ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「タクシー」最新記事一覧

東京都が普及促進:
日産「セレナ」のユニバーサルデザインタクシー運行開始
ユニバーサルデザインタクシー仕様の日産「セレナ」が東京都内で運行を始めた。(2016/12/2)

国交省、ASKA容疑者のタクシー車内映像放送に「誠に遺憾」 プライバシーを侵害した映像提供を問題視
ドライブレコーダーの映像は安全対策のために使われるべきだとしています。(2016/12/2)

ASKA容疑者乗せたタクシー映像、テレビ放送は「誠に遺憾」 国交省、業界団体に管理徹底を通知
ASKA容疑者が逮捕直前に乗ったタクシー車内の映像がマスコミに提供されたことについて、国土交通省は「誠に遺憾」とし、映像の適切な管理を徹底するよう業界団体に通知した。(2016/12/2)

ASKA容疑者タクシー映像、国交省が「誠に遺憾」
ASKA容疑者のタクシー内の映像がテレビで放映された問題で、国交省は「誠に遺憾」として映像の適切な管理を業界団体に求めた。(2016/12/1)

ASKAのタクシー車内映像放送で物議、テレビ局側に見解を聞いた “公益性、公共性があると判断した”
BPO審議入りすべきとする声も。(2016/12/1)

タクシーグループ・チェッカーキャブがASKAさん車内映像流出で謝罪 「映像提供した会社には厳罰をもって対応」
グループに加盟した1社から情報流出があったとしています。(2016/11/30)

ASKA容疑者乗せたタクシー映像をマスコミ提供 チェッカーキャブが謝罪 「厳罰で対応」へ
歌手のASKA容疑者が逮捕直前に乗ったタクシー車内の映像がテレビで放送され、「プライバシー侵害では」と物議をかもしている件で、このタクシー会社が加盟するチェッカーキャブ無線協同組合が30日、「マスコミに映像提供をした社に厳罰で対応する」と発表した。(2016/11/30)

ASKAのタクシー内映像報道に批判の声 弁護士「プライバシーの侵害であり問題がある」
テレビ局の責任については微妙なところ、とのこと。(2016/11/30)

寒い時期、全ドライバーは確認を! MKタクシーが「猫バンバン」をイラストとミニカーを使って呼びかけ
バンバンするだけの簡単な作業です。(2016/11/26)

組み込み採用事例:
無線タグとタクシー搭載のIoTデバイスで徘徊者発見を支援
Skeedは、第一交通産業と九州ヒューマンメディア創造センターと共同で、無線タグと地区内の中継装置により徘徊者を検出するシステムの実証実験を実施する。タクシーにも中継装置を搭載することで、探索可能な範囲が拡大した。(2016/11/18)

需要があるから今年も出た タクシー運転手のタプタプお腹カレンダー2017年版が公開
カレンダー界の奥深さ……。(2016/11/16)

「革命もたらす」 運転手不要の“空飛ぶタクシー” Airbus、来年に自動操縦機プロトタイプ
欧州航空機大手、Airbusグループは、運転手のいない「空飛ぶタクシー」の実現を本気で考えているようだ。(2016/11/16)

1人乗りで8つのプロペラを備え:
運転手不要の“空飛ぶタクシー” エアバス社、2017年に自動操縦機プロトタイプ
エアバス・グループが運転手のいない「空飛ぶタクシー」の実現を本気で考えている。2017年の終わりまでにプロトタイプを完成させ、試験飛行を実施する計画という。(2016/11/16)

日本交通、Squareによるカード決済導入 乗務員が自発的に使い始めたことがきっかけ
日本交通(大阪市)が「Square」を本格導入。まず日本交通のタクシー100台超で導入し、グループの全車両に広げる計画だ。(2016/11/14)

犯行現場から逃走ルートまでをタクシーで 20世紀最大の謎を体験する「三億円事件ツアー」が開催決定
謎に迫るタクシーツアー。(2016/11/8)

「運転中のスマホ禁止徹底を」 国交省、バス業界団体などに通知 「運転中にPokemon GO」問題受け
バス運転手が運転中に「Pokemon GO」で遊んでいた問題を受け、国交省は、バスやタクシーなどの業界団体に対して、業務中のスマホ操作の禁止を徹底するよう通知した。(2016/11/7)

VRで江戸時代の景色を楽しめる「タイムスリップタクシー」が登場
日の丸リムジンは、VR技術を活用して江戸時代の街並みを鑑賞できるツアー形式のサービス「タイムスリップタクシー」の開始を発表した。(2016/11/2)

これでもう迷わない:
Apple Payを体験! タクシーや買い物での利用法を写真で解説
(2016/10/27)

タクシー初乗り410円なら「利用増える」6割 実証実験結果
タクシーの初乗り運賃を410円にする実証実験の結果が発表された。初乗り410円になればタクシーの利用回数が増えるという回答が6割に上った。(2016/10/17)

ペットと一緒に乗れる「ペットタクシー」ってなに? 利用者を追跡取材してみた
病院に連れていってくれる「ペット119番」も。(2016/10/16)

「君の名は。」聖地を巡るタクシー登場 岐阜のバス会社が企画
アニメのゆかりの地を巡る「聖地巡礼タクシー」を岐阜県高山市の濃飛バスが企画。映画「君の名は。」で主人公が訪れる飛騨市図書館、気多若宮神社などを観光できる。(2016/10/12)

NTTドコモがCEATECで展示:
AI×人口統計でタクシー需要をリアルタイムに予測
NTTドコモは「CEATEC JAPAN 2016」(2016年10月4〜7日、千葉・幕張メッセ)で、AIを活用してタクシー利用の需要をリアルタイムで予測する技術を展示した。人口統計や気象データなどのデータを、多変量自己回帰と深層学習を使って解析して情報を抽出し、「30分後、都内のどのエリアにおいてタクシーの需要が増すか」を予測する。(2016/10/7)

なぜ自動運転はタクシー・バスと相性抜群なのか
自動運転技術――。その実用化は公共交通機関で加速すると言われており、既に世界各地でその予兆が見えはじめている。世界初の自動運転タクシーサービスを開始した米国のベンチャー企業nuTonomy(ヌートノミー)、自動運転小型バス「ARMA」を公道で走らせるBestMile(ベストマイル)の取り組みなど、最新の事例を交えながら解説しよう。(2016/10/3)

400万台以上の実績:
アプリ「全国タクシー」、過疎地では共助のツール
スマホのアプリでタクシーを呼べるシステムが全国に広がってきた。全都道府県をカバーするアプリ「全国タクシー」の累計配車台数は400万台以上。タクシーの少ない過疎地では住民ドライバーと利用者を結ぶなど、新たな活用法も始まっている。(2016/9/29)

IoTビジネスはもう始まっている【後編】
移動の時間を幸せに――JapanTaxi 川鍋社長が語る「Internet of Taxi」の未来
日本交通のIT子会社JapanTaxiは、タクシー体験をより豊かにするためにソフト、ハードの両面でIoTを推進している。川鍋社長が配車アプリやデジタルサイネージの取り組み、クラウド活用について語った。(2016/9/27)

沖縄で三輪タクシー「トゥクトゥク」をレンタル 観光客ニーズを取り込め
沖縄トゥクトゥクは2店舗目となる「トゥクトゥク・ステーション 那覇国際通り店」をオープンする。(2016/9/26)

加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
激変するタクシー業界 「初乗り410円」本当の狙いは?
シェアリング・エコノミーの台頭や、自動運転技術の進化によって激変するタクシー業界――。そのような中、東京のタクシー初乗り運賃を410円にする実証実験が8月から始まった。その狙いは、単に近距離のタクシー需要を喚起するだけではない。(2016/9/26)

三和交通がペットと一緒に乗車できる「ペットタクシー」をスタート 急病時に病院まで送る「ペット119番」にも対応
大型犬も乗れる専用タクシー!(2016/9/27)

都内のタクシーの初乗り料金が410円! 歩合制のドライバーは戦々恐々
国際的にも初乗り運賃が高いとされる日本のタクシーに新たな顧客を開拓しようと、初乗り距離を短縮した上で料金を引き下げる実証実験が東京都内で始まった。(2016/9/13)

【無謀】ガチ怖がりが三和交通の「心霊タクシー」に乗ったら文明に感謝した
夏の思い出にぴったりな極上の恐怖体験でした……(むせび泣く)(2016/9/4)

Uberより一足先に:
世界初の自動運転タクシー公開実験、米新興企業がシンガポールで開始
MITのロボット工学の教授が立ち上げた自動運転技術企業nuTonomyが、Uberより一足先に、世界初の“ロボタクシー”の公開実験をシンガポールの市街地で開始した。2018年にはシンガポールでサービスを開始する計画だ。(2016/8/26)

大阪の自転車タクシーによる「ポケストップ巡り」プランがポケモンGOトレーナーに魅力的!
自転車タクシーならスマホに集中しても安全、移動速度の制限にも引っかからず休憩しながらポケモンストップ巡りできる!(2016/8/10)

“痛車タクシー”都内で運行開始 コミケ開催に合わせ
「ニコニコ超会議2016」で好評だったプロ生ちゃんの“痛車タクシー”が都内で運行スタートする。(2016/8/8)

自動運転技術:
トヨタが自動運転タクシーを開発へ、「タクシーの日」に協業発表
トヨタ自動車と全国ハイヤー・タクシー連合会(全タク連)は、“未来の日本のタクシー”の開発/導入に向けた協業を検討するための覚書を締結した。大正元年に日本で初めてタクシーが走った日として「タクシーの日」になっている8月5日に合わせて発表した。(2016/8/5)

国交省、タクシー初乗り運賃410円の実証実験 都内4カ所で8月5日から試験的に
実証実験は9月15日まで実施。(2016/7/27)

ライドシェアは過疎地で普及させるべきだ
米国のIT企業Uber Technologiesが展開するライドシェアにタクシー業界は猛反発している。しかし、このサービスには過疎地における交通手段の問題を解決する期待が大いにあるのだ。(2016/7/27)

初乗り1キロ410円のタクシー、都内で実証実験 国交省、短距離利用の需要探る
国土交通省が、初乗り運賃が410円のタクシーを8月5日から約1カ月間、東京都の一部の乗り場で試験的に導入すると発表した。(2016/7/26)

初乗り410円のタクシー、都内に登場 短距離需要を検証
東京都内の一部でタクシーの初乗り運賃を410円に引き下げる実証実験が始まる。(2016/7/26)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
人気うなぎ登り! 石田三成は豊臣家の学級委員長キャラ
滋賀県とのコラボCMや三成タクシーなど、今ブームが巻き起こっている戦国武将が石田三成です。これまで長らく虐げられていた三成でしたが、実に優秀な人物でした。(2016/7/23)

2020年までに全国5万台のタクシーと商業施設への端末設置を計画:
タクシー内デジタルサイネージに動画広告配信、日本交通とフリークアウトが合弁会社を設立
フリークアウトは都内最大手のタクシー会社である日本交通グループのJapanTaxiと合弁会社を設立したと発表した。(2016/7/15)

電気自動車:
地域交通をグリーン化へ、バスやタクシーに電気自動車の導入を支援
国土交通省では電気自動車および燃料電池自動車の導入を支援する「地域交通グリーン化事業」の公募を行い、支援対象を決定した。(2016/7/14)

「タクシーで行く、心霊スポット巡礼ツアー」パワーアップして今年も開催 恐怖度インフェルノ級の多摩ツアーが追加!
怖いタクシー再び。(2016/6/30)

R25スマホ情報局:
京都でUberの自家用車サービス開始…賛否は?
タクシー会社が撤退してしまった丹後町で、「自家用車タクシー」サービス「Uber」の利用が開始された。(2016/6/2)

30分後のタクシー需要を人工知能で予測 NTTドコモ、東京無線ら実証実験
NTTドコモや東京無線がタクシーの利用需要をリアルタイムに予測する技術を開発。実用化を目指し、実証実験を行う。(2016/5/31)

Uber、京丹後市で「自家用車タクシー」提供開始 過疎地の新たな交通手段に
Uberのシステムを活用した有料の配車サービスが京都府京丹後市でスタート。過疎地域での交通の利便性向上を目指す。(2016/5/26)

ニコニコ超会議2016:
ほぉら、いい筋肉だろうぉー?  超マッスルタクシーにメロメロな人続出
さすがのマッスルマッスル。(2016/4/29)

リクルート、初乗り運賃が無料になる「就活応援タクシー」を実施
リクルートと東京ハイヤー・タクシー協会は、タクシーの初乗り運賃が無料になる「就活応援タクシー」を実施。「リクナビ2017LIVE」や東京駅のタクシー乗り場前でチケットを配布する。(2016/3/22)

VIAとJapanTaxiが新システムを開発:
IoTモビリティは“タクシー体験”を変えられるか
VIA TechnologiesとJapanTaxiは、タクシー向けIoTモビリティシステム「AMOS-825」を発表した。カーナビゲーションとIP無線配車システムを統合し、タッチパネルと接続することで表示/操作が可能だ。JapanTaxiは、タクシー全体を1つのパッケージとしたシステムの開発を進める。(2016/3/16)

車載情報機器:
日本のタクシーはIoTトレンドをつかめるか、台湾VIAとJapanTaxiが取り組み
台湾のVIA Technologiesが、タクシー大手である日本交通の子会社JapanTaxiと車載IoT(モノのインターネット)端末を共同開発した。JapanTaxiは、この車載IoT端末や連携するタクシー向けの機器/クラウドサービスを、親会社の日本交通だけでなく、他のタクシー会社にも販売する方針だ。(2016/3/16)

“言葉の壁”を超えるタクシー、鳥取で実験中 ITで訪日観光客と運転手をつなぐ
海外から訪れた人に、もっと鳥取県の魅力を知ってほしい――。観光タクシーのドライバーが抱える“言葉の壁”という課題をITで解決しようという取り組みが注目を集めている。(2016/2/25)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。