピューティングPLAZA
CEATEC JAPAN 2008のモバイルコンピューティングPLAZAでは、国内メーカーのNetbookやモバイルPC、国内未発売のMIDなど、注目製品がめじろ押しだ。(2008/10/1)

Netbookとは自由度が違う:
これはUMPCのリベンジだ――新生「LOOX U」実力診断
富士通からAtom搭載の「LOOX U」が登場した。旧モデルからプラットホームを変更しただけと思ったら大間違いで、中身も使い勝手も大幅な進化を遂げた。(2008/9/26)

むきました:
低価格ミニノートPC「Aspire one」を2枚におろしてみた
Eee PC対抗機として人気を集めている日本エイサーの「Aspire one」。上質なボディに隠されたAtomをのぞいてみた。(2008/9/22)

元麻布春男のWatchTower:
ARMはAtomを撃退できるのか
インテルが何度となく挑んできた組み込み向け市場に君臨するARM。「AtomはARMより優れている」と喧伝する“挑戦者”インテルに“王者”ARMが反論した。(2008/9/18)

写真だから分かる:
デルが放つミニPC「Inspiron Mini 9」をチェックする
デルが新たに投入した低価格ミニノートPCを、あらゆる角度から見ていこう。(2008/9/8)

日本でもデビュー:
デルがファンレス仕様の静音AtomノートPCを投入
デルの低価格ミニノートPC「Inspiron Mini 9」が日本に上陸する。直販だけでなく、店頭販売も行われる。(2008/9/5)

組み込み向け「x86」の現状に迫る
パソコン向けとして広く認知されてきたx86系プロセッサ。これが、最近では組み込み機器においても検討の俎上に載るようになってきている。実際、Intel社やAMD社、VIA社らは、組み込み機器をターゲットとしたx86系製品をいくつも提供している。本稿では、この3社の過去、現在、そして将来の動向を基に、組み込み分野におけるx86系プロセッサの可能性を探ってみたい。(2008/9/1)

8月23日〜8月29日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
ドコモが10月から、パケット定額サービスに2段階料金制を導入すると発表。ソフトバンクモバイルも、対抗措置として「パケット定額フル」の値下げに踏み切った。ウィルコムは大容量バッテリーを標準搭載した「WILLCOM D4 Ver.L」を投入する。(2008/9/1)

Intel Developer Forum 2008:
ARMからAtomへ――組み込み市場に賭けるIntel
リビングを目指した“Viiv”。小型機器を目指した“XScale”。どちらも「転進」を余儀なくされた。Intelは、その戦場に再度臨もうとしている。(2008/8/27)

「WILLCOM D4」と大容量バッテリーをセットで――ウィルコム、「WILLCOM D4 Ver.L」を発売
ウィルコムは9月4日から、「WILLCOM D4」と大容量バッテリーをセットにした「WILLCOM D4 Ver.L」を発売する。Microsoft Office 2007を非搭載とすることで、買いやすい価格におさえた。(2008/8/26)

元麻布春男のWatchTower:
Silverthorneはどこに行くのか
IDF 2008のメインテーマはNehalemだったが、もう1つの主役はAtom。ビジネスとして多く語られるのは“NetbookのCPU”だが、最初は“MIDのCPU”が注目されていたはずだ。(2008/8/25)

富士通謹製UMPC再び:
Atom搭載「LOOX U」の進化ぶりを写真でじっくり解説する
富士通のコンバーチブル型UMPC「FMV-BIBLO LOOX U」は、Atom搭載機でもNetbookとは一味も二味も違う。新旧比較を交えつつ、写真とともにじっくりチェックする。(2008/8/22)

Intel Developer Forum 2008:
“Nehalem”と“組み込み”で一気に攻勢をかける
秋以降の新製品ラッシュを控えて注目されるIDF 2008。初日に行われたゲルシンガー氏のキーノートスピーチでは、IntelがPCの次に目指す“市場”について紹介された。(2008/8/21)

液晶もキーボードも快適化:
565グラムのAtom搭載UMPC「LOOX U」を動画で見る
Atomの採用で生まれ変わったLOOX Uは、従来機で指摘されたさまざまな弱点を克服してきた。使い勝手が大きく向上した新生LOOX Uを動画でチェックしよう。(2008/8/20)

2008年PC秋冬モデル:
富士通のUMPCがAtom採用でフルモデルチェンジ――「FMV-BIBLO LOOX U」
1年ぶりに新モデルが登場したUMPCの「FMV-BIBLO LOOX U」は、Atomの採用とともに液晶ディスプレイやキーボードも一新。限定デザインも用意した。(2008/8/20)

元麻布春男のWatchTower:
Nehalemに向けてCentrino 2で足場を固めるインテル
日本で7月16日に発表された「Centrino 2」では何が変わり、何が変わらなかったのか。ポイントを改めて整理しよう。(2008/7/17)

本命“MID”のパフォーマンスと消費電力を試す:
ウィルコム「WILLCOM D4」ショートショートレビュー
これまでも「Atom搭載」ノートPCのレビューを紹介してきたが、それらはすべて“Netbook”としてのAtomノートだった。“Silverthorne”を搭載したWILLCOM D4でCentrino Atomの実力に迫る。(2008/7/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。