ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マルチデバイス」最新記事一覧

SOLIDWORKS WORLD 2018:
SOLIDWORKSはデスクトップも意識しつつクラウド戦略を強化――新たな設計環境やPLMも登場
SOLIDWORKSユーザーの祭典「SOLIDWORKS WORLD 2018」が開催された。初日の基調講演では「デスクトップ」と「クラウド」の2つの製品戦略に基づいた、5つの新製品およびサービスの存在が明らかとなった。以前から注目されていた「SOLIDWORKS xDesign」とは異なるクラウド3D CADやクラウドベースのPLMサービスなど、基調講演と個別インタビューの内容を基に詳しく解説する。(2018/2/9)

分からないことは内部で議論するより「顧客」に聞け!:
PR:プロトタイピングとリーン開発で新たな価値作りに取り組む「じゃらんnet」
リクルートライフスタイルが運営する国内最大級の旅行サイト「じゃらんnet」では、現場のエンジニアとデータサイエンティスト、UXディレクターの連携による迅速な開発を通じて、次々に新しい「価値」作りに取り組んでいる。(2018/1/25)

ワコム、マルチデバイス対応の極細スタイラスペン「Bamboo Tip」
ワコムは、iOSおよびAndroidデバイスに両対応した極細仕様のスタイラスペン「Bamboo Tip」を発売する。(2018/1/23)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftの折りたたみ2画面デバイスは本当に出るのか
Microsoftが折りたたみ式の2画面ディスプレイ搭載デバイスを開発しているというウワサは以前からある。今回は同社が公開したアプリのプレビュー版や特許申請の内容から、その秘密を探っていく。(2017/12/28)

ロボット開発ニュース:
自然な対人コミュニケーションができるロボットAIプラットフォーム
富士通は、自然な対人コミュニケーションを可能にする「ロボットAIプラットフォーム」を発表した。ロボット「unibo」と、自然な対話や表情認識などコミュニケーションに関わるAI技術を搭載した同製品を接続し、クラウドサービスとして提供する。(2017/12/28)

クラウド利用はユーザー側の自己責任
「MS製品に任せれば大丈夫」 クラウドセキュリティでよくある6つの誤解を解く
クラウド利用には、オンプレミスが中心だった時代とは異なる幾つかのセキュリティ的観点がある。クラウドセキュリティに関してよくある6つの誤解を挙げ、解いていく。(2017/12/18)

自然対話、表情認識、音声感情分析などのAI技術を搭載:
富士通、ロボットによる自然な対人コミュニケーション実現へ「ロボットAIプラットフォーム」を発表
富士通は、自然対話や表情認識、音声感情分析、顔認識を備えた対人コミュニケーション向けサービスプラットフォーム「ロボットAIプラットフォーム」を開発した。ユニロボットによるコミュニケーションロボット「unibo」とセットで提供を開始する。(2017/12/13)

4つのAIで“利用者に寄り添う”対話ロボットへ 富士通が提供開始
富士通が同社や協力企業のAI技術を「ロボットAIプラットフォーム」として体系化。ユニロボットのコミュニケーションロボット「unibo」と合わせて、企業へ提供する。(2017/12/12)

広告クリエイティブと効果測定:
Facebookで”刺さる”動画広告の条件とは? 中の人が解説
Facebookの人ベースの広告で良い結果を生むため、広告表現(クリエイティブ)はいかにあるべきか。そして効果測定をどうするか。専門チームの責任者が語った。(2017/11/24)

PR:「もう10分待ったよ!」 “始まらない会議”にイライラする編集部を救ったのは……
(2017/11/15)

「Microsoft Azure」を基に開発:
Jストリーム、AIによる動画解析ができる動画配信プラットフォーム「VideoAid」を開発
Jストリームは、人工知能(AI)による動画解析機能を活用できるSaaS型動画配信プラットフォーム「VideoAid」を開発した。「Microsoft Azure」をベースにし、Azureプラットフォームの動画解析機能「Media Analytics」を活用できる。(2017/11/14)

ロジテック、各種変換アダプターも付属したマルチデバイス対応USBメモリ
ロジテックは、PCのほかAndroid/iOSデバイスへの接続もサポートしたUSBメモリ「LMF-LGU3AGBK」シリーズを発売する。(2017/11/9)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftのモバイル秘密兵器「Andromeda」とは折りたたみ型デバイスなのか
GoogleがAndroidとChrome OSを統合した新OS「Andromeda」を開発中とのうわさもあるが、Microsoftは全く別の同名プロジェクトを秘密裏に進めているという。その正体とは?(2017/11/7)

タブレットをノートPC化
iPad、Surface向けキーボード 純正とサードパーティーで選ばれるのは?
キーボードを使えばタブレットはノートPCと同様の使い方が可能になる。iPadやSurface Pro向けには純正製品以外に多くのキーボードが販売されている。注目製品を紹介しよう。(2017/11/5)

ネット詐欺対策ソフト「インターネットサギウォール」がランサムウェア対策機能を装備
BBソフトサービスは、同社提供のネット詐欺対策ソフト「インターネットサギウォール」の新バージョンを発表した。(2017/10/6)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftのモバイル秘密兵器「Andromeda」とは何か
名前はAndroidに似ているが、ここで言う「Andromeda」とはMicrosoftがモバイル市場攻略を目指すための新プロジェクトだ。その正体とは?(2017/10/4)

“多様な働き方”はデータの分析から
HR Techの「優秀な人を辞めさせない」仕組み
事業計画、業務運営、将来予測のためにメトリクスや分析技術を用いることは適切だが、それだけでは不十分だ。現代において、最適化が必要なリソースは、労働力だ。(2017/10/3)

PR:あなたの会社の「会議時間」、長すぎかも? 業務の“見えないムダ”を減らす方法とは
(2017/9/29)

ヒートマップ分析も:
Web分析の「Ptengine」、リニューアル前後のクリエイティブをブラウザ上で比較できる新機能を追加
Ptmindは、Webデータ分析サービス「Ptengine」において、サイトリニューアルを行うマーケティング担当やWebディレクター向けの分析機能を強化した。(2017/9/28)

トラックボールユーザーの福音となるか? ロジクール「MX ERGO」を試す
7年ぶりの新製品、「MX」の名を冠したトラックボールの実力は?(2017/9/26)

Microsoft Focus:
“変わらなくてはならない”企業に何を提供できるか MS平野社長が新年度メッセージに込めた思い
新年度を迎えた日本マイクロソフト。平野拓也社長が新たに掲げた「日本の社会変革に貢献する」企業像とは。(2017/9/23)

みずほ銀行、日本マイクロソフト、クリナップ、アイセイ薬局、鉄道:
PR:デジタルトランスフォーメーションを加速する新しいモバイル向けシステム開発への挑戦
デジタルトランスフォーメーションへの流れが加速する中、多くの企業がモバイルデバイスの業務活用に本格的に取り組み始めている。しかしモバイル向けシステム開発には、従来のPC向けシステム開発とは異なるアプローチが必要であり、開発にかかる工数・コストの増大、現場のニーズとのミスマッチングなど、頭を悩ませている企業は少なくない。そこで本稿では、モバイル向けシステム開発で100社700超のプロジェクト実績を持ち、幅広い業種・業界のモバイル活用を支援してきたJMASに、モバイル向けシステム開発成功の秘訣(ひけつ)を聞いた。(2017/9/7)

Weekly Memo:
Microsoftが描く「デジタルトランスフォーメーションの世界観」
今や企業におけるIT活用の最大のキーワードである「デジタルトランスフォーメーション」。その「世界観」を日本マイクロソフトから聞く機会があったので考察しておきたい。(2017/9/4)

ロジクール、Adobe CCなどで使えるジョグつまみを備えたワイヤレスキーボード「KX1000s」
ロジクールは、10種以上のアプリケーションに対応するジョグつまみを装備したワイヤレスキーボード「ロジクール KX1000s マルチデバイス ワイヤレス キーボード」を発表した。(2017/8/31)

PR:「会社に来て仕事しろ」という上司に、むりやりリモートワークさせてみた
筆者「なぜ会社に行かねばならぬ!」。(2017/8/14)

「Microsoft Azure」のAIテクノロジーを活用:
自動字幕生成や機械翻訳、動画配信プラットフォーム「MediaPack」に機能追加
ミックスネットワークは動画配信プラットフォーム「MediaPack」にAI機能を追加したと発表した。(2017/8/7)

弘法大師の貴重な文化財をデジタルデータで 「高野山アーカイブ」がスタート
高野山大学は、NTTデータグループと共同で、仏教や密教に関する歴史的貴重資料を一般公開するデジタルアーカイブシステムを構築した。(2017/8/2)

ユーザー心理をわしづかみ:
市民アスリート集団が開発する健康サービスの“ホンキ度”
ヘルスケアサービスなどを提供する、ネオスという東証1部上場の会社がある。同社のサービスは利用者の気持ちを心底分かっていると人気だ。なぜなら開発メンバーの社員たち自身が市民アスリートとして同じような悩みや課題を経験しているからだ。(2017/7/25)

Enterprise IT Kaleidoscope:
三度目の正直? ARM版Windows 10は離陸するのか
Microsoftは、ARMプロセッサに対応したWindows OSに、何度か挑戦している。Windows 8をベースとした「Windows RT」、スマートフォン向けの「Windows 10 Mobile」などがそれだ。しかし、残念ながらほとんど使われていない。では2017年内に発売予定のARM版Windows 10はどうなのだろうか。(2017/7/12)

Microsoft Inspire 2017:
Microsoftが掲げる「デジタル変革に必須の4要素」とそれを実現するもの
米Microsoftのパートナー企業向けイベント「Microsoft Inspire 2017」が7月9日から13日まで開催されている。10日にはサティア・ナデラCEOが登壇する基調講演「Vision Keynote」が行われ、Microsoftの新年度の戦略などを発表した。(2017/7/11)

業界動向や企業の財務状況を可視化:
B2Bのターゲットアカウント選定へ、インフォマートが支援サービスを提供
インフォマートは、ターゲット企業やその企業が属する業界の情報を俯瞰的、網羅的に把握できるB2B企業向け新サービス「業界レポート・企業ダッシュボード」の提供を開始した。(2017/7/5)

Enterprise IT Kaleidoscope:
Windows 10 Fall Creators Updateの影響を考える
Windows 10のアップデートが、春と秋の年2回、定期的に行われることになった。次のFall Creators Updateの機能については、まだ全貌が見えたわけではないが、企業ユーザーにどんな影響があるのか考えてみよう。(2017/6/28)

シーメンスPLMソフトウェア Solid Edge ST10:
トポロジー最適化した形状をそのままCAD上で編集できる「Solid Edge」の最新版
シーメンスPLMソフトウェアは、3次元設計ソリューション「Solid Edge」の最新バージョンである「Solid Edge ST10」の機能強化に関する記者説明会を開催した。「設計」「解析」「製造」「技術文書作成」「データ管理」「コラボレーション」に関する機能が強化されているという。(2017/6/26)

製造マネジメントニュース:
「攻めのIT経営」に取り組む上場企業31社を選定
経済産業省は、企業の戦略的IT利活用の促進に向けた取り組みの一環として、企業価値の向上に向けて「攻めのIT経営」に取り組む上場企業31社を選定した「攻めのIT経営銘柄2017」を発表した。(2017/6/19)

Appleが「iOS 11」を発表 AR機能強化や写真容量半減など、機能盛りだくさん
一般向けには今秋リリース予定。(2017/6/6)

DAZNがApple TVに対応、iOSアプリもリニューアル
(2017/6/1)

de:code 2017基調講演(前編):
「インテリジェンス」はシステム開発とユーザー体験をどのように変えていくのか
日本マイクロソフトは2017年5月23、24日に「de:code 2017」を開催。基調講演では、AI(人工知能)が今後のシステム開発やユーザー体験にどのような変化を起こしていくのか、多数のデモを交えて紹介された。(2017/6/1)

働き方改革のためのWindows 10活用【後編】
従来の手法は通用しない? Windows 10を最大限に活かす“プラスワン”とは?
「Windows 10」登場で働き方の変化や生産性向上が期待できる。しかし、同時にマルチデバイス環境における管理やセキュリティの課題も浮上。解決策を探る。(2017/5/31)

Microsoft Focus:
MSが提唱する「インテリジェントクラウド、インテリジェントエッジ」とは何か 
「Microsoft Build 2017」で、「インテリジェントクラウド」「インテリジェントエッジ」という新コンセプトを掲げ、大規模分散データベース「Azure Cosmos DB」などを発表したMicrosoft。同社が見据える新たなクラウド戦略とは?(2017/5/20)

PR:里山で生まれた「新しい働き方」――郡上八幡のシェアオフィス「HUB GUJO」が目指すもの
(2017/5/12)

「Build 2017」初日基調講演まとめ
Microsoftの開発者会議「Build 2017」の初日基調講演は「Visual Studio for Mac」など開発者向け発表が中心だったが、「Invoke」やPowerPointの同時通訳機能など、一般ユーザーにとっても興味深いデモも行われた。(2017/5/11)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
“テレビを見ない世代”向けの番組とは?――「miptv2017」リポート(前編)
(2017/4/24)

Microsoft Innovation Award 2017最終選考会:
人工筋肉やVR/AR、仮想ロボット、FoodTech……、先端技術から生まれるプロダクトとは
2017年3月22日に人工筋肉やVR/ARなどの先端技術を活用するスタートアップ企業の取り組みを表彰するイベント「Microsoft Innovation Award 2017」の最終選考会が開催された。どのような最新技術でどのようなプロダクトが生まれているのか紹介する。(2017/4/20)

「報ステ」をスマホで テレビ放送後「AbemaTV」で配信
放送当日の深夜0時20分から配信する。(2017/4/10)

マルチデバイス/クラウドを管理できる?
働き方改革で生じるデバイスやIDの管理とセキュリティの問題を解消する方法とは
働き方改革が進む中、クラウドやモバイルで、いつでもどこでも仕事ができる環境を作る一方、セキュリティやガバナンスを確保していかなければならない。どうすればいいのか。(2017/3/31)

外でもノートPCでネットしたい! Wi-Fiスポットの基本ワザ(au編)
家の中はもちろん、外にも持ち出して使えるノートPC。外出先でもインターネットにつながれば、もっと便利に使えます。この記事では、KDDIと沖縄セルラー電話が提供している「au Wi-Fi SPOT」の契約者が外出先でPCをインターネットにつなげる方法をご紹介します。(2017/3/28)

「ビジネスに寄与する情シス」の具体像:
「情シスのあるべき姿」とは――フジテック CIO、10の言葉
デジタル化のトレンドが進展し、IT活用の在り方が収益に直結する時代になった現在、情報システム部門には「ビジネスへの寄与」が強く求められている。だが「ビジネスへの寄与」とは具体的に何をすることなのか、詳細に語られることは少ない。その1つの回答を、ガートナー ジャパンが2017年3月16、17日に開催した「ガートナー エンタプライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャ サミット2017」に登壇したフジテック CIO 友岡賢二氏の講演に探る。(2017/3/28)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「HTML5(2) マルチデバイス時代のアプリケーションプラットフォーム」
HTML5によって、マルチデバイス時代のアプリケーションプラットフォームとして進化しつつあるWebブラウザ。その背景には、Ajaxの登場やHTMLの進化、Web標準化などの流れがあります。前回から2回に分けてその歴史を総ざらい。この「HTML5(2)」では、HTML標準化とHTML5の登場について解説します。(2017/3/22)

クロスプラットフォーム対応統合開発環境:
エンバカデロ、「RAD Studio 10.2 Tokyo」を発表 Linuxサーバサイドアプリ開発を可能に
エンバカデロ・テクノロジーズは、統合開発環境の新バージョン「RAD Studio 10.2 Tokyo」を2017年3月28日に出荷開始する。WindowsとLinuxで、サーバサイドアプリケーションのクロス開発を可能にした。(2017/3/16)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「HTML5(1) Ajaxの誕生」
HTML5によって、マルチデバイス時代のアプリケーションプラットフォームとして進化しつつあるWebブラウザ。その背景には、Ajaxの登場やHTMLの進化、Web標準化などの流れがあります。今回から2回に分けてその歴史を総ざらい。この「HTML5(1)」では、Ajaxとブラウザの進化について解説します。(2017/3/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。