ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「タクシー」最新記事一覧

ニコニコ超会議2016:
ほぉら、いい筋肉だろうぉー?  超マッスルタクシーにメロメロな人続出
さすがのマッスルマッスル。(2016/4/29)

自動運転、社会への影響は…タクシー・バス雇用喪失も 経産省報告
経済産業省は29日の有識者会議で、人が運転しなくても目的地にたどり着ける完全自動運転技術が確立した際、社会や産業にどんな影響が出るかを報告した。(2016/3/30)

リクルート、初乗り運賃が無料になる「就活応援タクシー」を実施
リクルートと東京ハイヤー・タクシー協会は、タクシーの初乗り運賃が無料になる「就活応援タクシー」を実施。「リクナビ2017LIVE」や東京駅のタクシー乗り場前でチケットを配布する。(2016/3/22)

VIAとJapanTaxiが新システムを開発:
IoTモビリティは“タクシー体験”を変えられるか
VIA TechnologiesとJapanTaxiは、タクシー向けIoTモビリティシステム「AMOS-825」を発表した。カーナビゲーションとIP無線配車システムを統合し、タッチパネルと接続することで表示/操作が可能だ。JapanTaxiは、タクシー全体を1つのパッケージとしたシステムの開発を進める。(2016/3/16)

車載情報機器:
日本のタクシーはIoTトレンドをつかめるか、台湾VIAとJapanTaxiが取り組み
台湾のVIA Technologiesが、タクシー大手である日本交通の子会社JapanTaxiと車載IoT(モノのインターネット)端末を共同開発した。JapanTaxiは、この車載IoT端末や連携するタクシー向けの機器/クラウドサービスを、親会社の日本交通だけでなく、他のタクシー会社にも販売する方針だ。(2016/3/16)

東京五輪までの実用化目指す:
“快走”自動運転タクシー 神奈川・藤沢で実証実験が開始
29日に藤沢市で始まった、自動運転技術を使ったタクシーに一般利用者を乗せて走行する実証実験。2020年の東京五輪までの実用化を目指す。(2016/3/2)

“言葉の壁”を超えるタクシー、鳥取で実験中 ITで訪日観光客と運転手をつなぐ
海外から訪れた人に、もっと鳥取県の魅力を知ってほしい――。観光タクシーのドライバーが抱える“言葉の壁”という課題をITで解決しようという取り組みが注目を集めている。(2016/2/25)

ドラマ「素敵な選TAXI」スペシャル版放送決定! ゲストの玉山鉄二、瀧本美織、清水富美加さんらの選択肢は?
過去に戻れるなら改名を希望する玉山さん、その芸名とは?(2016/2/15)

その発想はなかったわ 三和交通がタクシー流鏑馬(やぶさめ)を開催 後部座席からボーガンを放つ21世紀スタイルに
スナイパーに見えてきた。(2016/2/13)

新連載・NY在住ライターのスマートIT活用術:
NY市内を気軽に移動できるUberは、日本でも流行る?
NY在住フリーライターの公文紫都が、日々の生活でどうITを活用しているかご紹介する当連載。第一弾は、日本でも展開中のタクシー配車アプリ「Uber」を取り上げます。すでにイエローキャブより走行台数が多いともされる「Uber」が、ニューヨーカーに支持される理由と、日本でも同様に流行るかを考えていきます。(2016/2/1)

「素敵な選TAXI」がスペシャルドラマで放送決定! 主演・竹野内豊も「とうとう来たか!」とヤル気十分
バカリズムさんの脚本にも注目です。(2016/1/27)

仕事用スーツは“経費”にできる? まだまだこんなにあった事業費で落とせる支出
取引先のご祝儀やお香典、急に必要になったスーツ代、飲み会帰りのタクシー代――これって“経費”にできますか?(2016/1/26)

位置情報連動マーケティング事業で提携:
配車アプリ「全国タクシー」の位置情報をデジタル広告配信に活用、フリークアウトと日本交通
フリークアウトは、日本交通のグループ子会社であるJapanTaxiと 位置情報連動マーケティング事業で提携したことを発表した。(2016/1/8)

新春インタビュー:
メッセンジャーを軸に、LINEはスマートフォン時代の新たなポータルになる――LINE 出澤剛社長に聞く
日本を代表するプラットフォームサービスとなった「LINE」は、コミュニケーション分野で大きな存在感を示し、デジタルコンテンツ、物販やO2O、タクシー配車などさまざまな分野に裾野を広げている。LINEは2016年にどこへ向かうのか。出澤社長に聞いた。(2016/1/4)

インドネシアのタクシー大手2社、配車アプリ普及で業績に明暗
インドネシアはタクシー大手2社の業績が対照的だ。最大手のブルーバード・グループが利益を伸ばす一方、2位のエクスプレス・トランシド・ウタマは不調にあえいでいる。(2015/12/17)

タイで配車サービス拡大 米ウーバー、契約運転者10万人に増員
タイで、携帯端末のアプリケーションソフトを利用してタクシーの配車サービスを展開する米ウーバーが事業を拡大する。(2015/12/4)

終電逃した! そんなときに便利な「LINE TAXI」の活用法
(2015/11/29)

ほぼ全員お腹ブヨブヨ タクシー運転手がだらしない体でセクシーポーズをキメる謎カレンダーが販売中
鍛え抜かれていないありのままの彼らをごらんください。(2015/11/24)

JR姫新線のワンマン列車、無人駅を誤って通過 原因は「運転士が一時的に停車駅であることを失念した」
乗れなかった2人はタクシーで目的駅まで配送して対応したそうです。(2015/10/30)

ちょっと目的地まで遠回りして! 車内で「マリカー8」を遊べるタクシーがめちゃ楽しそう
降りたくないでござる! あと2時間ぐらい降りたくないでござる!(2015/10/26)

東京モーターショー2015:
トヨタの次世代タクシーはLPGハイブリッド採用、現行のLPGタクシーを代替
トヨタ自動車は2017年度内に発売を予定している次世代タクシーの概要を発表。「東京モーターショー2013」で披露したコンセプトカー「JPN TAXI Concept」がベースになっており、新開発のLPGハイブリッドシステムを搭載する予定だ。(2015/10/26)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
自動運転車、最初の用途はやっぱり“タクシー代わり”?
乗ってみたいんです、実は。(2015/10/26)

日産、仮装すれば無料のタクシー ハロウィンに渋谷で運行
日産自動車が、仮装すれば無料で乗れるタクシーを10月29、31日に東京・渋谷で運行する。(2015/10/23)

仮装すれば無料で乗車 日産自動車、タクシーをハロウィン仕様にラッピング ドライバーも「フランケンシュタイン」に
ガチなやつだった。(2015/10/23)

自動運転の無人タクシーが過疎地の老人を救う? 日本の「ロボットタクシー」のコンセプトムービーが海外で話題
電車やバスが廃止された地域で働く「タクシードライバー」のお話。(2015/10/7)

自動運転技術:
国家戦略特区で自動運転の実験、小泉進次郎氏「できるとこからガンガンやる」
ロボットタクシーの自動運転実験車を用いる「完全自動走行に向けた国家戦略特区プロジェクト」は、湘南エリアを皮切りに国内3カ所で2015年度内に実証実験を開始する。内閣府大臣政務官の小泉進次郎氏「できるとこからガンガンやっていく」と語っており、スピード感を重視したプロジェクトになっている。(2015/10/2)

タクシークラウド広告サービス:
動画視聴で乗車料金割引、JapanTaxiと博報堂が実証実験を開始
JapanTaxi、博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムは、「全国タクシー」アプリの次世代化に向けて、タクシークラウド広告サービスの実証実験を開始する(2015/9/25)

面倒な経費精算、“全自動化”に大きく前進 コンカーが連携アプリ提供
電車代からタクシー代、ホテルの宿泊料金までを自動で登録、精算へ――。面倒な経費精算作業の全自動化を支援するクラウドサービス、コンカーが、連携アプリの提供を開始する。(2015/9/16)

「NAVITIME」でスマホからタクシー配車依頼が可能に
ナビタイムジャパンが運営する総合ナビゲーションサービス「NAVITIME」のスマートフォン向けサイトに「タクシー配車」機能が追加。(2015/8/13)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
タクシー配車サービスHailoがやらかした失敗とは?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/7/16)

夜9時に新横浜駅出発……業界初「タクシーで行く、心霊スポット巡礼ツアー」開催決定
俺たちの知らないタクシーの世界がある。(2015/7/6)

知ってた? 東京のタクシーが取り組む「タクシーこども110番」 認知度低く利用報告いまだゼロ
都内の子どもたちにはぜひ教えておきたいところ。(2015/6/26)

Hailoがマイクロサービスを採用した理由
タクシー配車サービスHailoがアプリ開発で犯した失敗
2タップでタクシーを呼び出せると話題の配車サービスHailo。英国だけでなく日本でもサービスを展開している同社は、アプリ開発に際して大きなミスを犯していた。同社がマイクロサービスを採用するに至った理由とは何か?(2015/6/17)

Computer Weekly:
タクシー配車サービスHailoがアプリ開発で犯した失敗
2タップでタクシーを呼び出せると話題の配車サービスHailo。英国だけでなく日本でもサービスを展開している同社は、アプリ開発に際して大きなミスを犯していた。同社がマイクロサービスを採用するに至った理由とは何か?(2015/6/4)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
「ロボットタクシー」乗りたいですか?
無人の完全自動運転タクシー実現を目指す「株式会社ロボットタクシー」(仮名)が設立されました。“運ちゃんのいないタクシー”にあなたなら乗りたいですか?(2015/6/1)

「Googleに負けているとは思わない」――DeNAが“自動運転タクシー”参入、その背景と勝算
DeNAがZMPと合弁会社を設立し、自動運転タクシー事業を展開へ。自動運転カーはGoogleなども開発を進めているが、「Googleに負けているとは思わない」とDeNA。その根拠は。(2015/5/28)

ロボットタクシー:
「Googleに負けない」国産ロボットタクシーは自動送迎だけにあらず
DeNAとZMPが無人自動運転車を導入する「株式会社ロボットタクシー」(仮名)の事業概要について説明した。“乗客のための自動運転”を掲げ、「DeNAはユーザー体験の提供でGoogleに負けているとは思っていない」と独自の付加価値を提供する考えだ。(2015/5/28)

ZMP 社長 谷口恒氏 インタビュー:
ロボットタクシー設立の理由は「自動運転のレベル4で先駆けたい」
ソーシャルゲーム大手のディー・エヌ・エー(DeNA)と「ロボットタクシー株式会社」を設立するZMP。「人とくるまのテクノロジー展2015」のZMPブースで、同社社長の谷口恒氏に、ロボットタクシーに取り組む理由について聞いた。(2015/5/25)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
選ばれるタクシー会社を目指して、当たり前のことを徹底し続けるMKタクシー
お客さま第一主義のもと、運賃の安さだけではなく、高いレベルの顧客サービスによって躍進を続けているが、選ばれるタクシー会社はどのようにしてつくり上げられたのだろうか。(2015/5/20)

DeNA、「ロボットタクシー」実現へZMPと合弁会社
自動運転技術を使った「ロボットタクシー」事業の実現に向け、DeNAとZMPが合弁会社を設立。(2015/5/12)

ロボットカー:
ZMPとDeNAが「株式会社ロボットタクシー」設立、自動運転の実用化目指す
ZMPとディー・エヌ・エー(DeNA)が自動運転の実用化を目指して「株式会社ロボットタクシー」(仮名)を設立した。(2015/5/12)

日の丸交通とトミカがコラボ タクシーを予約すると日の丸タクシーのミニカーがもらえるぞ!
わーい! わーい!(2015/5/11)

UberがNokiaの地図サービス「HERE」買収に名乗り 独自動車メーカー連合と競合
ハイヤー配車のUberが、Nokiaが売りに出している地図サービス「HERE」の買収に名乗りを上げたという。(2015/5/8)

東京ほか全国10都市でLINEキャラのラッピングタクシーが運行開始――1カ月乗り放題クーポンもプレゼント
「LINE TAXI」のプロモーションとして、LINEキャラクターのラッピングタクシーが全国10都市で運行開始。(2015/4/14)

街で見かけたらラッキー? LINEキャラクターのラッピングタクシー、運行開始
東京23区では10台運行予定!(2015/4/14)

iBeacon搭載タクシー、乗車中にスマホに動画広告配信 日本交通が実証実験
タクシー乗車客のスマホにiBeaconを通して動画広告を配信する実証実験を日本交通と博報堂などがスタートした。(2015/4/6)

センシング技術:
ウェアラブルセンサーとスマホを活用したタクシー運行支援システムを試験運用
東芝情報システムと川崎タクシーは2015年3月、ウェアラブルな生体センサーやスマートフォンを利用したタクシードライバーの健康管理、安全運転支援を行うシステムの試行プロジェクトを実施したと発表した。(2015/3/27)

500円分:
「LINE TAXI」が東京エリア限定の“花金”クーポンを先着300人に配布
「LINE TAXI」が東京エリアのユーザーを対象に500円分のクーポンを配布する。期間は3月6日の18時から12時間限定で、先着300人まで。(2015/3/6)

ねとめし:
“幻のタクシー”で話題の「コーヒーごはん」を8割くらい再現してみた
残念ながら“本家”の缶コーヒーが手に入らないため、代わりの缶コーヒーを使ってみたところ……。(2015/2/27)

「LINE」でタクシー配車「LINE TAXI」、22都道府県に拡大
「LINE TAXI」のサービスエリアが22都道府県に拡大。北海道や東北、関東甲信越、東海、関西、九州などの一部地域で利用できるようになった。(2015/2/25)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。