ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「成田空港」最新記事一覧

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「世界最長鉄道トンネル」も開通 憲法でトラック制限するスイスに学ぶ
私は時々「我が国は物流に関して信念を持ち、思い切った施策を実施すべきだ」と主張している。今回は、国土環境を守るという信念の下で、憲法でトラック輸送増加を禁じたスイスを参考に「信念」や「思い切った施策」について考える。(2016/6/24)

福岡空港にも乗り入れ フィンエアー、アジア就航の倍増狙う
先月、フィンランド航空(フィンエアー)が福岡〜ヘルシンキ路線を就航した。この背景にはアジア市場の積極的なビジネス拡大があるという。(2016/6/24)

R25スマホ情報局:
「余った外貨→電子マネー交換」早くも拡充期待
使わなかった外国の硬貨や紙幣を電子マネーなどに両替できる「ポケットチェンジ」が関心を集めている。(2016/6/23)

NEC、立ち止まらずに「顔認証」の実証実験 成田空港で職員向けに
日本電気が、ゲートを通る間に本人かどうかを顔認証でチェックする「ウォークスルー顔認証システム」の実証実験を成田国際空港で行う。(2016/6/8)

SIM通:
茨城県で初のSIMカード販売機「あみプレミアム・アウトレット」に設置
三菱地所・サイモン株式会社は、「あみプレミアム・アウトレット」にプリペイドSIMカード自動販売機を設置した。外国人旅行者の来場が増加していることなどに対応したもので、「Prepaid LTE SIM by So-net」の215MB/日、3GB/60日の2種類を販売する。(2016/5/27)

水曜インタビュー劇場(駄菓子公演):
生産中止! 大苦戦していたブラックサンダーが、なぜ“売れ続けて”いるのか
30円のブラックサンダーを食べたことがある人も多いはず。年間1億個以上も売れているヒット商品だが、発売当初は全く売れなかった。一度は生産中止に追い込まれたのに、なぜ“国民の駄菓子”にまで成長することができたのか。(2016/5/25)

「バスタ新宿」オープン1カ月 1日平均2万人が利用、利用者の満足度・渋滞など改善
「バスタ新宿」はオープン1カ月で58万人が利用。鉄道からの乗り換えが楽になった上、新宿駅周辺の渋滞が改善するなどの効果もあったという。(2016/5/23)

SIM通:
テレコムスクエア、被災者向け通信機器の無償レンタルを発表
テレコムスクエアは、熊本地震の被災者を支援する団体または個人を対象に、モバイルWiFiルーターや携帯電話などを無償レンタルすると発表した。福岡空港などにある同社カウンターにて受け付ける。(2016/5/19)

水曜インタビュー劇場(1分1秒公演):
飛行機に“最後に乗る”のはどんな人か 羽田空港を分析
飛行機に乗るとき「できれば早く乗りたい」という人もいれば、「できれば最後に乗りたい」という人もいる。搭乗口で最後に手続きを済ませているのはどのような人なのか。羽田空港で飛行機の遅延分析をされている、JALの担当者に話を聞いたところ……。(2016/5/11)

コラボジェットがそろい踏み! スター・ウォーズの日を記念してANAが飛行機にまつわる音でテーマ曲を奏でる
「May the Force be with you!(フォースとともにあらんことを)」→「May the Force」→「May 4th」→5月4日はスター・ウォーズの日。(2016/5/4)

乗換NAVITIMEの「電車混雑予測」が大幅リニューアル――対象路線拡大や混雑アイコンを表示
ナビタイムジャパンが「乗換NAVITIME」で提供している「電車混雑予測」機能が大幅リニューアル。予測対象路線を拡大し、ルート検索結果上で混雑アイコンを表示する。(2016/4/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
羽田空港を便利にする「たった200メートル」の延長線計画
国土交通大臣の諮問機関「交通政策審議会」が、2030年を見据えた東京圏の鉄道計画をまとめた。過去の「運輸政策審議会答申18号」をほぼ踏襲しているとはいえ、新しい計画も盛り込まれた。その中に、思わずニヤリとする項目を見つけた。(2016/4/15)

空港警備にウェアラブルカメラ、セコムが羽田で実験
セコムが空港を舞台に、ウェアラブルカメラを警備に利用する実証実験を行う。羽田空港国際線旅客ターミナルにてまずは8台を導入して検証する。(2016/4/11)

全国の主要空港へ順次導入が決定:
2020年、ボディスキャナーが未然にテロを防ぐ
テロの脅威に備えて国土交通省を中心に普及が進むボディースキャナー。ボディースキャナーとは空港の出国ゲートで、乗客の全身をスキャンできる検査機器である。2015年10月には主要空港で運用評価試験が行われ、2016年3月29日にその結果が発表されるなど活発な動きを見せている。本記事では、ボディースキャナーメーカー各社それぞれの特長に加えて、国内の動向について紹介する。(2016/4/7)

製造マネジメントニュース:
「脱・アピール下手」に向けて、ジェイテクトが銀座にショールームを新設
ジェイテクトは、東京都中央区銀座にある同社東日本支社内に開設したショールーム「JTEKT ROOM Ginza」を報道陣向けに公開した。2016年4月1日からオープンする。学生など一般の人に幅広く来場してもらい、ジェイテクトの認知度を高める狙いがある。製品展示だけでなく、ワークショップや技術発表会などのイベントでもショールームを活用していく。(2016/4/1)

“つながることから、命が始まる”:
IoT向けに進化するBluetooth、メッシュも対応へ
Bluetooth技術の認証団体であるBluetooth SIGは、2016年の技術ロードマップを発表した。主に、通信範囲の拡大/通信速度の向上/メッシュネットワークへの対応を行い、IoT向けにアップデートを行う。これにより、位置情報サービスやオートメーションアプリの可能性を広げるという。(2016/3/31)

消費電力そのままで2倍速い「次世代Bluetooth」の離陸が迫る
IoTの根幹をなす「接続」に寄与する技術の1つがBluetoothだ。現在、Bluetooth SIGでは「通信範囲の拡大」「最大2倍の高速化」「メッシュネットワーク対応」の準備を進めている。(2016/3/30)

新たな「おもてなし」の姿を探る:
IoTで空港はどう変わる? 6つの実験でJALが気付いたこと
大手航空会社のJALがここ最近、ウェアラブルデバイスからIoT、ロボット活用とさまざまな実証実験を続けている。なぜ次々と実験を行っているのか。そして、数々の取り組みを通じてJALが目指す、IoT時代の「おもてなし」の姿とは。(2016/3/24)

パナが世界中で“目”を光らせる……米警官が“実戦”で認めた実力とは
パナソニックが世界中に“目”を光らせている。高解像度のネットワークカメラを駆使した防犯システムの実証実験や、テロへの悪用が懸念される小型無人機「ドローン」の検知システムの開発などを相次ぎ発表し、監視カメラを中心としたセキュリティシステム事業を強化しているのだ。(2016/3/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
北陸新幹線延伸ルートは「JR西日本案」が正解
北陸新幹線延伸ルートの年内確定に向けた動きが活発になっている。2013年に与党検討委員会は3つのルートに絞り込んだ。しかし2015年8月にJR西日本から小浜・京都ルート、11月に与党検討委員長からは舞鶴・京都・関空ルートが示された。絞り込むどころか選択肢が増えている。ただし、このうち国益に沿うルートは1つしかない。(2016/3/11)

PR:土地勘のない場所でも安心――「NAVITIME」を上京女子が使ってみた
筆者は地元佐賀県で仕事をしていたが、今春ついに上京することになった。そんな東京で毎回げんなりするのが電車移動。迷路のような路線図、ダンジョンのような駅、人混みの多い場所やたくさんのビル……。そこで使いたいのが「NAVITIME」アプリ。東京初心者の活用術をリポートしたい。(2016/3/11)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/02/25
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年2月25日)(2016/2/25)

ANA初の「A380」期待と不安 超大型機導入に踏み切った理由
全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(HD)が欧州エアバス製の超大型旅客機「A380」を日本の航空会社で初導入することを決めた。(2016/2/22)

成田空港で「世界初」の実証開始:
2時間映画も10秒で――WiGigを体験してきた
パナソニックと成田国際空港は2016年2月18日、次世代無線通信規格「WiGig」を使用したWiGigスポットの実証実験を開始した。最大伝送速度7Gビット/秒でWi-Fiよりも10倍以上速いというWiGigとは一体何なのだろうか。本記事は、実証実験の様子を写真や動画で紹介する。(2016/2/18)

ウェアラブルカメラで警備強化、パナソニックが成田空港で実験
パナソニックが成田空港で警備員にウェアラブルカメラとスマートフォンを貸与し、警備員の得ている情報を防災センターで把握、素早く的確な対応を目指す実証実験を行う。(2016/2/16)

ドル箱路線にらみ各社火花 羽田昼枠が焦点 日米航空協議きょう再開
羽田空港の昼時間帯(午前6時台〜午後10時台)の発着枠をめぐる日米航空当局の協議が16日、東京で再開される。(2016/2/16)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2016年1月版:
「LINE」に「Webカメラ」、のぞき見られた1月
世間では「不倫騒動」でも、セキュリティクラスタにとっては「情報漏えい事件」なのでした。そして突然再燃した「Webカメラのぞき見問題」に、連続する「アノニマスのDDoS攻撃」。年明けから騒がしかった2016年1月のセキュリティクラスタを振り返ります。(2016/2/10)

JALの機内食は、ほとんどの工程が手作業と目視で行われる「手作りごはん」 成田空港「機内食工場」に社会科見学行ってきた
「乗客分しか機内食は乗っていない」という事実にも驚き。重量・食べ物の廃棄を少なくするためだそうです。(2016/2/12)

音声翻訳や新しいスポーツ体験を動画で紹介:
2020年に向け開発が進む先端技術、待ちきれない
パナソニックは2016年2月4日、顧客向けプライベート展示会「Wonder Japan 2020」の事前内覧会を開催した。本記事は、展示会の一部から、新しいスポーツコンテンツ体験技術や多言語音声翻訳機、光ID技術を活用した「バリアフリーナビ」などを紹介する。(2016/2/5)

SIM通:
テレコムスクエア、訪日外国人向音声通話付プリペイドSIM発売
テレコムスクエアは、訪日外国人向けの音声通話付きプリペイドSIM「Wi-Ho! Data&Voice Prepaid SIM カード」の販売を5つの空港で開始しました。(2016/2/5)

競争が激しいLCC。各社の経営状況は“視界不良”
格安航空会社(LCC)の拠点化に成功した関西国際空港で、東アジアのLCCの“国際線競争”が激化している。(2016/2/3)

今夜放送の「Youは何しに日本へ?」でコミケ特集! ロシア人声優ジェーニャが登場、ガルパントークも?
見なきゃ(使命感)。(2016/1/25)

「gooのスマホ」第5弾は女性がターゲット――男性も巻き込んだ秘策とは?
NTTレゾナントが2015年度下期の事業戦略会を開催した。同社が年度戦略として掲げる「スマホを中心とした“おもてなし”」について改めて説明したほか、「gooのスマホ」の第5弾となる「g05」も発表した。(2015/12/8)

海外オタク見聞録:
来日した取引先がオタクだった、そんな時の聖地巡礼ガイド
オタクな取引先や知人から案内を頼まれたけどよく分からなくて……という人向けのガイドです。(2015/12/5)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
パスワードはもう時代遅れ? Surface Pro 4で「Windows Hello」を試す
「Surface Pro 4」は、Windows 10の新機能「Windows Hello」に対応したインカメラを内蔵している。手軽なサインインと強固なセキュリティが両立できるというWindows Helloの実力を探っていこう。(2015/12/2)

空港行ったら飛ぶ前にぜひ食べたいランキング 地方空港のご当地メニューもおいしそう
食べに行くだけでもいいじゃない。(2015/11/28)

魔窟・中野ブロードウェイに爆笑問題が迫る! NHK「探検バクモン」、12月2日放送
爆笑問題の2人の瞳、いつにもまして輝いてます。(2015/11/26)

首都圏鉄道各社らの訪日観光客向け情報サービス、小田急など4社が参加
訪日外国人向け観光情報サービス「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE TOKYO」に小田急電鉄、西武鉄道、東武鉄道、ヤマト運輸の4社が新たに参画する。(2015/11/12)

攻撃元の情報を共有できるAPIの公開も検討:
ハードルがますます下がるDDoS攻撃、経路途中での防御を追求するアカマイ
アカマイ・テクノロジーズは2015年10月19日「DDoS攻撃の実態と対策」と題する記者向け説明会を開催し、昨今のDDoS攻撃の動向を説明。根本的に対応が難しいDDoS攻撃への取り組みを説明した。(2015/10/21)

SIM通:
訪日外国人向けSIMカード自販機 中部国際空港に登場!
NTTコミュニケーションズは、SIM自動販売機を中部国際空港 セントレアに設置すると発表した。訪日外国人向けにSIMカードやSIMフリースマホセットなどを販売する。(2015/10/14)

成田国際空港の公式サイト、一時繋がりにくい状況に 大量アクセスのサーバー負荷が原因と見て調査中
「悪意のあるプログラムによる攻撃の可能性もある」と報じるメディアも。(2015/10/10)

U-mobile、成田国際空港に訪日外国人向けプリペイドSIM自動販売機を設置
U-NEXTは成田国際空港にプリペイド式サービス「U-mobile プリペイド」の自動販売機を設置。第1・第2旅客ターミナル到着ロビー、第3旅客ターミナル本館2階出入り口で販売を行う。(2015/9/15)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
UQ、WiMAX 2+の制限を緩和/SIMフリールーター「MR04LN」は海外SIMでLTE接続可能
UQコミュニケーションズが、WiMAX 2+の「直近3日間で3Gバイト」を超えた際の通信速度制限を緩和。広告表現を見直し、制限時の利便性向上を行うと発表した。(2015/8/13)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
異国の地で奮闘するJAL社員の空港業務を見てきた
海外の空港での仕事は、成田、羽田など国内の大規模空港とはまた違った苦労や醍醐味がある。マレーシアのクアラルンプール国際空港で活躍するJALの緒方奈美さんに話を聞いた。(2015/7/23)

「エスカレーターで片側をあける習慣」がなくなるかもしれない 公共施設など国土交通省後援でキャンペーン実施
つまりは「みんなで手すりにつかまろう」ということです。(2015/7/17)

スマホやモバイルルーターも販売:
NTTコム、訪日外国人向けプリペイドSIM自動販売機を成田空港に設置
NTTコミュニケーションズは7月24日、訪日外国人向けプリペイドSIM自動販売機を成田国際空港に設置する。プリペイドSIMのほか、スマートフォン、モバイルルーターやスマホアクセサリーなども販売する。(2015/7/17)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
トヨタ役員の麻薬密輸事件から考える本当の事件対応とは?
トヨタ初の女性役員が逮捕された事件はショッキングだが、それ以上に驚いたのは同社の対応だ。実は昨今の情報セキュリティ犯罪にも通じる、企業として本当に実践すべき有事対応のポイントがみえてくる。(2015/7/3)

スーツケースが寿司になる「寿司スーツケースカバー」に第2弾! 今度はたこ・いくら・SABAAAAAA!
スーツケースがでっかいお寿司になるよ!(2015/6/16)

半径300メートルのIT:
海外旅行で気になった「個人用VPN」の実際
1年ぶりに海外へ取材旅行に出ました。このコラムでふれてきた「個人用VPN」が実際に使えるものかどうか検証する旅にもなりました。(2015/6/2)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
だからリニアも? 名古屋都市圏は新しい乗りものがお好き
JR東日本が東北新幹線で時速400キロメートル運転を目標とし、JR東海の磁気浮上式リニア中央新幹線が予定する時速500キロメートルに近づいた。それなら中央新幹線は従来の鉄輪式新幹線でも良いのでは? JR東海がリニアにこだわる理由は、意外と……。(2015/5/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。