ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「日経新聞」最新記事一覧

日経新聞、再びラッパーに? 記事タイトルがまたも韻踏みまくりで「日経ラッパー記者」の存在ささやかれる
声に出して読みたい日経、再来。(2016/4/26)

日経新聞、15年は増収減益 電子版が好調
日経新聞の15年12月期は減収減益。(2016/3/8)

日経新聞、ラッパーになる? ある記事のタイトルが韻を踏みすぎていてTwitter民がリスペクトしまくる
これは声に出したくなる見出し。(2015/12/15)

エイベックスがJASRAC離脱か――日経報道
エイベックスがJASRACに委託していた約10万曲の著作権管理をイーライセンスに移行すると日経新聞が報じた。(2015/10/16)

スピン経済の歩き方:
日経が世界の経済メディアのなかで「大きな存在感」を示すのが難しい理由
日本経済新聞社がフィナンシャル・タイムズを買収した。日経は紙面で「世界のビジネスメディアで大きな存在感を示すことにもなる」と胸を張っていたが、ちょっと言葉には気をつけたほうがいい。なぜなら……。(2015/7/28)

日経、Financial Timesを買収 1600億円
日本経済新聞社が英経済紙Financial Timesを買収すると発表。(2015/7/23)

Amazonが期間限定で書籍を20%割引販売――これは再販制度違反になる?
主婦の友社が日経新聞の記事に「事実とまったく異なる」と怒った理由とは……?(2015/6/26)

主婦の友社、日経報道に「猛烈に抗議」 Amazonの書籍値下げ販売めぐり
Amazonが書籍を2割引で販売するキャンペーンをめぐり、これを報じた日本経済新聞の記事に対し主婦の友社が「猛烈に抗議する」というコメントを公表。(2015/6/26)

流通バトルロイヤル:
百貨店はどこに行くのか 敵は誰か
「松坂屋、名古屋店にヨドバシ誘致」のタイトルが日本経済新聞6月10日号に踊った。「本拠地再生へ脱・百貨店」ともある。松坂屋は、そして百貨店業界はどこに向かおうとしているのか。(2015/6/15)

日経新聞とウォンテッドリーが資本業務提携
ソーシャルリクルーティングサービス「Wantedly」を運営するウォンテッドリーと日本経済新聞が資本業務提携した。(2015/6/10)

「ドラクエ」次作がPS4で? 日経報道にスク・エニ困惑 「ヒーローズIIのことでは」
「ドラクエ11」がPS4で出るとも読める日経新聞の報道にスク・エニも困惑。「記事はドラクエヒーローズIIがPS4で出ることについて書いているのでは」とコメントした。(2015/6/1)

シャープ、「99%減資」報道にコメント
シャープが財務改善のため99%以上の大幅な減資を行うと伝えた日経新聞などの報道について、同社がコメントした。(2015/5/11)

シャープ、「本社売却・資本増強」報道にコメント
シャープは、同社が優先株による資本増強を行うなどと伝えた同日付の日経新聞の報道にコメントした。(2015/4/16)

窪田順生の時事日想:
「厳罰化」で解決できるのか 企業の秘密漏えい問題
「経済産業省が不正競争防止法を見直す」などと、日経新聞が報じた。企業の営業秘密を外国企業に漏らした者に対して罰則を強化するというものだが、厳罰化によって問題は解決するのだろうか。(2014/11/25)

日経新聞がEvernoteに2000万ドル出資 Evernoteから電子版記事の引用が可能に
日経がEvernoteと資本・業務提携。Evernote利用中に日経の記事を引用できるようにするほか、日経電子版閲覧中にEvernoteに保存した関連記事を表示する機能を実装する。(2014/11/10)

「AWS Cloud Storage & DB Day 2014」パネルディスカッション
ドコモ、ガリバー、日経のAWS活用術、最重要資産“データ”はクラウド上でこそ生きる
NTTドコモ、ガリバー、日経新聞の3社はAWSにデータを預けることをどう考えているのか。「AWS Cloud Storage & DB Day 2014」からパネルディスカッション「データをクラウドに上げたらどうなった!?」の模様をリポートする。(2014/9/26)

日経グループのニュースをコンパクトに iOSアプリ「Niid」公開
「日本経済新聞」「日経産業新聞」など日経グループのニュースを編集者が選び、コンパクトに届けるアプリ「Niid」が公開。(2014/9/1)

日経新聞、イベント管理サービス「EventRegist」に出資
イベント管理サービス「EventRegist」運営会社に日本経済新聞が1億6500万円を出資。日経IDの利用など、サービス連携も視野に入れる。(2014/4/1)

プロフェッショナルサラリーマン――実践Q&A編:
日経よりも効果的! 経済オンチ改善法
新卒で働き始めたものの、経済などの情報にうとく、基本的な経済情報がまったく分からなくて不安――、こんな人は少なくない。昔は「日本経済新聞を読め」などと言われたものだが、基本的な経済情報は、具体的にはどのように学ぶのがいいのだろうか。(2014/1/8)

「ドコモ、iPhone販売へ」 日経・朝日が報道
ドコモがiPhone新機種を販売する見通しになったと日経新聞と朝日新聞がそれぞれ報じた。(2013/9/6)

BookLiveで「日経3社フェア」開催――10%ポイントバック
BookLiveが日本経済新聞社、日経BP、日本経済出版社の発行する書籍や雑誌購入で、購入金額の10%をポイントバックする「日経3社フェア」を開催する。(2013/8/23)

日経新聞にニコニコが見開き広告 カオスすぎる内容に読者困惑
神崎かおり、与沢翼……。そして夏野取締役のさわやかな笑顔。(2013/7/2)

日経電子版、有料会員向けサービス強化 無料会員が読める有料記事、10本に半減
「日本経済新聞 電子版」で、有料会員向けのサービスを拡充。一方で、無料会員が読める有料会員限定記事の本数は3月から、20本から10本に半減。(2013/3/11)

相場英雄の時事日想:
電機メーカーは生き残れない――新政権のあり得ない“支援”
大晦日の日経新聞の朝刊一面に『公的資金で製造業支援=工場・設備買い取り、官民5年で1兆円超』という見出しが躍った。公的資金を注入して産業の空洞化を防ぐ狙いがあるようだが、果たして電機メーカーは生き残ることができるのだろうか。(2013/1/10)

【連載】走りながら考えるメディアマーケティング:
第7回 独自路線か連携か――Yahoo!ニュースの膨大なアクセスを無視できない新聞社
Yahoo!ニュースに近づく朝日新聞、独自路線の日本経済新聞――。「横並び」と言われることが多い新聞各社のデジタルへの取り組みに差が出始めている。(2012/12/10)

「ドコモがiPhone導入検討」と日経報道 一方東スポは「複雑」な心境
「ドコモがiPhoneの導入を検討も」と日経新聞が報道。この報道のネットでの受け止め方について東スポ公式Twitterが「複雑」ともらした。(2012/12/7)

「ビッグデータで実現する世界で勝ち抜くための企業経営」 日経新聞のイベントをライブ配信
日本経済新聞主催のイベント「日経ビジネスイノベーションフォーラム〜『ビッグデータ』で実現する 世界で勝ち抜くための企業経営〜」をUstreamでライブ配信する。東京大学先端科学技術研究センター森川博之教授による基調講演「データが未来を創る」など。配信は10月12日13時0分〜。(2012/10/11)

お茶でも飲みながら会計入門(73):
エンジニアは日経新聞のどこを読むべきか
意外と知られていない会計の知識。元ITエンジニアの吉田延史氏が、会計用語や事象をシンプルに解説します。お仕事の合間や、ティータイムなど、すき間時間を利用して会計を気軽に学んでいただければと思います。(2012/8/16)

相場英雄の時事日想:
「日経VS. 文春」騒動の裏にある、週刊誌の取材力
日本経済新聞社と文藝春秋の間で、トラブルがあった。新聞社トップのスキャンダルを週刊文春が報じ、新聞社側は発行する出版社を訴える方針を示した。事の真偽は別にして、今回は週刊誌の取材力にスポットを当ててみる。(2012/7/19)

ヨミコとフミの電書探検:
GALAPAGOS STOREで「日経新聞 電子版」が最大2カ月無料に
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」で「日経新聞 電子版」の最大2カ月無料キャンペーンがスタートします。電子版では朝夕刊の記事をスマホなどに最適化したレイアウトで提供。自動配信対応で、いざ読むときはネットに接続する必要がありません。(2012/6/29)

「3DSに大画面版」日経報道に任天堂「全くの憶測記事」
「『ニンテンドー3DS』の大画面版が今夏にも発売」などと日経新聞が報じた記事について、任天堂は「数多くの間違いが含まれた全くの憶測記事」と強い調子のコメントを公表。(2012/6/5)

3DSに新型? 1.5倍の大画面で今夏発売の報道 任天堂は否定
日経新聞がニンテンドー3DSの新型発表について報道。しかし任天堂は即座にニュースリリースでこれを否定した。(2012/6/5)

iPadマジシャンがiPadのビジネス活用術を伝授 最新マジックも披露
「iPadマジシャン」こと内田伸哉さんが、iPadのビジネス活用術と、それに役立つアプリやテクニックを説明する。最新のiPadマジックも披露する。日本経済新聞社が主催する「日経電子版セミナー」の一環。配信は4月11日19時0分〜。(2012/4/11)

なぜ顧客に愛される? 大垣共立銀行が共有するサービスの定義
日本経済新聞による金融機関の顧客満足度ランキングで2011年に総合1位に輝いた大垣共立銀行。その背景には、頭取が「我々は金融業ではなくてサービス業だ」と宣言したことがあるようです。(2012/3/14)

タブレットでメディアの未来はどう変わる? 専門ライターが議論
タブレットや電子書籍端末が日本でも本格普及する兆しを受け、新聞や雑誌の読み方がどう変わるかや、メディアビジネスにどんな影響を与えるかを専門ライターらが語り合う。出演者はブログメディア「TechWave」の増田真樹副編集長、ジャーナリストの藤代裕之さんなど。司会は日本経済新聞社の小柳建彦編集委員。配信は2月28日19時0分〜。(2012/2/28)

業界動向 オピニオン:
荒波に向かう日の丸半導体、ルネサス・富士通・パナソニックが事業統合か
日本経済新聞は2月8日、ルネサス エレクトロニクスと富士通、パナソニックの3社がシステムLSI事業を統合する方向で協議を始めたと報じた。成功のシナリオは書けるのか。3社の思惑は。米国のEE Timesで編集長を務める筆者はこう見ている。(2012/2/8)

フィギュアスケート・高橋大輔さんのトークショーをライブ配信
フィギュアスケートの高橋大輔さんが出演するトークショー「ステップ、ステップ、ステップ〜明日への一歩」をライブ配信する。日本経済新聞社が主催する「日経電子版セミナー」の一環。配信は1月12日19時30分〜。(2012/1/12)

相場英雄の時事日想:
え、この記事が一面に? 日経型スクープの限界
日本で最も読まれている経済メディアといえば「日本経済新聞」だろう。だが日経の紙面を見て、「この記事が一面?」と感じたことがある人も多いのでは。読者がこのように感じる背景には、日経の構造的な問題が潜んでいるのかもしれない。(2011/12/15)

日経VS朝日――電子新聞を徹底比較 「Journalism」編集部が議論
電子新聞をテーマに、朝日新聞社の月刊誌「Journalism」編集部が視聴者とともに議論。「朝日新聞デジタル」と「日経電子版」から、朝日新聞社と日本経済新聞社のデジタル戦略を徹底比較する。出演者はフリージャーナリストの西田宗千佳さん、Journalism編集部の服部桂さん、伊丹和弘さんなど。司会はニコニコニュースの亀松太郎編集長。配信は12月13日19時0分〜。(2011/12/12)

TBSと日経新聞が提携 スマホ向けコンテンツ開発、ドコモなど協力
TBSと日経新聞がスマホ向けコンテンツ開発などで提携。毎日新聞とテレビ東京もコンテンツ制作に加わり、ドコモ、三井物産も協力する。(2011/12/2)

ドコモ、Samsungらとスマートフォン向け半導体で合弁会社 日経報道
ドコモと国内通信関連メーカーが、Samsungとスマートフォン向け通信用半導体の共同開発で来年にも合弁会社を設立すると日経新聞が報道。(2011/9/13)

ITの力で復興を 「IT復興円卓会議」第2回、テーマはメディア 佐々木俊尚さんら出演
どのように復興し、どのように新しいITを設計すべきか――東日本大震災からの復興策を、行政・メディア・通信&インフラ・ソーシャル・NPO&社会貢献の5テーマに分けて議論する「IT復興円卓会議」の第2回をライブ配信する。テーマはメディアで、出演者は、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の中村伊知哉教授、同大学の菊池尚人准教授、ジャーナリストの佐々木俊尚さん、津田大介さん、上武大学の池田信夫教授、日本経済新聞社の関口和一論説兼解説委員、フォアキャスト・コミュニケーションズの田村和人常務、エフエム東京の藤勝之取締役。配信は8月18日19時0分〜。(2011/8/12)

「世界ICTサミット2011」をUstreamで 震災後の役割や政策を議論
日本経済新聞社主催の「世界ICTサミット」の模様をUstreamで配信する。国内外のICT(情報通信技術)企業の経営トップや政策責任者などを招き、東日本大震災での経験を踏まえ、ICTの果たすべき役割や政策を議論する。配信は6月14日9時30分〜6月14日17時30分。(2011/6/14)

iPad 2は4月28日発売? 日経新聞が報道
AppleがiPad 2を日本で4月28日に発売する方針を固めた、と日本経済新聞が報道した。(2011/4/27)

それゆけ! カナモリさん:
ミニストップに学ぶ「震災対応」と「商売」の両立とは?
3月28日付日本経済新聞にわずか40行の小さなベタ記事が掲載された。タイトルは「ミニストップが独自の品薄対策 牛乳やおにぎり」。東日本大震災に対応した対策ではあるが、実はそれは同社が以前から構築してきた体制があってのことであるのだ。(2011/4/6)

日経新聞、5期連続で減収 コスト削減で黒字転換
日経新聞は5期連続で減収に。新聞、出版、情報事業の減収が続いている。(2011/3/8)

それゆけ! カナモリさん:
もう男だけの食べ物じゃない! 「ラーメン女子」を狙うワケ
ラーメン店に女性客が増えているようだ。日本経済新聞は1月28日の記事で「ラーメン女子」と名付けている。「男の牙城」であったはずのラーメン店に「女子」を呼び込むのは、いかなる戦略なのだろうか。(2011/2/9)

WikiLeaksが意味するもの、外交やジャーナリズムへの影響は 夏野剛さんらが討論
「ウィキリークスが意味するもの―外交、ジャーナリズム、ビジネスへの影響―」と題したシンポジウム。パネリストは、夏野剛さん、参議院議員の世耕弘成さん、日本経済新聞論説委員の関口和一さんなど。慶應義塾大学SFC研究所 プラットフォームデザイン・ラボ主催。配信は2月1日18時30分〜2月1日21時0分。(2011/1/31)

日経電子版がiPhoneとGALAPAGOSに対応
「日本経済新聞 電子版」が、iPhoneとシャープの電子書籍端末「GALAPAGOS」に対応する。(2010/9/28)

それゆけ! カナモリさん:
中国家電最大手ハイアールは日本を席巻するのか?
中国家電最大手の海爾集団(ハイアール)の名が連日、日本経済新聞の紙面に登場している。「ガラパゴス」と揶揄される日本の家電市場で、その存在感を増している証左である。(2010/9/22)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。