ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「日経新聞」最新記事一覧

バンダイナムコ、「アニメ海外配信から撤退」報道にコメント
バンダイナムコは、同社が海外のアニメ配信事業から撤退するとした同日付の日本経済新聞の報道についてコメントを出した。(2017/8/23)

富士通、携帯端末事業売却の報道にコメント「さまざまな可能性を検討」
富士通が携帯端末事業を売却する方針であると日経新聞が報道。これに対して、富士通がコメント。「さまざまな可能性を検討している」という。(2017/8/22)

富士通「携帯電話事業売却へ」報道にコメント
富士通は、同社が携帯電話事業を売却する方針を固めたとの日本経済新聞の報道にコメントした。(2017/8/22)

マネーフォワード、「マザーズ上場へ」報道にコメント
「マネーフォワードがマザーズ上場へ」――そんな日経新聞の報道に対し、マネーフォワードがコメントを出した。(2017/8/14)

4日の取締役会で正式決定:
トヨタとマツダが資本提携か EVを共同開発
トヨタ自動車とマツダが資本提携を行う方向で最終調整に入ったと、日本経済新聞などが8月4日報じた。(2017/8/4)

NEC、「リチウムイオン電池事業から撤退」報道にコメント
NECがリチウムイオン電池事業から撤退すると、日本経済新聞が報道。(2017/8/3)

メルカリ「東証に上場申請」報道を否定 「現段階で決定している事実ない」
日本経済新聞の報道を受けての発表とみられます。(2017/7/22)

「ビジネスパーソンが知見をシェアする場」:
日経、ビジネスパーソン向けコミュニティー進出 「COMEMO」
日本経済新聞がビジネスパーソン向けの情報共有プラットフォーム「COMEMO」β版をスタート。「ビジネスパーソンが知見をシェアする場」という。先行サービスには「NewsPicks」など。(2017/7/6)

Amazon、日本国内で「法人向け通販」参入か 日経報道
アマゾンジャパンが法人向けサービス「Amazon Business」を、2017年内に日本国内で始めると、日本経済新聞が報じた。(2017/6/16)

AWS Summit Tokyo 2017:
“AI記者”による省力化と効率化の行く先は――日本経済新聞社の働き方改革
AIが記事を生成して配信するという「決算サマリー」を、2017年1月に開始した日経新聞社。その目的と背景、仕組み、今後の方向性を「AWS Summit Tokyo 2017」で聞いた。(2017/6/5)

日本経済新聞社が「AWS Lambda」採用 日経IDのAPI基盤をサーバレス運用へ
日本経済新聞社は、日経グループのWeb会員サービス「日経ID」のAPI基盤を「AWS Lambda」で刷新。サーバレスで運用コストを削減しながら、開発や運用効率の向上を図る。(2017/6/1)

17年秋以降プレオープン:
TBS、テレ東、WOWOWら6社、共同で動画配信の新サービス
TBS、日経新聞、テレビ東京、WOWOWなどのメディアグループ6社が、動画配信サービス提供へ。新会社「プレミアム・プラットフォーム・ジャパン」(仮称)の共同設立に合意した。18年4月に正式オープンを目指す。(2017/5/23)

マイナビ/日本経済新聞社 就職企業人気ランキング:
理系学生の就職先1番人気はソニー、8年ぶりに首位
マイナビは、日本経済新聞社と共同で実施した「マイナビ・日経 2018年卒大学生就職企業人気ランキング」の結果を発表した。(2017/5/17)

キャリアニュース:
2018年卒大学生就職企業人気ランキング、理系はソニーが1位
マイナビが、日本経済新聞社と共同で実施した「マイナビ・日経 2018年卒大学生就職企業人気ランキング」の結果を発表した。理系総合ではソニーが8年ぶりの首位に。文系総合の1位は「全日本空輸(ANA)」だった。(2017/5/1)

ヤマト運輸がAmazonの当日配送サービスから撤退へ 日経新聞報じる
既に一部では日本郵便を利用。(2017/4/7)

日経新聞「自分の考えた横山三国志コラ画像が、現実世界の広告になる」キャンペーン ネット民が得意なやつだこれ
駅看板広告などに採用される予定。(2017/2/20)

日経新聞、AIで決算記事を自動生成 「日経電子版」などに配信
東京証券取引所の適時開示情報閲覧サービス「TDnet」の情報を読み込んでいるそうだ。(2017/1/25)

企業の動画コンテンツマーケティングを支援:
日本経済新聞社が動画マーケティング支援のViibarと資本業務提携
日本経済新聞社とViibarは、資本業務提携に関する契約を締結した。(2017/1/18)

劉備「弊社と御社を間違えて使ってた……」 日経新聞、横山三国志コラ画像を使った広告の特設サイト開設
経済ネタ連発で、三国志の英雄たちがキャラ崩壊。(2016/12/29)

さすが汎用性が高い 日経新聞、横山三国志のコラ画像を広告に起用 ネット上では全50種もあるらしいとうわさに
「ふたば☆ちゃんねる」などでおなじみのコラ画像が駅構内に。(2016/12/20)

富士通、ニフティの個人向けISP事業売却か
富士通が子会社ニフティの個人向けISP事業を売却する手続きに入ったと、10月14日付けの日本経済新聞などが伝えた。(2016/10/14)

ベッキー、髪バッサリ&上半身裸で臨んだ広告に賛否 「もう脱ぐしかないのか」「そろそろ許しても」
9月29日の日本経済新聞朝刊に掲載されている。(2016/9/29)

米報道:
ルネサスにMaximが対抗? インターシル買収で
ルネサス エレクトロニクスが米Intersil(インターシル)を買収すると日経新聞が報じたが、ロイター通信によると、Maxim Integratedもインターシルに買収を持ちかける可能性があるという。(2016/9/2)

AWS Summit Tokyo 2016:
「パブリッククラウドは安いか」ではない、企業文化を変えるために使う
2016年6月1日、AWS Summit Tokyo 2016のパネルディスカッションで、NTTドコモの栄藤稔氏、三菱東京UFJ銀行の村林聡氏、日本経済新聞社の渡辺洋之氏が、それぞれの危機感と、日本企業がバブリッククラウドを活用していかざるを得ない理由について語った。(2016/6/14)

企業の広報活動や企業広告、リクルーティング活動などの指針策定に:
電通と日経、企業イメージの形成要因を特定する解析サービスを共同開発
電通と日本経済新聞社は、企業イメージの形成要因が特定できる「企業イメージKPIモデル」を共同で開発したと発表した。(2016/5/31)

日経新聞、再びラッパーに? 記事タイトルがまたも韻踏みまくりで「日経ラッパー記者」の存在ささやかれる
声に出して読みたい日経、再来。(2016/4/26)

日経新聞、15年は増収減益 電子版が好調
日経新聞の15年12月期は減収減益。(2016/3/8)

日経新聞、ラッパーになる? ある記事のタイトルが韻を踏みすぎていてTwitter民がリスペクトしまくる
これは声に出したくなる見出し。(2015/12/15)

エイベックスがJASRAC離脱か――日経報道
エイベックスがJASRACに委託していた約10万曲の著作権管理をイーライセンスに移行すると日経新聞が報じた。(2015/10/16)

スピン経済の歩き方:
日経が世界の経済メディアのなかで「大きな存在感」を示すのが難しい理由
日本経済新聞社がフィナンシャル・タイムズを買収した。日経は紙面で「世界のビジネスメディアで大きな存在感を示すことにもなる」と胸を張っていたが、ちょっと言葉には気をつけたほうがいい。なぜなら……。(2015/7/28)

日経、Financial Timesを買収 1600億円
日本経済新聞社が英経済紙Financial Timesを買収すると発表。(2015/7/23)

Amazonが期間限定で書籍を20%割引販売――これは再販制度違反になる?
主婦の友社が日経新聞の記事に「事実とまったく異なる」と怒った理由とは……?(2015/6/26)

主婦の友社、日経報道に「猛烈に抗議」 Amazonの書籍値下げ販売めぐり
Amazonが書籍を2割引で販売するキャンペーンをめぐり、これを報じた日本経済新聞の記事に対し主婦の友社が「猛烈に抗議する」というコメントを公表。(2015/6/26)

流通バトルロイヤル:
百貨店はどこに行くのか 敵は誰か
「松坂屋、名古屋店にヨドバシ誘致」のタイトルが日本経済新聞6月10日号に踊った。「本拠地再生へ脱・百貨店」ともある。松坂屋は、そして百貨店業界はどこに向かおうとしているのか。(2015/6/15)

日経新聞とウォンテッドリーが資本業務提携
ソーシャルリクルーティングサービス「Wantedly」を運営するウォンテッドリーと日本経済新聞が資本業務提携した。(2015/6/10)

「ドラクエ」次作がPS4で? 日経報道にスク・エニ困惑 「ヒーローズIIのことでは」
「ドラクエ11」がPS4で出るとも読める日経新聞の報道にスク・エニも困惑。「記事はドラクエヒーローズIIがPS4で出ることについて書いているのでは」とコメントした。(2015/6/1)

シャープ、「99%減資」報道にコメント
シャープが財務改善のため99%以上の大幅な減資を行うと伝えた日経新聞などの報道について、同社がコメントした。(2015/5/11)

シャープ、「本社売却・資本増強」報道にコメント
シャープは、同社が優先株による資本増強を行うなどと伝えた同日付の日経新聞の報道にコメントした。(2015/4/16)

窪田順生の時事日想:
「厳罰化」で解決できるのか 企業の秘密漏えい問題
「経済産業省が不正競争防止法を見直す」などと、日経新聞が報じた。企業の営業秘密を外国企業に漏らした者に対して罰則を強化するというものだが、厳罰化によって問題は解決するのだろうか。(2014/11/25)

日経新聞がEvernoteに2000万ドル出資 Evernoteから電子版記事の引用が可能に
日経がEvernoteと資本・業務提携。Evernote利用中に日経の記事を引用できるようにするほか、日経電子版閲覧中にEvernoteに保存した関連記事を表示する機能を実装する。(2014/11/10)

「AWS Cloud Storage & DB Day 2014」パネルディスカッション
ドコモ、ガリバー、日経のAWS活用術、最重要資産“データ”はクラウド上でこそ生きる
NTTドコモ、ガリバー、日経新聞の3社はAWSにデータを預けることをどう考えているのか。「AWS Cloud Storage & DB Day 2014」からパネルディスカッション「データをクラウドに上げたらどうなった!?」の模様をリポートする。(2014/9/26)

日経グループのニュースをコンパクトに iOSアプリ「Niid」公開
「日本経済新聞」「日経産業新聞」など日経グループのニュースを編集者が選び、コンパクトに届けるアプリ「Niid」が公開。(2014/9/1)

日経新聞、イベント管理サービス「EventRegist」に出資
イベント管理サービス「EventRegist」運営会社に日本経済新聞が1億6500万円を出資。日経IDの利用など、サービス連携も視野に入れる。(2014/4/1)

プロフェッショナルサラリーマン――実践Q&A編:
日経よりも効果的! 経済オンチ改善法
新卒で働き始めたものの、経済などの情報にうとく、基本的な経済情報がまったく分からなくて不安――、こんな人は少なくない。昔は「日本経済新聞を読め」などと言われたものだが、基本的な経済情報は、具体的にはどのように学ぶのがいいのだろうか。(2014/1/8)

「ドコモ、iPhone販売へ」 日経・朝日が報道
ドコモがiPhone新機種を販売する見通しになったと日経新聞と朝日新聞がそれぞれ報じた。(2013/9/6)

BookLiveで「日経3社フェア」開催――10%ポイントバック
BookLiveが日本経済新聞社、日経BP、日本経済出版社の発行する書籍や雑誌購入で、購入金額の10%をポイントバックする「日経3社フェア」を開催する。(2013/8/23)

日経新聞にニコニコが見開き広告 カオスすぎる内容に読者困惑
神崎かおり、与沢翼……。そして夏野取締役のさわやかな笑顔。(2013/7/2)

日経電子版、有料会員向けサービス強化 無料会員が読める有料記事、10本に半減
「日本経済新聞 電子版」で、有料会員向けのサービスを拡充。一方で、無料会員が読める有料会員限定記事の本数は3月から、20本から10本に半減。(2013/3/11)

相場英雄の時事日想:
電機メーカーは生き残れない――新政権のあり得ない“支援”
大晦日の日経新聞の朝刊一面に『公的資金で製造業支援=工場・設備買い取り、官民5年で1兆円超』という見出しが躍った。公的資金を注入して産業の空洞化を防ぐ狙いがあるようだが、果たして電機メーカーは生き残ることができるのだろうか。(2013/1/10)

【連載】走りながら考えるメディアマーケティング:
第7回 独自路線か連携か――Yahoo!ニュースの膨大なアクセスを無視できない新聞社
Yahoo!ニュースに近づく朝日新聞、独自路線の日本経済新聞――。「横並び」と言われることが多い新聞各社のデジタルへの取り組みに差が出始めている。(2012/12/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。